HOME > Backnumber > 2012年03月 > iPadパネル、主力はSamsungで、LGがやや苦戦、シャープは大苦戦
2012.3.9 17:40

iPadパネル、主力はSamsungで、LGがやや苦戦、シャープは大苦戦

この円高の最中、新型iPadのパネルサプライヤーに選ばれたシャープ。
頑張ったなーと思っていたのですが、アナリストからシャープ苦戦との情報が。
 → iPad's display is cutting edge--and a challenge for manufacturers - The Circuits Blog
 → New iPad said to pack twice as many backlight LEDs as iPad 2
 → Apple could have display issues with iPad 3 by VR-Zone.com

NPD DisplaySearchアナリストRichard Shim氏

 ・ 新型iPadディスプレイのメインサプライヤーはSamsung
 ・ LGは若干問題を抱えているが間もなく大量生産を開始するだろう
 ・ LGの問題はシャープほど深刻ではない、シャープが最も大きな問題に直面している
 ・ 噂されていたIGZOパネルを取り止め、アモルファスシリコンに戻る可能性がある
 ・ シャープは第8世代ファブを使った新しい製造プロセスで超高解像度のパネルを作っている

 消費電力について
 ・ LEDバックライトはiPad2の2倍になり、消費電力が増大
 ・ バッテリー強化はA5Xチップの消費電力UPのためで、LED増をカバーしていない
 ・ 結果、前モデルよりバッテリー駆動時間が短くなるだろう
 ・ これまでネックだったLTEモデムだが、電力効率が改善されている可能性が高い

確かな情報ではないですが、あれだけ喧伝していたIGZOパネルでトラブルですか...