HOME > Backnumber > 2015年08月 > El CapitanにおけるOSの性能向上(ゲームAPI Metal)
2015.8.23 2:32

El CapitanにおけるOSの性能向上(ゲームAPI Metal)

AMDの「Mantle」やDirectX12同様、より薄くGPUをダイレクトに叩けるようになったAPI「Metal」の解説。

 → 【OS X El Capitanカウントダウン】El CapitanにおけるOSの性能向上 - PC Watch

 ・古いGPUでは恩恵は限られるかもしれない
 ・ゲーム製作側の対応が必要
 ・特に日本向けゲームでは対応が遅れる?
 ・IllustratorなどのDraw系アプリケーションでの恩恵が先行

Unreal Engine 4やUnityなど著名なゲーム製作プラットフォームでは「Metal」対応を進んでいます。

私たちのこれまでのテストによると、APIとドライバーによるオーバーヘッドはCPUタイムでほんの数パーセントにまで減りました。これまで15-40%を費やしていたのと比べると大幅な改善がみられます。
 → Unity - Unity Japan Official Blog – Metal, iOS 8 の新グラフィクス API


 → Metal Rendering API - Epic Wiki

ただ ”iOS前提” の話なので、El Capitanでも追ってすぐに対応が進むかと言うと「?」。いずれ対応するのでしょうが、しばらく時間を要しそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加