HOME > Backnumber > 2016年09月 > 東京ガスがMVNO事業へ参入 猫も杓子も?
2016.9.26 12:20

東京ガスがMVNO事業へ参入 猫も杓子も?

猫も杓子も感ありますが、東京ガスが1から立ち上げるというわけではなく、フリーテルの会社と共同運営です。

プラスワン・マーケティングのスマホと通信用のSIMカードを販売する方向で協議を始めた。首都圏のガス機具販売店を活用し、都市ガスや4月に参入した電力とのセット割引も検討する。
 → 東ガス、格安スマホ参入検討 「フリーテル」と提携で - 日経新聞


日本通信がMVNO事業から撤退し、MVNO事業を支援する側に回ると宣言しましたが、逆にライトユーザー層に手が届く会社は商機に見えるのでしょうか。日本通信はITベテラン層には知名度高かったですが、一般層にはまるでダメでしたからね。

すでに東京ガスは通信サービスとのセット販売ははじめてますので、この流れでもあります。





郵便局も8月から開始

思い出すのは郵便局です。
こちらはIIJの組んで参入しています。

 → 郵便局で格安スマホ販売へ。日本郵便とIIJがタッグ、東海地方の2050局で8月1日から - Engadget Japanese

参入といっても、郵便局に売り物のSIMやスマホが置いてあるわけではなく、取り次ぎ業務のような形です。シニア世代にも通じる「郵便」ブランドを活かした小遣い稼ぎですね。東京ガスもこれに近い形になるのでは。

 → 「郵便局の格安スマホ」 販売ではなく、お取り寄せ |NIKKEI STYLE


このエントリーをはてなブックマークに追加