HOME > レポート一覧 > Inspiron 8600ユーザーレポート

Inspiron 8600

Inspiron 8600

■ 評価点平均

90 3/5

デルのワイド液晶ノートがCentrinoを搭載してリニューアル。これでビジネス向けのLatitude D800シリーズとまったく同じとなりました。残念なことに弱点のキーボードも同じのようですが、今後のDELLの対応に期待しましょう。とにかくスペック的には最強のモデルですが、インターフェイスや筐体の詰めの甘さがネックとなってしまっています。DELLはUSBが嫌いなんでしょうか(^^; Inspiron8500ではLUMさんのレポートでワイド液晶であってもノーマルな比率での画面表示ができると報告されています。8600はどうなんでしょうね。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード
騒音・ノイズ 1
筐体の質感
1 発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Inspiron 8600  KG さん

>> デル

  No. 199

3DMark03 2796

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Inspiron 8600  MOFたん さん

>> デル

  No. 208

3DMark03 2654

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Inspiron 8600  MOFたん さん

>> デル

評価 90 点 No. 200

3DMark03 2794

以前に、Webmasterさんの言った通り、GF5600系で、ノート用GPUのスコアは伸び止まり、(ラデ9700然り)劇的なノート用GPUのスペックアップはしばらく足止めのようです。
万を期して、一丁、OCのチャレンジしました(笑 クロックは、コア350、メモリ600でトライです。
まず温度が気になるところ、万全を期して、GPUに安物シリコングリスを塗布。
Real-Time High-Dynamic Range Image-Based Lightingを20分ほど走らせたところ、98度で安定、以前は95度前後でした。
排熱は間に合っているようです。haloのFPSはこれでもヘロヘロ、800X600が30PFSの限界です。
 Unreal2004ベンチでのスコアは、31.485065 / 71.240715 / 172.422287 fps -- Score = 71.486176
http://www2.nkansai.ne.jp/users/kuri/ut2003/index.htm
での、ベンチです。
ちなみにOC無しでも、1200X800で平均30FPSはいけました。
夏海Benchは、7579
FFbech 3036
3Dmark2001 10128
3Dmark2003 2794
という結果です。
3回程度ループさせ、その状態から、数時間UTを遊びましたが、ノイズ等全くなく、安定して動作していました。まだまだこれ以上のOCもいけるかもしれません。

ドライバは、53.03です。

少々気になる点、分解時に気になったのですが、GPUメモリが基盤両面に有るのですが、片面はヒートシンク無しの状態でした。(らしき物は張ってあったのですが、効果の程は・・といった感じです。)
しかし、Dellの排熱は、IBMのそれとよく似ていて非常に評価できると思います。
ファンの回り出しも、最初に少し強く回すことで、回転不全を防いでいますし(逆に就寝中は気になったりもしますが)その後は至って静かで、耳に触ることはまず無いです。

2001での1万超えはうれしかったですねー^^

リネ2が1なのは、サーバーが重いため、本来の性能が発揮できずに付けました。
サーバーダウン後の、NPC,モンスが居ない状態では非常にスムーズに、高解像度で楽しめるだけに残念です。
Gfの唯一残念な点は、特定の場面で(2D.3Dに関わらず)チップ自体が、ジージー、パタパタ唸るところですね。(はじめはファンの故障かと思いました。sealでは特に顕著です)

下取り価格が下がる前に買い換えを考えていただけに、モバラデ9700(9600改)には食指が伸びませんでし

10000越え、おめでとうございます。ただのスコアといってしまえばそうですが、大台を超えるとやはり嬉しいですね。発熱の方も若干の上昇に留まっているようで、排熱能力の高さがうかがいしれます。夏場がちょっと心配でしょうか。相変わらずチップからのジジジ音はあるみたいです。 [2004.3.7]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Inspiron 8600C  totsumiura さん

>> デル

 No. 2004

  • 長所: 熱処理
  • 短所: 騒音

いっきに中古ノートが増えてるので、参考までにレビューを書いてみようかと。

◆ 購入のきっかけと価格
8月に近所のハードオフにいって、たまたま発見したのですが、そのときはあまり必要性がなく、とりあえずスルー。
その後GT2WとInspiron6400が相次いで手元を離れることになり、ショートリリーフ出来るPCとして、適当なものを探していたのですが、まだハードオフにおいてあったので、苦心の末、購入しました。
価格は4万円+税、JUNKなんでハードオフの保証すらない、部品取りになりかねない商品です。
ちなみにスペック詳細はおろか、なんとわかるスペックがDELLのハイエンドパッケージを参考に書いていたという、ハードオフのレベルがうかがい知れる出来事があったせいで、(しかもJUNKなので店頭では電源チェックすら行っていない)かなり危険だったものを購入することになりました。

◆ スペックについて
店頭表示上のスペックは
Pentium-M 1.6GHz
1GBメモリー
40GB HDD
DVD-RW搭載
としか書かれていないものでした。
おそらく検索エンジンからDELLのキャッシュを引っ張ってきたと思われます。

現実には、以下のようになっていました。
Pentium-M 1.6GHz
768MB DDR333
40GB HDD(MHT2040AT)
DVD±RW(+DL対応、ND-6500A)
無線LANなし
WXGA液晶/GeForceFX 5200 64MB
付属品すべて完備、箱なし
キーボードに溶けたあとあり(使用には問題ない)
と、まあぎりぎり4万円としてありな中身です。
OS(MCE2005)が付いているので、本体3万だと考えると安い買い物だったかなあと思います。

◆ 体感速度の変化
NT7000Proの項でも書きましたが、Pen-Mは今でも通常用途では問題ないと思われます。
メモリーが768MB搭載されているのですが、最近はどちらかといえばメモリーアクセスが激しいことが多いため、やはり1GB程度は乗せるべきか悩みます。

◆ 液晶の質
ある程度の劣化はしていますが、これもおおむね問題ありません。
もともとの問題としては、非常に視野角が狭いことが上げられますが、今更です。

◆ キーボード:配列やタッチ
非常に素直なDELL配列ですが、いわゆるパシャパシャ系のもので、打ち心地は良くないです。これを使うと、今のM1210は相当改良されていることがわかります。

◆ サウンド
パームレスト前面にスピーカーがあるので、液晶を閉じたままでも音がくもらないのがいいです。進化の過程でInspiron6400へ続く流れをこのころから持っています。
気持ち出口が大きいせいか、D600より音が通るように聞こえます。

◆ 筐体:質感や強度
いわゆるPen-M第一世代のDELLなので、そこそこ頑丈に出来ています。
Latitude系と大差なさそうですが、筐体の大きさを考えるとD600より劣る気がします。
質感という点では、飾り気のあるDELLといった感じで、あまりいいものではないです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
パラレルやシリアルがごっそりない後期タイプだと思われます。
パターンにふたがしてあるだけというなんとも不思議な形状です。
USBの数が少なく、さらに供給電力が少ない時代のタイプのため、6400付属のMCEチューナーは使えませんでした。
MCEを使っていたのに、TVチューナーなしというのが気になりますけど(笑)

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ドライブは総じて静かです。
問題があるとすれば、やはり今回も冷却ファンですが、それ以前に冷却機構が非常に優秀で、ファンが時々回る程度にしか熱くならないのは、DELLらしいつくりです。
ファンはホコリまみれで、やはり軸が駄目になる寸前かも知れませんが、ファン自体がモジュール化されている機構なので、DELLから取り寄せ出来ないか確認しています。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
いつものACと2時間弱使えるバッテリー(6セル)が付属。
ACは65wタイプです。サイズを考えると、モバイルは想定外だと思われます。

◆ その他
FX5200ではMHFはさすがに無理でした。(M-RADEON9000に近い感じなので)
ただ、A列車で行こう7ぐらいなら十分こなせる処理能力があり、最近はもっぱら部屋のインテリアとして、A列車をシミュレートするディスプレイになっています。
無線LANが内蔵されていませんが、アンテナが内蔵されているので、miniPCIの無線LANカードの調達をすれば、まだまだ戦えるPCにはなりそうです。

◆ 総評
そんなわけで、おおむね良好です。
初心者お断りという空気と、JUNKという響きに負けてしまったような気もしますが、
結局難易度は低く、たぶんDELLなのでJUNK的な部分があったのではないかと思います。
コストパフォーマンスに優れているPCという観点で考えた場合、5万以下PCでは最高峰に近いレベルのPCになると思いますので、見方によってはガラクタ、見方を変えれば実用的な事務機器として使えるレベルのものだと思います。
残念だったのは液晶の解像度とM-RADEON9600Proではなかったぐらいですが、言っていてもキリがないですし、FX5200でも64MBメモリ内蔵で搭載されていることが救いでしょうか。

ただ、Inspiron6400のあの値段を見ると、あと2万プラスしたほうがいいかもと思えてきてしまうのは、あまりに高望みでしょうか。

古本のブックオフの系列店「ハードオフ」にて見つけたノートだそうです。なんと店頭のスペック表示は半ばデタラメなものだったようで、危ういところです。OSはMCEこと、Media Center Edition。話がそれますが、蹴茶は過去にMicrosoftのサポートスタッフの方にMCEといったところ、MCJと勘違いされ酷い目にあったことが...どうでもいい話ですね。話を戻しましょう。これも先のNT7000Proと同様ファンが劣化しているようですが、モジュール交換できないか考えているそうです。しかし、冷却ファンは危ういですね。HDDと並んで物理的に長時間動くだけのことはあります。 [2007-10-2]

その他のレビュー 4

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Inspiron 8600ユーザーレビュー