HOME > レポート一覧 > ThinkPad A31, A31pユーザーレポート

ThinkPad A31, A31p

ThinkPad A31, A31p

■ 評価点平均

88.5 4/5

2002年を代表するキングofノート。蹴茶でも人気投票1位に輝いた。当時としては画期的に視野角の広く美しい「FlexView」液晶を搭載し、GPUもハイエンドクラスであったMobilityRadeon 7500を載せていた。拡張ベイにテンキーが増設できるなど、いろいろと意欲的なモデルであった。

長所・短所

GOOD   BAD
1 液晶 1
1 キーボード
騒音・ノイズ 1
1 筐体の質感
1 発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

ThinkPad A31 2652-E6J  xaitoh さん

評価 82 点 No. 1122

  • 長所: 熱処理
  • 短所: 騒音
FF11v3 高解 2408

◆ 購入のきっかけと価格
寝ながらホームページの更新作業などをしていた現マシン(ThinkPad 2609-93J)が
最近のソフトの要求スペックについていけなくなった為。
現作業OK+大画面+パンヤが出来ればいいかも〜というのを前提に選びました。
ヤフオクでまぁ相場通りの価格で購入しました。

◆ 実際の体感速度
OS起動するまでが現マシンより遅いです。
ただこれはHDDが4200rpmなためかと。※現マシンは5400rpm
交換すれば早くなると思います。
起動してしまった後の各通常処理はかなり早く感じます。
会社で使っているDELL INSPIRON700mには少なくとも負けてはいません。w

◆ 液晶の質
微妙です。
静止画はFlexView Displayと謳うだけあって、デスクトップPCで使っているDELL E196FPを遥か凌駕する美麗さですが、応答速度が遅いので、ゲーム(特にアクション系)には向いていないかもしれません。
先の美麗さと解像度が1,400x1,050なのを考慮すれば、通常使用ではかなり良いかと思いますが。

◆ キーボード
他メーカーのK/Bに比べれば遥かに打ちやすいのですが、
ThinkPadの中では打ちにくい方かもしれません。
また左にあるWebナビゲーションキー(設定ソフト含む)がほとんど意味を成していません。

◆ サウンド
ステレオですが、パームレスト下についているので音質うんぬん以前の問題です。
もっともサウンドには元々あまり期待していませんでしたので、これで構いません。

◆ 筐体:強度と質感
強度はわかりませんが、質感は好きです。
この黒光りする筐体はThinkPadならでは、です。(;´Д`)ハァハァ

◆ 筐体:各種コネクタの位置
特に不満はないのですが、ドライブとイヤホン類以外はほぼ全部背面なので、
現マシンとの違いに少し戸惑っています。が、LANは無線LAN使えばいいし、USBは共有できるものはデスクトップPCから使うので特に不都合はありません。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
今まで&会社のInspiron700mが劣悪なので参考にならないかもしれませんが、
発熱は特に不満はありません。ファン音は常に回っているっぽいのですが、
耳障りになるような音でもありません。
ただバッテリー?がたまにピーピー鳴いてやかましいときがあります。
中古だからでしょうか?

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
大きさはThinkPadでは標準です。(=他社と比べると少しでかい)
発熱はかなりヤバイです。握ってられません。

◆ モバイル性
ゼロです。
街中で使っている人がいたら後ろから引っ叩きたくなるくらい、むやみにデカいです。
が、外に持ち出さないことを前提に買ったので気にしてません。
ちなみにかなり本気を出さないと片手では持てないくらいの重量です。

◆ その他
冒頭にも書いた通りで、
スカッとゴルフ パンヤ が遊べればいいな〜という希望がありました。
VRAM32MBだとキツイかもしれないとはわかっていたのですが、結果としては、

そこそこ遊べます、という感じです。

ただ設定は、
・ウインドウモード
・グラフィックカード:ハードウェアTnL
・解像度:640x480x32
・テクスチャ品質:低
・キャラクター影/LOD/背景影/NPC出現/ウォーター効果:全てOFF
・パーティクル:低
というのが前提になりますが。

上記設定も踏まえての不満?を挙げると、
・カップインしてもコインが飛び散らないので、少しさみしい。※変わりに歓声が派手になる
   →まぁ気にしない
・芝目を読むのにグリーンを拡大すると、テクスチャの荒さがちょっと目立つ。
   →まぁ気にしない
・液晶の応答速度が遅いので、ゲージに残像が出てパンヤを狙いにくい。
   →ボクはコントロールがクラブ:12/キャラ:15のコントロール重視設定ですが、
    狙いにくいに違いはありませんが、とりあえず結構狙えます。
    ゲージの移動がガクガクになるほどではありませんし。(ちょっとはなります)

という訳で、
・ノートPCだから、本気で勝ちにいかない
・ノートPCだけど、本気で勝つつもりならアイテム使用は惜しまない
という心構えでいけばまったく問題なく遊べます。

◆ 総評
参考になるようにと多少きびしい視点で書きましたが、個人的には満足です。
あとこれは憶測も入った意見ですが、パンヤのゲージの残像については、
ThinkPadのどの機種を買っても改善されていないような気がします。
少なくともX40は改善されていませんでした。
最新のX60/T60あたりでも同じなのではないでしょうか?
パンヤをプレイするという点を重視する方でThinkPadを検討されている方は、
その点を確認してからの方がいいと思います。
ってそういう方は少ないでしょうね。(^^ゞ

ちなみにFFベンチは3DMark05のダウンロードに時間がかかりそうなので、
代わりに選択しただけですので、スコアは参考程度に、、、

応答速度が遅いのか、パンヤショットと呼ばれる会心打を出しにくいかもというxaitohさんのレポ。ゴルフゲームにつきものの、パワーゲージ。パンヤにも使われており、ゲームの超ど真ん中でヒットさせると出るのがパンヤショット。液晶の場合どうしても残像が出るので難度があがってしまうみたいです。ThinkPad A31はビジネス用途を念頭に置きながらも、当時としては最高のパネルであった「FlexView」液晶を搭載していますが、視野角が広い反面、応答速度はいまいちだったものと思われます。(IPS系?) [2006-6-12]

  •  スカッとゴルフ パンヤ (C) 2005 Gamepot All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

ThinkPad A31p 2653-H5J  Chom さん

評価 95 点 No. 1146

FF11v3 高解 1304

いまさらですが、Specviewperf 9が追加になってスコアが登録されているものの、どれも高すぎるものばかりのようなので、4年前のGL対応品と比較するとどんなものか参考用に投稿しました。
結果はわかっていたものの、あまりのことに絶句ですが。Quadro FX 2500Mすばらしい!

◆ 購入のきっかけと価格
買ったのは2002年ですが、当時デスクトップが古くなっていて、デスクトップの性能を兼ね備えたノートが欲しいと思って選択しました。その頃のミドルクラスのデスクトップよりもまだ上になると思います。
価格ですが、マイナーチェンジ直前だったので直販で買った割にはましでした。
とはいえ、周辺機器とメモリを追加しておよそ50でしたが・・・。

◆ 実際の体感速度
4年前のパソコンということで、内部転送速度が多少気になることがあります。重いと思われる作業を並列するのは苦しいです。しかしながら3年ほど仕事でも使っていましたが、遅くて困ったことはないです。
ゲームはほとんどしないのですが、Diablo2はfps60をいかなる局面でも維持できるほど安定していました。

◆ 液晶の質
これは見る分には文句なしでいいと思います。単純に比較できない光沢液晶を除くと、ノートでこれよりよいものは見たことがないです。DVD視聴やDiablo2程度なら動きで残像が出るとかいった問題もないです。
一度A3xのFlexViewに特有(?)な変色問題で交換してもらっていますが、以後は順調です。

◆ キーボード
ThinkPadとしては並程度でしょうか。X30より引っかかるのでキーボード命の人は不満があるでしょう。私としては打鍵感がよくていいと思っています。R52の柔らかいタッチよりはこちらがよいと思います。
他機種との比較でBibloとかと比べたことはありますが、こちらの方がかなりよいと思います。

◆ サウンド
音楽関係にうるさくないので、良し悪しについては控えますが、スピーカーは下向きで音を使用者以外にも聞かせたい場合は、置き場所に工夫が必要かもしれないです。

◆ 筐体:強度と質感
飾り物(ステータス)としては不向きでしょう。特別上質な加工ではないですから。使うことを主眼に考えると、スリキズとかがほとんど付かないのでよいと思います。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
自分のマウスの位置では問題ないのですが、PCカードスロットが右だと嫌な人はいるかも。
二つあるベイは、私の場合いずれもHDDを付けているので問題ないですが、光学ドライブはセカンダリになる右へ入れるのが普通で、こうなるとマウスと干渉するかも。左へいれると内蔵ハードディスクのDMAモードが光学ドライブに引っ張られてしまう(左ベイがプライマリ・スレーブ)ので、注意が必要です。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
うるさいとは感じなかったのですが、Pentium M搭載のR52よりは音がします。ただ、音は定常的で静穏な環境でない限り問題ないと思います。
発熱は初期状態では大したことはないです。現在はHDD3台搭載なので、負荷をかけすぎるとパッシブ冷却がかかります。この状態でキーボードが多少温かい程度です。下側は相当に熱くなります。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
特に他社品と比較して大きいとも小さいとも思いませんでした。
発熱はかなりですが、持てないほどではないです。

◆ モバイル性
ないです。あるわけがありません。
会社での併用時期は車でトランスポータブルとして使っていました。
何回か外出のお供でモバイルしましたが、スーツケースでも持ち歩いているような感覚です。重さは個人的に気にしませんでしたが、やはりかさばります。
バッテリーは標準で1〜2時間、ベイバッテリーを付けておよそ倍くらいです。実用を度外視して最小電力設定にすると、バッテリー併用で5時間ギリギリくらいになります。HDDを3つ使うと私の使用設定では1時間強しか使えません。

◆ その他
無線LANは感度はいいのですが802.11bで、標準では交換もできません。
Bluetoothはビジネス用途のプロファイルしかないです。
ウルトラポートは基本的に飾りです。
S入力端子は画質はそこそこで、チューナーが別にあれば録画用とかに使うことも可能かも。業務目的で製品の画像取り込みで使って役立っていました。
エンコードはできないと思った方が幸せです。
IEEE1394はそこそこ転送力があり、USBが1.1という点からも利用しない手はないです。

◆ 総評
そろそろ中古が増えてくるのではないかと思うので、古い機種ですが参考までに投稿しました。
この時期のOpenGL対応が今ではさすがに役立たないということは言えると思います。いかに今のOpenGL対応GPUがすさまじいかという見方もできますけどね。
A31pの長所はベイが2つあって高速転送可能な内蔵HDDが3台積めること、光沢ではない上質な液晶であること、レカシーポートを含めて拡張能力が格段に高いことだと思います。
点数はUSBが1.1ということで5点引きました。これは当時845MPが安定していてA31pの目的には合致しただろうことを考えれば仕方なかったと思います。GigabitEtherがないので、PCカードはUSB2と悩むところです。
参考までに、GPUはMobility FireGL 7800です。コアはMobility Radeon 7500と同じなので、OpenGL以外は関係ないですが。

名機として羨望の対象であったThinkPad A31pレポをChomさんから頂戴しましたが、A31系はUSBがまだ2.0じゃなかったんですね。代わりにIEEE1394が付いているので外付けHDDなどはそちらを使うとしても、PCカードの拡張性のもっていき方には悩むところです。
A31pはそれまでのThinkPadと較べてだけでなく、当時の他社モデルと較べても格段に美しかったFlexView液晶を搭載していますが、Chomさんも液晶については高い評価。ただ、液晶はどんなに品質のいいものでもバックライトのへたりは避けられないため、中古で買う際はへたり具合のチェックは必要です。
キーボードについてはいくつかのThinkPadシリーズと比較してくれていますが、他社モデルも含めれば平均以上であるのは間違いないでしょう。
無線LANが802.11bのみというのも時代を感じさせます。 [2006-7-1]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

ThinkPad A31p  e275 さん

 No. 1478

◆ 購入のきっかけと価格
某祖父地図にて、企業放出品と思われるA31pが数台出ていました。
いまさら、Pen4だし… と思いつつFireGLとUXGAに目が行きます。
誘惑に耐え切れず、購入。六万弱でした。

◆ 体感速度の変化
Pentium4-M(Northwoodコア)なので、それなりです。
最初のうちは快適に動作しますが、3DゲームなどCPUに負荷がかかる動作をした後だと、体感速度は非常に落ちます。

◆ 液晶の質
この機種には、FlexViewのUXGA液晶が搭載されています。
FlexViewはIPS方式の液晶で、Thinkpadの上位モデルの特権ともいえる装備です。
可視範囲が普通の液晶とは比べ物にならないほど広く、色もきれいです。
ただ、ロットによっては色が薄いとの情報もあるので中古で購入する際は注意が必要です。

◆ キーボード:配列やタッチ
Thinkpadらしい、優秀なキーボードです。
最新のT60などのキーボードとは違い、多少軽いタッチになっています。
あと、筐体サイズが余ったのか、この機種は左側にホームページなどのショートカットに使えるWebナビゲーションキーが付いています。

◆ サウンド
こちらはThinkpadらしくなく、よい音を出します。
分解するとよく分かるのですが、左右のスピーカーが独立したユニットになっており、他のThinkpadとは別物のようです。
しかし、如何せんノートのスピーカーなので、本格的に使う方は外付けスピーカーの使用を推奨します。

◆ 筐体:質感や強度
Thinkpad最大級。そしてThinkpad至上最強の拡張性を誇る筐体です。
CDD,FDD,2ndHDDなどを装着できるウルトラナビ2000を左右に装備し、本当の意味での3スピンドルマシンとなっています。また、ドック(別売り)を装着すればもうひとつベイが増えるので、もはやスリムタワーのデスクトップを完全に超えています。

Lenovoさん、この筐体のままでMerom載せてくれないかな

◆ 筐体:各種コネクタの位置
IEEE1394以外は、後方に集まっています。このサイズでUSBが二つというのは、聊か少ないのでハブの使用をお勧めします。
あと、Sビデオ入出力端子が付いているのは、この機種の大きな特徴です。
これ以降のThinkpadには入力端子までは付いません。
Lenovoになってからは、一部モデルで出力端子まで省略される始末です。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
発熱量の高いCPUを搭載しつつも、大型の筐体を持つためファンも大きく静かです。
ただ、HDDのカリカリ音が多少気になります。

◆ その他
特にありません。

◆ 総評
以上、古い機種ですがレポートさせて頂きました。
かつての最強最上位Thinkpad。UXGAやBT、二つのウルトラベイなど、低性能だけど高機能なノートでした。

今、新品でR60eなどを買うのなら、同じ位の値段でA31pを買った方がよいかも。
中古車のリムジンに乗るか、新車の軽自動車に乗るか、という事です。

何台目かとなるe275さんのThinkPad。あのA31pが6万弱ですか。時代の流れを感じます(^^; 2001年にうちで行った人気投票ランキングでは堂々の1位に輝いたA31pだけあって、その拡張性はe275さんの言葉を借りると「最強」クラス。縦横に格段に広い視野角をもつIPS液晶に加え、熱いPentium4を載せているにもかかわらず高い静粛性など、歴代王者の風格はいまだ健在です。  [2006-12-18]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Alienware M14x  s@ig さん

>> デル

 No. 3582

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
3DMark06 12537
FF14 低解 2650

◆ 購入のきっかけや価格
今まで使っていたノートPC(普通の薄型ノートです)が性能的にそろそろ辛くなってきたので。前々からゲーミングノートに興味があったので、ALIENWAREの新型に特攻してみました。主にゲームをするのはデスクトップ機で、サブ的な使い方を想定し持ち運びができそうな14型にしました。
プレミアムパッケージから、メモリとCPUをカスタムしています。納期は3週間ほどでした。到着後2日後のレビューになります。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
心配していたグレア液晶はさほど自分的に問題がなかったのですが、全体的に色味が微妙な感じと、残像が長く残る感じがします。(残像に関してはメイン機で使っているのが120Hz液晶だというのもあるかもしれないです。)

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キーボードには正直期待していなかったのですが、キータッチは割と自分好みな感じで、いい意味で期待を裏切られました。タイピング練習がてら文章を打ち込んでみたりしましたが、右一列のキー群も自分は誤爆はしませんでした。
キー配列を英語にできないかサポートに問い合わせたのですが、対応していないし今後の予定もない、ということでした。これは少し残念。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
スピーカーに関しては元々期待して買う人がほとんどいないと思われますが、想像していたよりはいい音です。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
筐体は非常にしっかりしている印象です。全体的につや消しの仕上げで、指紋が付きにくい感じです。
イルミネーションは想像通り派手です。独特の筐体の形もあいまって非常に自己主張が激しいですが、イルミネーションを切ると遠目からでは意外に(?)目立ちません。

入力・出力端子は充実していると思います。強いて言えば筐体左側にUSBポートが一つしかないのが欠点でしょうか。

◆ 排熱:筐体の温度
ゲームや重い処理をさせたときは右手パームレスト付近を中心に多少温度上昇を感じます。負荷をある程度かけ続けてみましたが「ちょっと温かい」より熱くなることはない感じでした。厚みがある分温度は比較的安定しているようです。(まだ詳しくモニターしているわけではないので体感ですが)


◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
爆音で冷却ファンノイズが鳴り続けるイメージを勝手に持っていたのですが、重い処理がかかる場面以外ではかなり静かです。光学ドライブはやっぱりうるさいです。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
厚みはありますが、3キロなのでちょっと前のノートPCとさほど変わらない重さといってもいいと思います。片手で抱えて持ち運ぶのもそれほど苦になりませんでした。持ち運びに関しては十分実用圏内だと思います。


◆ 総評
この機種は同社M15x/M17x/M18xのような大型機種よりも、M11xに近い機種だと思います。ベンチ結果でも分かるとおりそこまで驚異的なスコアを叩き出すわけでも、M11xほど可搬性に優れているわけでもなく、比較的「普通のパソコン」に近い機種だと思います。(見た目は普通じゃないですが)
とはいえ、M15xよりも大幅に持ち運びやすくなり、最新のPCゲームでなければ設定次第でそれなりに動作するので、メイン機が他にあってサブ機が欲しい人、筐体のデザインが気に入った人であれば購入を検討する価値はあるんじゃないかと思います。

左側面のUSB端子の不足を敢えて挙げられたs@igさんですが、同クラスと比較するとM14xの端子充実度はトップクラスです。映像端子はmini-Displayport、HDMI(1.4)、VGAの3種類に対応し、USBも高速な3.0ポートを2基、2.0を1ポート備えています。Ethernetはもちろんギガビットで、Bluetoothも3.0に対応しています。

意外とタッチが好みというキーボード。英語配列は今後もラインナップに加わる予定は無いという証言をサポートから得られています。気になる情報です。もし英語キーボードを待っている人がいたら、他のモデルを物色した方が良さそうですね。 [2011-6-17]

  •  Call of Duty 4 (C) 2007 Activision,Inc. / Infinity Ward All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  Call of Duty: Black Ops (C) 2010 Activision / Treyarch All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  Counter-Strike : Source (C) 2005 Valve All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 4

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > ThinkPad A31, A31pユーザーレビュー