HOME > レポート一覧 > Alienware M17xR3 (460M)ユーザーレポート

Alienware M17xR3 (460M)

■ 評価点平均

3.5

第2世代 Core iシリーズ(SandyBridge)搭載のデルのゲーマー向けモデル「Alienware M17x R3」。液晶は17.3型 1920x1080。メインメモリは4GB×4 SO-DIMMで最大 16GB。

GPU選択肢(2011/8/14時点)
×は選べなくなったもの。

 ○ AMD Radeon HD 6870M
 ○ AMD Radeon HD 6970M
 ○ AMD Radeon HD 6990M
 ○ GeForce GTX 560M
 ○ GeForce GTX 580M
 × GeForce GTX 460M (3D立体視対応)

構成は随時変更されるため、デルサイトで要確認。

長所・短所

GOOD   BAD
1 液晶
キーボード 1
騒音・ノイズ 1
筐体の質感
発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Alienware M17xR3  あいづばんだい さん

>> デル

 No. 3536

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.5 7.6 7.1 7.1 5.9 5.9
FF11v3 高解 8780

◆ 購入のきっかけや価格
電力事情が不安な昨今、不慮の停電に備えてサーバをバッテリ駆動できるノートへ移行することにしました。

◆ 体感速度の変化
デスクトップからなので特に早くなったということはないです。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
輝度はいまどきの LCD なのでやはり明るいです。常に最暗にしてます。

前のマシンがテレビパソコンタイプのデスクトップなため発色が良く、それから比べるとコントラストがあまりよくないです。
nVidia のコントロールパネルである程度調整できるので問題はありません。

3D Vision はサンプルフォトを見た限りではちゃんと飛び出してました。

ディスプレイの保護フィルタを用意してたのですが、縁と液晶に区別がないタイプで丈夫そうなので結局貼り付けませんでした。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キーボードはいまどきのアイソレーションタイプではないので使いやすいほうだとは思いますが、やはりノートなので特別に使いやすいということはありません。
キーボードの発光は不要なので、常に暗転モードで利用しています。
タッチパットは結構広く反応も悪くはないですが、キーボード同様外付けの機器が利用できるならそちらを選択します。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
悪くはないですが、音にわずかに艶?が出る程度で、特別重低音が出たり、奥行きなどを感じるほどではありません。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
筐体はそれなりの強度とは思いますが、プラスチックですので不安は残ります。
アップルのアルミボディぐらいの強度があるといいですけど、重く、高くなるならばこれぐらいがほどほどでしょうか。

◆ 排熱:筐体の温度
通常の状態では熱が伝わるということは無いようです。
ファンが中回転してるときはキーボード真ん中辺がほんのり暖かくなったかな?程度でした。キーボードカバーで熱がこもっている可能性は考えられます。
余裕を持ってファンをつんでいるのでかなりの負荷でもそこそこ冷却されると思われます。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
常時ファンは回転してるようですが、通常の負荷では回転は低速のままで予想外に静かと思いました。
ただベンチマーク中はものすごい「爆音」になりました。

光学ドライブは仕方ないとは思いますが、かなり煩いです。
これでDVDやブルーレイを見る人は騒音を覚悟したほうがいいかも知れません。
データメディアと違って回転数が遅く設定され静かかもしれませんが、試していません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
脅威の軽さなので、常時手持ちのモバイルは無理でしょう。する人はいないでしょうけど。
240WのACも笑える大きさです。過去に見た中でもっとも面積が広いです。ただし薄型で小型の弁当箱かと思う形状でした。

◆ その他
昨今の状況も考えて消費電力についても測ってみました。

起動時約 65W
定常状態約 45W
ベンチマーク中 約155W
FF11時約 80W(パフォーマンスを優先した設定です。)

HDMI/WiDi インターフェース
ゲーム機などを接続したいので HDMI 入力があるものを選択しました。
また、WiDi での画面出力も試してみたいところです。

◆ 総評
輪番停電がある地方では家庭用サーバをノートで行うのもありでしょう。
 個人的にはCPUよりメモリ搭載量(16GB)のほうがメリットが大きい気がしました。

 総合評価や長所、短所は「価格」と比較してちょっと手厳しくしていますが、機種の入れ替えとしては比較的うまくまとまったと思います。

消費電力測定結果付きのレポートをあいづばんだいさんから頂きました。消費電力 MAX 155W(ベンチマーク時)というのはノートパソコンとしては非常に高い値ですが、ミドルレンジGPUを搭載したデスクトップと較べるとかなり控えめの数値です。バッテリー付きで万が一の停電時にも安心なのはノートならではですね。

WiDi(ワイダイ)は無線LAN(できれば802.11n)を使ってHDMIケーブルを無線化するIntelの規格です。WiDi対応パソコンから無線LANに乗って画像データが飛ばされ、WiDiレシーバーに受信後、レシーバーとHDMIケーブルで繋がったテレビに映し出されます。表示に2秒ほどラグがあるらしく、ゲームなどには向かないかもしれません。
 → インテル® ワイヤレス・ディスプレイ
 → 混迷深まるHDビデオの無線伝送 | EDN Japan

騒音は冷却ファンよりも光学ドライブの方がかなり気になるとのことです。市販のフリーウェアやユーティリティでリッピングしてしまうのは1つの回避策です。Blu-rayなどは容量が半端ではないので、容量に限界のあるノートではあまりやりたくありませんが...
 → IT・知的財産の法務ネット(大阪弁護士会): 技術的保護手段の回避 : DVDをリッピングソフトを使用してコピーすることは違法ですか? [2011-4-20]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Alienware M17XR3  koolboost さん

>> デル

 No. 3546

  • 長所: 液晶
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.5 7.6 7.1 7.1 5.9 5.9

◆ 購入のきっかけや価格
・子供の3DSに負けない3Dゲームマシンがほしかったので、
・ここ数年ノートPCを所有してこなかったが仕事で(ごくまれに)使うかも?という状況になったので
・友人がMacbookを買えとうるさいのでWinにもこんなすごいノートがあるんだ!というのを見せたくて

◆ 体感速度の変化
数年前に自作したXPデスクトップとほぼ同じ感じ。Win7初めてですが非常に快適です。


◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
4年前のデルノートが隣にありますが3倍明るいです。明るすぎるので落として使用してます。画面はとってもきれい。今のノートってこんなにきれいなんですね。
PS3をHDMIでつなげるのですが、リビングのハイビジョンプラズマと比べちゃうとやはりそれなりです。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
打ちにくい感じでしたが、数ヶ月使用してやっぱりいまいち。表計算なんてするわけないので数字キーはいらないです。
文章打つなら4年前のノートのほうが打ちやすいですね。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
不満はありません。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
マットブラックの表面はかつてあこがれたIBMの高級ノートみたいでお気に入りです。しっかりした作りこみで強度の不安はないです。
排気の関係でしょうか背面は電源プラグしかないってのはちょっと気になります。

◆ 排熱:筐体の温度
キーが熱くて困ることはないです。
ひざの上だと熱くなります。が、その前に重くていやになります。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ネットブラウジングやオフィスソフト程度ならほとんどファンの音は聞こえません。ゲームやベンチでは回転数がグッと上がってさすがに聞こえますが気になるほどではありません。
光学ドライブは、まあ光学ドライブの音がします。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
モバイルは考えてないようで、まず入るかばんがありません。巷の17インチラップトップ用のかばんには入りません。デパートの紙袋で持ち運びましたが底が抜けそうで怖いです。車の運転席で資料チェックしたかったのですが液晶画面を開くことができませんでした。
ACアダプタだけでVAIOのちいさいのぐらいあるような気がします(いいすぎですか?)
バッテリ駆動時間はネットブラウジングで2時間ぐらいかな?計画停電では最後まで持ちませんでした。

◆ その他
購入動機だった3DVisionですが、まあサンプルはいいのですが対応ゲームと書いてあるものでも機能したりしなかったり。
購入後2ヶ月ぐらいしたらドライバが対応したのか3D立体視でほとんどのゲームはできるようになりました。
でも目が疲れるので普通にプレイすることが多いです。特に長時間やるようなMMOなんかはアイテムウインドウやターゲットアイコンなどの距離感がおかしく、今のところまったく向いてないと思います。
今ではほとんど使ってない機能になりました。

◆ 総評
やっと到着して次の日にIntelのチップセットリコールが発表されました。
返品もできたようですが、マザー交換を選択、特に不都合もないまま使い続け、忘れかけてたのですが妻のほうが覚えてて先日DELLに連絡、3,4日でさっさと業者が来てマザーボードを交換しました(自宅で2時間ぐらいかかりました)
DELLサポートは私の場合とくに不満なところはないですが、わかりにくい場所に電話番号があったり、そもそもリコールの話もまったく関係ない外部サイト経由だったりと初心者には不親切だと思います。

ノートパソコン的には特にここがすごい!という機能はないですが今まで使用してたデスクトップとほぼ同じ性能が最新OSで快適に使えて(やっとXPを卒業)
しかも筐体は片手で持ち上げられるって言う凝縮感がいいですね。SSDにすればもっと快適なのでしょうが、今回は容量を選びました。

光るギミックはとくになんとも思ってなかったのですが、実際使っているうちに愛着がわいてきました。
エイリアンだらけのパッケージなども含めてMacみたいなこだわりを感じるノートですね。

比較対象としてMacBookは強敵ですね。ゲーム性能を重視しなければあのMacBookの完成度はなかなか太刀打ちできませんが、3Dパフォーマンス面ではWin機も負けていません。かなり強敵ですが...

多くのメーカーがセンドバック(配送修理)による対応をとっている例のチップセット不具合ですが、デルはオンサイト(訪問修理)で対応したとのこと。この点は嬉しいですね。メーカーにとってはセンドバック方式よりコストがかかりますが、ユーザーにとっては手元にずっと実機を置いておけるのでデータをバックアップする手間が省けます。

Alienwareの17型は他の17型ノートと較べると筐体が一回り大きい。筐体が菱形に後ろと前に出っ張っている形なので筐体幅が大きくなっています。ベゼル幅が広く大柄なThinkPad W700と似たサイズですが、一般的サイズのInspiron 9000系などと較べるとカバンへの収まりが少々悪いです。

上からInspiron 9400, ThinkPad W700, Alienware M17x
Alienware M17x [2011-5-1]

  •  Crysis (C) 2007 ElectronicArts All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  タワー オブ アイオン (C) 2009 NC Soft All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  DJ MAX (C) 2005 CJ Internet Japan Corp. All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 2

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Alienware M17xR3 (460M)ユーザーレビュー