HOME > レポート一覧 > Alienware M18x R2 (7970M)ユーザーレポート

Alienware M18x R2 (7970M)

■ 評価点平均

評価無し

Alienwareの18型モデル。GPUの選択肢は時期によってよく変わります。公式ページの仕様にもGPUの情報はほとんど載ってません。

仕様の詳細は公式マニュアル(フラッシュ)が参考になります。それによるとDIMMスロットは4つ。最大メモリ量は8GB x4で32GBとなっています。記載のないチップセットはIntel HM77。

GPUの選択肢は以下の通り
 ・ GeForce GTX 660M
 ・ GeForce GTX 675M
 ・ Radeon HD 7970M

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
1 キーボード
騒音・ノイズ
筐体の質感
1 発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Alienware m18x r2  tora さん

>> デル

  No. 3865

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.7 7.8 7.9 7.9 7.9 7.7
3DMark11 10260
モンハン大討伐 41698*

◆ 購入のきっかけや価格
25%OFFのキャンペーンがあったので580M SLIモデルを購入したのですが、初期不良で返金後に7970M CFモデルを注文。
CPUを3620QM→3720QMに変更し約28万(CPUアップグレードキャンペーンが始まってなかったので・・・)
別途メモリとSSDを購入し計30万弱でした。

◆ 体感速度の変化
初代m18xとは通常時の体感速度は変わりません。
ゲームに関しては圧倒的に早くなりましたが、今の所オーバースペック気味です。
ただ580M SLIでもゲームに関してスペック不足と感じた事がないので、あくまでベンチやゲーム中のfpsの差が大きいだけで実際ゲームをする時はV-SYNCをONにしているのでほとんど変わりがありません。
今後発売される重めのゲームで進化を発揮すると思います。


◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
グレア液晶なので写りこみはありますが、個人的にノングレアよりもグレア液晶の方が好きなので問題はありません。
視野角もclevo系のベアのノートよりは広く発色も良いと思います。


◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
照明などの光り物が好きなので、キーボードやロゴなどのバックライトが自分でカスタマイズできるのは嬉しいです。
キーボードもノートPCなのに非常に打ちやすいです(あくまでノートPCとして)


◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
初めて音楽を再生した時はかなり驚きました。
ノートPCでここまでの高音質は中々ないと思います。
東芝Qosmioと同等くらいの音質だと思います。
音割れなどはありません。
3000〜5000円くらいのスピーカーを付けている感覚です。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
左右に必要なコネクタ類があり、後はACだけと使いやすい配置です。
質感もとても良く、強度もそこそこありそうです。


◆ 排熱:筐体の温度
廃熱はとても良くできています。
ベンチを長時間試してもCPU71℃、GPU79℃なのでまだまだ余裕があります。



◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
アイドル時はとても静かです。
ベンチを走らせて少しするとドライヤーの弱風位の音がします。
光学ドライブの音はやや大きめです。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
周知の事実かとは思いますがアダプタだけでも、モバイルPC以上に重いです。
据え置き機として使用するので、たまに部屋を移動する位は出来るので大丈夫です。


◆ その他
初代m18xを6/4に購入し初期不良で返金処理に時間が掛かり、6/19に注文し7/18に到着しました。
他の方も7/18に到着した方が多いようなので、中国で生産しある程度の台数をまとめて日本に配送していると思われます。
注文時期によっては思ったより早く届く人が居たり、遅くなる人が居たりしそうです。


◆ 総評
色々とありましたが、PC自体には非常に満足しています。
価格は高めですが、購入者を満足させるだけのスペックだと思います。
ゲーム性能以外にもサウンドボードを内蔵しクリプシュと協業でのスピーカーを搭載し音質にもこだわり、液晶も60Hzの液晶ですが応答速度が速くて、発色も良い。
次に買い換える時もALIENWAREにしたいと思えるくらい良いPCです。

初期不良に遭われたtoraさん。返金されて、再購入、配送と1ヶ月以上時間を要していますが、機体自体は「次もAlienwareにしたい」と思えるほどの高い評価となっています。液晶、スピーカー、静粛性、冷却具合と、どの部分も高い品質でまとまっているとのこと。好き嫌いの分かれるAlienwareのキーボードも問題無く使いこなせています。 [2012-8-6]

  •  Batman Arkham City (C) 2012 Warner Bros. All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Alienware M18XR2  Surein さん

>> デル

  No. 3930

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.9 7.9 7.9 7.9 8.1 7.9
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.460.17404.65
512k320.02348.89
4k18.3243.749
4k32305.83148.005
型番SAMSUNG SSD PM830
3DMark11 10297
モンハン大討伐 41363*
 

◆ 購入のきっかけや価格
Windows 8 の発売をきっかけに UEFI で Secure Boot のプリインストール Windows 8 がほしかったこともあり、一度は手に入れてみたい Alienware にしてみました。
ハードウェア自体は M18X R2 なので、ほかの人がレポートしていますので割愛します。

◆ その他
最初届いたときは 3DMark11 のスコアが出ず、いろいろ調べてGPU温度が105℃になっていたので、これはおかしいという事で、オンサイトサポートをしてもらい、GPU とヒートシンクを交換しました。添付の写真でGPUとヒートシンクの間にビニールが挟まっており、そのビニールがヒートシンク側についているのがわかると思います。

◆ 総評
マシン自体はとても良いです。
ただ、サポートに問い合わせても、M18XR1 ならあるけどR2は無いとか、Windows 8 では事例が少なくて分からないとかとても頼りなかったです。
結局 http://www.hwinfo.com/download64.html を使ってベンチマーク中に GPU の温度がおかしい事を突き止めて、ようやく修理になったという感じです。


------------------------ 2013.2.5 追記 ------------------------

新 3DMark をさっそく走らせたのでその結果を添付します。
比較対象のノートPC のデータが無いので、同じ Alienware M18xR2 で早いのか遅いのかわかりませんが、参考までに。
尚、ATI のドライバーは、最新の 13.1 を使っています。

3DMark 2013


------------------------ 2013.2.16 追記 ------------------------

Catalyst 13.2 beta5 での新 3DMark の結果です。
13.1 の場合 FireStrike がほかに比べてやけに低い事がわかり、13.2 beta5 で Cross FireX のプロファイルで新 3DMark に対応したとの事でやってみました。
http://www.4gamer.net/games/022/G002212/20130206001/

FireStrike の結果はほぼ倍の、7576 になりました。

# Demo が面倒なので正規登録をし、ベンチマークだけ走らせています。

3DMark 2013

写真のビニールが挟まった状態で納品されたということなのでしょうか。よく出荷時の検品で引っかかりませんでしたね(^^; エンジニアが派遣されてくるオンサイトサポートでの修理となり、待たされることなく解決しています。 [2012-12-3]

早くも最新3DMarkの結果をいただきました。 [2013-2-7]

さらに追加レポを頂戴しました。
グラフィックスドライバを更新した結果、大幅に3DMark(2013)のスコアが伸びています。 [2013-2-7]

  •  マビノギ (C) 2003-2005 NEXON Corporation Co. All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Alienware M18xR2  Power1 さん

>> デル

  No. 3934

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.6 7.9 7.9 7.9 5.9 5.9
3DMark11 9784

◆ 購入のきっかけや価格
Qosmio 79W/HW からの買い替えです。現在アメリカ在住でDELLのマシンは手に入りやすく、今回M18、7970M crossfireのリファブリッシュ版が2100ドルで売られていたので思わずぽちっとしてしまいました。

◆ 体感速度の変化
VistaのQosimoと比べ劇的に早くなりました。通常操作からitunes、ゲームにいたるまで雲泥の差です。仕事はCore2DuoのユニボディではないMacbookPro17インチのアンチグレアにSSD(M4)を入れたものを使っています。SSDのきびきび感は一度味わうと離れられないほど快適なんですが、M18はHDDのままでもいいんじゃないかと感じてます。これにSSDを入れると最高なんでしょうが、M18の用途は主にゲーム、大量にある写真と動画の管理なので容量のほうが大切なのもあります。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
盛大にてかりますが、仕事で使うわけではないので個人的にはオッケーです。写真や動画は非常に鮮やかで、写真鑑賞が楽しくなります。旧型Macのアンチグレアと比べると鮮やか過ぎて違和感を感じるレベルです。しかし仕事に使うときっとこちらのほうが目は疲れるでしょう。輝度については79Wに比べて明るく、明度を下げて使っています。視野角も問題ないです。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
79Wはややぺこぺこしていたので、これも満足してます。パッドは使わずマウスのみの使用なのでタッチパッドについてはわかりません。配列も使いやすいと思います。しかし文章入力については使い慣れたMacのキーボードのほうがはやりやりやすいのですが、これは慣れの問題でしょう。「F」と「J」だけではなく「S」のキーにもぽっちりがついてます。Sキーのぽっちりのほうが存在感を主張してくる感じで、テキスト入力の際にやや違和感があります。左薬指で思わず表面をなでてしまいますが、これも慣れの問題だと思います。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
スピーカーの音質について。Qosmioのほうが迫力あるよい音でしたが、こっちはこっちで素直な音です。イヤホン端子からの音質はこちらの勝ちです。Qosmioはノイズが載り、よいヘッドホンは使う気になれませんでした。Skypeなどでは問題ありませんでしたが、音楽をヘッドホンでは聴けませんでした。比較的ましなMacBookProと比べてもいい勝負、付属のイコライザーソフトで弄るとこちらのほうがよいと感じられます。しかしPCオンボードサウンドの域は出ないので、音楽をきちんとよい音で聴こうと思うとUSBオーディオデバイスが必要だと思います。これはノート据え置き問わず、PC共通の弱点だと思います。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
コネクタ配置はよく考えられていると思います。全体にがっちりとしていて、不安は感じません。Qosmioは燃え上がる炎のプリントが恥ずかしかったのですが、こっちはシンプルかつ近代的というか、エッジが利いたよいデザインだと思います。しかし巨大です。

◆ 排熱:筐体の温度
筐体後ろからがんがん排熱されているようで、手に触れる部分に熱はあまり感じません。今のところ3DMarkやCODをやってもCPUは72℃、GPUが70℃台後半までしか上昇しません。廃熱はさすがに優秀なようです。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
光学ドライブはスロットローディングで静かです。冷却ファンの音はしっかり聞こえますが、MacBookのファンが回ったときのほうがうるさく感じます。「サー」という音が常に遠くに聞こえている感じで、個人的は気になりません。最大全速時と通常時の差が少ない感じです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
これは絶望的です。ACアダプターも巨大だと思っていたQosmioのものがかわいく見えてきます。330Wなのでしょうがないでしょう。移動は車なので個人的には問題ありませんが、MacBook17インチは言うに及ばず、Qosmioにくらべてもかなり大きく感じます。

◆ その他
余計なソフトがインストールされていないのがうれしいところです。webカメラは暗くてもしっかり顔が映ります。HDDやメモリの増設もQQosmioと同じく簡単です。HDDは3台まで搭載できるのもよいところです。

◆ 総評
以前つかっていたPhenomX4 WindowsXPマシンと比べても、問題を感じるところはありません。MacPro+SSDが個人的には使っていて快適なマシンNo.1ですが、ノートもここまでくるともはや据え置きはいらないのではと思います。今後はおそらく据え置きのWindowsマシンは購入しないでしょう。しかし1920*1080の解像度は縦に少ないので、仕事に使うことはないと思います。最低でも1200ほしい。1080が普及してしまったのが悲しいところです。

アメリカ在住のPower1さんからのレポートです。再整備品を2100ドル(約17.3万円)で購入されています。アメリカは物欲的にはとても羨ましい環境です。PCだけでなく、60インチテレビが1000ドルで買えたりしますので、外付けディスプレイとして使えば大迫力のゲームプレイも可能です(表示遅延があるかもしれませんが)。

前機は7ではなくVistaということで、劇的に体感は向上したとのこと。ストレージはHDDのまま維持されていますが、ゲームだけでなく、iTunesなどでも改善が見られています。大容量用途であればHDDのままの方がいいかもしれません。容量的にはもちろんですが、扱うファイルの規模が大きいとSSDのキャッシュから溢れてしまうため、HDDより動作が重くなることがあるように思います。

ACアダプタは驚異の出力 330W。100W超えで驚いていた昔が懐かしい。 [2012-12-11]

  •  Call of Duty: Modern Warfare 2 (C) 2009 Activision,Inc. All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  Crysis2 (C) 2011 Crytek / ElectronicArts All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 3

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Alienware M18x R2 (7970M)ユーザーレビュー