HOME > レポート一覧 > Alienware M15x (260M)ユーザーレポート

Alienware M15x (260M)

Alienware M15x (260M)

■ 評価点平均

4.8

2006年に買収したAlienwareブランドを冠したデルのゲーム特化Core i7モデル。各種イルミネーションや凝ったデザインの筐体などコストパフォーマンスの追求が第一になっている他モデルとは一線を画すシリーズ。

<GPU>
 GeForce GTX 260M
 GeForce GT 240M
<液晶>
 15.6インチ 1600x900
 15.6インチ 1920x1080

GeForce GTX 260Mはシェーダー数 112基とハイエンドクラス。
GeForce GT 240Mはシェーダー数 48基となりミドルローあたりの性能となります。240MクラスのGPUであれば他のシリーズでも搭載例があり、Alienwareを買うなら260Mをお勧めします。筐体カラーは黒、シルバー、赤の3色。

長所・短所

GOOD   BAD
4 液晶
2 キーボード 1
騒音・ノイズ 2
筐体の質感
2 発熱処理

関連リンク

イルミネーション 正面からのAlienware M15x 側面からのAlienware M15x Alienware M15xと新聞でサイズ比較

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Alienware M15x  AMY さん

>> デル

 No. 2995

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.9 5.9 5.9 5.8 5.9 5.9
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.252.2070.12
512k179.2058.36
4k12.1114.430
型番X25-M SSDSA2MH080G2R5
3DMark06 11883
FF11v3 高解 7510
 

◆ 購入のきっかけと価格
モバイルi7の初物を買いたくてインテルから発表された翌日、9/24にポチりました。何よりもAlienWareの綺麗なイルミネーションとぶっ飛んだスペックに一目ぼれしましたw
M17xが出た時にひそかに15インチも出れば…と思っていた矢先でしたので、丁度良かったと思います。値段はM17xと違い20万半ばで落ち着きました。


◆ 体感速度の変化
i7は基本的に負荷を掛けるアプリの場合大体ターボブーストを全開にしてくれるのでかなり早いです。ゲームとかベンチだと平均2.8Ghzくらいで動いています。
ついでに初日に換装したSSDのおかげでもっさり感も無くきびきび動いています。
メモリもDDR3で最新の1333Mhzでの稼動をしています。
ゲームについては3Dmark06で11000以上出るので、非常に素晴らしいですね。

具体的にゲームを挙げるとAionで要塞戦でもヌルヌル動くのでびっくりしました。
首都やアビス等人が多い所でも最高設定で余裕です。クアッドコア対応ゲームという事もあり、いろいろな面でAion向きのスペックでした。
劣化Aionと言われている無料MMOエイカオンラインですが、当然Aionよりグラフィックの質が落ちるので余裕で動きました。AionのBOTに嫌気が差した人は移住もアリかもしれませんw


◆ 液晶の質
FullHD LEDパネルですが、とても発色が良く綺麗です。グレアなのは時代の流れ的にしょうがないとは思いますが、慣れてないので目がチカチカします^^;

◆ キーボード:配列やタッチ
右端にhome等があるタイプは初めてですが、恒例のミスタイプしまくりです。
慣れればFn省略タイプよりは便利だと思います。そして日本語キーボードはEnterキーが大きくて打ちやすいです。
ラバー調キーについては質感が好み分かれそうですが、個人的には吸い付く感じでとても良いです。あとはとにかく綺麗に光りますw

◆ サウンド
でっかい発光スピーカーは低音はダメですけど、中〜高音はなかなか良いです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
アルマイト加工の天板は頑丈です。コネクタについては左右にしか無いので、ちょっと使いにくいです。特にUSBが3つしかないので足りないですね。
後はHDMIじゃなくてディスプレイポート端子というところがちょっとアレです。

◆ 排熱:筐体の温度
約5CMと無駄に分厚いためあまり熱くなりません。廃熱は15インチほどのPCの中では最高傑作じゃないかなと思います。伊達に4kgもありませんよ。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
起動時にファンが全開になりますが、ゲーム時以外は静かです。ゲーム時はゲームの音楽で気にならないです。あとSSDは無音過ぎて慣れません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
モバイル要素はありません。重いです。ただ、サイズはなんとか15インチLサイズのバッグに入るので持ち運べない事も無いです。バッグに入る、ココ重要。

◆ その他
新しいチップセットのためか、いろいろパーツに問題が出て納期がめちゃめちゃ遅かったです。9/24に注文して、納期が11/17でした。さすがにキャンセルしてPC工房にでも変えようかと何度も思いました。

◆ 総評
納期以外は◎です。廃熱構造が良いからか分かりませんがGTX260Mにしては良いベンチが出ています。タスクマネージャを開いて8スレッド分のCPUを眺めてると幸せになれます。ニヤニヤしている様は間違いなく変体です。
17インチに抵抗があるけど、ハイスペックが欲しい。こんな方はきっと他にもいらっしゃると思います。そんな要望を満たしてくれるマシンだと思います。

初物狙いのAMYさんからAlienwareレポを頂きました。3DMark06で10000ポイントが達成感のある1つの区切りではありますが、15インチモデルながら見事達成しています。Core i7の物理コアはQuad構成ですが、HyperThreadingによってスレッドは倍になり、8スレッドになっています。

Core i7にGeForce GTX 260Mと内部で発生する熱量は相当なものだと思いますが、厚みのある筐体のおかげで熱感に悩まされることは無い模様。注文から2ヶ月近くかかった納期はちょっと酷い。変更しなかったお客さんになにかしらオマケを付けて欲しいぐらいです。

Aionの推奨スペック
 → 完成型MMORPG 「The Tower of AION」公式サイト :: ダウンロード

マルチスレッド対応のゲームについては以下記事などを参考に
 → 4Gamer.net ― 「ロスト プラネット」と8CPUコアでチェックする,マルチスレッド最適化の最前線
 → 4Gamer.net ― 「GTA IV」と16種のCPUでチェックする,「ゲームにおけるマルチスレッド最適化」の現在 [2009-11-27]

MXMボードの換装でRadeon 5870M化したレポートをいただきました。
換装前のスコアを残すために、空きNo.3010に別枠にて登録しています。 [2012-5-20]

  •  The Tower of AION (C) 2009 NC Soft All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  エイカオンライン (C) Joyimpact / Hanbit All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Alienware M15x  AMY さん

>> デル

 No. 3010

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.2 7.5 7.3 7.3 7.2 7.2
3DMark06 12864
 

◆ MXM乗せ換え報告

AlienwareM15xのGPUをGeforceGTX260mからRadeon5870mに乗せ換えたのでご報告

※ 経緯
年末くらいから、ゲーム等で高負荷を掛け続けるとフリーズ(ディスプレイドライバーが応答無しになって操作不能に)してしまう事が増えてきてたので、PCを買い換えるか修理をするか悩んでいました。

サポートセンターへ修理を依頼 → エラー診断で引っ掛からないから出来無いと言われる^^;

半年くらい悩んでGPUを自分で買い換える事に決めました。
MXMモジュール自体はe-bayに結構出品があります。
自分は不慣れだったのでセカイモンを利用して、日本語で取引しました。

もともとがGeforce GTX260M、交換してもTDP的に題無い物の候補として
Geforce460mか560m、Radeonの5870,6870mを探していましたが、なかなか560mと6870mが無かった(あっても2万円↑等)ので5870mに決めました。
送料と関税は2000円弱。本体は11000円ほど。(円高って素晴らしい!)

交換の手順は至って簡単。
↓こちらを参考に、


1 裏蓋を外す
2 GPU側のファンを外す
3 GPU側のヒートシンクを外す
4 GPUカードを外す
5 ソケットに差し替える(この時グリスの塗布は忘れずに)
6 同じ手順で戻す
(作業時間およそ10分)

3Dmark06のスコアが伸びたのはもちろん、Windowsエクスペリエンスインデックスが大幅に改善されました。
3DMark06

MXMボードの換装にて、GeForce GTX 260M から Radeon HD 5870Mへとアップグレードされています。海外オークションとの日本語取引を可能にするサービス「セカイモン」で取り寄せておられます。費用は総額で1万3000円ほどと、デスクトップの換装並みの価格で収まっています。 [2012-5-20]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Alienware M15x  山本56 さん

>> デル

 No. 3014

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.3 7.5 6.8 6.8 5.9 5.9
3DMark06 11918
FF11v3 高解 9477

◆ 購入のきっかけと価格
今年は経費でPCを買っていなかったので、Windows7とCore i7が搭載されたタイミングで衝動買いです。
経費枠の関係で30万円ぎりぎりの構成にしました。

◆ 体感速度の変化
まだ到着したばかりで使いこなしていませんし、Windows7にも慣れていませんから、速いとしか言えません。
本レポートは、初期設定のままMicrosoft Security Essentialsを入れただけのものです。

◆ 液晶の質
15.6インチ フルHD W-LED液晶(1920×1080)。明るさや発色、視野角の広さなど、良好だと思います。
パイレーツオブカリビアン2をDVDとブルーレイで見比べてみましたが、小画面ながらDVDの粗雑さが一応わかります。

◆ キーボード:配列やタッチ
英語キーボード派です。打鍵の具合はいいと思います。
最右列のHomeやPageUpキーは慣れると便利だと思うのですが。
(余談ですがWindowsキーやAltキーと方向キー、HomeキーやPageUpキーを用いた操作は、マウス操作よりも速いと思います)
2ちゃんねるによれば、日本語キーボードでは「ろ」のキーが反応しないそうです。

◆ サウンド
なかなかいいと思います。もちろん低音はそれなりです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
排気口を後方に展開しているため、コネクタが(電源さえも)すべて左右に配置されています。
個人的には、着脱しやすくて便利と思います。
ヘッドホン端子が2つあるのですが、ポータブルDVDプレーヤーを意識してのことでしょう。

◆ 排熱:筐体の温度
長時間の負荷でも、キーボード奥の天板が少し温かくなる程度で、パームレスト部はあまり変化がありません。
熱くなることを覚悟していただけに、嬉しい驚きです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ソニーoptiarc BC-5600Sのブルーレイコンボドライブでした。非常に静かに働いてくれます。
冷却ファンは高負荷時でも気にならない程度の音です。これで冷却がしっかりできているのだからすばらしい。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
筐体は五角形なのですが、この手前に飛び出した角のために、合うバッグが見つかりません。
厚み5cm弱という点についても同様です。それでもいざという時のためにバッグを探し続けたいと思います。
学生時代から分厚い教科書を持ち歩いていた習慣があるので、4kgは自分的には苦じゃありません。

◆ その他
10月28日注文で、11月28日到着でした。
とにかくパーツが品薄のようで、私より数日遅れて注文した方がいまだに到着の目処も立ってないそうです。
1ヶ月で到着したのはラッキーだったようです。

◆ 総評
dellが本気を出している印象で、好感の持てるマシンです。
ハイスペックPCはこれが初めてなので、いじり倒してみたいと思います。

15.6型ながらかなりヘビーな構成でもあるAlienware M15xのレポを山本56さんから頂戴。納期はほぼ1ヶ月。最近はサイズに関わらず、マニア系モデルの納期遅延が目立つ気がしますが、山本56さんの1ヶ月納期はそれでも早い方とのこと。紙一重でパーツのあるうちにオーダーが入ったようです。もうちと短納期を目指して欲しいところですが。

M15x自体は好印象のようですが、目下の悩みはサイズのあうバッグが無い事とのこと。通常15インチクラスのノートは奥行きが27cmとか28cm程度なのですが、M15xは30cmを越えているためなかなか収まらないようです。奥行きだけ見ればほぼ17インチクラスです。

余談ながら私もThinkPad W700が入るバッグをぼちぼち探し中です。巷で売られているバックパックにすら入りません。普通の紙袋に入れたりしてますが、電車に乗ったりするので持ち運び時の衝撃が恐い(^^; [2009-12-9]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Alienware M15x  stornhange さん stornhange さんさんのほむぺ

>> デル

 No. 3057

  • 長所: 液晶
  • 短所: 騒音
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.1 7.4 6.8 6.8 5.9 5.9
3DMark06 10978
FF11v3 高解 7153
   

◆ 購入のきっかけと価格
以前にレビューさせていただきました東芝AW6からの乗り換えです。
最新の3Dゲーム以外の普段利用には全く不便は無かったんですが、
最新ゲームのためと気分的に購入から3年以上経つと新しいPCが欲しいので。

◆ 体感速度の変化
初Win7です。Vistaと比べると全然良いですね。
ゲームも普段利用も何も問題無いです。

◆ 液晶の質
初光沢液晶です。非光沢派でしたがこれはこれで悪くないです。
Edge-to-Edgeディスプレイは良い感じです。

◆ キーボード:配列やタッチ
カチカチとしっかりしてて個人的に好きです。
右側が少したわむのが気になります。
タッチパッドをONにしていると文字を打ってる時に
手が当たってカーソルが勝手に動きます。
FPS系ゲームをやる時もFn+F12でOFFにするのは必須です。
キーボード上部のタッチパネルは残念ながら感度悪いです。

◆ サウンド
可も不可も無く。
ノートPCの中では悪く無い位です。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
ヒンジが固いので開ける時に気をつけなきゃです。
全体的に安っぽさが無くて良いと思います。

◆ 排熱:筐体の温度
流石です。表面は全く熱くなりません。
伊達にこの大きさはありませんね。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ゲームをやり始めると決して静かではないです。
ゲーム音でそんなに気にはならないですが。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
持ち運ぼうと思えば可能です。
ACアダプターはもはやデスクトップ用?な勢いです。

◆ その他
いろいろなレビュー等を拝見して納期が心配でしたが、
ちょうど自分が注文した直後に止まってた生産が再開したらしく、
2週間半程で届きました。

◆ 総評
ゲームに関してはCrysisで解像度を抑えれば全て最高設定で遊べます。
向こう3年位は不自由無くいろいろ遊べそうです。

自分の中では名機になる予感です。

「Edge-to-Edge」はディスプレイ面をベゼルを含めて1枚のカバーで覆ったデザインのことです。ディスプレイ面の端から端まで一体感があるため、すっきりしたデザインになります。悪い点といえば、ベゼル部まで光沢化してしまう点が挙げられると思います。納期が遅れたという話が多かったAlienwareですが、stornhangeさんの場合は約2週間と外資系のCTO機(受注生産機)としてはまずまず普通の納期となっています。 [2010-1-19]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Alienware M15x  めかる さん

>> デル

 No. 3060

  • 長所: 熱処理
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.4 7.5 6.7 6.7 5.9 5.9
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.210.60143.40
512k165.30115.20
4k14.996.640
型番MMCRE56G5MXP-0VB00
3DMark06 12328
3DMark05 21174*
FF11v3 高解 8763

◆ 購入のきっかけと価格
とにかく速いノートを探していたら見つけました。速ければ速いほど高いのはしょうがないですね。

◆ 体感速度の変化
通常使用ではそんなに変わらないですが、前に使っていたノートがとりわけ遅かったのでゲームに関しては百倍以上速い感じがします。

◆ 液晶の質
ムラもなくきれいです。ただ横幅が大きいので近くで見ると画面端が暗く見えます。

◆ キーボード:配列やタッチ
BACKSPACEが小さいですね。まだ慣れないのでHOMEキーを押してしまうことが多いです。タッチはラバー系と聞いていたのですがそんなこともなく、押し込みも深い感じがします。

◆ サウンド
BIOS設定時に出るビープ音はヘッドホンには流れないようで、これが結構大きい音です。他は良好。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
キーボードの右下部分に隙間があって多少ボコボコしますが、他はいいと思います。あからさまに重いですが持ち歩かないので大丈夫。

◆ 排熱:筐体の温度
手首部分がほんのり暖かい程度です。GPUに負荷を与えてファンを全開にしても体感する温度は変わりません。


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
Blu-rayドライブなのですが、ディスクを入れていると一定時間でリトラクトするのかシーク音が四回鳴ります。それ以外は夜中でも大丈夫なくらいに静かです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
とにかく重い。電源コードの太さに驚きました。CPUが電源を食うようなので大容量のバッテリーにしました。DELL USのサイトで注文する際920XMだとバッテリー容量にアラートが出るのですが、DELL JPではそれがないので注意が必要だと思います。

◆ その他
帽子が付属しています。LANパーティがあればかぶっていけというのでしょう。

◆ 総評
とても満足しています。これであと5年戦えれば言う事はありません。

ぼ、帽子ですか?(^^; それは見てみたいような。異色のおまけですね。Core i7+8GBという構成ですが、普段使いではあまり変化はないとのこと。GeForce 260Mによってゲーム動作はググッと高速化。Alienwareの面目躍如です。 [2010-1-19]

追記
stornhangeさんから頂いた写真に「その他」でめかるさんが言及されていたおまけの帽子が映っています。 [2010-1-21]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Alienware M15x  SG さん

>> デル

 No. 3090

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.2 7.4 6.8 6.8 7.7 6.8
3DMark06 11820

◆ 購入のきっかけと価格
Core i7でGPU性能がデスクトップに比べて遜色ないノートがほしくて購入しました。22万円でした。

◆ 液晶の質
光沢液晶ですが、割と良いと思います。視野角もノートにしてはいい方でしょう。出荷状態では青がやや強いのですが、キャリブレーションすれば問題なくなります。

◆ キーボード:配列やタッチ
特に期待はしていませんでしたが、軽快で打ちやすいキーボードです。Thinkpadに使われているものと似た構造です。トラックパッドは動きがいまいちです。マウス前提と思ったほうがいいでしょう。

◆ サウンド
低音はさっぱりですが、明瞭でそこそこ大きい音が出せます。デジタル出力はDisplay portから出て行くので音だけ取り出すのは困難です。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
4kgもあるので重厚です。ただ液晶パネル上下の額縁が大きすぎるのが気になります。あと5cmは奥行きを詰められるはずです。
USBコネクタが少ないのが難点です。USBハブ、マウスレシーバー、esata(USBと共有)で空きがなくなってしまいました。

◆ 排熱:筐体の温度
冬場なのでよくわかりませんが、負荷をかけてもキーボードやパームレストにはまったく熱が届かないです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDDはすぐにSSD(X25-M)に交換したのでノーコメントです。冷却ファンは通常時は静かです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
これを持ち運ぼうとは思わないでしょう。6セル仕様にしましたが、バッテリ運用で2時間くらいは持つようです。

◆ その他
ステルスモードという省電力モードがありますが、ACでは不要ですし、バッテリーでは強制的にステルスモード相当になるので意味がないです。CPUが数百MHzまで落ちます。
Fn+F2でAC時に充電させないようにできます。この機能があるとバッテリが劣化しないので助かります。
Alienwareコマンドセンターは使いにくいし特に用がないのでアンインストールしました。


◆ 総評
良い買い物をしました。このくらいの性能があるとデスクトップは不要と言い切れますね。

液晶のベゼルが広すぎるのが不満というSGさん。Alienwareは重厚感を出すためなのか、冷却上の理由なのか、横だけでなく奥行きも非常に大きく取られています。うちにあるThinkPad W700も画面の割に筐体とベゼルが広くて気になります。据え置き機ならさほど気にする必要はないのですが、なんか損した気に(^^;

ステルスモードという強制クロックダウンモードがあるとのことですが、いまいち利用価値に乏しいとのこと。考えられるのは常時起動させてホームサーバーにする時ぐらいでしょうか。テキストエディターを使うときに静粛性を求めて切り替えるというのもあるかな。

バッテリー充電禁の設定はいいですね。私も普段は消耗を避けるためバッテリーは抜いてます。長期間に渡って全く使わないのも劣化を招くそうなので、たまにバッテリー駆動でリフレッシュさせていますが結構面倒です。この充電禁の機能があればバッテリーを抜かずに消耗を防ぐことができますね。 [2010-2-6]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Alienware M15x  秋 さん

>> デル

 No. 3128

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7 7.4 6.8 6.8 5.9 5.9
3DMark06 10405
FF11v3 高解 6863

◆ 購入のきっかけや価格
今まで使ってたINSPAIRON9300が、かなりヘタってきたため。


◆ 体感速度の変化
CPUどころかメモリーの容量も違うんで、もう全くの別物。
operaで20個近いタブを開いてても、3個ぐらい同時にアプリインストールしても
屁とも感じない素晴らしさw


◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
INSPAIRON9300の液晶が、経年劣化のせいか黄ばんできてるように感じてたので
それに比べると、鮮やか過ぎて目が痛い。


◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
日本語キーボードを選択したが、Delete・HOME・UP・Downなどのキー配列がなんとも微妙で
慣れていないせいで、タイピングミスをしまくり。
キータッチ感などは申し分ない。


◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
9300と同じく、前面にスピーカーがあるのである程度は期待していたのだが
デフォルト設定のままだと、音質が薄っぺらくシャカシャカする。
ブーストなど、自分の好みに合わせれば、少しはましになる程度。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
9300とほとんど同じ、15インチとは思えない筐体のでかさw
分かってた事とは言え、左右にコネクタ位置があるのはやはり使いつらい。


◆ 排熱:筐体の温度
ほとんど熱くならない。


◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ファンが回っても静かで、全く気にならない。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
いわずもなが


◆ 総評
部品の在庫不足で、納期に1ヶ月かかったのには流石DELLと言ったところ・・・

本日届いたばっかりなので、主だった使用はまだ何もしていないが
すべての動作が快適なため、これからのパソコンライフが楽しみです。

最近のWebページはリッチコンテンツ化の流れを受けてかなり重くなっています。さらにタブブラウザの登場でタブをバカスカ開くとメモリへの負担も半端なく、ブラウジングの改善が買い換えの目的になってもおかしくない時代になってきました。今回の買い換えではメモリが大幅増量したこともあり、20個程度のタブはへっちゃらになったとのことです。

スペック上の不満はほぼ無いに等しいようですが、使用感ではキー配列、コネクタ配置に難ありのご様子。コネクタはこのモデルでは背面がヒンジ構造と排気口で使えなくなっていますので、そのしわ寄せが来てしまっています。それにしてもDELL納期はいただけないですね。2週間程度に縮めて頂きたいところですが。 [2010-3-9]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Alienware M15x  AMY さん

>> デル

  No. 2996

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.2 7.5 6.8 6.8 7.2 6.8
3DMark06 11883
FF11v3 高解 7712

Dellの無料アップグレードサービスでWindows7にしました。

NVidiaのドライバーも197.16にアップデートしました。
AliemWare m15x のドライバもbios(A05)を含めて最新の物に変えました。

ベンチ的にはグラフィックドライバの成熟だと思いますが、多少上がりました。

初期のm15xユーザーに発症してた「ろ」キーが押せない初期不良もbiosのアップデートで直りました。

この機種は見切り発車的に発売されたんだろうと思うぐらい本当に色々不具合がありますが、Dellの最新ドライバーを導入していく事で、徐々に解決しています。

面倒くさがらずに、定期的にチェックしてアップデートをする事をお勧めします。


余談ですが、ディスプレイポートからエレコムさんのHDMI変換ケーブルを使ってHDMIケーブルでSHARPの液晶TVに接続していますが、音も画像も問題無く出力出来ています。

FF14がスタートしたら40インチくらいの液晶TVでプレイして見たいという夢が叶えられそうで今からワクワクしています。

Win7化したM15xレポを改めていただきました。4gamerなどの調査によるとVistaよりもWin7の方が確実に速い結果(FPS)が出ており、AMYさんの結果もそれを裏付けるものになっています。

今回、追記が大変遅くなり申し訳ありません。 [2010-6-10]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Alienware M15x  みーこ さん

>> デル

 No. 3205

  • 長所: 液晶
  • 短所: 騒音
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7 7.4 6.8 6.8 5.9 5.9
3DMark06 10975
FF11v3 高解 6985

◆ 購入のきっかけや価格
The Tower of AIONをやり始めたらWXW77ではパワー不足を感じたため。
素直にデスクトップにすればいいのでしょうが、そこはノートでゲームをしたい拘りでAlienware M15xにしました。

◆ 体感速度の変化
VISTAからWindows7になった分は起動とか明らかに早くなってます。
youtubeなどの最高画質の動画もスムーズに再生されます。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
ドット抜けはなし。解像度1920×1080を選んだこともあり非常に見やすいです。
視野角も申し分ないですが・・光沢が強いので夜間の照明下だと映り込みが激しいですね。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キーボードは特にたわみもなく良好です。タッチ感も打ちやすいと思います。
タッチパッドはマウスを認識するとOFFになるのが結構便利。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
音質はWXWに比べると悪いですが十分良い音を出してると思います。
ヘッドフォンに接続時の無音時に「プツ・プツ」高周波のようなノイズが出るのが難点。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
プラスチック素材で高級感は感じませんが綺麗に纏まってると思います。
パームレスト周辺もつや消し仕上げで指紋汚れが目立たないのも○

◆ 排熱:筐体の温度
危機感を感じるような発熱はありません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
FFベンチではファンが回ることなく動きましたが、モンハンベンチではファンが全開でかなり五月蝿い。
高負荷のゲームなどはヘッドフォンしてやった方がいいかと思います。
光学ドライブは初期不良で読み込みも書き出しもできないので検証できてません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
持ち運べなくはないでしょうけど基本据え置きで使うので問題なし。
アダプタは結構熱くなります。

◆ その他
注文時に日本語キーボードが在庫薄で3週間と言われ、途中で2週間延期されるも結局1ヶ月で到着。
光学ドライブのサポートもM15xは最初チャットサポートしか製品番号を認識されず、チャットで確認作業を聞く→確認→再度チャット接続とやってたんですが繋ぐたびに担当者が代わり顧客情報は共有されてるはずなのに一から説明しなおしとか、分解してドライブのソケット挿し直してくださいとか裏面外せば簡単に出来るような口ぶりで無茶振りするサポートも・・。
製品としては満足度は高いのですがメーカーの在庫管理やサポートには不満だらけですね。

◆ 総評
このコンパクトなボディにこの性能は素晴らしいと思います。
不要なアプリもほどんどなくゲームマシンとしては非常に満足です。
The Tower of AIONに関しては推奨PCにはなってますがヌルヌル動くとまでは・・通常の狩りやPvではストレスなく動きますが要塞戦だと自動フレームにしてると周りのキャラは皆影絵になってしまいます(笑)
それでもWXWだと要塞戦では紙芝居になってたので十分活動できる分高スペックですね。

The Tower of AIONをきっかけに機種変更されたみーこさん。相変わらずのデルの変動納期ぶりですが、結局予定より1週間遅れで納品。それより面倒なのは光学ドライブの問題の方ですね。サポートではコネクタの接触不良を疑ったらしく、みーこさんに分解の指示を出しています。ユーザーの手でなおればそれにこしたことはありませんが、大胆というか何というか(^^;

デスクトップのハイエンドカードではGPU性能が飽和気味だったりしますが、ノートにおいてはThe Tower of AIONクラスの最新タイトルだとまだまだ性能は欲しいところです。みーこさんの報告でも高ストレスのかかるシーンではキャラを描画しきれていないようです。 [2010-5-14]

  •  スカッとゴルフ パンヤ (C) 2005 Gamepot All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  The Tower of AION (C) 2009 NC Soft All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Alienware m15x  AMY さん

>> デル

  No. 3317

 [2010-8-8]

その他のレビュー 10

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Alienware M15x (260M)ユーザーレビュー