HOME > レポート一覧 > Aspire 5739G-MX1ユーザーレポート

Aspire 5739G-MX1

Aspire 5739G-MX1

■ 評価点平均

3.5

台湾大手エイサー製ノート。MX1はGPUに「GeForce GT 130M」を搭載するが、兄弟機として「GeForce GT 240M」を搭載する「5739G-X24」などもある。5.1chのスピーカーをもち「シネマクオリティ」を謳う。キーボードはテンキー付きでキーは傾斜のない偏平なタイプ。

 AS5739G-MX1 GeForce GT 130M <
 AS5739G-MX1F GeForce GT 130M
 AS5739G-MX24 GeForce GT 240M

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード
1 騒音・ノイズ
筐体の質感
発熱処理 1

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Aspire AS5739G-MX1F  gnd123e さん

>> ACER

 No. 3081

  • 長所: 騒音
  • 短所: 熱処理
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.4 5.9 5.9 5.4 5.6 5.4
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.68.2869.67
512k31.2444.90
4k0.461.394
型番
3DMark06 5592
3DMark05 10172
FF11v3 高解 6297

◆ 購入のきっかけと価格
学校の寮に大きいPCは邪魔になるかなと思い初めてノートPCを買いました。
ゲームも設定を落とせば動くというのが選定基準でした。
オフィスを使う可能性があるのでoffice2007付きモデルです。
購入価格は9万円 オフィス無のモデルだと-1万円程度でした

◆ 体感速度の変化
元のデスクトップがCore2Duo@3.6GHzでしたがネット閲覧程度では差は感じず十分快適です。

◆ 液晶の質
グレア液晶で写りこみもかなりあります。
このタイプの液晶を使うのは初めてですが思った以上に目が疲れます。

◆ キーボード:配列やタッチ
最近のノートPCなら一般的?な配列です。テンキーあり。表面は平べったいです。

◆ サウンド
内蔵スピーカーの質は安物の液晶付属のと比べればいいほうだと思います。
少なくとも音は割れません。
イヤホン接続中にノイズがのることがあります。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
HDMI,eSATA,LAN,USB*2,イヤホン端子が左側面に配置されており使いやすい。
天板は指紋が付きやすいです。パームレストはプラスチック製で凹凸加工されており指紋は付きにくいです。

◆ 排熱:筐体の温度
パームレストの左側がインターネットしているだけで温かくなります。
冷却性能は室温22度でCPU30度,プライム95で負荷をかけると57度になります。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
負荷をかけると冷却ファンは少しうるさくなります。
HDDはシーク音などもなく静かです。

◆ その他
指紋認証付き。意外と便利です。光学ドライブはBD読み込み機能付き

◆ 総評
少々安っぽいですが、コストパフォーマンスが高くいいと思います。
ただ使ってると汗ばみますね。パームレストが暖かい…

GPUZでみるとビデオメモリはDDR2のようです。でも性能は十分でてますから問題はないでしょう。

大学生活での下宿や寮生活がノート購入のきっかけになることも多いですが、gnd123eさんはエイサーのオフィス付きモデルを入手。大画面ながらオフィス付きで10万円を切るプライスです。気になる点として表面温度を挙げておられます。冬場ながら使っていると手が汗ばむとのことで、夏場は卓上扇風機の出番かもしれません。うちでもUSB扇風機をたまに使ってます。 [2010-2-1]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Aspire AS5739G-MX1F  買い物依存症 さん

>> ACER

 No. 3130

CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.65.2067.65
512k26.0445.43
4k0.341.451
型番WD5000BEVT
3DMark05 10239

◆ 購入のきっかけや価格
中古で安かったので衝動買い。
Office付モデルで約8万円

◆ 体感速度の変化
Windows7にアップグレードしてることもあり、体感速度は結構速いです。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
可も無く不可も無くです。
欲を言えば明るさがもう少し欲しかったくらいでしょうか。
パネルの製造元はAUOです。
AS5536に搭載されていたSAMSUNGパネルと明るさと発色に大差無いです。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
タッチはイマイチで、十字キーが小さいのも使いにくいですが、
普通に使う上で大きな不満は出ないでしょう。
タッチパッドは中心より左に寄っています。
タッチパッドON/OFFボタンが付いているのはGoodです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
思ったよりも良いです。
AS5536と同レベルかと思いきや、明らかにこちらの方が音質は上です。
内蔵スピーカーと考えると良い方だと思います。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
筐体は頼りない感じで、強度には少し不安があります。
質感ですが、全体的に良好ですが、キーボード部分が他に比べて明らかに安っぽいです。

◆ 排熱:筐体の温度
熱は気になりません。
ベンチマークを走らせても底面の温度が高く感じることはありません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
光学ドライブの音は普通か少し静かくらいです。
冷却FANは負担をかけると結構まわってる感じがします。
高周波音タイプのFANなので、音が気になる人は機になるかもしれません。
FANの音より、回転時に共振して筐体から音がするほうが気になります。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ハイスペックタイプのノートにしては比較的軽い方ですが、
持ち運んで使うようなノートではないですね。

◆ その他
新品購入時より筐体及び内部のネジが緩んでいて、
新品状態で内部のネジが外れてカラカラ言っていました。
交換も面倒なので全て〆なおしましたが、少し品質に不安が残ります。
そのまま電源を入れていたらショートしていたかもしれません。

◆ 総評
ネジが緩い初期不良があり、品質面で不安が残りますが、
スペックや値段のバランスは良く、ハイスペックノートとしてはコストパフォーマンスも良いかと思われます。

買った時点で中のネジが抜け落ちていたというあまり聞かない初期不良のAcer製ノートレポートを頂きました。なんともすごい話ですがこれが世界品質の価格と品質のバランスなのでしょう。品質はもちろん良い方がいいに決まってますが、時代は多少品質が落ちても安価なモデルを作れるメーカーが勝者となる流れになっています。タッチパッドやキーボードも頼りない感じとのこと。インターフェイスがコスト優先品質で作られている一方で、内蔵パーツのスペック面では申し分なくコストパフォーマンスは高くなっています。 [2010-3-14]

その他のレビュー 2

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Aspire 5739G-MX1ユーザーレビュー