HOME > レポート一覧 > Aspire 5920Gユーザーレポート

Aspire 5920G

Aspire 5920G

■ 評価点平均

4

15.4型「Aspire 5920」シリーズ。上位はGPUに「GeForce 8600M GS」を使う「5920G」、下位モデルは統合型グラフィックス(GM965)を使う「5920」に分かれる。筐体は丸みを帯びたツートンカラー。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード
騒音・ノイズ
筐体の質感
発熱処理 1

型番

■ 2008年3月
・ AS5920G-932G25 T9300
・ AS5920G-932G25F Office Personal 2007
・ AS5920G-602G16 T7500
・ AS5920G-602G16F Office Personal 2007
・ AS5920G-601G16 T7500
・ AS5920G-601G16F Office Personal 2007

統合グラフィックスを使うモデル
・ AS5920-601G16 Intel GM965

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Aspire 5920G  ヨッサリアン さん

>> ACER

 No. 3383

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.1 4.8 4.9 5.1 5 4.8

もはや旧式化しかけた機種ですがレポートがないようなので

◆ 購入のきっかけや価格
メインにも使える高性能ノートを探していたところこれが安かったので08年3月に買いました。10万円台でした。

◆ 体感速度の変化
前はAthronx2 +3800、Geforce6100のデスクトップを使用していたのですが、CPUは遜色なく、グラフィックは完全にデスクトップを超越していました。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
大して文句はありません。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
Home/Page Up/Page Down/EndがEnterの右にあって時々押し間違えます。更にその外側にはメディアの再生ボタンがあり、やはり押し間違えるので、このボタンは機能を止めてあります。
タッチパッドのボタンはペシペシという安っぽいクリック音で情けなくなるのでマウスを付けて使用しています。。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
2.1chでサブウーファーも付いているのですが、高音や大音量だと音割れ、共振してしまいます。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
強度はそこまで問題ありませんが、質感は割と低めです。コネクタ配置は問題ありません。
電源に接続していると青いイルミネーションが光るのですが、電気の無駄のような気が。

◆ 排熱:筐体の温度
かなり熱くなります。左パームレストの下にGPUがあるようで、左手だけ大汗かきます。
対策としてパソコンの下にスノコ状の台を置いて、横から卓上扇風機で風を送っています。これだけでもかなり改善しました。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
DVDドライブはかなりの騒音を出します。冷却ファンもよくブンブン回ります。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
重いです。バッテリーは2時間ほどしか持たないのでアダプタも必携で、尚更重くなります。色々合わせると全体で4,5kg程度でしょうか。

◆ その他
見た目と使用感の安っぽさとは裏腹にハード面での問題はこれまでほとんどありません。「む」のキーが外れかけていることと、左シフトだけが何故か変色していること程度です。
BIOSや基本ソフトの日本語の間違いが少々多いような。
無線LAN, Bluetooth, Web Cam, カードリーダ, サブウーファー等が付いていて、後から役に立ったりします。

◆ 総評
使い始めた当初は、安っぽさと高熱ですぐお釈迦になることを覚悟していましたが、意外とタフです。外国にも何回か持ち出し、結構砂ぼこりを吸っているはずですが、まだ平然としています。
あと2、3年耐えれば☆5つやってもいいでしょう。
重いのが難点ですが、移動先でもメインのパソコンが使えるようになる、と考えると妥協する気になります。

ただ陳腐化は否めずそろそろ4コアのノーパソが欲しくなってきたような。

いまのようにノートパソコンがメインではなく、台湾製の自作パーツがメインだった頃からBIOSやマニュアルの日本語は変なことが多かったですが、PCに慣れた人なら特に問題ないですね。むしろ英語のままの方がわかりやすかったりしますが。外見的な安っぽさは私も似たような印象です。ただ実際ヨッサリアンさんが使ってみた耐久性は意外とタフとのこと。

短所として挙げられている熱処理については簀の子で底面の通気性を確保すると共に、横から風を送って対策されています。パームレストも一緒に高くなってしまうので、多少打ちにくくなってしまうのが難点でしょうか。昔ブラウン管のモニターを埋め込めるパソコンデスクがありましたが、深さの調節できるノートパソコン埋め込み穴(サイドファン付き)があるパソコンデスクがあればこういうケースで役立ちそうです。ハイエンド機は分厚いですし。そこまでするならデスクトップ買いなさいという話なのでしょうが(汗 [2010-10-10]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Aspire 5920Gユーザーレビュー