HOME > レポート一覧 > Aspire 8935Gユーザーレポート

Aspire 8935G

Aspire 8935G

■ 評価点平均

3.5

Core 2 Quad、Blu-rayドライブ搭載の最上位モデル。GPUは「Mobility Radeon HD 4650」を搭載し、液晶は18.4型 1920×1080のLEDバックライト液晶。USB 4ポート、HDMI、Displayport両対応。BR64Fがオフィスモデルで、BR64が無し版。Amazon取り扱い中

長所・短所

GOOD   BAD
1 液晶 2
キーボード 1
3 騒音・ノイズ
筐体の質感
発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Aspire 8935G  ho さん

>> ACER

 No. 2935

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.8 5.9 5.9 5.7 5.4 5.4
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.54.0455.48
512k23.0337.26
4k0.321.383
型番WD3200BEVT
3DMark06 6984
3DMark05 12187
FF11v3 高解 5933

◆ 購入のきっかけと価格
2年使ったVAIO TypeA(AR93S)の冷却ファンが回転しなくなり、熱暴走によるフリーズを起こすように。修理代とPCが使えない期間を考えて新調を決意。通販で175800円にて購入。ちなみにポチった後にシンガポールから2000円程度でTypeAの中古ファンを取り寄せられることがわかり、orzになったのは内緒。

◆ 体感速度の変化
TypeAからの乗り換えなんで、大きな変化はないです。クアッドのおかげで動画エンコードが速くなったぐらいでしょうか。クアッドとはいえ、クロックが低いせいかベンチはあまり伸びません。CPU依存が高くクアッド非対応のFFベンチはもろクロックの影響が見て取れます。いずれQ9100を載せるつもりです。

◆ 液晶の質
一言で言えば最凶です。
LEDバックライトで輝度は十二分にありますが、デフォでは青みがかなり強い。
手動で調整を試みるも満足出来ず、別途キャリブレーターを購入。同じパネルとは思えないほど色が変わりました。
最悪なのが、ネット上でも散々言われているAcer機全般の視野角の狭さ。TN液晶の特性を心ゆくまで堪能できます。
おそらく18.4インチというサイズの影響もあるんでしょうが、スポットを少しでも外れるとすぐに画面が白っぽくなったり色味が変わります。それでもデスクトップなどを表示してる分には許容出来ますが、黒い画面は壊滅的です。OS起動時がわかりやすいですが、何の気なしに画面を見ると画面全体が黒く見えることはありません。顔とパネルの位置を3次元で微調整してスイートスポットを見つけてやらないと無理です。
また、いわゆるツルテカ液晶なんですが、ARコートの類が一切ないようで盛大に反射します。ちなみにAcer系列のAUOではなく奇美電子製パネルです。
CineCrystal液晶などと銘打っていますが、VAIOのクリアブラックとの間には、決して超えられない壁があります。

◆ キーボード:配列やタッチ
真上から見ると一見VAIOのようなアイソレーションタイプですが、よくよく見るとパンタグラフの上に板状のキートップが乗っかっている構造が丸見えでVAIOよりちゃちです。構造上タイプ時にキートップがぐらつきます。私はキーボードにこだわりがない人間ですが、それでも違和感を感じます。こだわる人には全く向いてません。配列は素直ですが、10キーが他のキーと隙間なく接しているので人によっては気になるかも。
タッチパッドの有効、無効を切り替えるハードスイッチとキーライトは便利です。

◆ サウンド
疑似ではなく、実際に5.1chを積んでるので音の広がりが感じられます。音量を上げても音割れしないし、ノートとしてはかなりいいと思います。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
デザイン的には8930の方が好みですが、つくりはいいと思います。
カードスロットはダミーカードタイプ。価格的にさすがにシャッタータイプは無理か。
インターフェイスはメモリーカードスロットが前面にある以外は全てサイド、右は光学ドライブがあるので、USB×3(手前に2、奥に1)があるだけで、あとは左(USB×2、うち一つはeSATA兼用、IEEE1394(4pin)、ExpressCard/54、HDMI、DisplayPort、D-sub15pin、LAN、電源)で、数や種類は豊富かつ十分です。USBが右手前にあるとマウス操作に邪魔だという方が多いですが、個人的には気になりません。
全身光沢なQosmioと違って、パームレスト等が光沢でない分、落ち着いた雰囲気で指紋も気になりません。天板はピアノブラックなので指紋がつきまくりますが、そこは使用中は見えないので。

◆ 排熱:筐体の温度
不快というほどではありませんが、パームレストの左半分だけがやや熱を持ちます。直下にHDDが格納されているのでそのせいかもしれません。
クアッドコアと独立GPUが搭載されているのでピーク時は排気がそれなりに熱いですが、背面排気なのでそれを感じることはありません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
静かです。HDDは5400回転(正直遅い)なのでスピンアップ時以外は目立つ音はしません。ファンはフル回転するとフォーという感じの音が聞こえますが、音質は耳障りではありません。
光学ドライブはBDドライブでポピュラーなパナソニック製ではなくパイオニアが載っています。回転音はTypeAのパナソニック製よりも気持ち静かな気がします。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
当然ながら、可搬性があるというだけで持ち歩くもんじゃないですね。ACアダプターはTypeAとほぼ同じサイズ、出力でしたが、やや8935付属の方が出力は大きかったです。

◆ その他
本当はWin7RCを入れたいんですが、AMD謹製CatalystがSwitchableGraphicsに対応しておらずチップセット内蔵グラフィックしか使えなくなるので、VISTAです。
はっきり言って、このクラスで内蔵グラフィックとの切り替え機能に意味があるのか疑問です。

◆ 総評
スペックと筐体はいいのですが、価格のしわ寄せが液晶に全部来てる感じです。
自分的にはキーボードは我慢できても、液晶はデフォでは耐えられませんでした。
液晶がまともなら4点でもいいんですが・・液晶が思いっきりマイナスなのでその他で補ってギリギリ下限寄りの3点です。

私は静音フェチゆえ過去壊したPCは排熱不足が原因と思われるケースが多いのですが、ちゃんと排熱をして使っていればその次に壊れやすいのは駆動部となるHDDや冷却ファンです。CPUやDRAMは初期不良(これらも普通は遭遇しない)はあってもあんまり壊れるパーツではなく、hoさんのtype Aも冷却ファントラブル → 熱暴走のコンボに陥り買い替えを決意されています。しかし、シンガポールからVAIOのファンが取り寄せられるとは思いもしませんね...

VAIOの上位シリーズの特徴といえば真っ先に液晶の綺麗さが挙げられます。いい液晶が欲しければVAIOを当たるのが最短ルートと言ってもいいぐらいです(廉価シリーズは別)。今回はVAIO type Aからコスト優先の台湾系へと乗り換えたため画質のギャップが激しく、「最凶」という極めて厳しい評価となっています。このモデルだけ見ていれば不満を感じにくかったかもしれませんが、乗り換えた時は前機種の印象が大きな影響を持ちます。 [2009-8-29]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Aspire 8935G  sf さん

>> ACER

 No. 2936

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.8 5.9 5.9 5.7 5.4 5.4
3DMark06 6965
FF11v3 高解 5508

◆ 購入のきっかけと価格
大画面のノートを物色中、PCDEPOTで発見。
液晶の鮮やかさ、静粛性に引かれてその場で購入。
2年の延長保障をつけて、179,700円でした。

◆ 体感速度の変化
Inspiron 1300に2GのメモリーでWIN7で使用していました。
起動、終了はInspironのほうが早いかも・・・
ちなみに、エクスペリエンスインデックスは、
3.3、4.4、1.9、1.0、4.6、1.0、でした。

◆ 液晶の質
とても綺麗です。明るさのムラも感じられません。
ただ、光沢ですので映り込みが気になります。

◆ キーボード:配列やタッチ
バックライト付で使い易い。

◆ サウンド
ノートとしてまあまあ。だだ、ドラム、ベースなどの低重音は無理。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
まあ、しっかりしている。

◆ 排熱:筐体の温度
熱くなりません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
とても静かです。
光学ドライブは、爆音を発する時がある。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
重い。
ACアダプタも巨大。

◆ その他
WIN7へのアップグレイドは無料にしてして欲しかった。

◆ 総評
マニュアル類はないに等しい。もう少しなんとかして欲しい。

マニュアル類は乏しいというsfさんのレポートです。以前は代理店が細々と売っていたエイサーPCですが、いまはネットブックを通じた売り場拡大などもあって販売数はだいぶ増えているはず。そろそろお金をかけた日本語マニュアルなども用意して欲しいところですが、今のところ「無いに等しい」とのこと。このままの路線でいくのでしょうか。

本体そのものは液晶も含めて大きな問題点はなく、短所は空欄、星5つの評価となっています。 [2009-9-1]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Aspire 8935G  sf さん

>> ACER

  No. 2941

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 6.8 5.5 4.1 4.9 5.4 4.1

先日のレーポートの追加です。
2nd、HDDにWin7をインストールしました。
エクスペリエンスインデックスのCPUの値が5.8から6.8に。
この変化は何なんでしょう?

ちなみに、GPUのMobility Radeon HD 4670は認識しませんでした。
ATIの最新のWIN7用のドライバーも使えません。
WIN7の発売までには、何とかなるんでしょうか?

よって、GM45の値となっています。

sfさんからWin7インストールの追記レポです。毎度ながらOS更新時にはドライバの対応度合いがネックになります。 [2009-9-16]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Aspire 8935G  ho さん

>> ACER

  No. 2966

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7 5.9 6.7 6.7 7.7 5.9
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.254.8082.47
512k204.1086.13
4k16.2833.030
型番Intel SSD X25-M
3DMark05 11552
FF11v3 高解 5298

Win7(x64)を導入したので簡単に追加レポです。
標準HDDからIntelのSSDに変更したので、Win7と相まってすこぶる快適です。
RC版では対応できてなかったGPU切り替えも、Acerからの正式ドライバの公開で正常に動作してます。
グラフィック系ベンチは3つ試しただけですが、新OSしかも64bit版ということを考えると上出来ではないかと。

色々と話題のX25-Mに換装されたhoさん。目下アップデートされたファームウェアで起動しなくなるという致命的トラブルが報告されていますが、掲示板への書き込みによれば無事ファームアップを終えたとのこと。いやはや良かったです... [2009-10-29]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Aspire 8935G  買い物依存症 さん

>> ACER

 No. 3026

  • 長所: 騒音
  • 短所: キーボード
3DMark06 6976

◆ 購入のきっかけと価格
オークションで安かったので衝動買い(10万円)
ヨドバシで79800円+ポイント10%で売っていたらしく、レシートを見る限りそれの転売品のようです。

◆ 体感速度の変化
hp ProBook 4710s(T1600+4GB)との比較ですが、
さすがにスペックが大幅アップだけあり、体感速度もかなり変わりました。
ここまでくるとVistaでも早々ストレスは感じないと思います。

◆ 液晶の質
それなりです。特に不満はありません。
安いノートばかり使っている自分から見るとそこそこ良く見えますが、ネットでの評判はイマイチのようです。
視野角はノートにしては良いです。斜めからの視野も良好です。
色合いは青が強めですが(バックライトの影響?)、このあたりは調整でごませると思います。
モニタIDはCMO1807ですので、台湾Chi Mei(Chei Mei)製ですね。

◆ キーボード:配列やタッチ
配列は特に問題ありません。
ただ、タッチが10年くらい前の安物ノート並みに酷いです。
正直ここまでタッチが酷いキーボードのノートは久しぶりです。
ストロークは浅く、ペチペチしています。
ThinkPadやVAIOのキーボードを使っている人だと耐えられないレベルかもしれません。
LEDライトを付ける前にタッチをなんとかしてほしかったです。

◆ サウンド
ノートの割りに良好です。
低音強めのスピーカーかと思いきや、比較的フラット〜高音寄りの音です。
ノートにしては良いですが、3000円〜4000円くらいのアクティブスピーカーレベルの音ですので、過度な期待は禁物です。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感は良いです。
高級感があり、さすが上位モデルといった感じです。
コネクタ位置は左右に分配されてる一般的なノートといった感じです。
個人的には好きではないですが。

◆ 排熱:筐体の温度
Acerノートにしてはまともに廃熱されている方だと思います。
QuadCPUに独立GPUを乗っけている割には温度は上がりにくいです。
筐体が大きいのでその恩恵かと思われます。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDDはWD製ですが、特に動作音が気になるということはありません。
光学ドライブはPioneer製で、こちらはスリムタイプにしてはまあ静かな方かと思います。
意外にも冷却FANが静かです。高負担時は高回転しますが、通常使用では殆ど気にならないレベルの回転音です。
hpのProBook 4710sよりはよっぽど静かです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
重すぎです。
室内の持ち歩きや、足の上で使うのも厳しいレベルの重さです。
机の上で据え置きで使うのが良いでしょう。

◆ その他
HDDが2基搭載されていますが、RAIDを組むことは出来ません。
なぜかATI Switchable Graphics Technologyが無意味に搭載されており、これもBIOSでON/OFFを切り替えできません。
その影響で、Switchable対応のドライバが無いOSではIntelオンボードビデオでしか使用できません。
ドライバが用意されているのは、Vista・7のみで、XPや2k、Linux等では内蔵液晶でRADEONを使うことが出来ません。
7用のドライバを加工してみたり、ThinkPad用のSwitchableドライバを使ってみたりしましたが、私の力ではXPでSwitchable Graphics Technologyを動かすことができませんでした。

◆ 総評
良い部分、悪い部分多々ありますが、悪い部分の方が多いですね。
まず、HDDが2基載せていてRAID対応でないのもイマイチ理解できませんし、
モバイルするようなノートでないのに、Switchable Graphicsを搭載しているのが大きな欠点となっております。
XP等のドライバが用意されていないOSは使えませんし、IntelやATIオフィシャルからリリースされているドライバは使用できませんので、将来的にも不安が残ります。
キーボードも酷い出来で、正直この3つの欠点のみで大幅減点です。
スペックには満足しているのですが、殆ど使うことなく売却となりそうです。
イマイチこのノートのコンセプトがわからず、メーカーが何を考えているのか理解できません。

10万円という安い値段で購入できたので甘めの評価にしますが、それでも60点といったところでしょうか。

ThinkPadも含め最近はキーの材質が薄くなっている気がしますが、Acerのキーボードは特にキーキャップ部分が薄い気がします。買い物依存症さんもその点を指摘され、欠点にもキーボードを選ばれています。耐久性の面でも気になるところですが、Acerのシェアは今年も順調に伸びワールドワイドな市場ではそういう問題は問題ではないようです。

筐体などは大きな問題もないようですが、HDD 2基内蔵可能であってもRAID不可だったり、Vista・Win7以外ではRadeonが使えなかったりといろいろと制限が露呈しています。 [2009-12-20]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Aspire 3935  koala さん

>> ACER

 No. 3044

  • Intel GM45
  • Core 2 Duo P8600 2.4Ghz
  • 2 GB
  • Windows Vista
  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.3 5.7 3.9 3.7 4.6 3.7
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.29.7329.63
512k19.0921.88
4k0.400.905
型番

◆ 購入のきっかけと価格
家族の者が安いノートが欲しいとのことで購入しました。
パソコン一人一台の波ですかね。

選考にあたって、ゲームはせず、Webの閲覧ぐらいしかしないのですが
Atomは避けてできればデュアルコア、14インチ以下の大きさ、ドライブ搭載、6万以下
を基準に選びました。
何年も使いそうなのでWebぐらいのためといえど、多少オーバースペックなものを選びました。

価格は5万8000千円程度。
ATOK2009が店側のおまけでついてきました。


◆ 体感速度の変化
Vistaだからか、たまにもたつきますね。
しかしそれ以外は快適。7にアップグレードすればもたつきも解決しそうです。
HDDが1.8型のわりにはいい感じです。

◆ 液晶の質
昔レポしたNJ5100Proたもそうでしたが、視野角が狭いです。
青が強いように見え、温かみのない白です…。
こういう色は苦手です。


◆ キーボード:配列やタッチ
BackSpaceはどこに…
事あるごとにDeleteを間違って押してしまいました。
キーの表面は中央(YとHの間のライン)に向かって傾斜(\/)になっています。


◆ サウンド
普通といったところでしょうか。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
強度は悪くないです。安さの割にはよくできていると思います。

デザインはテカテカなのでオシャレに見えます。
ただ、キーボードの上にグリルがあるのは定番なのでしょうか?
オシャレな感じの典型的なノート、といったところでしょうか。

側面にコネクタ類がすべて配置されてます。
USBは左に2個、右に1個あります。
右手前側面にドライブがあるので右のUSBがマウスと干渉することはなさそうです。

タッチパッドのクリックが押しにくいです。
指紋認証が中央に位置するシーソ型…どこかでみたような構造。


◆ 排熱:筐体の温度
使ったのが7度ぐらいの部屋だったのでぜんぜん熱くなってくれませんでした…
ただパームレストの真下にドライブ、HDDがあるのでパームレストは熱くならないんじゃないでしょうか(あくまで推測です)


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファンは完全に停止することができるみたいです。
寒い部屋で使ってたらファン停止しました。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
左側に重心があります。
底にファンの空気入れの穴があるので布団の上とかじゃ使えません。
それにモバイル時に膝の上とかで使ったら塞がってしまう。底に穴をあけるのはヤメテほしいです。

バッテリーはやはり公称値には及びませんがそれでも3、4時間ぐらいは持ちそうです。


◆ その他
最初に購入したのは初期不良品でした。キーボードの隙間から変なヒモが出てきていて…
購入店に連絡、送り返した日に新品がやってきました。
ACERのサポートの良さ、というより購入店のサポートの良さのおかげでした。

GM45は動画再生支援が使えるということで、MPC-HCで使ってみましたがうまく再生されませんでした。
ドライバが古かったからでしょうか。

ACERの自前のゲームやらなんちゃらで付属ソフトはいっぱいあります。
外資系は付属ソフトは少ないという勝手な思い込みが裏切られました。

メモリは2スロットのうち2GBが1枚ささっているのでお得に4GB化できそうです。
指紋認証はEgisTec社製のソフトを使っているようです。


◆ 総評
安さの割にはまぁまぁ性能のいいものが買えたんじゃないかと思います。多少性能以外の部分で不満は残りますが。
このぐらいの性能ならむこう5,6年以上は大丈夫でしょう。

初めてブランドもオール台湾ものを買いましたが、結構満足してます。
国内のノートが性能だけでなくデザイン、モニタといったものも外資系と同等のレベルなら、これからは外資系のものを積極的に選んでしまいそうです…
そういった意味で国内企業はがんばってほしいです、安さだけでなく。

ATOK2009付きとは太っ腹なおまけです。単品で買うと結構なお値段がするはずですが、2010発売前の在庫調整でしょうか。何にしても羨ましい。HDDは1.8インチとのことですが体感はわりといい感じとのこと。2.5インチHDDでは回転数が上がったり、キャッシュが増えたりで3.5インチHDDとの体感差がだいぶ無くなってますが、1.8インチでも進化著しいのでしょうか。

ただkoalaさんが手にした個体は若干ハズレだったようで、謎の紐が飛び出していたそうです。幸い素早い対応を得ていますが、確かに販売店側の器量によるところが大きいかもしれませんね。 [2010-1-10]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Aspire 8935G  sf さん

>> ACER

  No. 3411

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.2 5.9 6.7 6.7 5.5 5.5
3DMark06 7191

◆ 購入のきっかけや価格
購入から1年、メーカー保証もきれたので、CPUをQ9200ES2.4Ghzに換装しました。
ヤフオクで、17600円、シルバーグリス1400円位。

◆ 体感速度の変化
体感速度は、かなりアップしました。
キャシュが6M→12Mの効果でしょうか、快適です。

◆ 排熱:筐体の温度
外付けキーボードを使用していますので、筐体温度は気になりません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
冷却ファンのノイズはやはり大きくなりました。

◆ 総評
ファンの音は大きくなりましたが、このサクサク感は捨てがたい。

CPU換装で体感も大きく変わったとのこと。クロックアップに伴う発熱増加が気になる所ですが、表面温度に関してはキーボードを使っているので問題になっていません。 [2010-11-14]

その他のレビュー 7

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Aspire 8935Gユーザーレビュー