HOME > レポート一覧 > ASUS M5Nユーザーレポート

ASUS M5N

ASUS M5N

■ 評価点平均

3

855GMEチップセット(Carmelプラットフォーム)を採用する12.1型ノート。小型ながら光学ドライブを搭載しています。M5000Nでレポートを頂いていますが、おそらく共通の筐体を持つと思われるM5200Nの仕様を引用しています。

エプソンダイレクトのEndeavor NT340が本機をベースにしていると言われています。
 → エプソンダイレクト、B5モバイルノート「Endeavor NT340」

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード
騒音・ノイズ
筐体の質感
発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

ASUS M5000N  きままなおっさん

>> ASUS

 No. 3859

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 2.7 2.9 2 2.2 4.1 2

◆ 購入のきっかけや価格
ジャンク(無線LANカードの故障)5,000円(2003年製)

◆ 体感速度の変化
Windows8RP-32でもたつくが使えないことはない

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
ELが若干劣化しているがその他問題なし

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
白の半透明なので見づらい

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
12インチなのでコンパクト軽量、パールホワイトなので色としては良い

◆ 排熱:筐体の温度
普通

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
冷却ファンはうるさい(この当時で考えれば並)

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
年式が古い割には、バッテリーは新品同様3時間は使えた。


◆ その他
旧式PCにWindows8がインストール可能か、テストしてみた、RAM512MB,HDD20GBあればインストール可能です。ただ残念ながら、グラフィックドライバーは945以降でないと無いので、MicrosoftのVGAとなるのでエクスペリアンスの数値は落ちます。
120MB程度の空きがあるので、軽負荷のアプリなら問題ありません、MMD_DM(ミクミクダンス)もとりあえず、物理演算を使い動きます、タイムリープブートベンチは3なのでカクカクです、ゆめりあは動きませんでした、またITDのテストでエラーが出ますXPでは発生しないので、ビデオ関係かと思います。
スーパーπ104万桁1分04秒、419万桁6分16秒でXPより15%ダウン(メモリ不足の影響もあるかも)

◆ 総評
約10年前のPCでもWin8は何とか動くようです。
XP(英語)より早くないものの、目立って遅くない。

Pentium M 735は 90nmプロセスのDothanコアとなります。2004年リリースとなるかなり古いCPUとなりますが、Windows 8 RP (Release Preview)版が問題なく動いたとのこと。Intel 855GMEも世代としてはCarmelプラットフォームに属するチップセットで、2003年に発表された製品となります。
 → インテル、90nmプロセス/L2 2MBの新「Pentium M」発表
 → Intel Developer Forum Fall 2003 基調講演レポート

昔であれば、Windowsが新しくなる毎に重くなり、新しいPCが必要になったものですが、不評だったVista以後、Win7からは軽さに配慮したバージョンアップになっていることが背景にあります。 [2012-7-26]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > ASUS M5Nユーザーレビュー