HOME > レポート一覧 > BIBLO MG (2007-)ユーザーレポート

BIBLO MG (2007-)

BIBLO MG (2007-)

■ 評価点平均

3.3

2007年夏モデルのMG。MG70W/V, MG70Wはワイド液晶搭載の新筐体となるSantaRosa版BIBLO MG。チップセットが変わった他、液晶が光沢13.3型WXGAとなり、LEDバックライト仕様。輝度は高いようだが視野角がやや狭い? 表面は低反射仕様されている。
 非ワイドの旧筐体では背面にEthernetとUSBが配置されていたが、新筐体では背面はバッテリーで占められ、Ethernetは左、USB(3つ)は右側面に移動した。13.3型という12型でも14型でもない中庸さが本機の特徴といえる。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶 1
キーボード
騒音・ノイズ 1
2 筐体の質感
発熱処理 1

型番

MG70W/V, MG70W

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

BIBLO MG70WN  etat さん

 No. 1764

  • Intel GM965 (256MB)
  • Core 2 Duo 2Ghz
  • 2 GB
  • Windows Vista
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.9 4.8 3.4 3.5 4.6 3.4
3DMark06 549
FF11v3 高解 1245

◆ 購入のきっかけと価格
約3kgの3スピンドル機と約1kgの1スピ機を持っていますが、パワフル軽量な2スピ機1台があれば事足りると思い、XPSM1210、VAIO-SZ等を検討していました。既にメインのデスクトップ機はVistaに移行しており、ゲームはしませんがVista/Aeroがサクサク動くモデルをと考えていたところに当機が出たのでSantaRosaに特攻です。WEBカスタムモデルに15%のモニタークーポン適用で20万ちょっとでした。

◆ 体感速度の変化
PenM740では辛かったVistaも、さすがにT7300だと普通に使う分には快適です。5400rpmのHDDですがTurbo Memoryの効果なのか思ったより速いです。AeroはVGAサイズの動画を再生しながら3Dフラップさせてもスムーズ。個人的に性能には満足です。SantaRosaですが入っていたメモリはDDR2-667でした。動作するのか不安ですがDDR2-800のSODIMMが普及したら交換してみたいです。
普段はソリティアとフリーセルしかしませんが、ここに投稿するにあたりベンチ計測してみました。Aeroには十分な性能のGMA X3100ですが、やはりゲーマー向けでは無いようです。

◆ 液晶の質
質の悪い液晶を光沢パネルで誤魔化しています。明るさは十分ですが、視野角は狭く、正面以外では見れたものではありません。
色温度は高めで青っぽく、コントラストも低めです。LED式バックライトのためか液晶背面はひんやり。
ドットピッチ0.2mm程度が好きなのですが、このサイズで1440×900のモデルは出ませんかね…。

◆ キーボード:配列やタッチ
仕事でThinkPadX41を使っているのでどうしても比べてしまいますが、悪くはないと思います。
横幅があるのでピッチは広め。個人的にはX41に慣れているので広すぎます。
ストロークは深めでフカフカ感がありますが、力を入れてもたわむことはありません。
配列は標準的だと思いますが、Home/Endは独立させて欲しかったです。

◆ サウンド
こんなもんでしょう。小型ノートのスピーカーに音質を求める方が間違いです。

◆ 筐体:質感や強度
全体の厚さを考えたら合格点と思います。決して頑丈とは言えませんが、使用時に不安を憶えることはありません。
ただ、パームレストにファンの振動が伝わって来ることがあり、気になります。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
マウスを使うなら右側手前のUSBポートは邪魔になるので何も繋ぎたくありません。左にもUSBが欲しいです。
電源端子の両側にLANとVGAがありますが、両方使おうとすると電源プラグがL型なので干渉します。これは設計ミスだと思います。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDDは東芝製で静かでした。DVDは松下製でしたがちょっと五月蝿いです。
ファン音は気になる程ではありませんが、静かではありません。
個人的には及第点です。
なお発熱に関しては、パームレストはそれほど熱を持ちませんが、裏面はそれなりに発熱します。排気口からは常に熱風が吹き出しています。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ACアダプタは超デカ重(138×54×29mm/300g超)、一緒に持ち歩きたくはないです。
モバイル機と銘打っているのですから何とかして欲しいです。
本体はサイズなりの重さです。数字以上のずっしり感があります。
基本的には自宅内使用なので良しとします。

◆ その他
現状、Vista以外のOSを考えている方は買ってはいけません。Linuxもドライバ類が追いついていません。knoppix511は起動しましたが、ubuntu704のLiveCDは起動しませんでした。
FMVなのでプリインストールソフトはてんこ盛り、アンインストールには一苦労です。

◆ 総評
競合製品としてはXPSM1210やVAIO-SZだと思いますが、決め手に欠けるモデルですね。ゲーム重視なら選択肢に入りませんし、コストパフォーマンスならXPS、デザイン・質感ならSZでしょう。
そこそこ不満はありますが、Vistaがサクサク動いて、いざという時には持ち運べるという条件は満たしているので、当初の目論見どおり1スピ機と3スピ機は処分して、このマシンを使っていこうと思います。

SantaRosaに特攻されたetatさんのBIBLO MGレポ。アンインストールお疲れ様です。そのかいもあって(?)か、VistaのAeroはGMA X3100でガシガシ動いているそうです。etatさんも書かれているように、Aeroが快適といってもそこは統合コア。ゲームを考えると性能はいまいちです。位置づけ的にはビジネスモデルなので、液晶の画質もあんまりいいものではないとのこと。その代わりといってはなんですが、キーボードは悪くはなし。蹴茶も触りましたが、平均以上の品質はあるキーボードのように思います。 [2007-5-30]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

BIBLO FMV BIBLO MG70WN  謎の匿名希望 さん

 No. 1784

  • Intel GM965 (224MB)
  • Core 2 Duo 2Ghz
  • 2 GB
  • Windows Vista
  • 長所: 筐体
  • 短所: 熱処理
FF11v3 高解 1402

◆ 購入のきっかけと価格
現状のモバイルノート(LOOX)がそろそろだったのと、『FF11』を外でもやってみたいという気持ちからでしたw

◆ 体感速度の変化
さすがにLOOXから比べると格段に早い。vistaの重さも見事にカバーしてますw

◆ 液晶の質
メインマシンがスーパーファインDX液晶という事もあってかなり見劣りしますが
モバイルだし、余り気にしてません。

◆ キーボード:配列やタッチ
個人的にはタッチは結構好きです。あと改行が右はじなのは重要。

◆ サウンド
このクラスのノートパソコンのスピーカーに音質を求める方が間違っている訳でw

◆ 筐体:質感や強度
薄いのに何か強そうな感じが・・・まだ、余り持ち出していないので評価はこれからかな・・・・・

◆ 筐体:各種コネクタの位置
前面にコネクタがあるのはどうなんでしょう・・・・個人的にはちょっと勘弁してほしい。特にアンテナ端子は今回最大の減点ポイントといえます。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDDは全然分かりません・・・光学ドライブはこんなもんでしょう。
冷却ファンは静かな方だと思いますが、常時フル回転しているらしいのが気になります。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
このクラスのノートパソコンとしては結構軽いのではないかと・・・
ただ、ACアダプタがやはりでかい・・・というか富士通の新タイプ端子なんで今まで使っていたACアダプタが流用できない方がずっと痛いですorz

◆ その他
FF11・・・今回購入した最大の目的なのですが、さすがベンチマークで1400を叩き出しただけあってw、すごく重いですorz
(ちなみにLでも1700程度です)
とはいえ、800x600のテクスチャ最低にすれば何とか遊べるので、出先でちょっと遊ぶぐらいなら何とか対応できるでしょう。

◆ 総評
使ってみての印象はやはり、『ビジネスマン向け』。
面白さは無いのですが、『道具』として使う方にはかなり有用でしょう。
また、GMA X3100は『統合チップとしてはすごい』です。
FF11もなんとか遊べるので、当初の目的は果せると期待しています。

謎匿さんのその他のFF11コメントでズコッと滑ってしまった蹴茶ですが、まぁビジネス機ですし、動くだけ大したものです(^^;
このMG70Wは前面にヘッドフォン端子などが付いているのですが、兄弟モデルの非ワイド13.3型のMG50Wでは、前面にはメモリーカードスロットが付いています。たぶん富士通も前面に端子を付けるデメリットは把握していたような気もしますが、謎です。冷却ファンの常時フル回転かも、というのも気になる点ですね。最新機種でファン制御していないとは考えにくいですし、電源設定あたりの調節でファンの回転数を抑制できればいいのですが。 [2007-6-10]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

BIBLO MG70WN  天穂 さん

 No. 1819

  • Intel GM965 (256MB)
  • Core 2 Duo 2Ghz
  • 2 GB
  • Windows Vista
  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音

◆ 購入のきっかけと価格
直販にてCPUメモリHDDを目一杯に上げても20万を切ることができました。


◆ 体感速度の変化
会社でCoreDuoのMG75を使用していますが、vistaの不安定さが災いして、それほど高速になった感じはありません。もちろんそうしたバグ的な無応答状態などを除けば、遅く感じる点は余りありませんので、十分良好といえるでしょう。


◆ 液晶の質
バックライトがLEDになったのと、ワイド化で実質小さくなったことで、明るく、また均質になったと感じられます。


◆ キーボード:配列やタッチ
元々MGの前になるMF時代から触っていますが、硬すぎずやわらかすぎず、どれもよい感触を保っています。カーソルキー脇があけてあるので、できればPageup/downを追加して欲しい程度が不満点な位です。


◆ サウンド
少し音量を上げるとビリビリ響く音がして変だと思ったらスピーカベゼルが共振して鳴ってしまっていました。一度抑えるとずいぶん収まったので、どうも固定(接着?)不足のようです。


◆ 筐体:質感や強度
LIFEBOOKを含めMGシリーズの頑丈さを受け継いだ安心感の高いボディは非常に好感が持てます。ただ、液晶上部におそらくワンセグや無線のアンテナ収納のためかプラスチックパーツがついていますが、ここが触ると軋んでしまいます。


◆ 筐体:各種コネクタの位置
コネクタの種類、数は必要十分なのですが、USBがすべて右面、前面に音入出力、アンテナ、Firewireと、なんとも良識を疑いたくなる配置が×。


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
冷却ファン以外は非常に静かな端末です。ただ、その冷却ファンが結構煩いですね。coreduo2で熱も増えているのが大きいのかも。以前のように背面にあればきっと気にならない音かもしれませんが。BIOSでサイレント設定もあるのですが、今のところ変更しても実感できる変化はない程度で残念です。

特筆すべき点に、排気口にあるフィンに「防塵フィルタ」がついたことがあります。埃で詰まって放熱が妨げられないように、埃を受けるフィルタがあり、とりはずして掃除が出来ますw


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
本体が随分軽くなった!と喜んでいたのもつかの間、ACアダプタがふた周りほど巨大化してしまいました・・・。せめてNECのようにウォールマウントできるようにするとか、最低限の工夫はして欲しいと思います。



◆ その他
気のせいかもしれませんが、以前の機種より指紋センサが「深く」なった気がします。少し指をスライドさせるのに押し付け気味にしないといけない感覚があります。

それと、FMVで目立った、状態表示液晶がなくなってLEDになってしまいました。ところが電源関係に6個(いやパワーボタンにもあるので7個!)も使いながら、無線LAN、有線LANには無く、非常に不満を覚えました。一体なんの嫌がらせか・・・w
せめて無線の物理スイッチを動かしたら塗りわけだけでもして区別がつくようにするもんだと思います。



◆ 総評
性能的には非常に高性能な部類に入ると思います。
MGシリーズが好きなのでもっと褒めるつもりが、結構不満点が並ぶことに。ファン制御はvista側の電源処理の未熟さもあるかと思いますが、モデルチェンジということで、スピーカやアンテナカバー、でかくなっただけのACアダプタなど、仕上げ、詰めの甘さが目立ちました。

最後に、いまだにモデムがついていますが・・・・せめてBTOでははずせる選択肢が欲しいと思いました。

SantaRosa搭載で性能面では大きく伸びたBIBLO MGですが、一新された筐体の作りが甘い模様です。日本で組み立てていないのかどうかわかりませんが、スピーカー部が共振するなど単純な組み立てミスなだけに残念です。

 指紋センサーの深さは確かに利便性に繋がってくる部分ですね。VAIO type TZなどは認証ラインが浅く認識させやすかったのですが、dynabook WXWは深いので指を押し入れる面倒さがありました。たぶん誤認識を避ける目的なんだと思いますが、頻繁に使うユーザーとしては浅めの方がいいのかもしれません。 [2007-7-5]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

BIBLO MG75XN  たいしん さん

 No. 2168

  • Intel GM965 (256MB)
  • Core 2 Duo 2.2Ghz
  • 2 GB
  • Windows Vista
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.1 4.8 3.4 3.5 4.5 3.4
FF11v3 高解 1434

◆ 購入のきっかけと価格
BIBLO MG13Dを所有していますが、以前からVista対応機種への移行を考えていました。購入条件として(大好きな)BIBLO MGシリーズで802.11n無線LAN搭載機種の発売を待っていたところ、本機種が発売になりましたので即購入しました。WEBカスタムメイドで最高スペックにして余計なものを外し、15%クーポンを適用させて約21万円でした。
BIBLO MGの投稿は貴サイトでは予想通り少ないのと、一度投稿してみたかったので今回投稿させて頂きます。

◆ 体感速度の変化
MG13D(XP)との比較ですが大幅に体感速度は向上しております。メモリを2GBにした効果も大きいのかAeroも問題なく動作し、動作がもたつく等の問題は全くありません。
ゲームも一応ベンチをとりました。FFを動かすのはつらいかもしれませんが、空の軌跡程度のゲームなら普通に遊べます。
HDDはデフォルトでは5400rpmの機種でしたが、趣味で7200rpmの機種に換装したところ、さらに体感速度が向上しました。またエクスペリエンスインデックスのHDDスコアが4.5→5.3に上昇しました。

◆ 液晶の質
14.1型ワイド液晶は1280×800の解像度ですが、これで十分だと思います。昔よりは映り込みは少なくなっておりマシになっています。初期設定では明るすぎなので輝度を半分に落としていますが、テカテカ液晶は見ていると目が痛くなるので反射防止フィルタを張っています。
視野角は狭いと思います。正面からは見る分には問題ないですが、ちょっと角度を変えると怪しいです。
液晶下部のタスクバーの高さまでが波打っているように見えるのが気に入りませんが、普段はタスクバーの黒色で隠れてしまうので割り切って使っています。

◆ キーボード:配列やタッチ
配列は素直で打ちやすいです。ただ、右側にもAltキーがあってほしかったです。昔よりストロークが少し深くなっている感じがしますが特に問題はありません。剛健さはIBMに比べれば劣りますが、多少力強く打っても問題ないレベルだと思います。

◆ サウンド
ノートのスピーカーに多くは望みませんが、昔に比べればましになったと思います。

◆ 筐体:質感や強度
特に問題はないと思います。黒一色のボディも結構好みです。左右の液晶枠の細さを見ると多少不安を覚えますが、実際の使用には問題ないです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
事前にレポートを見ていましたが、やはりコネクタの位置は最低です。USBは右側に集中していますが特に右手前の2個所はマウスにぶつかるので邪魔です。左側奥のACアダプタはLANケーブルを差し込むと干渉するので見てくれが不格好になります。左側手前には上部にPCカードスロット、下部にメモリーカードスロットがありますが、PCカード挿入時はメモリーカードの挿入が困難になります。正面手前のヘッドホン端子はイヤホンで聞くにはよいのですが外部スピーカーを付ける場合はケーブルが邪魔です。
ただ、こんな悪条件が重なることは稀ですが。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDD、光学ドライブともに特にひどい騒音・振動は感じませんでした。
冷却ファンも割と静かです。夜中のシーンとした部屋では多少音が聞こえるかな?という程度です。高負荷時にキーボードやパームレストはそれほど熱くなりませんが排気口はかなり熱くなります。またPC裏面もところどころ熱を持ちます。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
本体は楽に持ち歩けますが、ACアダプタはでかすぎでモバイル性は皆無です。モバイル用の小さめなアダプタが発売されたら買おうと考えています。バッテリも省電力設定をうまく使えばかなりもちそうです。

◆ その他
Draft2.0のIEEE802.11nですが、ルーターをBuffaloのWZR-AMPG300NHで使用しています。VDSL50Mの上限があるのでなんともいえませんが802.11gよりは確実に向上しています。
相変わらずてんこ盛りのプリインストールソフトですがマイリカバリのように昔より使えるソフトが増えているので、使えそうなものは毛嫌いせずに使っています。(それでもいらないもののアンインストールが面倒でしたが。)

◆ 総評
昔からMGシリーズがお気に入りでしたのでこの外観になってからの2代目機種に期待していました。ある程度のことなら無難にこなすMGシリーズらしい機種だと思います。コネクタ周りに不満な点はありますが、PCとしての性能と普通に作業するには全く問題ないのでVista時代はこれをメインにしていく予定です。

BIBLO MGシリーズは昔から13型という、12型でも14型でもない他社が投入してこない(Let'snoteが一時期使っていましたが)微妙なサイズを狙う路線で通しており、コンパクトさと無理の少ないキーボードが両立できるモデルとして一定のファンを持つシリーズです。たいしんさんもそんな愛好家の一人らしく、前機種もMGです。

性能はアップし付属ソフトウェアも使える物が増えた、と前MGより進化のみられる本機ですが、最大の問題点はポート配置のようです。右手前にあるUSBは右手を邪魔するし、メモリーカードは地面すれすれ、ヘッドホン端子は常時スピーカーを挿すと邪魔、と数多くの難点が露見しています。どこかに遊びのスペースがあるわけではないのですが、背面がまったく活かせていないのと、左側面に大きな排気口を持ってきていることからこの苦しい配置が生じてしまっています。 [2008-1-15]

その他のレビュー 4

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > BIBLO MG (2007-)ユーザーレビュー