HOME > レポート一覧 > Let's note CF-R4ユーザーレポート

Let's note CF-R4

Let's note CF-R4

■ 評価点平均

86.7

Let's noteシリーズの中では一番小さな末っ子にあたるRシリーズ。重量は大台である1kgを切る999gの1スピンドルノートです。重さ的には一つ上で光学ドライブを持つWシリーズと200g程度しか違いませんが、10.4型液晶のB5コンパクトボディを持ち、かつ筐体剛性も鍛えられているのはモバイラーにとっては大きな魅力です。また2005年モデルからSonoma(Intel915GMS)を採用したことにより、3D性能も向上しています。キーボードは横17mm/縦14.3mmの長方形。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード
2 騒音・ノイズ
2 筐体の質感
発熱処理 4

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Let's note LIGHT CF-R4  Vepar さん

評価 90 点 No. 512

  • Intel 915GMS (128MB)
  • Pentium M 753 1.2Ghz
  • 512MB
  • Windows XP
  • 長所: 筐体
  • 短所: 熱処理
FF11v3 高解 1283

◆ 購入のきっかけと価格
壊れたLaVieGタイプMに変わって、仕事や遊びに気軽に持ち運べて、しかもゲームがそれなりに動く(ここ重要)ノートPCをと思って物色していた所に登場したのがレッツノートの夏モデル。DELLや東芝の新しいモデルとも比較しましたが、やはりRシリーズのサイズと重さに惹かれて、これに決めました。価格はメーカー直販で20万ちょいでした。

◆ 実際の体感速度
快適です。まぁ、HDDのアクセスがやや遅いかも?

◆ 液晶の質
今流行の光沢液晶ではないですが、明るく見やすいです。

◆ キーボード
筐体サイズの割に十分な大きさが確保されており、打ちやすいと思います。

◆ サウンド
ノートPCに音は最初から期待していないので問題はありませんでした。
ただ、思っていたよりは音がよく音割れも無かったので逆に驚きました。

◆ 筐体:強度と質感
タフネスボディを売りの一つにしているだけあって強度は十分です。
キーボードのたわみ等も感じられません。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
必要最小限のモノは揃っています。SDカードスロットが付いているのも○

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
ファンレスですのでHDDの駆動音以外はしません。すばらしいです。
反面、普段使ってる分には気になりませんが、ゲーム等を動かすと底面を中心にだいぶ熱くなります。ゲームを長時間する場合などはそれなりに対策をした方がいいかもしれません。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
小振りで持ち運びはしやすいですが、長時間使うとやや熱くなるかな?

◆ モバイル性
約1kgの重さに、B5以下のサイズ。言うことはありません。

◆ 総評
メーカー直販で頼んでいたR4が届いたので、早速FFベンチを試してみました。
ほぼ届いたままの状態にベンチをのみを入れた結果は"HIGHT=1283 LOW=2015”
低解像度で遊ぶ分には問題なさそうです。今後XPの軽量化措置とメモリ増設する予定なので、もう少し伸びるかもしれません。
全体としてはサイズ・重さ・性能・強度のバランスが非常に良く気に入っています。
特にこの軽さを体感すると、もう2kg以下のPCでも重く感じてしまいます・・・。

筐体の作り込みは国内メーカーでもトップクラスのPanasonic Let's note。Veparさんの評価も非常に高いものです。チップセットがSonomaとなり、FF11も低解像度では十分に動くようなので、出張の多いFF11プレイヤーには最適な一台となっているようです。 [2005.5.26]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Let's note CF-R4  Ikuzo さん

評価 90 点 No. 517

  • Intel 915GMS (128MB)
  • Pentium M 753 1.2Ghz
  • 1 GB
  • Windows XP
  • 長所: 騒音
  • 短所: 熱処理
FF11v3 高解 1261

◆ 購入のきっかけと価格
2004年のR3登場以来Let'sNoteの驚異的な軽さとバッテリー持続時間等のモバイル特化の姿勢に共感。R3も素晴らしいマシンでしたが、今回同じ筐体にSONOMAを詰め込んで製品化したPanasonicの根性に感動して発表と同時にパナセンスのオンラインで購入。価格は1GBmem/80GBdiskで26万円強程度の構成です。

◆ 実際の体感速度
R3と比較してもDothanになりClockは100MHzしか変わらないながらもキビキビ感が増した気がします。SuperPI等では2割近い性能向上ですね。(104万桁66秒)

◆ 液晶の質
個人的には反射型は映り込みが激しく苦手なので、通常の低反射の液晶で満足です。明るさも適度では無いでしょうか?
ただ、モバイルでの利用がメインですのでVAIOtypeU等の様な半透過型で晴天時にも使えるタイプであれば完璧だと思います。

◆ キーボード
R3以来ですのでもう慣れました。確かに小さいといえば小さいのでしょうか?
案外しっかりしているのでたわみ等は発生しません。
ローマ字すっきりキーボードをR3以来選択しておりますが非常にすっきりして見易いです。

◆ サウンド
R3より若干出力が向上している気がします。個体差かもしれませんがR3ではスピーカーからの音が非常に小さかったので。

◆ 筐体:強度と質感
強度はこの軽さにしては満点に近いと思います。薄さを追求していないせいか、たわみ等も無い非常にしかりした筐体です。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが左側に二基ですが、あまり問題とは思いません。D-sub15の外部モニター出力はやはり助かります。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
VAIOtypeU70、VAIOtypeS92も利用しているのですが、やはりファンレスというのは凄いですね。(VAIOtypeSの爆音は...)
反面やはり廃熱には若干の不安があり長時間の高負荷状態では熱のせいかパフォーマンスが極端に劣化する時がある気がします。
5/20の利用開始でまだまだ詳細確認出来ていませんが、FFXIを長時間遊んでいるとパフォーマンスが極端に遅くなる(推定200MHz台?)事があります。5分程度で元に戻りますがこれは高熱時のDothan/Sonomaの正常な動作でしょうか?どなたか詳しい方教えて下さい?

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
ACアダプタも非常に軽く素晴らしいです。ただ、上記の通り高負荷時の廃熱には若干の不安があるのは事実です。
ファンレスによる清音と廃熱は当然トレードオフなのでこういうマシンで長時間の高負荷という利用方法自体に問題があるのかも知れませんね。

◆ モバイル性
このマシンに勝るマシンは存在しないと思います。事実ジャスト1kgでSonomaというマシンはこれ以外に存在しませんし。

◆ その他
思想の違いかも知れませんが、梱包が地味でSonyStyleとは雲泥の差です。
まあ、質実剛健という松下のカラーかも知れませんが。
本体は天板の色を選べたり、素晴らしくお洒落ですが。
R3はギャラクシーブラックで、R4はガンメタリックを選んで見ましたがどちらも良い色です。

◆ 総評
そもそも仕事で日中も外回りですしオフの日もサイクリング等、外で過ごす事が多いので、このマシンは最高のパートナーです。
3D性能も915GMSはそこそこですので、外でバッテリー稼動(でFFXI出来るというのは驚きです。ちなみに、このレポートも晴天の公園で書いています。





晴天の公園でレポートを書いてくれたIkuzoさん。モバイルの強いLet's noteならではでしょうね。うちの9300を担いで公園に行くなど、考えただけでおそろしい(^^; FF11など高い負荷をかけるとやはり動作が遅くなることがあるそうです。Let's noteの場合、熱による自動クロックダウンを頑張って防ぐというよりは、仕様としてある意味利用していくというるという姿勢なので、IkuzoさんのようにクロックダウンはLet's noteらしさとのトレードオフとして程度受け入れる必要があります。 [2005.5.28]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Let's note CF-R4GW5AXR  Yma さん

評価 80 点 No. 542

  • Intel 915GMS (128MB)
  • Pentium M 753 1.2Ghz
  • 1 GB
  • Windows XP
  • 長所: 筐体
  • 短所: 熱処理
3DMark03 819
FF11v3 高解 1307

◆ 購入のきっかけと価格
職場でPCの数が不足になったので、「ええぃ買ってしまぇぃ」と自腹で購入(ぉ
ヨドバシカメラにて\199,800だった様に思います
追加で512MBメモリ\24,700と換装用に100GBハードディスク\21,000を買いました
(周辺機器はポイントでゲット^^;)

◆ 実際の体感速度
1.2GHzと最近のノートでは控えめなクロックながら、ストレスなく使えてます

◆ 液晶の質
軽量化の犠牲となって、割と暗めな感じがしますがビジネス用途には十分かと思います
FF11でも普通に使えてました

◆ キーボード
CMでは打鍵テストしているみたいですが、思ったより弱そうな感じで、
デスクトップのキーボードの様に力をかけていいものか迷います(笑)
モバイルノートにしてはキートップも大きめな方と思います

◆ サウンド
モノラルスピーカは底面なので、音に関してはまぁ鳴ればOKといった程度です

◆ 筐体:強度と質感
堅牢な作りになっており、HDDを100GBに換装する際には苦労しました(笑)

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBコネクタが右側に1個ほしかった...

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
ビジネス用途では特に発熱は心持あったかい程度ですが、FFを起動させると
膝上ではとても使えないくらいの発熱をします
特に左のパームレスト付近は左手が置けないくらい熱いです
※個人的な感覚もあるので、これからの季節(夏場)は厳しいかも?

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
やや小ぶりのACアダプタと思います、発熱具合はじんわりあったかいって感じですね

◆ モバイル性
標準1kg未満とだけあって、軽く堅牢なボディと長時間稼動できるバッテリーでモバイル性は高いとは思いますが...
本体の熱がこれからの季節(夏場)つらい所かもしれません

◆ その他
FF11 Vana'diel Bench 3ですがLowモードであれば2022のスコアでした、
FF11も放熱対策さえしていれば遊べなくはないです
※放熱対策を行っていないと熱の影響かフレームレートが落ちます(笑)

あと、気になったのが増設メモリーの接触不良なのか起動時に「増設メモリーエラー」が表示されます
まぁ抜き差ししても変化がないし、起動時に時々しか出ないので無視してます

BIOSのUSB機器への対応が中々良く、USB-HDDやUSB-メモリ等も使えました

◆ 総評
放熱の問題さえなければ満点といきたい所ですが、モバイルノートでここまで動けば十分かと思います
というか3DGAMEに向かないLet'sNoteでここまで動くのはちょっと驚きました

蹴茶はみなさんの購入の動機を読むのが結構好きなのですが、Ymaさんの場合は職場でのパソコン不足にたまりかねて自腹購入。うちの職場でもパソコンの数が不足していますが、うちのバイオTを持参してしまうとついつい遊んでしまいそうで実現には至っていません。パソコンで遊ぶ術を知っているのも不便なものです(^^; ファンレスのLet's noteですが、やはり冷却対策なしにはクロックダウンらしき現象が見られるとのこと。Let's noteの場合、熱による自動クロックダウンを‘仕様'として利用すらしていますので、軽量化、ファンレスの代償として認めるしかなさそうです。 [2006.6.11]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Let's note CF-R4GW5AXR  Gidasan さん

  No. 1236

  • Intel 915GMS (128MB)
  • Pentium M 753 1.2Ghz
  • 512MB
  • Windows XP
  • 長所: 騒音
  • 短所: 熱処理
3DMark03 773
FF11v3 高解 1239

メインマシンのM400Aが壊れて、ぎりぎり1年で無償保障期間内だったので急いで修理に出している間、
TVも見ていた我が家のライフラインであったPCがなくなったことで
TVも見れず、インターネットも見れず、情報が入ってこない生活に陥り
もし買い替えになっていたら、ネットで安く代わりのPCも買えないことに気づき
M400Aが帰ってきてすぐサブノートをさがして
あるサイトで極上展示品の表示のこのマシンを見つけ即買いました。

このシリーズの新品では考えられない
送料代引き手数料込みで105,375円でした。
天板にちょこっと傷があるくらいで特にドット抜けもなく最高です。
1kgは軽いですね。どこでも使えて快適です。いい買い物できました。

ちなみにベンチは普段使っている状態(常駐ソフトそのまま)で
電源管理はポータブル、ラップトップでACアダプタ接続、
無線LANにつながっている状態で計りました。

性能向上が求められる3D性能と違い、モバイル性能はある程度長持ちします。そのため、それゆえLet's noteシリーズが値崩れしないともいえますが、そのLet's note Rシリーズを格安でゲットされたGidasan氏。旧モデルとはいえ、1世代古いだけなのでお買い得でしたねー [2006-8-17]

その他のレビュー 4

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Let's note CF-R4ユーザーレビュー