HOME > レポート一覧 > Let'snote CF-R7ユーザーレポート

Let'snote CF-R7

Let'snote CF-R7

■ 評価点平均

4.5

ファン付きとなったLet'snote R7。R6まではファンレスを通してきたが、今回SantaRosa採用で限界突破、ということで冷却ファンを搭載した。HDDドライブは2.5インチを搭載するが、SSDの搭載は見送られた。キーボードは縦に短く、横17mm/縦14.3mmの長方形。その分、パームレストが広くなっている。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶 1
キーボード
騒音・ノイズ 1
3 筐体の質感
発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Let'snote CF-R7  Ikuzo さん

 No. 2080

  • Intel GM965 (128MB)
  • Core 2 Duo 1.2Ghz
  • 2 GB
  • Windows Vista
  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.4 4.2 2.3 3.1 5.2 2.3
FF11v3 高解 1164

◆ 購入のきっかけと価格
またもやPanasonicが他社に先駆けてSantaRosaをこの小型筐体に詰め込んでくれたのでとにかく買わねばということでR3、R4、R6に続き黒レッツR7を速攻購入。
総額30万円コース。


◆ 体感速度の変化
賛否両論ある中での冷却ファン搭載ですがIntelTurboMemoryの効果もあってかキビキビ動き非常に安定しています。


◆ 液晶の質
評判悪いみたいですが私は慣れてます。ワイドにする必要は無いですがVista時代なので1280x1024で10インチなんて無茶も見てみたかった気がします。


◆ キーボード:配列やタッチ
割り切り必要ですがRシリーズ4台目なので完全に慣れました。
最近購入したLOOX-Uから比べれば天国でしょう。


◆ サウンド
モバイルなんでこんなもんです。


◆ 筐体:質感や強度
R6時代からの分厚くなった筐体ですがしっかりしていて安心感あります。
黒はまたまたカッコいいです。(汚れは物凄く目立ちますが)


◆ 筐体:各種コネクタの位置
R6と同じ右側にUSB2コです。モバイルはとにかく割り切り!


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファンは割と静かだと思います。LOOXの方が良く回ってうるさいです。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
軽さは無敵でしょう。さらに割り切りが出来るならLOOX-Uもありますし。


◆ その他
LOOX-Uと両方使ってみるとRシリーズのバランスが良くわかります。
まあ、完全にターゲットが違うマシンですから、それぞれ素晴らしいんですけど。


◆ 総評
そもそもほぼ肌身離さず仕事でもプライベートでもRシリーズを携帯していますが、ついにFFXIをそこそこ普通に出来るリアルモバイルマシンが出てきたんですね。
時代は進みました。
FFXIはFront1024x768、Back1024x1024でも何とか遊べます。
放熱が追い付かずガクガクなんてのも過去のものですね。
無敵です。


代々のモデルを乗り継ぎ、変形キーボードにもすっかり慣れたという純レッツラーのIkuzoさんから最新Let'snoteレポが到着。蹴茶もファン付きとなったSantaRosaバージョンは気になるところですが、「静粛性」は割と静か、LOOXの方がうるさいとの評。LOOXを(静粛性が気になる)自宅で使ったことがないので、なかなか想像しがたいところですが、LOOXのライバルであるVAIO Tが同じぐらいの音と仮定するなら、だいぶ小さな音かな。

Ikuzoさんが買われたのは黒。黒Let'sはカッコイイですね。密かにThinkPadユーザーほいほいの色かもしれません。Ikuzoさん妄想の「1280×1024、10インチLet'snote」。ステキすぎます。蹴茶も買っちゃいそうです(笑) [2007-11-11]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Let'snote R7  Ikuzo さん

  No. 2359

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
FF11v3 高解 934

Intelの統合Graphics向けのDirectX10対応ドライバーがリリースされました。

intel Graphics Media Accelerator Driver for Windows Vista 32(exe) 15.9.0.1472

という事で早速R7に導入してみましたがFFbenchでは1140前後から940前後という事で一気に20%近くパフォーマンスが落ちています。

さすがに20%の低下は体感でも明らかにわかりますので元々の7.14.10.1244に戻しました。涙

nVidiaのGeForceは最新のDriverで基本的に性能が上がる傾向なのですがintelは相変わらずダメダメみたいです。
まあ、DirectX10対応ドライバーの初期版は性能が出ないと元々intel自身が公言していた様ではありますが。
既存のDX8.1ベースの動作でもここまでパフォーマンスが低下しているとは...

IntelのDX10対応ドライバのレポがIkuzoさんより到着。気になっていたドライバですが、Ikuzoさんの環境では酷い結果に終わってます。さすがソフトウェアが鬼門のIntel。うーむ、今後良くなるのでしょうか。近々Larrabeeでグラフィックス市場にも参入するはずで、こんなところで転けている場合ではないと思うのですが、大丈夫か?(^^; Ikuzoさんヒトバシラーthxでした。 [2008-5-21]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Let'snote CF-R7  (゜∀゜∀゜) さん

 No. 2364

◆ 購入のきっかけと価格
EeePCを使用していたのですが、ビジネス用途では不足な部分もあったので購入してみました。

◆ 体感速度の変化
改めて比べてみると、デュアルコアな分R7が快適なのですが、意外とEeePCが早いことに驚かされました。
SSDのせいでしょうか?機会があればR7のHDDをSSDに載せ替えてみたいですね。

◆ 液晶の質
青っぽいとよく言われますが、Radeonを載せているデスクトップと比べるとはっきり色味が違います。
オフィスソフトを動かす分には見やすくていいのですが…

◆ キーボード:配列やタッチ
元々小さなキーボードを愛用しているので、あまり気にしてません。
(が、大多数の方は打ちにくいと思います)

◆ サウンド
ビジネスモデルなので仕方ないですが、せめてステレオにして欲しかった気もします。ヘッドホンを使えば済みますが。

◆ 筐体:質感や強度
これは文句なくすばらしいです。あとはSSDを積めば振り回しても大丈夫そうです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBをあと1つ増やしていただければ。PCMCIAスロットがあるのは嬉しいです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファンレスモデルを使ったことがないのでわかりませんが、悪くはないと思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
見た目よりも軽いです。

◆ その他
買ってすぐにXPにダウングレードしたのですが、正解だったと思います。
(Vista時よりも負荷が少ないせいか、あまり熱くならないですし動作も軽快です)

◆ 総評
ちょっと高めですがビジネスにも使う方には最適だと思います。

いろんな面でSSDが望まれる機体ですね。公式にも最新モデルではSSDモデルが設定されていますが、さすがに価格は高いです。スピーカーがモノラルの件は蹴茶も同意見です。さほどお金がかかるわけでもないでしょうし、是非ともステレオにして欲しいのですが...先日行われたブロガー招待会でのQ&Aでもスピーカーについて質問がありましたが、いまのところステレオにすることは考えていないそうです。 [2008-5-25]

その他のレビュー 3

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Let'snote CF-R7ユーザーレビュー