HOME > レポート一覧 > Let'snote CF-R8ユーザーレポート

Let'snote CF-R8

Let'snote CF-R8

■ 評価点平均

4.3

Centrino2に刷新されたLet'snote。いまとなっては数少ないXGA(1024×768)ノート。松下の神戸工場で基板から生産され、アセンブリだけでなく本当の意味で国内生産の製品となっている。
 メモリは標準で1GB、空スロット利用で最大3GBまでをサポートする。基板のフローティング構造や環状パイプ構造など、対衝撃性能は非常に高い。ACアダプターは手のひらに収まる155gの軽量タイプ。HDD搭載時は0.93kg、SSD搭載時は0.9kgとなる。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶 1
キーボード 2
騒音・ノイズ
3 筐体の質感
発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Let'snote CF-R8EW6AJR  たこ さん

 No. 2689

  • Intel GS45
  • Core 2 Duo SU9300 1.2Ghz
  • 3 GB
  • Windows XP
  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.4 4.7 3.2 3.3 5.3 3.2
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.50.4648.26
512k23.8229.47
4k0.500.426
型番
3DMark06 609
3DMark05 784
FF11v3 高解 1173

◆ 購入のきっかけと価格
今まで使用していたRX1を落下させてしまい、修理見積もりが21万円を超えてきたので、ポイント返金を選択。そのポイントで代替機を探していると展示1ヶ月の美品(騒動があったので型落ちがまだ在庫してあった)があったので、約15万円の売価を11万円に値切って購入。メモリはその場で2GB増設。3GBにしてあります。

◆ 体感速度の変化
RX1と比較してもそう変わらない。クロックが上がっていないので当然ですけれど・・・。HDDが多少速くなったので、その分の差はあるかもしれません。OSはVistaで一通りベンチマークをとった後、XPにダウングレードしたので、その点でも操作感が変わらない理由なのかもしれないです。

◆ 液晶の質
解像度は低下(WXGA→XGA)しましたが、画質自体は向上しました。これから気合入れてノートでレポート書くことは減少するはずなので、この大きさで十分です。

◆ キーボード:配列やタッチ
この配置はまだ慣れません。半角/全角キーを思わず探してしまいます。タッチ自体はそう変わらないので、慣れでしょう。打ちやすいとはいえませんけれどね。

◆ サウンド
残念ながら試していません。ただ、RX1同様モノラル(RX1が真似たのか?)なので、期待はできないでしょう。これで音楽鑑賞する人はいないはずなので、いいはずです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
剛性感はとんでもなく向上しました。がっしりとした液晶と本体は多少の落下では無傷だろうという期待をさせます。それと引き換えに厚みが増したので、こればかりはしょうがありません。USBは2つと、もう1つは欲しい気がします。そのうちPCカードに内蔵できるUSBボードを購入して対処するつもりです。
タッチパッドも初めてのホイールパッドは好印象でした。十分実用にたえます。

◆ 排熱:筐体の温度
筐体は底部が熱くなります。しかし、これはどのノートでもそうなので、目くじらを立ててもしょうがない部分です。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
騒音はそこそこすると思っていましたが、標準設定でいる限りそんなにしません。かなり静かだと思います。HDDの音は小さく、ファンの音も気になりにくいです。これぐらい静かなら、図書館のような場所でも安心して使えます。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
軽さは折り紙つきです。昔からモバイル機を作り続けてきただけあってよく考えてあります。バッテリー非搭載時の軽さは秀逸で、RX1ほどではありませんが、感動しました。今まで使っていたインナーケースが12.1インチ用だったので、PC本体とACアダプターを横に並べてしまうことができます。ただ、本体が分厚いので、今までと占有するスペースは変わりません・・・。バッテリーも今までより好印象で、これで省電力設定を詰める必要がなくなったと感心しました。

◆ その他
結局モバイルノートの原点に戻ってしまいました。XGAが嫌でRX1を買ったというのに。3D性能はやはり低いです。DX8世代のFF11にいたっては945に負ける始末。モバイル用にクロックを落としたGPUコアなのでしょうが、なにか寂しいものを感じます。

◆ 総評
1年前当時とはノートPCを取り巻く環境は大きく変わりました。以前は棚に多くのA4ノートが展示されていましたが、NetBookが流行し、Let'snoteのような国内勢のPCはほとんど姿が見えません。電池の持ちさえ無視すればほとんど同じだけあり、NetBookと旧来からのモバイルノートは客層がかぶらないという予想は外れ、積極的にこのノートを買う人は減ってしまっているものと思います。このサイトでも以前よりモバイルノートの書き込みが減少し、寂しく思います。
このような時代にあっても、ぶれない芯を感じたノートです。

指向するスタイルは違えど、どちらもモバイルノートということで、dynabook RXとの比較を中心にレポートを頂きました。どちらも液晶はさほど力を入れていないモデルですが、半透過型パネルのRXより一般的なLet'snoteの方が画質は良好。剛性感もマグネシウム合金を使って薄さを追求し、ところによっては指でへこむRXよりLet'snoteの方が優秀とのこと。一方RXが勝っているのはキーボードとなっています。

NetBookの登場はLet'snoteのようなプレミアム性をもったモバイルノートに大きな打撃を与えています。型落ち品は新品でも10万円前後で売られ、直販サイトでは目立った値下げは見られないものの発売前から予約割引のようなキャンペーンをし始めています。なかなか販売には苦労してそうです。今後もこだわりノートは一定の支持を集めると思いますが、広い層に売れないと1台あたりのコスト高に繋がるのでなかなか厳しい。 [2009-2-12]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Let'snote CF-R8EW6AJR  Celica さん

 No. 2702

  • Intel GS45
  • Core 2 Duo SU9300 1200Ghz
  • 2 GB
  • Windows Vista
  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.4 4.7 3.3 3.4 5.3 3.3
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.45.1742.50
512k21.4526.04
4k0.421.057
型番TOSHIBA MK1252GSX 120GB
FF11v3 高解 1216

◆ 購入のきっかけと価格
 持ち歩きできるパソコン欲しいなと考えていてネットブックではいまいちなのでR8を狙っていました。
 携帯電話で価格チェックしていて、注文確定の画面まで進んで「もうちょい下がるの待つか」とiモードを終了させようとしたら、間違えて決定ボタンを押してしまって、そのまま購入しました。

◆ 体感速度の変化
 Vistaで通常の作業では、普通に使えます。立ち上げた状態でメモリー1G近く使っていました。
 XPにダウングレードしたらVistaより快適です。

◆ 液晶の質
 非光沢なので、目が疲れなくていいです。
 最近ワイド液晶のノートが常用なので、ブラウザの左側にいつもブックマークを出してあるのですが、R8でブックマークを出すとメインの表示領域が狭くてサイトによっては見づらいです。ワイド液晶でRシリーズ出してほしいですね〜

◆ キーボード:配列やタッチ
 小さくしてある分、配置が若干違うので
 半角/全角キーと1 それとzと右Shiftを間違えます。
 それ以外は問題なく押せてます。

◆ サウンド
 モノラルですし、鳴っているだけです。
 音楽等聞くなら、外付けスピーカーで

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
 左側にUSBコネクタ1個でもいいからほしかったです。
 PCカードのアダプタで追加しようかと思っています。

◆ 排熱:筐体の温度
 排熱はうまくできているとおもいます。
 本体上部は、ほとんど熱を感じません。
 底面は、普通の作業では、ほんのりあたたかい程度です。FFXIを動かせばそれなりに熱くなります。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
  ファン制御ユーティリティで放熱優先にするとファンの音が聞こえるようになりますが、私的には気になるほどではないです。
 標準状態では、ファンの音も静かです。
 奥さんが使っているLavieRXのファンのうるさいのです。
 HDDの音も、静かです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 バッテリーを外した状態の重さは、ほんとに中身入っているのか?と思ってしまうくらいです。
 アダプタは小さくて良いです。

◆ その他
 XPにダウングレードして使っています。

 ・ FFXIベンチ ファン制御(放熱優先) 電源管理(常にオン)

HighVista122612161208
XP173517281718
LowVista174917461740
XP248324662466


 ・ ゆめりあベンチ 1024×768 最高
 Vista 3082
 XP   3123 

 ・ XPでのDiskMark

Sequential Read :49.329 MB/s
Sequential Write :46.254 MB/s
Random Read 512KB :22.606 MB/s
Random Write 512KB : 27.786 MB/s
Random Read 4KB :0.399 MB/s
Random Write 4KB :1.012 MB/s


◆ 総評
 間違えてぽちってしまったものですが、良い買い物したと思っています。
 奥さんにはいやな顔されましたが(^^;)
 サブノートなので、十分すぎるほど満足です。

長所には筐体、短所はキーボードを選ばれています。Let'snoteの筐体は可能な限り中空構造になっているので見た目以上に軽いのが特徴ですね。キーボードは縦に短い扁平なキー形状は特に問題ではないようですが、配置が少々打ち間違えを招いているとのことです。

ワイドモデルとしては14.1型ワイド液晶を搭載する「Let's note F」が登場しましたが、いまのところ10型のRシリーズではワイド化されていません。コスト的には寄らば大樹の陰で、生産ボリュームの大きいワイドパネルの方が有利なはずですが、他社モデルとの差別化要因が1つ消えてしまうのでPanasonicとしては悩みどころです。 [2009-2-23]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Let'snote CF-R8W  カズハ さん

 No. 3007

  • Intel GS45
  • Core 2 Duo SU3500 1.4Ghz
  • 3 GB
  • Win7 x86
  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 3.3 4.7 3.2 3.2 5.2 3.2
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.58.6946.87
512k26.8530.77
4k0.431.077
型番TOSHIBA MK1655GSX

◆ 購入のきっかけと価格
通販でのチキンレースを見守っていたのですが、気づいたらポチってました。
価格は65000円+手数料が数百円。(送料は無料
一番安い時期を見極めました。
最近モバイルばかり買っていますが、99%家の中で据え置きして使っています。
小さい事は素晴らしい。

◆ 体感速度の変化
シングルコアとはいえ、Windows7もサクサク動きます。
モバイル用途なら、この程度の処理性能で十分だと思います。
チップセットがGS45なので、あまり意味はありませんが、ブルーレイも普通に見られます。CPU使用率は30〜50%前後で余裕たっぷり。
Core2Duoの感覚で使うとストレスが溜まりますが、Atomよりも遥かに快適です。

HDDは低容量の5400回転ながらも、意外と速度が出ています。
SSD搭載機種と比べれば大きな差がありますが、そのままでも特に支障はないかと。

◆ 液晶の質
青白く眩しい、目に優しくないノングレア。
輝度を落とせばあまり気にならなくなりますが、はっきり言って最低レベル。

◆ キーボード:配列やタッチ
このサイズなので、キーが小さくて打ちにくいです。
配列やタッチ以前の問題。
長時間タイプするには向いていません。

◆ サウンド
音が鳴るだけです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
これが売りなだけあって、質感や強度は素晴らしい。
USBポートが右側に2つ集中しているので、左側にももう1個欲しかったですね。
PCカードスロットが開いているなら、USBアダプタを使うといいかもしれません。

◆ 排熱:筐体の温度
ほとんど熱くなりません。
さすがTDP5.5WのCPU。
安心して長時間使えます。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
とても静かです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
公称940グラムと、片手でも持てる重さです。
厚さはかなりありますが、筐体サイズが小さいので、鞄に入れやすいのではないかと。ACアダプタも極小。
バッテリーは何も考えずに使って、4〜5時間は持ちます。
特別長持ちはしませんが、この重量では合格点だと思います。

◆ その他
Windows7用のアップグレードディスクですが、本当にただのOSだけが入ったディスクが送られてきます。
ドライバやアプリは、公式サイトからDLして各自使うスタイル。(合計20種類以上
Windows7はOSを入れるだけでドライバを相当入れてくれますが、そのままだと不明なデバイスが4つ残ります。
特に問題はありませんでしたが、気になる方はマニュアルを見ながらインストールを。
マニュアルに載っていない不明なデバイスは、"ACPI\MAT0023"で検索して出てくる公式ドライバを当てればOKです。

レッツノートを6.5万円という格安購入されたカズハさん。ちょっと前のネットブックプライスです。そんな値段で買えるとは。新品か中古かどちらとも書かれていませんが、どちらでしょうか。最後にアップグレードのことについても書かれているので、新品のような印象ですが、新品だとすると凄い。
(※メールにてお聞きしたところ「新品」とのことです。)

パナソニックはLet'snoteの液晶については頑なに「ビジネス用だから二の次」と言っているのですが、ビジネス用でも綺麗な液晶が邪魔になりはしないので綺麗な液晶を使って欲しいですね。最近は他モデルが格段に安くなっているので、液晶も買って良かったと思えるモデルでないと厳しいのでは。 [2009-12-3]

その他のレビュー 3

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Let'snote CF-R8ユーザーレビュー