HOME > レポート一覧 > Let's note CF-W4ユーザーレポート

Let's note CF-W4

Let's note CF-W4

■ 評価点平均

90

たゆまない軽量化と剛性のアップが図られているLet's note。Sonomaを新たに採用した今回のWシリーズでは、マグネシウム合金の薄肉成型により厚さを0.05mm削減、内蔵のシェル型光学ドライブもケースが要らない利点を活かしわずか59.5gに軽量化。数多くの工夫によりさらなる軽量化を果たしています。また面白いのがバッテリーの長寿命化モードをもつことです。IBMも似たようなユーティリティを提供していますが、Panasonicもバッテリーの充電度を80%に抑えることで、従来の2倍の寿命を確保できるそうです。キーレイアウトも矢印キー付近が改善し、キートップの印刷もレーザー印刷へと進化しています。キーサイズ横19mm/縦16mmは変わらず。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード
騒音・ノイズ
1 筐体の質感
発熱処理 1

型番

CF-W4GW9AXS, CF-W4GW5AXS, CF-W4GC5AXS

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Let's note CF-W4GWPAXP  ash さん

評価 90 点 No. 556

  • 長所: 筐体
  • 短所: 熱処理
FF11v3 高解 2030

◆ 購入のきっかけと価格
以前よりT1を使っていたこともあり、しかも今回この軽さでFFXIもできるということで購入に踏み切りました。天板も個性的なものが出揃ってきましたしね。

◆ 実際の体感速度
メーカ直販でメモリ1GBにしただけあり、webやワード、エクセル関係は問題なし。結構キビキビ動きますね。T1をメモリ512MBで動かしていましたが、今回はCPUもあいまってそれよりもだいぶマシになっています。

◆ 液晶の質
やや暗めですが通常使う分には問題ないってところですね、可もなく不可もなく。そこが一番重要だと思います。

◆ キーボード
T1のを毎日触っていたのですが、微妙によくなっていますね。ローマ字すっきりキーボードは意外と優越感に浸れたりします^^

◆ サウンド
モノラルでこもって聞こえますが、期待していなかったのでこんなもんかなと。

◆ 筐体:強度と質感
天板はブループリントにしてカスタマイズしたのですが、ささやかな、それでいてくっきりとした自己主張がブランド品のような満足感を与えてくれます。強度は買ったばかりで試していませんが、宣伝しているくらいですし期待してもいいかなと。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBポートが右側にきたのはいいんですが、SDカードスロットがPCカードスロットの丁度真下にあるため、PHS通信カードとかを使用していると、ちょっと取り出しに苦労しますね。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
これは正直熱いです。基本的に自宅にいる際は常につけっぱなしにしているんですが、長時間稼動していると触る前から蜃気楼のような熱いオーラが漂ってきます・・・その分、冬の暖房となることに期待します。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
大きさが前よりも小さくなっていて持ち運び性は非常にいいです。ケーブルの長さも前よりやや短くなったんですが、その分持ち運びやすくなっていると思います。ただ、これも長時間使っていると熱い、です。

◆ モバイル性
DVDドライブ内蔵でこの軽さでいて、比較的バランスがとれたこのパフォーマンスはそうそう見当たらないかと。持ち運び性は抜群にいいです。

◆ その他
FFXIはあくまで外出先におけるソロでの素材狩り、競売確認、合成などのちょっとした所要などに割り切ったほうがいいですね。少なくともBCやptでの狩りはかなりつらいのではないかと思います。ある意味獣使い向けかもしれません・・・

◆ 総評
web用、仕事用、趣味用に使う分にはほんと満足。ホイールパッドの便利さは慣れるとマウスを使うほうがイライラするほどに便利です。前モデルより微妙にクリックのボタンが小さくなっていますが、慣れれば問題ないかと。3Dゲームに関してはプレイ可能ということで、快適とはいい難いのが正直な感想ですが、この軽さのレッツノートで出来るということを評価したいです。発熱とsonomaのグラフィック性能にちょっと期待しすぎた点だけマイナスってところですか。

他のSonomaノート同様、タイミングやパーティ間の連携が重視されるようなプレイは難しいものの、単独での活動時や、オークションの掘り出しものを探す程度なら十分できるようです。円形のタッチパッドである‘ホイールパッド’は登場時、「丸くなっている意味がない」と酷評されたりもしましたが、その後丸い形を利用できる機能を載せてきたことで存在価値を高めてきています。 [2006.6.16]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Let's note CF-W4ユーザーレビュー