HOME > レポート一覧 > CLEVO D900Tユーザーレポート

CLEVO D900T

CLEVO D900T

■ 評価点平均

83.3

CLEVOのフラッグシップモデル。LGA775版Pentium 4と、OpenGL強化モデルのQuadroも搭載可能な超巨大パワーノートです。デスクトップでも気を使うアツアツのCPUを載せるため、筐体、ファン数ともに十分な量を確保されています。ワイドな17インチの液晶を搭載し、HDDを2台載せることでRAID 0も構築可能です。兄弟機としてAthlon 64 X2を搭載するD900Kが存在。非常に珍しいことにIEEE1394コネクタを2基持つ。

長所・短所

GOOD   BAD
1 液晶 1
キーボード 1
騒音・ノイズ
筐体の質感
発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

D900T(BTO)  Charon さん

>> CLEVO

評価 95 点 No. 575

  • 長所: 液晶
  • 短所: 液晶
3DMark05 3464
3DMark03 7836
FF11v3 高解 4875

◆ 購入のきっかけと価格
T40pでEverQuest IIがちょっと辛いかなぁーと感じ(^^;、ある程度の画質でプレイしたかった事と、ビジネス用途も外せなかったのでOpenGL版であるQuadro FX Go1400をチョイス。ThinkPadを当初は検討していましたが、ATiのV3200で若干性能に満足出来なかった事が浮気原因です。Dellも検討しましたが2Gのメモリを搭載すると結構なお値段になってしまい早々に挫折。いろいろ漁りはじめてCLEVOに到達。ショップでいろいろお話を聞いているうちに洗脳(滝汗。今現在に至ります。(^^)
お値段的にはDellより10万円くらい安く仕上がりました。それでも発注した仕様はDellより「てんこもり」です。

◆ 実際の体感速度
HDDが当初発注の”60G-7200rpm”が生産終了と連絡があり、東芝の”80G-5400rpm 16M”に変更しましたが、体感的にはT40pとそれほど違和感を感じるものはありません。もっともそれ以外の環境が変わり過ぎているので、比較にはならないと思いますが。
若干遅くなったかなぁーとは感じます(2D使用時)。
3Dですか?、次元の違いを感じます。(笑)

◆ 液晶の質
満足と不満に液晶を挙げました。ThinkPadのFlexViewと比べても劣らないと思えるほどの代物だと思います。ただ暗い描画だと光沢の為、映り込みが気になります。ゲーム中は昼と夜のシーン毎に満足・不満が交互にやってきます。(^^;
視野角は思った以上に広いです。

◆ キーボード
意外としっかりした造りで、不満はありません。ストローク、クリック感共に私的には満足しています。(ThinkPad(T41p,R50)よりはよりは劣ります)
ですが現在は別途キーボードを接続して使用しています。その内容は発熱でご説明いたします。右側のCtrl付近がシンプルな英語キーボードも取り寄せ中ですが、使用しないまま終わりそう・・・。

◆ サウンド
ノートとしては十分だと思います。以前に比べたら雲泥の差。満足満足。

◆ 筐体:強度と質感
液晶側が若干弱弱しい感じがし、開け閉めには気を使いそうです。下側は問題ない強度だと思われます。造り(仕上がり具合)は良いと思います。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが左側しかないのは物足りません。CADで使用しますので、マウス用に右側にも一個ほしかったです。お気に入りのマウスのコードが短く、切れそうなので新しく長いコードのちっちゃいマウスを買いました。USBタップの購入も検討しましたがどんどん物が増えるので却下しました。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
えーと、パームレストが熱いです。長時間は辛いです。特に左側。で、キーボードを接続して使用しています。ファンは2D使用時ならそれほど気になりません。但し、3Dモードでは、T40pでダブルファンの冷却台を使用している位の音です。ゲーム中はBGMでそれほど気になりません。さすがP4仕様!爆音!!。(笑)
高音のノイズが勝っているのではないので、私的にはまったく問題ありません。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
本体も”「すっげー、でけぇー」 by ボビー”ですが、アダプターも大きいです。大きさに興味がある方は、是非購入してください。(^^;
発熱も、、、。

◆ モバイル性
ええっ、十分持ち運べる大きさですとも! (T^T)
持ち運びを軽量化する為、会社用のアダプターを発注しました。

◆ その他
液晶解像度で当初はWUXGAを狙っていましたが、キーボードを接続して使用したりすると画面との距離が離れますので、WSAXGA+で良かったと思います。T40pもSXGAでしたので、横に広がった分広く使用できます。
P4-660を載せましたが、今のところ問題はなさそうです。スーパーπも36秒と早くなりました。メモリも以前は1Gを搭載していてゲーム意外ではまったく不満はなかったのですが、2Gの威力は凄いですね。ってゆか、EQメモリ食べすぎ・・・。この機種はメモリの4枚刺しが出来ますので、価格的に抑えることが出来るのも魅力です。但し、ショップ(CLEVO)曰く「メモリは純正をお使いください」と、珍しくこの部分だけは限定されました。
HDDは現在RAID0の設定がしてあります。どのくらいの成果が出るのか試して見ました。HDBENCHの結果は以下の通りです。

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
74009 182550 208389 282469 117810 241561 59

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
27386 38400 11740 1854 47827 43666 21665 C:\100MB

うーん。ノーコメントで!(笑)
2台同時に起動していても、音はほとんど気になりません。多少高音の回転音はしますがファンの音にある程度消されているって事もあります・・・。(^^;

今回完全BTOにて購入しましたが、日本市場をあまり重視していないかな?って事もあり、一部のパーツなどはやはり手に入らない状況です。Eurocomのようなバリエーションを早く築いてくれるといいのですが、ニーズが大事だそうです。購入意欲や購入検討対象であること等をどんどん伝えることにより、日本市場は開拓されそうです。ショップ等に問い合わせを!。(笑)

RivaTunerにてVGAをちょこっと覗いて見ました。パイプラインが1セット殺してあります。どうやらGo6800の12パイプを8パイプにしたGL版のようですね。淡い期待を抱きつつぽちぽちっとやってみました。結果は何の変化もありませんでした。
「128bit浮動小数点のグラフィック精度を有するパイプライン」ですから、無理かも知れませんね。どなたか詳しい人HELP ME!。

◆ 総評
大きさは別として、今後病みつきになりそうな機種です。Go6800Ultratoと比較したら劣りますが満足満足です。当分はのんびりゲームで遊べそうです。

内容てんこ盛りのCharonさんのレポートです。DIMM4枚差しができるとはさすがClevo、やることが並はずれています(笑) しかしおかげで2GBを512MBモジュール×4で構築できるのがポイントです。Pen4ノートらしくかなり音はするようですが、キーンという高音がしない分、あんまり気にならないとのこと。RivaTunerでの6800化もトライされたようですが、残念ながらモバイル版という特殊要因もあってか、上手くいかなかったようです。 [2005.6.25]

  •  EverQuest2 (C) 2005 Sony Computer Entertainment America Inc. All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

D900T(BTO)  Charon さん

>> CLEVO

評価 70 点 No. 586

前回レポートした内容の追加です。全てのパーツが揃いましたので。

◆ 英語キーボード
当初は意外と良いと感じましたが、英語キーボードへの換装及びワイヤレスLAN、TVチューナー(勢いで発注)の取り付けを行った結果や、暫く使用した使い心地など総合してあまり(結構)良くないと感じています。(^^;

キーボードは奥側(ファンクションキー側)にちっちゃな爪が4箇所あり、そこで固定されているだけなので、楊枝などを使用し爪を奥に押し込めば(簡単に動きます)外れます。その下にはアルミの板が固定されていて、それを取り外すとminiPCIのスロットが出てきます。
日本語キーボード及び英語キーボード単体はふにゃふにゃでまったく強度はありません。かろうじてキーボード下のアルミ板で強度を確保している感じ。強めのタッチでタイプすると結構フワフワします。改めてIBMのキーボードの造りの良さを感じますね。
ってゆか、何処をどう見てたんだか・・・。(笑)

それからワイヤレスLAN(Intel2200BG)を取り付けたのですが、一部チップの厚みがあり過ぎて上蓋に干渉する為、アルミの板に孔を明けました。
すっかり改造中古品です!。(笑)
でもって「F,G,H」辺りからファンクションキーのF4〜F7辺りにかけてキーボードに盛り上がりがあります。やっぱりLANカードが全体的に厚いのかも。それに伴いロックしている爪が押される為、電源ボタンがあるプラスチック板も盛り上がってます。(タショウデスガ。)
逆にEnterキー付近は凹んだ感じになっています。出来るだけパシャパシャした感じを無くしたかったので下側に押し付ける様に取り付けをしたのでこのような結果となりました。これでなんとか許容範囲に。芸術的なキーボードの出来上がり!。(笑)
どうせならキーボードはネジ止めにしてほしかったですね。
筐体の強度は結構良いのにちょっと残念です。個体差があるので全部が全部そうだとは言えませんが。

TVチューナーにはリモコンが付いてきます。アンテナをまだ接続してませんので、映像は「砂の嵐」のみ確認です。(^^;  映るといいな。(違
LANカードもそうでしたがマニュアルにもパーツ付属にも取り付けの資料は一切ありません。感でお願いします。(笑)
って言うのは冗談で、ショップの方に取り付ける画像を送ってもらいました。

以上を総合して95点-15点で70点に降格です。今後のレポート次第でまだまだ変動の可能性が!。いずれは、分解レポートをお送りいたします。(笑)
でも、愛着だけは増えますね!。「何とかほど可愛いぃっ!」

では。

CharonさんのD900Tレポ第二弾。使用期間が長くなり、いろいろと見えてきた点があったようです。無線LANを無理矢理(?)入れておられますが、大丈夫でしょうか...心配です(笑) 本来は長所・短所票は一人各1票ずつなので、なにぶんレアなモデルなので特別に2票目を加えさせてもらいました。 [2005.7.6]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

D900T(BTO)  Charon さん

>> CLEVO

評価 85 点 No. 588

レポートPart3です。

◆ キーボード
フワフワなキーボードを補強してみました。方法はキーボード下のアルミ板の裏側に、厚めの両面テープやゴム板などなど貼りまくり。ネックだったEnterキー付近も、冷却ファンのフレームに乗っかる形で補強。そんなこんなで沈み込む所はペタペタと。
ようやくT40pくらいのタッチにはなんとかなったんじゃないかなぁーと思います。
(自己満足かもしれませんが(^^;・・・)
ですが、、、結局パームレストの熱(VGAの熱)はあるのでやっぱり外付けのキーボードは欠かせないかもしれません。

◆ その他
BIOSをアップしてみました。以前はBIOS上(OS上)でP4-660のキャッシュが認識されていなかったのですが、ちゃんと認識してくれるようになりました。
 BIOS VERSION 1.00.02 → 1.00.04
また未承認ですがVGAのDriverもアップしてみました。
 FW 76.50 → FW 77.70
共に↓よりDL出来ます。
 http://www.sagernotebook.com/index.html
上記のアップに対して、ほとんどパフォーマンスには影響ありません。EQ2も特には問題はなさそうでした。ただ水面とキャラがかぶった場合、キャラの輪郭がナミナミに揺らぐ現象は回避されていませんでした。これってQuadro特有でしょうか?。
興味のある方は自己責任でどぞぉー。


今回の評価点 70点→85点にアップ!

ではでは。

第二弾につづき、Charonさんの第三弾。ばりばりキーボードを改造しています。ただパームレスト部が熱くなるため、結局は「外付けの方がいい」ということになってしまうようです。少し長期でロードテストすればわかりそうな欠点ですが、そもそもClevoの開発陣があんまり気にかけていないような気もします(^^; [2006-11-5]

その他のレビュー 3

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > CLEVO D900Tユーザーレビュー