HOME > レポート一覧 > dynabook AXユーザーレポート

dynabook AX

dynabook AX

■ 評価点平均

90

2004年秋に発売された15インチ液晶を搭載し、HyperThreading対応Pen4を載せたハイパワーノート。ノート向けのPen4が打ち切られる間近の製品だけに、CPUからの発熱は膨大。排熱のために厚さは厚いところで49.5mmにも達する重厚長大型です。

GPUはチップセット統合型。前モデルのMobilityRadeon 7000 IGPから同9000 IGPへと変更されています。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード 1
1 騒音・ノイズ
筐体の質感
発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

dynabook AX/353APDS  (゜д゜)ウマー さん

>> TOSHIBA

評価 90 点 No. 523

  • 長所: 騒音
  • 短所: キーボード

◆ 購入のきっかけと価格
予算16万以内である程度の3D処理に満足いくパソコンがほしく、購入。

◆ 実際の体感速度
思ったより早いです。9000igpをなめてました。

◆ 液晶の質
思ったより綺麗です。clearsuperview液晶をなめてました。

◆ キーボード
思ったより打ちにくいです。前のパソコンに慣れきってたからかもしれないけど。。

◆ サウンド
思ったより綺麗な音出します。realtek社をなめてました。

◆ 筐体:強度と質感
デザインにはこってない様子だったけど、実際使ってみると結構いいです。無駄なギミックもないし。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
スピーカが手前にあるので、オープンで使うときは手により音がふさがれてやな感じ。。。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
思ったより静かです。詳しくは下記に。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
普通の大きさです。アダプタの発熱は尋常じゃないので、注意が必要です。

◆ モバイル性
全くなし。しかし2.5kgなので家の中だとかは持ち運びも容易いかも。

◆ 総評
さて、このコンピューターがいかに凄いか説明します。

<ファン>
とても静か。
よなかでも存分使えます。ネットサーフィンくらいなら一日つけてても音がしません。ファンの音を気にしてる人はお勧め。

CPU―PENTIUM4-3.06GHZ!HTテクノロジー搭載。ほかに、標準でメモリ512MBを搭載してます(オンボードでだけど。。(´д`))
ハード60GB、ULTRA-ATA

サウンドはクリアなサウンドを実現。いい感じ。ただ、前面にスピーカが配置してあるので、イヤホンで聴くとき以外は手でスピーカが隠れて音が塞がれるという問題あり。
ビデオカードが9000IGP搭載。9100IGPが良かったけど今あるものに感謝しる。ということで、ざっとゲームの動作検証を行ってみたので、参考までに。

○=設定次第で快適動作(ほぼ最高設定で快適動作)  
◎=最高設定で快適動作
●=ある程度動作。
DOOM3=●
MEDAL OF HONOR シリーズ ◎
オペレーションフラッシュポイントシリーズ ◎
FAR CLY ○
BROTHERS IN ARMS ROAD TO HILL  ◎
SWAT4 ○
ファイナルファンタジー ○(ベンチマークはver.2で2700)
バトルフィールド1942シリーズ ◎
デルタフォース・ブラックホークダウン ○
VIETCONGシリーズ ◎
CALL OF DUTYシリーズ ○

と、こんな感じ。所詮内蔵チップとなめてただけに感動。
ハイエンドなゲームでも結構動くので、コストパフォーマンス重視でゲームを望みたいのならお勧め(゜∀゜)。
ちなみにVIDEO DRIVERは、DNA 3.7.5.2 を使用。


※ '05-10-11追記 -------------------------------------------------------------------------
◆ サウンド
サウンドはクリアなサウンドを実現。いい感じ。ただ、前面にスピーカが配置してあるので、イヤホンで聴くとき以外は手でスピーカが隠れて音が塞がれるという問題あり。
その後、システムノイズがあまりにも多いのでcreativeのPCMCIA Sound Blaster Audigy 2 ZS Notebookを購入。かなりパフォーマンスを引っ張ります^^;汗)

◆ 総評
ゲーム動作確認にて誤記があったので、訂正レポートを書き改めました(-人-)

このコンピュータは標準でPC2700規格のメモリが1枚オンボードで(512)搭載されていましたが、PC2100規格のメモリ(512)を後からぶっさしました。(認識は2700から2100になってました。。仕方ないか(つд⊂)泣)その後、ビデオのフレームバッファを64から128に変更。又、このレポートは常にSound Blaster Audigy 2 ZS Notebookを付けてのレポート。

○=ほぼ最高設定で快適動作
◎=最高設定で快適動作
●=ある程度動作するがプレイはちょっと不能(`A´、泣)(fps1とか2とか・・
DOOM3=●
MEDAL OF HONOR シリーズ ◎
オペレーションフラッシュポイントシリーズ ◎
FAR CLY ○(解像度800*600/32bit)
BROTHERS IN ARMS ROAD TO HILL  ○(解像度800*600/32bit)
SWAT4 ○
ファイナルファンタジー ○(ベンチマークはver.3(default)で2700)
バトルフィールド1942シリーズ ◎
デルタフォース・ブラックホークダウン ○(1024*768default)
VIETCONGシリーズ ◎
CALL OF DUTYシリーズ ○(セーフモードで起動後オプションで最高設定)
MIDTOWN MADNESSシリーズ ◎
POSTAL2シリーズ ◎
Half-Life2 ○(1024*768texture設定highその他いじらず)

Half-Life2がいとも簡単に動いたのにはビックリしましたΣ(・∀・;)

CALL OF DUTYシリーズ ○(セーフモードで起動後オプションで最高設定)
さて、このCALL OF DUTYシリーズは、当初インストールしてやってみたのですが、デフォルトの状態でもFPSが酷くてプレイできるようなフレームレートではありあせんでした。
そこでセーフモードで起動すると糸も簡単に動いたのです。常時30FPSくらいは確保できる快適さで、処理落ちも全く無し。そこで、ビデオオプション・アドバンス設定でテクスチャをhighに設定・その他の設定もほぼ最高まで上げ(トリリニアフィルタoff)再度試したところ、その設定でもFPSに変化はなく、大変快適にプレイすることが可能でした。

*セーフモードでは、オプション設定は反映されるが、水面のreflection effectやdynamiclights(太陽の光源処理など)は実行されない様子。

VIDEO DRIVERは、DNA 4.3.5.9 を使用。

いろいろなゲーム、主にFPSがメインですが動作状態をレポートしてくれています。搭載しているのは統合チップセットであるM.RADEON 9000IGPですが、新世代エンジン搭載のDOOM3はさすがに無理としても、かなりのタイトルが快適に動いています。価格的にも手頃ですし、冷却ファンが静かというのはポイント高いですね。 [2005-10-11]

  •  VIETCONG (C) 2003 ElectronicArts All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  FARCRY (C) 2004 Crytek All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  Brothers in Arms:Road to Hill 30 (C) 2005 Gearbox Software / ライブドア All Rights Reserved. [公式サイト]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > dynabook AXユーザーレビュー