HOME > レポート一覧 > dynabook Qosmio G50Wユーザーレポート

dynabook Qosmio G50W

dynabook Qosmio G50W

■ 評価点平均

3.8

Montevina世代のQosmio。GPUはGeForce 9600M GT(512MB)最大の特徴はノート向けにCellの機能を削減した「SpursEngine」の搭載です。Cellに搭載されたSPEコアを4つ搭載し、新たにH.264、MPEG2エンコーダーが追加されています。
 18.4型1920×1080という初めて見るパネルも搭載しています。WUXGAより解像度は低いものの、Blu-ray視聴時は上下の黒帯が出ることなくまさにフルスクリーンで映し出される利点があります。

長所・短所

GOOD   BAD
4 液晶
キーボード 2
騒音・ノイズ
筐体の質感
発熱処理

型番

G50/98G PQG5098GLR, G50/97G PQG5097GLR, G50/95GW

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

dynabook Qosmio G50W/95GW  wisher さん

>> TOSHIBA 参考になった!

 No. 2438

CrystalDiskMark 2.1
 ReadWrite
Seq.53.8152.62
512k22.6129.63
4k0.540.806
型番
3DMark06 4125
3DMark05 8304
FF11v3 高解 6040

◆ 購入のきっかけと価格
30万近い価格に悩みながらも,18.4型ディスプレイの魅力に負けて¥277,800で購入しちゃいました。

◆ 体感速度の変化
前に使用していたPC(DellのXPS1710(Windows XP)Core 2 Duo2.0GHz)と比較してPCの起動は遅いですが,その他は遜色なく快適です。

◆ 液晶の質
最初見た時に驚いたほど,非常に鮮やかで綺麗です。また,光沢なのに写りこみも気になりません。
18.4型1920x1080なのでDVD等をフルスクリーンで見ると上下の端まで映像が表示されるため,17型WUXGAで見る場合と比較するとかなり大きく感じます。但し,WUXGAに慣れていると通常使用時は上下の表示範囲が狭く感じます。

◆ キーボード:配列やタッチ
右側に4列のテンキーがある普通のノート用キーボードですが,表面はツルツルで高級感があります。(使用していると指紋汚れが目立つよ・・・)
タッチは柔らかめかな。

◆ サウンド
とても良いです。重低音がよく出ています。

◆ 筐体:質感や強度
光沢のある黒で,液晶より映り込みが激しいです。
強度もしっかりしていると思います。
総じて高級感があります。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
左側面中央にExpressCard スロット,ブリッジメディアスロット,USB2.0x1ヶがあり,それらが一つの蓋でおおわれています。(USBはふたの外に出して欲しかった。)
背面中央に映像出力関係とアンテナ入力とLANとeSATA/USB2.0x1ヶ。
右側面の手前側に音声関係とUSB2.0x2ヶ。
個人的にはUSBは背面に2ヶあったほうが良かったのに。(1つではマウス接続で使用してしまうので,他にPCクーラーやターボメモリ等常時接続するものが左右に出っ張って邪魔になる)

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
静穏モードがありますが,必要ないほど静かです。ゲーム中でも冷却ファンが回っているのか心配になるほど静かなのにキーボードやパームレストも熱を持ちません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
5kg近い重量がありますが,家の中で移動する分には問題ありません。(以前XPS1710を旅行に持っていったことがありますが,こりごりです。一回り大きいこれを持って行こうとは思いません。)
ACアダプタ(19V-6.32A)も大きいです。

◆ その他
・G50/98GはHDが2台搭載されているので,本品も追加することができるのかなと思っていましたが,出来ないようです。(空きスペースはあるけど端子がない)
・PC本体の発熱は少ないのですが,長時間の使用でACアダプタがかなり熱くなり心配です。
・DVD再生ソフト:TOSHIBA DVD PLAYERで再生した場合SpursEngineによってDVDのSD画質をHD解像度に変換して再生することが可能ということですが,再生した映像の綺麗さは,
TOSHIBA DVD PLAYER(アップコンバート無)
◆ 総評
AVPCとしてみた場合,
視聴に限って言えば,18.4型モニタ,高品質スピーカとノートPC最高レベルの性能だと思います。但し,地デジ録画が主目的ならG50/98G等最初からHDを2台搭載しているモデルを購入したほうが良いと思います。
ゲームPCとしてみた場合,コストに見合う性能では無いですね。

17型WUXGAの場合は上下に黒帯が出てしまいますが、解像度がぴったりのため黒帯もなくフルスクリーンで絵が出るため非常に迫力があるとのこと。確かに迫力がありそうです。Qosmio初となる色域アピールパネルなので、色も綺麗とのこと。光沢もいい具合に抑えられているようです。

蓋の存在は微妙なところですね。ExpressCardスロットなどは確かに蓋があった方が安心できますが。新WXWもそうですが、今季のモデルは蓋を付ける傾向があります。確かに蓋でホコリの侵入が防げますが、蓋が原因で使いにくくなってしまう面もあり、その辺は困りものです。 [2008-8-13]

  •  マビノギ (C) 2003-2005 NEXON Corporation Co. All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

dynabook Qosmio G50/98H  島袋タマ さん

>> TOSHIBA

 No. 2736

  • 長所: 液晶
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.5 5.9 4.8 5.3 5.4 4.8

◆ 購入のきっかけと価格
地デジダブルチューナーも載ってる。

◆ 体感速度の変化
特になし。

◆ 液晶の質
非常に高い

◆ キーボード:配列やタッチ
最悪。タッチも悪いし配列も微妙におかしい。

◆ サウンド
980円の外付けスピーカー推奨。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
汚れやすい。

◆ 排熱:筐体の温度
負荷かかるとファンが回りっぱなしでうるさい。回らないと静か。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
持ち運ぶ重さじゃない。

◆ 総評
きれいな液晶と高性能でも、キー周りなどの印象が悪く価格に見合わない。

地デジのダブルチューナーをきっかけに買われたとのことですが、キーボードは「最悪」と一刀両断されている島袋さんからのレポです。キーボードに関してはNECや富士通と較べても劣ってきているので、再考していただきたいところ。ただ、ほぼ日本市場オンリーのNECや富士通と違い世界展開している東芝は開発の主導権は海の向こうにあるようです。海外ではピカピカテカテカなデザイン重視のトレンド真っ盛りで、実用性は二の次のような気もします。 [2009-3-12]

  •  シルクロードオンライン (C) 2005 ゲームオン All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

dynabook Qosmio G50W  コハクスキー さん

>> TOSHIBA

 No. 2899

  • 長所: 液晶
  • 短所: キーボード

◆ 購入のきっかけと価格
PS3のゲームをプレーしていて、攻略情報を見ていたときにモバイル機(NEC-12.1インチ)では情報量が少なくて不便
BDのソフトを初めて購入してできればノートで見たい
NAS経由でREGZAで動画再生するためにHDMI端子付きのノートが欲しい
というのが大画面ノートを購入する動機でした。候補はSonyのFWとNECのLAVIE Lの2機種で値段との兼ね合いでLAVIE(BD搭載で7万をきっていました)を買う寸前まで行ったところで、このPCをたまたま東芝PCシステムのサイトで見つけてしまい、ほぼ衝動買いでポチっていました…。こちらのレビューで液晶が綺麗なことは確認できていましたし、スペックを見たときにSpusEngine搭載というのが購買欲をそそってくれました。エンコードも何もするわけではないのですが、他のメーカーには無い特徴なので…(デスクトップならボードで存在しますが)。
 3年保証つきで128,000円、ほぼ新品の中古品ということなのでリーズナブルかな、と思います。最近、REGZA、X-8と東芝製品を連続して購入していたので同じメーカーでそろえてみた、という面もあります。BDについては、外付けのドライブでごまかす方向で妥協しました。

◆ 体感速度の変化
 VISTAなので、購入当初はずーとHDDが何もしないのにガリガリやっていて本当に嫌になります。暫く放置してからアップデートやらアンインストールやらをしてみると、XPのマシンほどで無いにしてもストレスはそれほど感じないレベルまでは改善しました。ただ、基本的はHDDがボトルネックになっているようなので、出来ればSSDに換装したいと考えています。

◆ 液晶の質
こちらのレビューで拝見したとおり、非常に高い画質で驚きました。大きいし、綺麗だし、RDT-261を横において同じ動画を再生してもこちらのほうが美しく感じます。ただ、設定が動画向けになっているので一概に比較はできないのですが…。デジタル放送も綺麗に映し出せていますので、AVノートの液晶としては文句なしだと思います。これ以上の液晶となると、Sonyくらいしか選択肢は無いでしょう。

◆ キーボード:配列やタッチ
筐体が馬鹿でかいのに、キーボードは15インチクラスの大きさなので、非常に違和感があります。ツルテカのキーはあまり好きになれませんし、打鍵感もふわふわとした感じで、見た目に比して非常に安っぽいです。ワイヤレスのキーボードとマウスを利用するほうが確実に幸せになれると思います。

◆ サウンド
ノートPCとしては最高峰なのでしょうが、ソースによっては出力が不安定になったりするので評価が難しいです。それでも外付けのスピーカー無しでも十分、と思えるレベルではあります。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
日本のメーカーのPCらしくない、なんとなくアメ車のようなテイストです。派手です大味で、質感は良いのですが、チープさも同居している印象です。ほかの方のレビューと共通するのは左のポート群のカバーが非常に不親切、ということ。
あと、個人的は液晶の枠が太い上に光沢仕上げになっているので画面の大きさの割りに狭く感じてしまうのがいただけません。

◆ 排熱:筐体の温度
通風孔を塞がないようにしておけば、熱がこもるようなことはないようです。ほとんど室温から上昇するようなことはなく、触っていて不快に感じることもありませんでした。ただ、アダプターのほうは結構な温度になっています。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
他のレビューアーの方で評価が分かれているところですが、私は若干うるさいと感じています。ファンが回りっぱなしということは無いのですが、回り始めると低音ですが音圧はそこそこあるので気にはなります。また、液晶なのか、他の部品なのかわかりませんが、『鳴き』ます。これは不規則なので再現性がある症状ではありません。けれど鳴き始めると耳障りです。音を出して動画や音楽ファイルを再生しておけば気にはならなくなりますが、ファンの音もありますのでやはりそれほど静かなPCとは言えないと思いました。
HDDのシーク音、書き込み音は普通のPC並みです。
光学ドライブは回り始めてしまえば気になるほどの音はしません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
これを求めてこの機種を購入する人はいないと思います。家の中で移動するのも面倒なレベルです。

◆ その他
TV機能もしっかりしていて、外付けのチューナーを使うより安定しています。付属の室内アンテナは感度が悪いので利用できませんでしたが…。SpursEngineを使ったDVD等のアップコンバートは効いているのは判りますが、綺麗になっているかは微妙です。もともとの液晶が綺麗なので、機能をオン/オフしても隔絶した違いは見られません。H.264のエンコード等は行っていませんが、近いうちに試してみたいと考えています。

◆ 総評
PCとしての性能は文句なしのレベルまできていると思います。ゲーム用途も考えて9600M搭載も大きな動機でしたし、実際ベンチマークを走らせてもそこそこの数値はでます(デスクトップ用だと9500GTを少し下回るくらいで、9400GSよりは上です)。BD搭載で無い点でかなりAVノートとしては減点となるのでしょうが、液晶の質やSpursEngineという付加価値を考えると値段によりますが個人的には満足いく買い物となりました。ただ、人に勧める立場になったとしたら、FWのほうを推します。BDの有無、デザインが一番の要因です。少なくとも、BDだけは早期に導入して欲しいと思います(PC、レコーダー共に)。

購入きっかけの1番はPC歴の長いコハクスキーさんらしいなーと思います。パソコンのカジュアルユーザーの購入アドバイザーをしていて思うのが解像度への感じ方の違い。視力という個人的ファクターはありますが、それを除けばパソコンを使わない人ほど解像度には無頓着になります。「(これ狭すぎだよ)」と思うのようなネットブックでも外観のデザインであっさり買ってしまいます。いまはそれがマスのユーザーなのでベテランユーザーは少々肩身が狭い時代ですね。

さてG50Wですが、コハクスキーさんの言葉を借りればアメ車テイスト。言い得て妙とはこのことかもしれませんが、なんというのか凝縮感という点のおいて他の国内メーカーブランドのノートとは大きく違っています。「膨張」というとまた違う気がしますが、コンパクトにする気がほとんど感じられないノートといえます。それは悪いことばかりではなく、排熱処理の容易さや広い体積がとれることによるスピーカーの音質アップという形で恩恵がありますが、それでももう少しキュッと筐体が締まってくれるさらにいいのになーと思うのは日本人だからでしょうかねぇ。

東芝ゆえにBlu-rayドライブがありませんので、2番目の要望に関しては外付けを選ばれるとのこと。定価でも3万円を切り、実売だと2万円ちょいまで落ちてますので買いやすくなりました。文中の「鳴き」はおそらく「ジー」と虫が鳴くように聞こえるコイル鳴きのことと思います。液晶のインバーターやCPU、GPUなどが原因で鳴きが発生します。「仕様です」というケースが多いのですが、部品が割れていたりする可能性もある(参照)ようなのであまり酷ければ一度サポートセンターに相談も要検討となります。 [2009-8-6]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

dynabook Qosmio G50/97H  うー☆ さん

>> TOSHIBA

 No. 2918

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.3 5.9 4.8 5.3 5.4 4.8
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.54.5648.42
512k22.1428.30
4k0.281.372
型番

◆ 購入のきっかけと価格
持ち運べるパソコンが欲しくなったのでいろんな店舗を探していたところ、
最終的にSofmapの中古でこれを発見し、どういうわけか持ち運べないノートを買っていました。
一緒に悩んだのはSonyのAW50とAcerの8930Gでした。

◆ 体感速度の変化
今までのパソコンがセレロン+XPだったのですが、Vistaに変えても4GBのメモリのおかげでほとんど変わらず。
むしろ速くなったぐらいです。

◆ 液晶の質
奇麗だと思います。かなり映り込みがありますが,あまり気にしないほうなので。

◆ キーボード:配列やタッチ
なれれば問題ないと思いますが、Enterが小さいのはどうしようもないですね…。

◆ サウンド
個人的にかなり気に入ってます。ウーファーがあるので低音もよく出てるんではないでしょうか。
ただ、ヘッドホンでは強調されすぎですが。調整すれば問題ないかと。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感:テカテカしてます。指紋がものすごく気になるので、定期的に眼鏡拭きで拭いています。
   表面の模様とか、スピーカ部のクリア素材などは良いと思いますね。
強度:ヒンジがかなり硬い上に液晶側の剛性が低いので端を持って開けようとするとかなりたわみます。
   キーボード側は問題ないです。
コネクタ:何で右手前にUSB2個作っちゃったんだろ?
     音声入力/出力は正面にほしかったです。

◆ 排熱:筐体の温度
躯体の温度で気になるところはないです。
排熱は少し熱いですがそれ以上にACアダプタの温度がおかしいぐらいに熱いです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファンの音が少し気になりますが、それなりだと思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
軽さ:期待してません。持ち運べないことはないです。
ACアダプタ:熱いです。大きさは「ちょっとでかいかな?」ぐらい。
バッテリー:一時間ぐらいです。ずっとACアダプタをつないでいるので問題ないです。

◆ 総評
でかい!重い!ばかなの?死ぬの?って感じですが、
中古で149800円で買ったので「値段の割には」と考えるとかなり頑張ってくれます。
HDDの増設ができないことが残念です。スペースはあるはずなんですが…。

G50とVAIO AW、それとエイサーのAVノートで迷われたうー☆さん。持ち運べるノートを選んでいたはずが、3つともヘビー級ノート。まぁまぁよくあることです(^^; G50のウリであるサウンドに関しては、かなり気に入っているとのこと。デフォルト設定ではかなり派手目の音を作っているので、ソースや外部デバイスを繋ぐのであればうー☆さんがやられているように調整したいところです。

ACアダプタの熱はちょっと心配です。すぐ壊れるということはないでしょうが、長期使用を考えると熱のこもりにくい場所に置いておきたい。修理用品で入手しようとすると高そうです... [2009-8-22]

  •  Grand Theft Auto: SanAndreas (C) 2005 Rockstar Games, Inc. All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  Battlefield 1942 (C) 2002 ElectronicArts All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 4

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > dynabook Qosmio G50Wユーザーレビュー