HOME > レポート一覧 > dynabook Qosmio G65 / GXWユーザーレポート

dynabook Qosmio G65 / GXW

dynabook Qosmio G65 / GXW

■ 評価点平均

3.5

「G65W」地デジチューナー
「GXW/70LW」地デジ無しのWeb専用モデル

GPUに「GeForce GT 330M」を採用。このGPUはリネームモデルなので実質的なGPU性能はほとんど変わっていない。CPUはCore 2 DuoからCore i5へと代替わりしている。それに伴い、メモリもDDR3へと変更。

 他にない機能として、HDDレコーダーのように圧縮録画を可能にする「SpursEngine」を搭載している。SpursEngineについてはV65Wレビューを参考に。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード 2
騒音・ノイズ
筐体の質感
1 発熱処理

型番

■ dynabook Qosmio GXW/70LW
PAGW70LRG10W
PAGW70LRF10W (Office付)

■ Qosmio G65W
PQG65W90MRG10W Core i7-620M
PQG65W90MRG20W Core i5-520M
PQG65W90MRG30W Core i5-450M

Office Home and Business 2010付
PQG65W90MRF10W Core i7-620M
PQG65W90MRF20W Core i5-520M
PQG65W90MRF30W Core i5-450M

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

dynabook GXW/70LW  Wave さん

>> TOSHIBA

 No. 3225

  • 長所: 熱処理
  • 短所: キーボード
FF11v3 高解 7382

型番: PAGW70LRG10W

◆ 購入のきっかけや価格
5年間使い込んだVaio FS92Sが、そろそろ消耗してきたので、代替機を物色していたら、クーポン適用で139,900円になるとのことだったので、新型VaioFとどちらにするか悩んだ末、QosimoGWX/70Wに決めました。

◆ 体感速度の変化
前のVaioはPenM1.7GHz+GeForce6400とだったので、FFIXのプレイでは、格段の差があります。
ただOSの起動については、XPから7に変わっているのと、余計なソフトがたくさん起動するのとで、いまのところVaioに軍配が上がっていますが、調整すればそれなりに速そうです。
FFIXの起動などについては、明らかに速くなってます。また、何故かネットからファイルをダウンロードする速度が格段に速くなっています。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
Vaioに比べると少し青みがかった発色です。LEDのせいでしょうか?
輝度・視野角については申し分ありません。
ただ、ノートとしては最大級の18インチとはいえ、フルHDの解像度では、文字が小さくなりすぎ少々つらいですね〜。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
使い始めて1週間がたちましたが、まだ慣れません。エンターキーが小さいのと、タッチが、あまり好みではありません。が、使っている内に慣れてしまうんだろうな〜っと思っていますので、あまり気にはしていません。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
ノートとしては十分”良い音”なのだと思います。
基本的にノートに高音質は求めてもおりませんが・・・

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
コネクタは、右に2個のUSB、左にUSBとSATS兼用USBが各1個ついてます。
モバイルではないので、必要ならハブをかませればいいし、まぁ十分ではないでしょうか。

◆ 排熱:筐体の温度
通常ネットや、文字入力程度の使用では、ほとんどファンも回らないようです。
FFIXをプレイしてもあまり熱くはなりませんでした。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
光学ドライブはそれなりににぎやかです。ノートの宿命ですかね。
それ以外は、静かですね。筐体が大きいので、熱処理も有利なんでしょうね。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
本体のみで4kgを軽く超えるので、持ち運びは家の中だけです。
ACアダプタは普通の大きさ、バッテリーは内蔵無停電装置にしか考えていません。

◆ その他
GPUの関係で、ちょっと不具合があるらしく、たまに画面がブラックアウトする時があります。すぐに復旧はするんですが・・・

◆ 総評
Qosmioを注文した翌日Vaioが壊れるという、なんともいえない交代劇とはなりましたが、概ね満足しております。

FF11の速度アップはハードの性能向上のおかげと思われますが、ダウンロード速度のアップは結構謎ですね。Win7になってネット周りの設定が変わったせいかもしれませんが、そんなに劇的には変わらないような。CPUの性能アップの影響でしょうか。

dynabook GXWもQosmioブランドなのでスピーカーの音はなかなか良いとのこと。液晶も色はともかく輝度・視野角は問題なし。画面のブラックアウトは気になりますね...ドライバの更新でなおれば良いのですが。  [2010-6-5]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

dynabook G65W/90MW  Corleonis さん

>> TOSHIBA

 No. 3813

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 6.8 6.8 6.4 6.4 7.3 6.4
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.217.21189.98
512k203.05185.76
4k15.1630.472
4k3224.75117.999
型番INTEL SSDSC2T180A3

型番: PQG65W90MRF10W

◆ 購入のきっかけや価格
前型はコスミオのG40(8600M GT)で
姉にゆずったため東芝ダイレクトで購入

◆ 体感速度の変化
Core2DUOからi7への変化はあまり感じません
もっさりした感じ

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
とくに不満ないです

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
平面タッチなので押しにくい
G40もそうでしたね

バイオ、Lavieのほうがよい

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
いい音出します
ボリュームあげると割れやすいです

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
全面黒でテカテカです
指紋が目立つです

◆ 排熱:筐体の温度
ほんのり温かくなりますが気になりません
G40は結構熱くなりましたよ

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ドライブ音は大き目です
ファンもそれなりに気になります

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
重いです

◆ その他
最近SSDを載せました
起動時間が半分くらいになり快適です
AVセンターの起動も10秒いないになりました

◆ 総評

XPからWin7への移行されたためか、はたまたプリインストールソフトがてんこ盛りのせいか「もっさりした感じ」があるというCorleonisさん。最近、SSDに換装し快適になったとのことです。地デジ視聴ソフトである「AV Center」は起動が10秒以内になったとのこと。確かにアレは重いですね。テレビは急に見たい時がありますし、起動が早くなるのは大きなメリットです。
 → <toshiba note pcだからできること>テレビを楽しむ [2012-5-14]

その他のレビュー 2

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > dynabook Qosmio G65 / GXWユーザーレビュー