HOME > レポート一覧 > dynabook R731ユーザーレポート

dynabook R731

dynabook R731

■ 評価点平均

4

旧「RX」シリーズに該当する13.3型ノート。R730を第2世代 Core-iプロセッサに刷新したものがR731。東芝SSD搭載に加え、新機能高速起動により起動時間をSSDで約12秒、HDDモデルで約20秒に短縮。

上位モデルではバッテリが2個同梱されるのも特徴。バッテリパック62AA(66Wh)と 93AA(93Wh)


Hothotレビュー

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード
騒音・ノイズ 1
1 筐体の質感
発熱処理

型番

2011年2月23日
R731/39B
R731/37B
R731/36B
R731/16B

2012年12月3日
R731/39EB(グラファイトブラック)
R731/39EK(シャンパンゴールド)
R731/38EB(グラファイトブラック)
R731/38EK(シャンパンゴールド)
R731/37EB(グラファイトブラック)
R731/37EK(シャンパンゴールド)
R731/36EB(グラファイトブラック)
R731/36EK(シャンパンゴールド)

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

dynabook R731  DROP さん

>> TOSHIBA

 No. 3645

  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.1 7.5 5.9 6.2 6.8 5.9

◆ 購入のきっかけや価格
携帯出来て、どこでも使えるノートPCが一台欲しかったので。
先日終了してしまいましたが東芝の特設サイトで189,000円でした。

◆ 体感速度の変化
ストレージがSSDということで非常に快適です。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
液晶は多少視野角変えただけでも白く飛んだり見えなくなったり。
特に期待もしていなかったのでこんなものでは無いかなと。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
可も無く不可も無く。
通常の入力においては問題ないと思います。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
それなりですね。
音に期待する機種では無いです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
以前モバイルPCとしてはdynabook SS RX1を使用していたのですが
あれに比べるとがっしりとした作りで個人的にはこちらの方が好みです。
質感も悪くないですね。
コネクタ類はUSB3.0が右側奥に一つ、USB2.0が左側手前に2つというのは
微妙だなと思いましたが、最近はオンラインストレージや無線デバイスが充実
しており、繋げる機器も少なくなってますので以前ほど気にはならないかなと。

◆ 排熱:筐体の温度
熱はファンでよく制御されているので殆ど気になりません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ファンですが負荷時は大変賑やかというか五月蠅いです。
通常のウェブ閲覧やオフィス程度では殆ど気になりません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
1.5kg↓とモバイルとしてはぎりぎり許容範囲でしょうか。
RX1と比べると多少ずっしりした感はありますが、私としては丁度良いくらいの
重さかと思います。
ACアダプタのサイズも持ち運ぶには邪魔にならない程度のサイズですね。
バッテリーの制御も上手く動いてるようで、軽く使う程度であれば
バッテリーだけで1日使えそうな感じがします。

◆ その他
ボードに直付けでSSDの換装が不可能な機種の為、寿命が気になるところですが
東芝SSDの耐久性と信頼性は今なお他社のSSDよりも1つ上だと考えておりますので
気にせず使っていこうかと思います。

◆ 総評
そろそろレビューを投稿しようかな、というところで丁度蹴茶さんが同じ機種のレビューを
ベンチ込みで掲載されていたのでレビューだけ載せようと投稿致しました。
全体的にモバイル機としては高いスペックの機種なのですが、ネックとなるのはやはり
ファンの騒音ですね。
ただ新MacbookAirもこの機種よりもよりモバイル向けのCoreiを積んでいるようですが
負荷時のファンの騒音が気になるとの感想をネットで見かけましたので、薄型機に
Coreiシリーズを載せるのは廃熱的に厳しいのかも知れませんね。
その点を除けはモバイル機としては不足するところの無い良い機種だと思います。

冷却ファンがうるさいというDROPさん。薄型ノートへの高性能CPU搭載が今のトレンドですね。背景はおそらくスマートフォンやiPadとの差別化問題があります。「iPadやスマートフォンができないことをやれる」という観点からすると、Atomクラスではゲームをするにもエンコードをするにも力不足が目につきます。単なるデータビューアーであればキーボードはお荷物になるので、ノートがノートのカタチである理由を求めて高性能化しているようにも見えます。 [2011-8-17]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > dynabook R731ユーザーレビュー