HOME > レポート一覧 > dynabook SS 3500ユーザーレポート

dynabook SS 3500

dynabook SS 3500

■ 評価点平均

4

東芝が2002年に出したタブレットPC。液晶が自在に動く2軸ヒンジながら2kgを切る質量を実現している。チップセットにはTrident社のALADDiN-Tという懐かしいGPU統合型を採用している。メモリーカードはSDカードの他、CFカードにも対応している。メインメモリはSDRAM PC133。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶 1
キーボード
騒音・ノイズ
筐体の質感
1 発熱処理

型番

PP3501EP2HST, PP3501EP2HSU

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

dynabook SS 3500  windom1585 さん

>> TOSHIBA

 No. 3018

  • 長所: 熱処理
  • 短所: 液晶

◆ 購入のきっかけと価格
ジャンク品で、ペン無し、完全正常動作、ペン以外の欠品無し、16800円から12800円に値下げできた為、物欲で購入。

◆ 体感速度の変化
まあ、Pen1.33Ghzなのでこんなものでしょう。
メモリも、標準の256MBのままですし・・・。

◆ 液晶の質
若干、暗い感じがします。

◆ キーボード:配列やタッチ
ごく普通のキーボードです。
打ちにくいことは、特に無いです。
タブレットモードは、ペンが無くて実行できず。(DS等のペンや、指での操作が全く出来ない為。)専用のペンのみ反応するみたいです。

◆ サウンド
モノラルスピーカーですので、はっきり言って期待薄です。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
タブレットPCなんで、強度等はしっかりしてるかも。
特に不満な点は無いです。

◆ 排熱:筐体の温度
特に、熱いとは感じないですね。
うまく行ってるのではないでしょうか。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
普段は静かですが、いざファンが回りだすとうるさい。
SSシリーズて事もあり、CDドライブは有りません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
タブレットPCですが、普段使いは普通のB5(?)なんで、特に持ち運べないって訳では無いですね。ただ、重さが1.8Kg有るんで、どうなんでしょう・・・。

◆ その他
現行では、特別不満はありません。

◆ 総評
とりあえずは、今はテスト段階です。
以前持っていた、ミニノートのN10Jを売り払って、いろいろ探していたらこいつを発見した次第です。
まあ、N10Jよりもだいぶ古いですが、タブレットPCって事もあり、いろいろ便利な場面も出てくるかと思うので大事に使いたいと思います。
ちなみに、タブレット専用ペンはもう注文しちゃいました。
とりあえず在庫切れなんで、一週間は掛かるでしょうが・・・・。

◆ スペック補足
CPU:Pentium 1.33Ghz-M
チップセット:Trident社製 Cyber ALADDiN-T + ALi社製 M1535B
MEM:256MB(MAX:1GB PC-133)
GPU:Trident社製Cyber ALADDiN-T 16MB
OS:Windows XP Tablet PC Edition
画面:1024*768 12.1インチ

以上が、上記にも乗っていない点にありましたので、追加しておきます。

ペンだけが無い中古タブレットを1万円ちょいで入手されたwindom1585さんですが、電磁誘導式でペンが無いと活用できないのではないかと思いましたが、別途専用ペンを注文したそうです。なるほど。東芝にオーダーしたのでしょうか。GPUは懐かしのTrident社のAladdinコア。 [2009-12-18]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

dynabook SS 3500  windom1585 さん

>> TOSHIBA

 No. 3029

CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.20.3520.10
512k13.0512.09
4k0.280.477
型番TOSHIBA MK4019GAX
 

◆ 追加項目

メモリーを1GBまで上げて、ゲームなどを検証してみました。

*電車でGO!!とSTEPMANIAは、解像度を512*384に設定すると快適とまでは行かないが、動作します。(STEPMANIAは更に細かく変更してます。)
 MUGENは、設定項目自体がないのでデフォルトですが、なんとか動作する範囲です。

その他、色々試しましたがベンチ系はほぼ全滅。ゲーム自体も設定を変更してやっと遊べる、って言うレベルです。
しかし、このPCで電車でGO!!が動いたのはちょっとびっくりですね。

あと、今回おまけでキーボード画像添付して置きました。
右下に見えているのが、モノラルスピーカーのスレッド部分です。

頂戴したキーボード画像を掲載しました。掲載が遅くなってすみません。
結構目立つところにスピーカーが開口しています。 [2009-12-24]

  •  電車でGO!山陽新幹線編 (C) 1996. 2002 タイトー All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  StepMania (C) オープンソース All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  MUGEN (C) 2008 Unofficial Winmugen All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 2

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > dynabook SS 3500ユーザーレビュー