HOME > レポート一覧 > dynabook T550ユーザーレポート

dynabook T550

dynabook T550

■ 評価点平均

4

ブルーレイ3Dのみならず、通常のDVDも「立体視」化できるのが特徴の2011年東芝の春モデル。ゲームは「NVIDIA 3D Vision」による立体視。harman/kardonスピーカー搭載。

OSはこれまでの32bitと64bitを選択できるシステムから、64bitに一本に統一。GeForceを搭載しない非「立体視」モデルもあります。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード
騒音・ノイズ
1 筐体の質感
発熱処理

型番

■ 2010年10月05日
T550/D8AB(ベルベッティブラック)PT550D8ABFB

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

dynabook T550/D8AB  深緑 さん

>> TOSHIBA

 No. 3825

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.1 5.9 6.6 6.6 5.7 5.7
3DMark06 8299
FF11v3 高解 5023

◆ 購入のきっかけや価格
昨年の6月末購入。後継機のdynabook T551/D8Bが出てか
価格.comに10万円以下で販売している店舗が相次ぎ、
3D+クアッドi7+ハーマンSPK+office 2010H&Pで93,000円は
お得すぎて即決でした。

◆ 体感速度の変化
うーんさすが東芝HDDと言わんばかりに起動が遅い・・・
しかもなぜかPC8500のメモリ・・・
でもエンコード系はi7の威力を思い知らされる。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
割といい感じの視野角です。あとやっぱりミドルGPUにやさしい
1366x768の液晶ですねー。フルスクリーンのゲームやっても
ひいひいあまり言わない。ただ・・・ブルーレイ鑑賞すると
やっぱフルHDがいい・・・と思ってしまうw

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
浅めのアイソレーションキーボードのおかげで
楽に掃除ができます。硬すぎずいいかんじです。
打鍵音も結構静かですね。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
うーん最近のハーマンってちょっと落ちた?
昔使っていたQosmio E10/2KLDEW(蛍名義のNo.1763)
のなんて音楽聞いただけで感動がすごかったのに・・・
でも高音域がなかなかクリアですが、
しいて言うと低音域がもう少しほしいとこですね。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
USBx4でOK。ACのPC側に挿すプラグがL字だったら
邪魔にならないんですけどねー。
eSATAがあるのは大変ありがたいです。

◆ 排熱:筐体の温度
結構吐いてます。底面みるとCPUとGPUの
一体型ヒートパイプから直接伝って側面のファンで吐いてます。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
1度BDドライブは交換して、現在松下のUJ-240ES。
結構どんなソフトでも動作未チェックがあっても
クセなく書き込めます。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
やっぱi7機種。ACはでかい。しかしながらVAIO F229ほどではないです。
結構このマシン15.6の割に軽いんですよね。でも3kgか。
そんなに思わないのはこのマシンの薄みなボディですね。

◆ その他
筐体の全体的なザラザラ加工が地味にかっこいいのと
汚れ対策になってるのがGOOD!

◆ 総評
レビューにしては遅くなりました^^;;
意表をついて1年使っての感想ってのもありかと思い・・・w
購入当初はシャットダウンができないことで2〜3度東芝に送り
結局原因不明のままがっかりしていたらシャットダウンの9Fエラー
はどうやらリカバリ後の初期状態のLANドライバにあったようで
Realtekのドライバ落としてインストールしたらOKでした。
(予防でメインボードまで変わったのにw)
なんてこともありましたが、このマシンは当時は破格の値段でした
こんなに機能がそろいもそろって安かったので満足です。
1年使って満足した上で、東芝あんしん保証にも入りました!
HDDを交換はダメですが末永くつかっていきたいです。

解像度とGPUの関係に言及されています。カジュアルユーザーにとってはよくわからない部分ですが、ヘビーユーザー、特にゲーマーにとっては非常に重要なスペックです。フルHDのような高解像度仕様の方がきめが細かく綺麗な絵になりますがGPU負荷は重くなります。逆に1366×768のように比較的低解像度だと描画する点が単純に少なくて済むのでGPU負荷は軽くなります。
 1366×768 = 約105万画素
 1920×1080 = 約207万画素
高解像度のディスプレイにはそれ相応の高性能のGPUが必要になってきます。
(もちろん、映し出す絵の解像度を下げれば動作はスムーズになります。)

(1年後のレポ、ありがとうございます。全然ありです!)  [2012-6-10]

  •  Need for Speed Hot Pursuit (C) 2010 ElectronicArts All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  エミル・クロニクル・オンライン (C) 2005 BROCCOLI / GungHo All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  ソニコミ (C) 2011 ニトロプラス All Rights Reserved. [公式サイト]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > dynabook T550ユーザーレビュー