HOME > レポート一覧 > dynabook T551ユーザーレポート

dynabook T551

dynabook T551

■ 評価点平均

4.5

ブルーレイ3Dのみならず、通常のDVDも「立体視」化できるのが特徴の2011年東芝の春モデル。harman/kardonスピーカー搭載。OSはこれまでの32bitと64bitを選択できるシステムから、64bitに一本に統一。GeForceを搭載しない非「立体視」モデルもあります。

他の国内メーカーよりも先んじてSandyBridgeモデルを市場投入したものの、それが逆にあだとなりIntelの不具合問題に直面することに。
 → 東芝、Core i7-2630QM搭載「dynabook T551」などの対応を検討中

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード
騒音・ノイズ
筐体の質感
発熱処理 1

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

dynabook T551  DROP さん

>> TOSHIBA

 No. 3475

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.4 5.9 5.7 6.7 5.9 5.7
3DMark06 9313

◆ 購入のきっかけや価格
父の使用しているPCが6年前に購入したノートで、最近はウェブの閲覧すら
動きが重かったので買い替えを検討。
12,3万位で良い機種が無いかと探してた所、今年に入りこちらの機種が発表
東芝ダイレクトでは149,800円でしたがプレミアサイトの方では99,800円と
安くなっていたので飛びつきました。
1/23に注文、1/26に届きました。

◆ 体感速度の変化
通常の作業についてはオーバースペックもいいところですので
快適です。
無線がgからnになったこともありWEBの表示やダウンロードも
かなり軽快になりました。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
可もなく不可もなく。
非光沢が良かったのですが価格を考えれば贅沢は言えません。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
流行のタイルキーボードです。
キーの下がどっしりとした感じもあるので、以前の東芝機のふにゃふにゃ
キーに比べると随分とマシです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
まだ音はしっかりと聞いてはおりませんが、harman/kardonということで
ノートPC内蔵スピーカーとしては十分かと思います。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
筐体はたわみ等もなく、しっかりしています。
淵の部分が光沢ですが天板やキーボード周りはマットテクスチャとやらで
汚れが付きにくくなってます。
USB3.0x1,USB2.0x3とポート数は十分ですがいずれも手前のほうに
来てしまっているので奥か背面に1つマウス用にあったら良かった。

◆ 排熱:筐体の温度
時期が冬ということもあり、殆ど暑くなりません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
blu-ray搭載とのことですが、こちらはまだ試しておりません。
ファンのノイズはNVIDIAのOptimusのおかげもあってか通常使用時は
回らないか低速回転止まりです。
ベンチの際はもう1ランク上の音がしますが気になるほどではないです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
手ごろな大きさではありますが、モバイルするにはちょっと疲れますね。

◆ その他
個体差でしょうがDELキーの反応がちょっと悪いです。

◆ 総評
3DMark11を実行しようとしたところエラーを吐いて止まります。
試行錯誤してみましたが動作しないので諦めました。
代わりにHeavenベンチをとってみましたので載せておきます。

Heaven Benchmark v2.1

FPS: 13.9
Scores: 351
Min FPS: 8.7
Max FPS: 36.7

10万円を切る価格でこのスペックのPCが買えるようになったのは嬉しいですね。
液晶の解像度に不満はありますが、その他は良く纏まったいい機種だと思います。

新型番へと移行したdynabookの15.6型モデルT551のレポートをDROPさんからいただきました。一時期の東芝ノートのキーボードはどんどん底がユルくなっていっていましたが、アイソレーションになって少し改善したでしょうか。MacBookなどは徹底していますが、底がしっかりしているかどうかで打ちやすさが変わってきます。ただ単に固すぎると今度は打ち疲れてしまいますが。

既に試しておられるかもしれませんが、3DMark11はドライバ更新の他、フルスクリーンを極力邪魔しないという意味でセキュリティソフトを一時停止したり、IMEバーを最小化することで走る場合があります。 [2011-2-3]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

dynabook Satellite T551/W5  浴衣マン さん

>> TOSHIBA

 No. 3478

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.4 5.9 5.7 6.6 5.9 5.7
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.87.6684.73
512k33.1637.35
4k0.421.397
4k320.891.410
型番TOSHIBA MK6465GSXN
FF14 高解 952
FF11v3 高解 7382

◆ 購入のきっかけや価格
父親に譲ったお下がりのVAIO-SZ80が故障したため
なるべく画面が大きく、解像度の低い(老眼のため)機種を探していたところ
東芝の直販プレミアムサイトで149,800円→99,800円に値下がりしていた
この機種を発見、SandyBridgeでUSB3.0もついていたので
将来性も問題なしと判断、即注文しました。


◆ 体感速度の変化
クアッドコアのCorei7とIntelHDGraPhicsの性能はすばらしいですね、
デスクトップのQ9550@3.6Ghzでカクカクだったニコニコ動画のベンチマーク動画が
2.0Ghzなのにスイスイ快適に再生できます(ターボブースト2.0効いてるのかな?)
SandyBridge恐るべし。

普段の操作も、非常に軽快で快適そのものです、自分のデスクトップメインマシンより快適かもしれません。


◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
輝度はデフォルトでは眩しすぎるので、2段階ほどレベルを下げて使っています。
視野角は、上下左右ともに概ね良好です。発色は以前のVAIO-SZ80と比べるとかなり落ちますね、価格が安いだけにここは仕方ないでしょう。


◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
最近主流のアイソレーションタイプです。
キーが少し硬いのか、強く押さないとだめなのがマイナスですね。
キーボードを多めに使う方にはちょっとお勧めできない気もします。


◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
harman/kardonのスピーカーは伊達じゃないですね、かなりいい音がします
低音はぜんぜん弱いですが、ノートPCでこの音質はすばらしいですね。
父親は歌謡曲をよくきいているので、音質の良いこの機種を選んで正解でした。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感はプラスチッキーで安っぽいですが、そこそこガッシリしていて
ペコペコした感じは無いです、ヒンジはしっかりしてていい感じです。
コネクタはUSB2.0×3 USB3.0×1で左右にばらけていていいですね、


◆ 排熱:筐体の温度
廃熱にちょっと不安ありです、普通にブラウジングしてるだけでも
CPU温度が60度近くまで上がってしまいます。
ファンを冷却優先にしてもあまり変化はありませんでした、
夏場がやや心配ですね。


◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ファンは結構うるさいですね、特に負荷をかけなくても大きな音で回ります
静かな部屋で使うのには向かないです。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
重量はかなりあるので、持ち運んだりは厳しいでしょう。
ACプラグがL型でなくストレートタイプで穴が右側にあるので、
マウス操作のじゃまになるのが気になりました。


◆ 総評
この価格でこの性能は素晴らしいの一言です、
コスト減が品質に跳ね返ってる部分が目立ちますがしかたないですね。
GeForce GT540M(Optimus Technology)も搭載してますので、
最近の3Dネットゲームも十分楽しめると思います。

お父様用にと最新のSandyBridge搭載ノートを購入された浴衣マンさん。性能面の不満は皆無。デスクトップPCが「Core 2 Quad Q9550」をオーバークロックさせての3.6Ghz駆動とのことですが、これと較べてもニコ動の動画再生は快適だったとのこと。ちなみに2630QMは2.9Ghzまで上がることになっています。

最近の不具合でちょっとミソが付いてしまったSandyBridge機ですが、東芝には納得の対応を期待したいところです。
 → インテルチップセット不具合の余波、主要PCメーカーの対応状況 [2011-2-5]

その他のレビュー 2

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > dynabook T551ユーザーレビュー