HOME > レポート一覧 > dynabook WXW/77GW, 79HWユーザーレポート

dynabook WXW/77GW, 79HW

dynabook WXW/77GW, 79HW

■ 評価点平均

4.2

2008年版dynabook Qosmio WXWの下位モデルにあたる。GPUは9800M GTX(SP数 112基)ではなく、GeForce 9700M GTS(SP数 48基)となり、性能には大きな差があるが価格もかなり割安に設定されている。2009年にモデルチェンジしたが大きな変更点はなし。

長所・短所

GOOD   BAD
1 液晶 1
キーボード 3
2 騒音・ノイズ 2
筐体の質感
3 発熱処理

型番

PAWW77GLN10W, PAWW77GLN11W, PAWW77GLR10W, PAWW77GLR11W

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

dynabook Qosmio WXW/77GW  しゅーや さん しゅーや さんさんのほむぺ

>> TOSHIBA

 No. 2441

  • 長所: 騒音
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.2 5.9 5.9 5.8 5.2 5.2
3DMark06 6889
3DMark05 13022
FF11v3 高解 6303

◆ 購入のきっかけと価格
以前から使っていたノートPCのパワー不足を感じていた
基本的に枕元に固定して寝っころがって使うのでサイズは気にせず性能と価格で選択
値段は198000円が10%引きで179200円。送料は無料

◆ 体感速度の変化
前のPCがCeleron1.5Ghzでメインメモリ1Gだったので
アプリケーションの体感速度はかなりのスピードアップ
解像度も1024*768から1680*1050になったのでかなり情報量が増えた
しかし、OSがVistaになったので起動までの時間は遅くなってしまった
電源入りから起動完了まで1分40秒かかる

◆ 液晶の質
そもそも余り液晶の質にはこだわらないタイプだが十分きれい
17インチワイド液晶で明るすぎて白が痛かったので輝度を2段階ほど落として使用
ドット欠け、常時点灯はひとつもなし

◆ キーボード:配列やタッチ
テンキー付のキーボード
テンキーがあるおかげでそれぞれのキーがでかいわけでない
エンターとスペースが小さくて押しにくいの(テンキーの7,8あたりを間違えて押してしまう)
バックスペースとデリートキーの位置も通常の配置と違うので慣れないうちは押し間違いをする
左下がCTRLキーなのは使いやすい。なぜか0を押すとカチカチ音がする0キーだけなので不具合かも

◆ サウンド
かなり良好2.1chで底面にサブウーハーつき
さらにスピーカ自体左右2個ずつ4個のスピーカ、ウーハー1で合計5スピーカ
安物のスピーカをつけるよりも音がいい

◆ 筐体:質感や強度
質はかなり高級な感じで派手派手
真っ赤なノートパソコンで天板にはフレアライン付
シャア専用パソコンとまではいかないが十分かっこいいデザイン

◆ 筐体:各種コネクタの位置
前面:無線ON/OFFスイッチ、光学ドライブ
左側:USB*1、PCカードスロット*1、SATA*1
右側:USB*2、アナログ音量、メディアリーダ、イヤホン*1、マイク*1
背面:LAN*1、HDMI出力*1、アナログRGB*1、i-LINK*1
天板:Webカメラ*1

USBが3つしかないのとメディアリーダの位置が使いにくいのが欠点

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
特に負荷を与えない状態であればかなり静か
ファンが回りだすと音はするがそれほどうるさくはない
ファンの位置は側面にはなく底面と背面のみ
HDDの書き込み音が気になったことは無し
光学ドライブはそれほど使うことはないが
CDを再生してみるとちょっとは音がするが爆音ってほどではない
むしろ振動のほうが気になるがやはりそれほどでも無し静かと言っていいレベル

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
このPCにモバイル性を要求するのは酷というもの
重量4.3kg、バッテリー1.3時間、バカデカアダプターとモバイル性は無しに等しい
据え置き専用と考えたほうがよさそう

◆ その他
今回のベンチマーク測定はスレイプニルで複数Webサイト起動していたので
200Mくらい余分に使っていた
もうちょっとだけいい結果が出るかも
あと、MHFのベンチマークも試してみてスコアは3625

◆ 総評
前々から狙っていたモデルでこの値段での性能では十分満足
ほんとはもうひとつ上のモデルであるdynabook WXW 79GWにしたかったけども
値段の問題でdynabook WXW 77GWを選択さすがに+10万するほどの性能とは思えなくて・・・
ノートPCで並みのデスクトップより性能が良く静穏性にも優れているのでかなり満足
OSがVistaであることを除けば現時点で不満は無し(0キーだけちょっと気になる)
単純にVistaがアプリケーションをインストールしてくる時にいちいち確認してくるのが鬱陶しいので
どうしても我慢できなかったら10%引きで浮いたお金でXPを買いなおしてダウングレードするかも(今のところその予定無し)

12万前後でCORE2モデルが買えるが、3Dゲームを問題なく動かせるレベルのスペックを考えると
十分お買い得のモデルといえる

いまうちにもレビュー用にお借りしたWXW/77GWがありますが、0キーだけ違う音がするというのは無いです。キーボード底が若干浮いているので、テンキーは全体的にカチャカチャと音はします。単に個体差かもしれませんが、明らかに違う音が鳴り続けるのであれば将来的な耐久性も不安です。気になって相談したという事実を積み上げる意味でも、一度サポートに相談してみた方がいいかもしれません。

WXW/79GWと迷ったというしゅーやさん。3D性能に関してはやはりアプリケーションによって選択は異なってくると思います。比較的軽量なMHFであれば、おそらく77GWでも事足りるのではないでしょうか。CrysisをドットバイドットのWSXGA+で遊びたいとなると77GWでは厳しいところです。 [2008-8-13]

  •  モンスターハンターフロンティア (C) 2007 カプコン All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

dynabook Qosmio WXW 77GW  かいりゅー さん

>> TOSHIBA

 No. 2447

  • 長所: 熱処理
  • 短所: 騒音
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.3 5.9 5.9 5.8 5.3 5.3
FF11v3 高解 6349

◆ 購入のきっかけと価格
前にレビューを送らせて頂いたhpのdv9500ですが、XPで快適に使っていたのですが何故か発熱が悪化し、スライドパッド上部の熱さに耐えかねて発熱に留意して次のモデルを探しました。
dv7への入れ替えを模索していたのですが、納期が結構かかる(欠品)ことで二の足を踏んでいたところに当サイトで東芝のプレミアサイトを知りログイン。
気づいたら深夜にもかかわらずATMで東芝に振込みをしていました。

◆ 体感速度の変化
前機種とクロックは同一(T7700→P8600)ですが、HDDが速いせいでしょうか、
イラっとくるもたつきが少ない感じがしてます。
dv9500が遅いと思ったことは一度もなかったんですが・・・

◆ 液晶の質
正直期待していませんでしたが、視野角(特に下から見上げた角度)はdv95
より広く、寝転がって使うときは重宝しています。
今流行の鮮やかなタイプじゃないですが、必要にして十分でしょうか。
前は17インチWXGA+で不満だったので、WSXGA+で大満足です。ただ、WUXGAの
選択肢があればなおよかったんですけれどねぇ。(私も解像度フェチです^^;)

◆ キーボード:配列やタッチ
キーボードについては17インチノートということでテンキーが付いていますね(笑
おかげでエンターが小さかったりしますが変態配置ではなくミスタイプは特段ありません。タッチは硬めでストロークが結構あるような気がします。
キートップの光沢加工は私は気に入りました。滑らせて指を動かすほうなので楽なのです^^;見た目も触った感覚もいいのですが・・・
取り付けに難点があるような気がします。ちょうどカーソルキーの辺りが若干浮いている感じで、スクロールによく使う下キーを押すとガチャガチャと安っぽい音が(><;)
耐えられないのでキーボードを外して見ると、上のねじ止めはdv9500と違って4本のねじでガッチリ固定されてますが、逆に上が締め上げられすぎて
下側のキーが反って浮いてる感じでした。
浮くところを若干反らせたり、本体との隙間を薄いテープで埋めたりしてなんとかビビリは解消しました。どうもノート用キーボードはペラペラなので
17インチ用(テンキー付き)は固定をうまくやらないと立て付け悪くなっちゃうんですかねぇ。

◆ サウンド
ノートPCでこれだけ鳴れば感動です。実際、dv9500では音に若干不満がありました。dv7ではサブウーファーが付いたので期待していたのですが前述のとおり納期で諦めた経緯がありましたから・・
ただ、5スピーカーを活かすには内蔵DSPの擬似サラウンド?頼りなので人工的すぎる立体感が感じられたり・・・(笑
これはこれで嫌いじゃないので、色々切り替えて使っています。
キーボード上部のタッチパネルでドルビーボタンがあり、サラウンドとBASSが調整できますが、隣にコントロールパネルにあるリアルテックHDオーディオのプロパティも呼び出せるボタンがあればもっと遊べるんですけどねぇ。
ベストな設定を見つけるにはかなりいじる必要があります。
購入したときのデフォルト設定だと音は恐ろしく重たい感じがします。
迫力はあるんですけどね・・^^;

◆ 筐体:質感や強度
呆れるばかりの厚みです。持ち歩くことは放棄しました^^;
hpのノートと同じようなフィルム加工なのでしょうね。ただ質感は結構違う感じがします。
現物が届いてみると開いた面(液晶枠、キーボード周り)は思ったより落ち着いた感じで、とても気に入りました。LEDが赤ばかりなのも白色全盛の今となっては新鮮です(笑)
強度も十分だと思います。液晶の開閉は独特の感触がありますね。ツメでロックされないあたり、モバイルしないことを前提としてるな〜と思いました。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが右手前にあればなおよかったんですけれどねぇ・・・
あと、電源コネクタが巨大なので裏より横に配置したほうが個人的には良かったです。
(後ろだとバキっとやってしまいそうで…個人差でしょうけど^^;)
筐体がこれだけデカいので余裕ありまくりの配置ですね。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
弱点に静粛性を上げましたが、強いて言うとといった感じです。音を出さずに使ってるとファンの音が若干耳に付くなといった感じで、音量より音質が私個人の好みに照らし合わせてどうか・・・といったレベルです。
HDDの音は全然聞こえません。光学ドライブはリカバリーメディア作成くらいにしか使っていないのですがまぁこんな感じだろうと思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
笑うしかありません(笑)
特にアダプタ・・・
モバイル性捨ててるのでまったく問題ありませんが、車で旅行ならもって行きます(爆)
良いカバンを探すのが大変な気がします・・・

◆ その他
慣れの問題でしょうがスライドパッドに指が触れてしまい、文章入力が中断してしまいます。
いままでdv9500のくぼんだタッチパッドに助けられてたんでしょうね(笑)
あとザラザラ感もここまでザラザラした機種は初めてです。嫌いじゃないですけど、逆に前のdv9500がありえないくらいツルツルだったのでギャップが大きいんでしょうね
今回発熱に留意したのですがさすがTDP25ワット、なかなか発熱しませんね。
無線LANもインテルの新型はかなり発熱抑えられてますね。キーボードの真下にあるのですが、前世代なら熱かっただろうなあと思います。
筐体の厚みも廃熱には有利なんでしょうね。キーボード上部より液晶側は熱いですがそこは触らないので問題ないし、余裕のある配置してるんだろうなと思います。
指紋認証は便利ですね。ここまで認識するものだとは思っていませんでした。

◆ 総評
どうしても前使っていた機種との比較ばかりになってしまうものですね^^;
衝動買いで買ってしまったのですが、なかなかのハイパワーで質感も気に入ったので少し長く使えそうです。
ダイナブックG5を購入しこちらのサイトを知り、暫く外資ノートを経てこちらのサイトを経由してまた東芝のWXWにたどりついたのも何かの縁を感じます^^;

「車で旅行なら持って行きます」というかいりゅーさんからのWXWレポです。WXWでモバイルしようと思う人は少なくとも日本だと皆無に近いと思いますが、見方を変えれば友人との旅行ならネタとしては非常に強力なアイテムかもしれません。あの真っ赤なボディは注目を集めること間違いないです。旅先で撮った写真を旅館でわいわい見たり、メモリーカードのバックアップとしても活躍しそうです。

ピアノ調のキーボードはかいりゅーさんはプラス評価となっています。蹴茶とは真逆の印象で、やはりレビューはなるべく多くの方からの意見が集まった方がいいですね。キーボードは蹴茶と同じく問題視されています。解体したところ、上部の取り付けはしっかりしていたようですが、反る形で下部が浮いているようです。隙間を埋める形で改善されています。

静粛性についても蹴茶と似たような意見を持たれています。CPU、GPUが十分冷えている起動直後は静かなのですが、一旦回り出すと気になる人は気になるレベルですね。もう一段低い回転数の設定があれば良かったかもしれません。温度を抑えることを優先したともいえます。 [2008-8-20]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

dynabook Qosmio WXW/77GW  PePe さん

>> TOSHIBA

 No. 2732

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.3 5.9 5.9 5.8 5.5 5.3
3DMark06 7042
FF11v3 高解 6378

◆ 購入のきっかけと価格
5年間使用したNEC LaVie Lからの交換です。価格は\139000(マウス付)

◆ 体感速度の変化
VISTAは初めてですが、使い易くもたつきも無く快適に動作しています。
ベンチマークのスコアは東芝で公開しているドライバを入れた後に計測しました

◆ 液晶の質
これが第1印象最悪でした。太陽光の当たるところでは厳しいです。5年前のNECより輝度は低い、発色は悪い、視野角は狭い、画面下部からバックライトの光漏れ、もうテンション下がりました↓↓
いっそパネル交換をしようと思い、いろいろ液晶ショップに相談しましたが、互換性のあるパネルは無いとのこと(¬_¬)
ちなみにパネルはサムスンのLTN 170P1L02でした。自分ではこれ以上つっ込むのはやめました・・・
17インチでWSXGA+自分にはちょうどいいですね
  
◆ キーボード:配列やタッチ
テンキー付ノートは初めてですが問題なし、購入前からこのサイトを見て知ってはいましたが、光沢キーボードは打ちにくく、右下部分がへにゃへにゃです
わかっていて購入したのでここは我慢

◆ サウンド
これはいいですね、でも初めは擬似的な音に違和感を感じました、女性の歌など音程の高いものには向いてないと思います。調整もできますが、イチイチ面倒^^;

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
筐体全体がペコペコします、中身が詰まってない感じ、なんかオモチャみたいです・・・笑
USBが左右2つずつはいいですね、欲を言えばもう少し数がほしい

◆ 排熱:筐体の温度
ほとんど熱くなりません、キーボードより上が少し熱をもちますが、普段触れないので問題無し

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファンは回ればそれなりに音はしますが静かです、負荷がかかっていないときは停止することもあります

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
根性です

◆ 総評
せっかく買ったので長く使いたいと思いますが、やはり不満な点が多いです、ゲーミングノートとはこういう物なんですね^^;コストパフォーマンスはいいので我慢して使っていきます

デフォルトの設定では音に過飾気味なエフェクトがかかっているWXW。原音からは雰囲気が変わってしまうものの、ライブ感はあるのでゲームにはありな機能だと思いますが音楽CDなどボーカルを素直に聴きたい時は逆効果なことも多いです。音楽を聴く際はエフェクトを切った方がいいかもしれません。PePeさんの言うとおりかなり面倒ではありますが...私の好みとしては完全に切って使っていた方が気持ちよく使える感じがしました。せっかくの機能ですが、エフェクト付けなくともそこそこ鳴りますし。 [2009-3-10]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

dynabook WXW77/HW  yuwu-sumi さん

>> TOSHIBA

 No. 2784

  • 長所: 熱処理
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.3 5.9 5.9 5.8 5.5 5.3
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.61.1555.20
512k27.9035.18
4k0.521.309
型番MK1652GSX
3DMark06 7350

◆ 購入のきっかけと価格

XPS1710が古臭く見えてきたのと、WXW77のハードディスクが2台になった(マウンタのみの入手は難しそう)ため。TOSHIBAのサイトで¥129000(送料込み)でした。木曜の午後注文、入金で土曜の午後到着。

◆ 体感速度の変化
XPSのT7200、320G、7200rpm+Vistaより起動は遅いです。ハードディスクは交換予定なのでそちらに期待。その他は特に感じません。

◆ 液晶の質
あまり期待していなかったので、いい感じです。発色はXPSの#パネルよりあきらかにいいです。輝度は低めです。

◆ キーボード:配列やタッチ
まず、心配していた立て付けの悪さですが、下の方もしっかり固定されています。
パシャパシャ音も無く、ゆがみも許容範囲でした。HWから改良されたのでしょうか?しかし、テカテカの表面は指のあとがすごいです、タッチは好みですが掃除しすぎで壊しそうです。

◆ サウンド
GAMEにかんしてはいいです。XPSも悪くはないのですが、数段上回ります。
しかし、音源によっては設定をいじらないとならずめんどくさいかも。GEME用みたいなものですからいいのですが...

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
見た目は思ったよりハデでした。XPSよりずいぶんギラギラしていて気に入っています。質感はいい方だとおもいますが、ハリボテ感はあります。

◆ 排熱:筐体の温度
特に気になりません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
特に気になりません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
車なら...

◆ 総評
見た目とサウンドに期待して購入しましたが満足しています。キーボードが思ったよりしっかりしていたので自分的には5点にちかい4.5点。

キーボードはHW世代から改善された可能性に加えて、個体差も結構あったりします。yuwu-sumiさんの個体がまずまずだったのはなによりです。WXWのアピールポイントの1つであるスピーカーは確かに音源によって設定を変えたくなりますね。迫力重視のゲームや映画を視る分にはそのままでいいのですが、普通にボーカル中心の音楽を聴きたいときなどはエフェクトを切りたくなります。 [2009-4-9]

  •   
  •  Crysis (C) 2007 ElectronicArts All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

dynabook WXW/77HW  しろくまん さん

>> TOSHIBA

 No. 2892

  • 長所: 液晶
  • 短所: 騒音
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.3 5.9 5.9 5.8 5.3 5.3
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.54.4650.83
512k20.9026.86
4k0.291.377
型番MHZ2160BH G1

◆ 購入のきっかけと価格
6年前購入のLaVie M(LM5505E)のHDDの調子がおかしいのと、Windows7の優待アップグレードサービスが開始されたので、新規購入を検討して安かったから。
最後まで迷った79HWとの差額2万をケチって、東芝ダイレクトで118,800円。

◆ 体感速度の変化
感動的な速さはないですね。

◆ 液晶の質
満足点にしましたが、あの項目の中では…ってことで。
サイズと解像度には大変満足しています。

◆ キーボード:配列やタッチ
ここで知っていたとはいえ、テンキーの「Enter」「+」「.」「3」「6」付近のカシャカシャ音が気になりました。
ダメもとでサポートへ連絡して引き取り修理。
電話連絡でザックリ「仕様」と言われた。。。
(サポートにある同機種が皆こんな感じらしい)
サポートにある同機種でキーボードの取替え等を行って、私の個体には何もしていないとのことだったが、帰ってきたWXWのキーを押してみると改善されていました。
本当に何もしていないのかは不明…

モバイルノートをずっと使用していたので、テンキー以外のキーに違和感はありません。(EnterやSpaceキーの大きさ)
しかし、指紋のつくキーにはカミさんも閉口気味です。

◆ サウンド
イイです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
今までのPCよりかなりデカくてビックリしました。(重いし)
天板のデザインはあまり気に入ってません。
ディスプレイを開けた感じは気に入ってます。

◆ 排熱:筐体の温度
全然気になりません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファンがほぼ回りっぱなしなので、音が気になります。
(たまに止まりますが、すぐ回りだすし)

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
モバイルする気はおきません。
LM5505EのHDDを換装して延命したので、モバイルはそちらで。

◆ その他
HDDは2台内蔵されているのですが、HDD1が富士通製でHDD2が東芝製。
CrystalDiskMark 2.2の結果はHDD1の値です。
東芝のHDDの方がスコアは良かったです。

◆ 総評
コストパフォーマンスがよく大変気に入ってます。
今までと同じNEC製と迷いましたが、安かったのでこちらにしました。
機種には満足していますが、Vistaに慣れないと...

最近急速にコストパフォーマンスを高めているWXWを購入されたしろくまさんからのレポート。モデルチェンジが近いのかもしれませんが、他社製だとGeForce 9600M GTどまりの価格帯でハイエンドGPU搭載なのでお買い得感があります。

キーボードは当サイトのレビューでも指摘した通りだったとのことですが、引き取り修理でキーボードだけを換装した結果タッチが改善。WXWは計3台触りましたが、2台目がかなりマシでしたので個体差がかなりあるように思われます。組み立て工程の容易さを優先したのか、キーボード周りのマージンが緩いのでしょうか。

2台構成の HDDは富士通製と東芝製が入ったそうです。なぜメーカーが。謎(^^; [2009-7-23]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

dynabook Qosmio WXW/77GW  みーこ さん

>> TOSHIBA

 No. 2922

  • 長所: 熱処理
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.3 5.9 5.9 5.8 5.5 5.3
3DMark06 6932
FF11v3 高解 6261

◆ 購入のきっかけと価格
Qosmio G30が内部に埃が溜まってる可能性もあり、温度管理が不安定でゲーム中にCPU温度が98℃とか・・パワー不足も感じるようになり買い替えを。
東芝パソコンシステムオンラインショップで10万円ポッキリ。

◆ 体感速度の変化
G30がメモリ4G積んでたせいかWXWが2Gだと少々モッサリ感を感じました。

◆ 液晶の質
こればかりはG30を比較対象にすると残念すぎる・・よく言われるように黒色の表現が悪いですね。

◆ キーボード:配列やタッチ
テンキーになかなか慣れません。ENTERが小さいので押し間違えも。
キーのタッチ感は慣れてくるとこれがいい感じですね。
ただ非常に残念なのがENTERキーとテンキーの間くらいが浮いててパカパカ音がします。

◆ サウンド
音は素晴らしく良いです。元々省スペースで使う事前提なので外付けスピーカーに頼らなくても十分なのが○

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
派手派手なのが好みが分かれるでしょうけど高級感はあるのかな?
USBポートが右に2個ではなく背面にも配置して欲しかったかな。

◆ 排熱:筐体の温度
排熱処理は優秀な方ではないでしょうか。アイドル時で35℃、高負荷時でも54℃。
手で触れる範囲で熱くなるような場所はありません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファンは頻繁にうなります。ファンの音自体も静かとは言えませんが許容範囲です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
気軽に持ち運ぶ大きさではありませんね。バッテリーもG30より少し薄いもののより大きいです。

◆ 総評
G30からのメインPCの買い替えなので液晶とかでG50が妥当と考えてたんのですが、普段の作業はG30がまだ現役で主にゲーム用だったので概ね満足してます。

価格が安くなる一方で液晶はあんまり進化せずというのがここ数年のおおまかな傾向(個々には優秀なモデルもあります)ですが、みーこさんのQosmio G 新旧比較でも液晶に関しては良い評価とはならず。パネルの色域はどちらもおそらくNTSC比 70%台だと思いますが、黒色の表現が悪くコントラスト面でいまいちな印象を持たれています。

一方、G50のサウンドは非常に好印象。筐体が厚い分、内蔵されるスピーカーもノートパソコンとしてはかなりいい音が出ます。G30で100度(!)近くにまで上がっていたCPU温度はG50では50度台で収まっています。G30も多少リスクがありますが分解清掃が必要かもしれません。 [2009-8-22]

  •  ネオスチーム (C) 2004-2008 ハンビット All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  The Tower of AION (C) 2009 NC Soft All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 6

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > dynabook WXW/77GW, 79HWユーザーレビュー