HOME > レポート一覧 > Latitude E6400ユーザーレポート

Latitude E6400

Latitude E6400

■ 評価点平均

4.3

Montevina世代で一新されたLatitudeシリーズの14.1型モデル。解像度の広い1440×900ドット(WXGA+)パネルを選ぶことができ、9セルバッテリー(0.51kg)と底面に張り付く12セルのバッテリースライス(初期価格4万5675円、0.85kg)を組み合わせることで最長19時間という長時間駆動を可能にしている。最軽量の4セルは0.24kg。
 GPUは統合コアであるIntel GM45の他、Quadro NVS 160Mを搭載可能。Quadroを選んだ場合はチップセットはIntel PM45になる。SSDもチョイス可。液晶の視野角は水平80度、垂直45度(リファレンスガイドより)。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード 1
騒音・ノイズ
2 筐体の質感
発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Latitude E6400  Othello さん

>> デル

 No. 2469

FF11v3 高解 4985

◆ 購入のきっかけと価格
VAIO-SZ53Bを使っていましたが、解像度に不満を持っていました。
HPのdv5か、VAIO-Zを買うか迷っているときに、E6400が発表されてました。
迷った挙句、Quadro NVS160Mに不安がありましたが、
モバイル性と値段、納期、XP化できるかを重視してE6400にしました。
液晶をWXGA+LED、HDDを160GB、メモリ2G、DVDスーパードライブ、指紋認証、
Quadro NVS 160M256MB/PM45 Express、HDMI変換ケーブル、
XPにダウングレードして18万5,000円ほどでした。

◆ 体感速度の変化
VISTAだったSZ53Bよりも快適です。
不安だったQuadro NVS160Mも、出先で3Dをやる分には十分の性能でした。

◆ 液晶の質
若干白っぽく、視野角は若干狭いですが問題ない範囲です。

◆ キーボード:配列やタッチ
SZと大して変わりません。
ワードとかするわけじゃないので、あまり気にしてないだけかも…

◆ サウンド
SZには負けますが、普通にDVDとか見れます。

◆ 筐体:質感や強度
質感は思っていた以上に良かったです。SZにも負けていません。
押しにくい位置にあるボタンを押しながらでないと
液晶パネルをオープンできないのがちょっと不満。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
右に2つ左に1つのUSBがあります。
SZのころは、マウスとテンキーを使うと全部ふさがってしまいましたが。
E6400はもう1つあるのでUSBもさせて快適になりました。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
FF11 Bench3をまわしているとき若干音はしましたが、そこまで気になりません。
ただ、キーボードが暖かくなったのが気になりました。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
液晶も大きく、解像度も上がったのに、持った感じはSZとあまり変わりません。
常にACアダプターを使っているので、バッテリーの持ちはわかりません。
ただ、SZと比べると差込口にカチっと入る感じがしないのに不安を感じます。

会社用のACアダプターが欲しいかも…

◆ その他
ACアダプターに野原で寝転んだ時につくような
草みたいなのがついていたのが残念でした…

◆ 総評
NVS160Mが結構使えて安心しました。
デザイン、質感、モバイル性もよく性能も悪くないので、選んでよかったです。
大事に使って生きたいと思います。

納期3週間の予定が10日で届いたのにはビックリしました。

予定納期の半分で到着したOthelloさんのE6400。14.1型とVAIO SZと比べるとやや大きめで、解像度はWXGA+が選べます。筐体は真っ黒でデザイン二の次ですが、質感はなかなか良いとのこと。昔の銀色Latitudeからは格段に進化していますね。 [2008-8-31]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Latitude E6400  マクラビン さん

>> デル

 No. 2568

  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.4 5.9 3.3 4.7 5.6 3.3
3DMark06 1820
3DMark05 3238
FF11v3 高解 4437

◆ 購入のきっかけと価格
壊れたT41pのレノボの修理に不満があり代替マシンとして購入。
8240wの無償サポート期間が終了したことも購入動機になりました。

◆ キーボード:配列やタッチ
常用していた8240wのキーボードと比べると、
入力時のトラックポイント付近に生じる若干のたわみが気になります。
T41pと変わらないレベルではあるんですが硬いのが好みなので-0.5点って感じです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
最近朝が寒くなってきて筐体を触るとひんやり冷たく改めて金属製なんだと実感。
今回はブルーのモデルを選んだんですがアルマイトっぽい感じではなく、
吹き付け塗装のような感じで通常モデルのようなヘアライン処理はありません。
入出力端子は豊富でIEEE1394が付いてるのも個人的にポイント高かったです。

◆ 総評
不満足にキーボードを上げましたがそこまで不満ではありません。
人によってはキーボードに指の油がつきやすく、
また目立つのでそっちのほうが気になる人が多いかもしれません。

64bit OSで無双オロチのベンチマークが出来なかったので、
変わりに銀河英雄伝説ベンチマークの数値を書いておきます。
デフォルト設定で3427でした。

ThinkPad T41pの代替えとして同クラス14.1型ワイドのE6400を購入されたマクラビンさんからのレポートです。Latitude E6400はスペックのBTOもSSDあり、14.1型WXGA+(LED)ありと多彩ですが、天板部の色もブルーとレッドが選べます。ただ色についてはあんまり情報がない。外資にありがちですが、デルのWebサイトはいまいち要領を得ないですね。画竜点睛。 [2008-11-3]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Latitude E6400  nazoDSR さん

>> デル

 No. 2743

3DMark06 1822

◆ 購入のきっかけ
実はこれも気になっていた機種でしたが当初の15万オーバーの価格では手を出しにくかった、が年末で12万ほどまで下がっていたので購入。T400とこれのどちらかを売却すればたいした出費にはならないとも踏んでいた。

◆ 体感速度の変化
スペック的にはむしろ下がっているはずなのにこちらの方が快適です。XPが効いているのでしょうか?

◆ 液晶の質
特に言うべきことはない、たぶん普通のものですね。

◆ キーボード:配列やタッチ
キータッチこそT400の方がよいのですが少したわむ程度で剛性感はあります。T400のキーボードでこのくらいのたわみなら・・・と惜しまずに入られません。

◆ サウンド
気にすることはないでしょう。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
最近のDELL、というかこのシリーズはかなりよいと思います。質実剛健で渋さがあるThinkPadに対しスタイリッシュさがポイントになると思います。見た目のよさは確実にこちらが上です。
D630のときは天板が素っ気無かったのですがこちらは天板でもよさを体感できます。

◆ 排熱:筐体の温度
冬場なのかそれほど熱くならないですね。ゲーム等高負荷時は多少あったかくはなります。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファンは負荷をかけると回りだします。静粛性ではT400に軍配が上がります。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
重量差200グラムのはずですが意外と体感差があるように感じます。ACアダプターは最近のXPS13などと同じ平べったいデザインです。

◆ その他
こちらも筐体のよさを長所としましたがT400が中身で勝負、E6400は外見といったところでしょうか?
筐体の出来はXPS以上と感じています。DELLノートは法人向けに力を入れているのでしょうか?
ゲーム性能ですがローエンド相当といったところです。ロストプラネットは解像度そのままでは強制停止がかかってしまいますしDMC4も設定をかなり落とさないとゲームになりません。
ただイースなどファルコム系のゲームなら楽勝です。がこの程度ならインテルGM45でもよかったかもしれません。

◆ 総評
スペックは大したことがないのですが質感のよさがポイント、個人的にはポインティングデバイスも大きなメリットです、大抵のノートにはないものですからね。
あとベンチマークスコアは以下のようになります。
DMC4(19.94/13.80/21.79/12.94)D
ロストプラネット(Average13 Snow9 Cave12)

個人向けのInspironやXPSシリーズはデザイン重視路線を取っていますが、法人向けのLatitudeは実用性重視。サポートも比較的手厚いため、個人使用で性能価格費が割高なLatitudeを選ぶ方も少なくありません。

GPUはシェーダー数×8基の「Quadro NVS 160M」のため、3D性能はかなり弱い。イース以外は厳しい評価になっています。 [2009-3-14]

  •  イース・オリジン (C) 2007 日本ファルコム All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  ロストプラネット エクストリーム (C) 2006-2007 カプコン All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  デビル メイ クライ 4 (C) 2008 カプコン All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 3

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Latitude E6400ユーザーレビュー