HOME > レポート一覧 > EeePC 4G-Xユーザーレポート

EeePC 4G-X

EeePC 4G-X

■ 評価点平均

4.6

世界中でブームを巻き起こした台湾ASUSの「EeePC」。当初は最も安いモデルで299ドルという価格優先の発展途上国、教育用途PCとして登場したが、ストレージにSSDを採用したことから体感速度は良好。筐体も最近のASUSらしい質感の高い筐体にまとめあげ、日本でもショップによっては予約段階で売り切れになるなど人気を博している。
 米国ではデスクトップ向けLinux「Xandros」を搭載しているが、日本ではWindowsXPが搭載されている。

長所・短所

GOOD   BAD
2 液晶 3
キーボード 1
2 騒音・ノイズ
2 筐体の質感
1 発熱処理

型番

Eee PC 4G-X

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

EeePC  PON さん

>> ASUS

 No. 2209

  • Intel 910GML (32MB)
  • Celeron M 353 900Mhz
  • 2 GB
  • Windows XP
3DMark03 550

◆ 購入のきっかけと価格
出張用に小さいノートPCがほしかったのですが、
ちょうど5万円でコイツが発売開始とのニュースが、、、、

◆ 体感速度の変化
体感速度は、プチSSDのおかげでSTAT2のディスクトップPCより早いです。

FF11に関しては、上海問屋のSDHC16GB(Class6)にいれたのですが、
いかんせん読み書きがゲームやる上では遅いようです。
(USB-HDDにいれたら512x512程度であれば問題なく遊べます)
パナの高速SDHCあたりが必須かもしれません(インストールに9GB必要ですが、、、)
(ちなみにLOOX-Uでは256x256でも満足に動作はしません)

◆ 液晶の質
液晶はとても見やすいと思います、問題は解像度が800x480なぐらいで、
1024x600擬似ドライバがそろそろでるそうですが、、、、
光沢が無いのも○。

◆ キーボード:配列やタッチ
キーボードは、変則配列で無いので打ちやすいです。

◆ サウンド
この機種の特徴ともいえる、液晶両隣の豪華スピーカーの
おかげで、音はそれなりに楽しめます。

◆ 筐体:質感や強度
黒EeePCはぱっと身、ThinkPadブラックとそっくりで
つや消し黒と、かなりいい感じです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBx3、SD、LAN、無線LAN、外部RGB、どれも過不足がなく
このサイズでUSB3個は優秀すぎると思います。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
オーバークロックした状態でも、気にならないほどの音です
HDDの無いため非常に静かです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
軽くて小さいです。ACアダプタは形が変ですが、大きくはありません。

◆ その他
本体価格50,00円+メモリ2G 5000円+SDHC16GB 10,000円
合計65,000円です。

◆ 総評
この性能で、このサイズ、SSDモドキとモバイラーならずとも
気になる性能ではないでしょうか、二台目にオススメです。

やはりモバイルにはSSDは効果的ですね。省エネ効果ももちろんありますが、駆動部がないので振り回しても大丈夫というのは精神的によろしいです(意図的に振り回すことは無いですが)。それにしてもFF11が動くというのは凄い。LOOX Uとどこが違うのかと思ったのですが、LOOX UのGPUはIntel 945GU内蔵コアなのでこれもEeePCと同等かそれ以上の性能があるはず。となるとCPU? ただEeePCのCPUは実際はFSB 70Mhz x 9倍で動いているらしいので、こちらもLOOX Uにアドバンテージがあるほどではないですね。ストレージの差でしょうか。 [2008-2-14]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

EeePC  さっち さん

>> ASUS

 No. 2214

FF11v3 高解 790

◆ 購入のきっかけと価格
気になっていたのですが買うかどうか悩んでいた折、偶然店頭で見つけて
展示機に触れていたらいつの間にか購入していましたw
価格は49800円。

◆ 体感速度の変化
SSDということもあり、celelon+メモリ512MBとは思えないくらい軽快な動きです。
これで5万円というのはすごい・・・

◆ 液晶の質
解像度が800*480である以外は不満はありません。
光沢では無いにしろ明るい液晶です。
レッツノートくらいかな?

◆ キーボード:配列やタッチ
キーピッチは狭いものの打ちやすいです。

◆ サウンド
液晶左右にスピーカーがついていて意外といい音でなります。
そこいらのノートPCよりも音質も音量もいい感じです。

◆ 筐体:質感や強度
廉価ノートなので手抜か・・・と思いきや意外としっかりしています
LOOX Pのような感じの質感です。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USB*3にVGA出力など豊富です。
CFやPCカードスロットはありませんが自分は気になりません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
SSDなのでものすごく静かです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ちょうどLOOX Pのような感じです。
重さも大きさもそんなかんじですね。
ACも軽くGOOD

◆ その他
SSDの容量が4Gなのでやりくりが大変です。
SDHCカードにデータを分散させたりしなくては厳しいです。

◆ 総評
すごくコストパフォーマンスに優れた優秀なモバイルPCです。
SSDが4Gしかなく、WindowsUpdateしただけで残り容量が600M近くになります。
nLiteやいろんなチューニングを施せば1.6G程度あけられます。
OQOなどのUMPCに比べると液晶の解像度は微妙ですがパフォーマンスは上じゃないでしょうか?

何よりモバイルPCに一石を投じるモデルですね。

さっちさんからもEeePCのレポが到着。単に安いだけでなく体感速度での評価が高いのが印象的です。シングルコア 900MhzのCPUが速さの要因とは言い難く、やはりXP+SSDが効いているとみるべきでしょうか。筐体の質感、スピーカーも並以上の音質評価で、全体の完成度は相当なものです。SSDは放っておいても安くなりますし、今後のシリーズ展開が非常に楽しみなモデルです。 [2008-2-14]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

EeePC 4G-X  Terre さん

>> ASUS

 No. 2264

  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード
3DMark03 566

◆ 購入のきっかけと価格
15.4型のノートを持ち運んだときにこれは続けられないなと感じていました。しかし頻度が少なく、モバイルPCの価格を見るにこのままでいいと思っていました。そこに5万円で十分に遊べるモバイルが手にはいるとわかり、発売日直前に予約。到着までほぼ1ヶ月かかりました。価格は49800円

◆ 体感速度の変化
そこかしこに存在するカスタマイズ解説サイトを参考にいじり回した結果、オフィス系のアプリは驚くほど快適に動きます。

◆ 液晶の質
解像度は800*480と狭いですが、液晶の質は満足です。

◆ キーボード:配列やタッチ
エンターキー周辺のキーが圧縮されているので、使いづらいキーがあります。このサイズでは仕方ないですが・・・

◆ サウンド
それなりになってくれます。動画サイトで適当に聞くには十分かと。

◆ 筐体:質感や強度
思った以上にしっかりとした作りになっていました。開け閉めでゆがんだりはしません。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
個人的にはCFスロットが有ると完璧ですが、USB*3、アナログRGB、有線LAN、SDスロットで十分揃っています。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
オーバークロックした状態でもうるさいという感じはありません。通常の使用ではFanが全力で回ることはなさそうです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
1kgを下回り、ACアダプタも小さいです。白を購入しましたが、アクセサリのマウスとACアダプタもちゃんと白になっています。専用ソフトケースは黒でしたが。

◆ その他
通常はeeectlを使用してクロックを変えながら使用しています。3DMark03はオーバークロック無しの630MHzでは372でした。にこにこ動画ではカクつくこともありますが、クロックを900MHzまであげてしまうとほぼ問題は有りません。マイクの感度の問題かハウリングしやすいかなという印象は有ります。ボリューム下げればいいのですけどね。

◆ 総評
SSDの容量が少なく当然カスタマイズをすることになります。この辺を楽しんでできる場合には非常にコストパフォーマンスに優れたモバイルだと思います。2台目・3台目としておすすめです。

Terreさんから格安PCことEeePCレポ。CPUクロックがあがっても体感が変わらないというレポートが多い中、900MhzのCeleronでさくさく動くというこの事実。やはり日頃の体感速度はストレージで決まるのでしょうか。容量がさすがにタイトで色々工夫しないといけないようですが、これはまぁ時間と共に解決する部分ではあります。SSDの値下がりが待たれますね。 [2008-3-19]

  •  東方永夜抄 〜 Imperishable Night. (C) 2004 上海アリス幻樂団 All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  東方妖々夢 〜 Perfect Cherry Blossom. (C) 2003 上海アリス幻樂団 All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

EeePC 4G  純米 さん

>> ASUS

 No. 2273

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶

◆ 購入のきっかけと価格
寝ながら気軽に、そして本格的にブラウジングできる端末が欲しい。でも、
現在持っているPHSのzero3では、動作や仕様などで不満たらたら。
そんなときに、この機種が日本で販売されると聞き、即予約をし、発売日に購入。
49800円でポイント10%でした。

◆ 体感速度の変化
普段の作業では全く問題なし。サブPCのペンティアム3の1Ghzよりサクサク動きます。
superπでの104万桁は2分18秒。(OC無し状態の600Mhz駆動です)
youtubeの視聴は全く問題なし。stage6の視聴も引っかかりもなく快適です。
ニコニコ動画はコメント無しならば、ビットレートにもよりますが、本来の80〜90%
ほどの滑らかさで快適に観られます。ハンゲームの、あまり3Dを使わないゲームも
サクサク動きますよ。解像度が低いのが難点だけど・・・

◆ 液晶の質
ザラザラ感があり、動画を観るならイマイチです。でも屋外でも見やすくて、文字情報を
見る用途なら悪くないと思います。

◆ キーボード:配列やタッチ
タッチは良くも悪くも、低価格な感覚です。配列も癖があります。
でも、慣れると暗闇でも快適にタッチできるという不思議・・・
慣れれば悪くないです。

◆ サウンド
音量を半分も上げれば、音割れしてきます。音質はノートにしては悪くはないと思います。

◆ 筐体:質感や強度
正直なところ、質感や強度は気に入っています。この質感でこの値段か!というぐらい、
末永く使えそう&色禿も目立ちにくいだろうなぁ、という感じ。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
この小ささでUSBが3つも付いているのは、かなりの好感です。それだけで
いっぱい出来ることが増えますね。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDDを使わないので、相当に静かですね。寝ながらネットをしているときに、
多少ですが、ファンの音が気になるぐらいでしょうか。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ACアダプタは小さい部類ですので、持ち運びにも便利です。
本体も薄くて軽いので、バッグに入れ、会社に持ち運びするのも適しているかと思います。

◆ その他
FPSゲームのコールオブデューティ1を最低設定で試してみました。
平均FPSは8〜15であり、まともにゲームになりませんでした。
2Dゲームは完璧に動きます。

◆ 総評
発売日から散々に触って遊んでみましたが、相当にいじりがいのある、
面白いパソコンだと思います。しかし、容量のネックや何の初期ソフトも入っていない
状態なので、このパソコンを買う方は、メインPCを持っており、それなりのPCスキルを
持っていない方ではないと、このPCの意義を見出せないと思います。
それだけに、自分を含めモバイラーの方たちにとって、すごく愛着のあるPCとなります。

ウィルコムのW-ZERO3からの買い換えとなったEeePCレポを純米さんからいただきました。一見畑違いの二機種ですが、価格帯が似ているのである意味競合しています。EeePCの人気は単に安いだけではないですね。安い+モバイルできるというのがバカ受けした秘密といえそうです。同じようなポジションを狙ったノートに工人舎がありますが、工人舎はEeePCに較べればまだマトモに作りすぎたというか、価格帯的のも1ランクか2ランク高いので、マイナーな人気機種(日本語変ですが)にとどまっています。 [2008-3-25]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

EeePC 4G-X  seina さん

>> ASUS

 No. 2336

◆ 購入のきっかけと価格
発売前から興味がありましたが、すぐに次のバージョンの情報が入っていたため、
買い控えていました。
しかし、新バージョンの値段が予想よりも高くなりそうなので、購入しました。

購入価格は、本体(sofmap \44,800)+SDカード16G(上海問屋 \6,699)で\51,499です。
なお、本体はポイント還元5,824ですので、実質は\45,675となります。

◆ 体感速度の変化
流石に、デスクトップ(Vista C2D 2.4G Mem 2G 3.5インチHDD)に比べると
普段の動作は重いですが、
Clevo M570A(XP PemM 2G Mem 1G 2.5インチHDD)とは大差ありません。
Vaio U70P(XP PenM 1G Mem 512M 1.8インチHDD)よりは早いと感じました。

やはり、体感速度はCPUよりもHDDの影響が大きいようです。

◆ 液晶の質
想像よりも、ずっと綺麗でした。
解像度の狭さ(800x480)は承知していましたので、納得できます。

◆ キーボード:配列やタッチ
筐体のサイズがサイズなだけに、少し狭く感じます。
ただ、タイプ感は悪くないと思います。

◆ サウンド
結構しっかりと鳴ります。
液晶の左右に配置されているためか、他のノートよりもステレオ音がいいですね。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
このサイズで、USBが3つもあるのはとても好感が持てます。
コネクタも、左に1、右に2とバランスよく配置されています。

PCカードorCFカードが使えないのは残念ですが、SDカードが使えるため、
十分に許容範囲だと思います。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDDも光学ドライブもないため、動作音は控えめです。
Vaio U70P よりも静かな印象です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
約1kgなので、十分にモバイル利用が可能だと思います。
バッテリーも、ほぼ公称通り3時間近く持ちます。
(無線LAN使用で、Webサイト閲覧&音楽再生)

◆ その他
ストレージの容量が小さいので、容量節約のために、チューニングの手間が必要かと思います。
(それが楽しい、との見方もできますが)

◆ 総評
結論としては、欠点を承知で買うなら満足できるノートだろう、です。
メインとして使うには力不足ですし、純粋なモバイルノートには勝てませんが、
この値段が全てを許すと思います。

個人的には、とても満足できる買い物でした。

初代EeePCの安さの秘訣に汎用7インチ液晶を使った点が挙げられますが、第2世代ではより高解像度のパネルになっています。他の仕様もアップしていることまおり、価格もそれを如実に反映。通常の世代交代に見られるような前世代より割安という感じは薄れてしまいましたね。どちらかというと上位モデルの追加です。

というわけで、seinaさんはよりお手頃な初代を購入。長所には液晶を挙げられています。そのほか、キーボードなどもまずまず。キーボードをそこそこ使える物にしたのがEeePCのいいところですね。 [2008-5-11]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

EeePC 4G-X  パトラッシュ さん

>> ASUS

 No. 2444

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
FF11v3 高解 1256

◆ 購入のきっかけと価格
店頭の展示機をさわってみて、かなりサクサクと動く事に感動。
さらにネットで調べると簡単にCPUのオーバークロックが可能とわかったので、
寝室のネットブラウズ用に購入しました。購入価格は3万8千円です。

◆ 体感速度の変化
メイン使用のXPS1710は、常駐も含めかなりのソフトをインストール
してある為、起動に若干のもたつきがありますが、701に関しては、
最低限のソフトにオーバークロックの組合せで起動がまず速いです。
ブラウズ中心の作業では、1710より体感速度は速く感じます。

◆ 液晶の質
みなさん指摘されてますが、やはり解像度の狭さはマイナスポイントです。
ただしノングレアの液晶の質そのものは発色やバックライトの明るさ等、
十分な質をもっていると思います。

◆ キーボード:配列やタッチ
私は手が小さく指も細いので、言われている程キーボードが打ちにくくは
感じていません。ストローク感はもう少し固めがいいかな?と思う程度です。
ただ半角全角切替キーはTabキーの上が良かったですが・・

◆ サウンド
液晶横の特等席を使用しているだけあって、なかなか良い音を出します。
但しあくまで「定位に優れ聞きやすい」というレベルで、「音質が良い」
という感じではないと思います。

◆ 筐体:質感や強度
エッジ部の処理やヒンジの頑丈さなど、全般的にかなり満足しています。
特に厚みは手で持つのにちょうど良い感じです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
右2+左1のUSBポートは実に使いやすいです。
もっとも必要最低限のコネクタしか元々ありませんが。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
さすがに0スピンドル、静粛性に関しては文句なしです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
持ち運ぶ、という事に関しては後発の901と比べて圧倒的に優れています。
僅かな重さ・大きさの差ですが、手に馴染む感じは実に優れています。
ただバッテリーに関しては標準クロックで約3時間、オーバークロックで
約2時間強ともう少しもって欲しい、という感じです。

◆ その他
購入時にはeeectlというオーバークロックやファンコントロールが出来るツール
がフリー配布されていたので、iniファイルに手を加え、1.2Ghzに
オーバークロックして安定使用しています。
定格900Mhzと比べると明らかに全ての処理にスピード感が出ます。
FF11ベンチ高解像度でも・定格900Mhz;スコア935に対し
1.2Ghz;スコア1256と、クロック率に比例してスコアが上がります。
低解像度ではスコア1869まで上がりますので、低解像度環境であれば
そこそこに3Dゲームにも使えると思います。

◆ 総評
最近ULCPCが各社から発売され、蹴茶さんのところにもいくつかレポートが
上がってきていますね。
EeePC701と901だけではありますが、購入し色々と遊んでます。
今後このクラスの主流になりそうなAtomCPUで3Dゲームにどれくらい
対応出来そうなのか?機種選択の参考になればと思い、レポートさせて頂きます。

最近後継の901が出たEeePCですが、持ち運び易さという点においては初代EeePCにアドバンテージを感じるとのこと。難点はバッテリー駆動時間。901で大きく改善されました部分なので、この辺は及びませんね。うちでもNetBook系はどんどん増えてきています。実用性を持ったおもちゃ感覚で買われている方が多いかな。 [2008-8-16]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

EeePC 4G-X  Kanon_Ayu さん

>> ASUS

 No. 3132

  • 長所: 熱処理
  • 短所: 液晶

◆ 購入のきっかけや価格
友人から昨年3月あたりに2万円で譲ってもらいました。
購入きっかけは単純にこの機種が発表されたときからあこがれていた機種だからです。
その時点で後継機は901系などが出ていたんですが、少ないリソースでいろいろ遊べるところがかつて所有していたH/PC系最後の名機”SigmarionIII”に似ていたので・・・(ついでにいえば雰囲気も)


◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
液晶は7インチでWVGA表示。液晶サイズ自体は狭いといえば狭いのですが逆に言えば文字が大きくて見やすいかなぁとw
フリーソフトを使えば1000x600(一応1024x768のXGA表示も可能ですが見づらいです)まで圧縮表示してくれるので問題はないです。
ただ液晶表示がちょっとざらついているっぽいところが気になります。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キー配列は特に問題ないと思います。タッチパッドも同様。
普通にこのサイズでは打ちやすい方だと思います。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
内蔵スピーカーはステレオ。音質は十分なクオリティです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
筐体はプラスチックなのですが安っぽさはないかなぁと思います。

◆ 排熱:筐体の温度
おなじミニノート(UMPC)の工人舎 SHと比較しても割と長時間使っても温度は気になるレベルではありません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
SSDだけあってHDD特有のかりかり音すらしないのは本当にすばらしいと思います。冷却ファンの音も気にならないです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
軽すぎ。1kg切ってますがリュックにEeePCと工人舎 SH2台詰め込んでも重さを感じないレベルです。なので外出時はほぼ持ち運んでいたりします

◆ 総評
「ネットブック」というカテゴリを作り上げた記念すべき一台で、発売したときからその値段の安さと小型・軽量っぷりに「これはSigmarionIIIの後継として十分使える!!」と思っていたわけですが、実際に手元に来てみるとまさにその通りでかなり満足できる一台になりました。
かつてのWindows CE搭載H/PCと同じサイズでありながらフルバージョンのWindows XPがしっかりと動くのでほとんどのWindows用アプリケーションがちゃんと動作してなおかつ小型・軽量で衝撃に強いSSD搭載・・・本当に理想通りの機種でした。
初代EeePCはSSDの容量が4GBと限りなく少ないですが、SDHC 16GBで十分カバーできますしいろいろと工夫したりするのがかつてのSigIIIの環境構築みたいでかなり楽しめました。
これからも大切にしていきたい一台です。

初代ネットブックという肩書きの他に、いじりがいのあるノートと称されることの多い初代EeePC。ストレージ容量が極端に少なくSDカードも含めたやりくり必須です。OSも極力削ったインストールをするなど数々のノウハウがブログや商業サイトでも取り上げられています。
 → 4Gamer.net ― Eee PC発売記念(?) この小さいマシンでゲームを動かしてみよう

最近は本機のように1kgを切るモデルがあまり出ていませんね。どちらかというと11型を越えるような大型のネットブック、果てはCULVに各社力を入れています。あんまり売れないのでしょうか。レポ中の「Sigmarion(シグマリオン)」については以下参照です。画面は小さいながらもきっちり打てるキーボードを用意したことで大人気だったシリーズです。
 → ドコモ、キーボード付きPDAの最新機種「sigmarionIII」 [2010-3-14]

その他のレビュー 7

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > EeePC 4G-Xユーザーレビュー