HOME > レポート一覧 > EeePC 1000H / HE / HAEユーザーレポート

EeePC 1000H / HE / HAE

EeePC 1000H / HE / HAE

■ 評価点平均

4.5

10インチという液晶の大型化、HDD搭載によってより一般ノートに近づいたEeePC 1000H。大型化した筐体の端から端までフルに使ったキーボードは、キーピッチ17mmとなっている。ThinkPad Xシリーズと同じようにEnter左横のキーが特に縮小されている。常時点灯ドットがあった場合、液晶を交換してくれるZBDサービスにも対応。1000HAEは無線周りをスペックダウンさせたヤマダ電機モデル。

 1000H Atom N270
 1000HE Atom N280
 1000HAE Atom N280 ヤマダ電機オリジナルモデル

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
2 キーボード
騒音・ノイズ 1
筐体の質感
発熱処理

型番

Eee PC 1000H-X

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

EeePC 1000H-X  雑木林 さん

>> ASUS

 No. 2639

  • 長所: キーボード
  • 短所: 騒音

◆ 購入のきっかけと価格
ミュージックサーバ兼コタツ用のネットパソコンが欲しくなり購入。
ヤマダオリジナルの1000HAという型式のブルートゥースなし、無線LANの規格がB,Gのみ、StarSuite 8が付属されてない廉価版モデル
48,800円+18%のポイント(8,784円分)で4万程度ですかね
ポイントでOnkyoのUWL-1(S)というUSB接続のワイヤレスサウンドを購入してコンポに直結

◆ 体感速度の変化
ネットサーフィンやOffice2000などの軽い処理ならば自作PC(Core 2 Duo 2.66GHz,4GB,640GB HDD,HD4850)と同じ位の働きをしてくれます
予想以上に快適すぎです
動画鑑賞においては、YouTubeはHDモードでなければ余裕がありますが
ニコニコはProxomitronで最大化するとガクガクです
通常モードでは問題なく視聴可能

◆ 液晶の質
目が痛くなるくらい光量があります
最大光量の3分の1あたりを目安に設定
色は青寄りの発色です
10.2型1024×600という変則解像度ですが狭すぎず小さすぎず絶妙
視覚範囲はTNなので狭いですが斜めから見ることはないので問題ないかと

◆ キーボード:配列やタッチ
この小さなボディに17mmのキーピッチ
手の大きめな私でも普通に打るのは良いですね
付属にマウスが付いてますがコードが硬くて使い辛いため別途購入
ブルートゥースがないのを少し後悔(ブルートゥースマウスが欲しかった・・・)
タッチパットの左クリックが固め


◆ サウンド
サウンド音量を最大にしても音が割れることもなく思ってたよりも優秀
音楽を聴くにはキツイかもしれないですが、普通に動画鑑賞などに使う分には問題ないレベルかと。
裏面にスピーカあり


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
コネクタ配置はほぼ理想通り
USBが右に2個、左に1個


◆ 排熱:筐体の温度
ほとんど発熱もなく非常に優秀


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
立ち上げたときブーンと言う音が?
ファンの音かと思いきやHDDでした
十分静かなのですが他の騒音がないため少し気になります
SSDがもう少し安くなったら交換をしようかな?

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ACアダプタはこれでもかというぐらい小さい、また熱くもならない
バッテリーは6セルなので満充電で3〜4時間は余裕で持ちますが
その代わりに1.45Kgとこの大きさの割りには重いです
まあこの辺はトレードオフで


◆ 総評
さすがネットブックという新しいジャンルを切り開いたASUSの製品だけあって
使いやすいく、ほとんど不満が出ませんでした。
ネットブックがこんなに良い物だとは・・・・目から鱗が落ちた気分です
また、無線USBオーディオともともとあったオーディオコンポにてサウンドシステムを構築できたのも良いです
1000HAは160GBもHDDがあるので音楽入れたい放題(嬉)
こんなに良い物が5万以下で買えるとはいい時代になりましたね

想像以上の使いやすいですという雑木林さん。静粛性もたかく、冷却ファンよりHDDの駆動音の方が気になるとの事。動作はオフィスアプリや非動画系のWebサーフィンは問題ないものの、CPUパワーがモノを言う動画配信サイトは荷が重いところがあるようです。本来はBluetoothが付いているEeePC 1000Hですが、本機はヤマダ電機オリジナルモデルなのでBluetooth無し。雑木林さん曰くやっぱりあった方が良かったかも。

先日NetBookは誰が買っているという記事で、買っているのは大半がPCに精通したユーザーだという調査結果がでていましたが、徐々にライトユーザーにも広がりを見せているそうです。大規模な広告は打ってないに等しいNetBook勢ですが、雑木林さんのような自作経験もある上級ユーザーの満足度を高めていけば自然と口コミで他のユーザー層へも波及していくのかもしれませんね。 [2008-12-27]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

EeePC 1000HAE  買い物依存症 さん

>> ASUS

 No. 3082

CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.59.3649.24
512k29.0025.36
4k0.481.109
型番HTS543216L9SA00

◆ 購入のきっかけと価格
Cartina UMを手放したので、代用ノートとして中古で購入。
個人売買にて2万円ちょっとで買いました。

◆ 体感速度の変化
Cartina UMがほぼ同等スペックだったので、体感的にはあまり変わりませんが、
HDDの速度のせいかEeePCの方が若干体感速度で遅く感じます。
HT付とはいえ、Atomなので、ブラウジング程度でも少しもたつきを感じます。
昔使ってたAthlonXPのデスク(XP2100+/nForce2)より少し遅いくらいの体感速度です。
動画サイトを何個か見ていると、スワップが発生することも結構あるので、メモリは2GBに増設した方がいいかもしれません。

◆ 液晶の質
10.1インチのLEDバックライト採用のSVGA液晶を搭載しています。
ネットブックなので文句は言えませんが、8.9インチの900シリーズより劣化したように感じます。
LEDの特性もありますが、青が強く、薄っぺらい発色をしています。
バックライトもLEDなのに明るさのムラがかなり大きいです。
発色やバックライトのムラなど、Cartina UMやLavieLightで採用されているAUOの8.9インチの液晶パネルの方が良く見えます。
ただ、バックライトの明るさは圧倒的に1000HAEの方が上ですね。
明るさMAXでは眩しいくらいに明るいです。
ちなみに明るさの設定をある程度暗くしていると、起動後しばらくはかなりちらつきますので、バックライトが安定するまでは明るくしていた方がよさそうです。
ある程度の時間使うと暗めの設定でもちらつきは殆どなくなります。
パネルは台湾HannStar社のHSD101PFW2でした。


◆ キーボード:配列やタッチ
良好です。明らかに900シリーズより良くなっています。
それなりに打ちやすく、半角全角キーもきちんとESCキーの下にあります。
左右にCtrlとAltキーがあり、配列も素直で良く出来ています。
このキーボードで文句が出ることはまず無いかと思われます。

◆ サウンド
可も無く不可も無くです。
携帯電話に搭載されているスピーカーレベルの音質です。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
特に不満は無いです。
安っぽい質感ではありません。
コネクタは、左右にUSBが配置されており、オーディオ関係は左、VGAとSDカードとACは右に配置されています。
前面側にオーディオ入出力が無いのは好感が持てます。

◆ 排熱:筐体の温度
本体に関しては、現状で気になる事は無いですね。
それなりに温度は低いように感じます
ただ、ACアダプタは結構発熱します。
マシンを動かしてるだけの時や、電源を落としている時はほんのり暖かいレベルですが、
バッテリー充電とマシン起動を同時に行っていると、相当熱を持ちます。
コンデンサを痛めそうなレベルの温度なので、ACアダプタは熱の篭る場所には置かないようにしましょう。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDDは日立のHDDなので、カリカリうるさいです。
離れてても聞こえるレベルなので、人によっては気になると思います。
冷却ファンは基本低速回転なので、ファンの音は気になりません。
(今が冬場って事もあるかもしれません)

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
10.1インチモデルだけあって、本体は重くなっているので、見た目の割りにずっしりしています。
まあ気軽に持ち運べる範囲内だと思います。
ACアダプタは軽いです。
ACコードも細めのメガネケーブルなので、ACごと持ち運ぶのも問題なさそうです。
バッテリーはヤマダオリジナルモデルということで、メーカー公証の動作時間が8.7時間程度に落ちているようです。

◆ その他
原因は不明ですが、購入後CPUクロックが1250MHz動作で変動しませんでした。
(ベンチマークスコアも1250MHz相当)
電源設定をポータブル/ラップトップより常にオンに変更したら1600MHz動作になりましたが、
その後設定を戻しても1600MHz動作しているようなので、いまいち原因が不明なままになっています。

◆ 総評
ネットブックの先駆者のメーカーだけあって、なかなか良く出来ていると思います。
設計、スペック共に納得がいくマシンに仕上がってると思います。
ヤマダオリジナルモデルということで、ヤマダ電機系列店でしか入手は出来ないようですが、
店によっては処分品で3万円を割るような値段で販売されているようなので、コストパフォーマンスはかなり良いかと思います。

熟成を重ねているEeePCのレポートをいただきました。キーボードに関しては後継機になって良くなっているんだか、悪くなっているんだかわからないことが多いですが、本機については日本語配列の手直しも行われており良くなっているとのこと。日本語配列はやっつけ仕事で終わることが多いので嬉しいですね。液晶サプライヤーのHannStar社の名前は知らなかったのすが、中小型パネルに注力しているメーカーのようです。
 → 台湾トップが描く液晶戦略 HannStar社:中型パネル事業に活路,「5.3世代」工場の生産性を生かす - FPD - Tech-On! [2010-2-1]

その他のレビュー 2

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > EeePC 1000H / HE / HAEユーザーレビュー