HOME > レポート一覧 > FLORA 210W RF1/RF2ユーザーレポート

FLORA 210W RF1/RF2

FLORA 210W RF1/RF2

■ 評価点平均

4

12.1型のCore Solo搭載ノート。チップセットはIntel 945GMS。熱間プレス成型によるマグネシウムボディで耐200kg荷重の性能を持つ。天板は車のボンネット様の耐荷重形状。RF1はXPモデル、RF2はVistaモデル。企業向けモデルでセキュリティスマートカード用のFelicaポートを搭載可能。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード
2 騒音・ノイズ
筐体の質感
発熱処理 2

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

FLORA 210W(RF1)  SUKE さん

>> 日立

 No. 2401

  • 長所: 騒音
  • 短所: 熱処理
3DMark05 348

◆ 購入のきっかけと価格
安いモバイルを買おうと思い、今年流行のUMPCにしようかと思っていたが、80000円程度でビジネス向けの本機が売られていた。
・動画が見れる程度のスペック
・1kg程度
・XGA以上の解像度
・バッテリーの持ちがよい
の4点について考慮したところ、本機の方が満足度が高いだろうと思われるため購入に至った。(UMPCだと4点すべてを満足する製品の販売予定は今のところない?)

◆ 体感速度の変化
パフォーマンス重視にしたところOSの起動はメインPCより早い。
(メインはVistaHomePremium・Athlon64X2 4000+・2GBメモリ・GF7600GS)

◆ 液晶の質
こだわりはないのでよく分からないが、不満はない。

◆ キーボード:配列やタッチ
Fnキーが左下にあり、Ctrlキーと間違える。
デスクトップと比べキーが小さいので慣れは必要。

◆ サウンド
スピーカーがタッチパッドの左の方にある。
モバイルということもあり音が鳴らないようにしているので評価していない。

◆ 筐体:質感や強度
強度の高さを謳っている文面があったが天板がそんなに丈夫だとは思えない。
天板・タッチパッドなどが安っぽい気がする。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが2つしかなく少ない気がしないこともないが、持ち出すときにUSB機器を持っていくことはあまりないので不満は感じていない。
SDカードスロットがないのは痛い。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファンレスなのか静か。
耳を澄ますとHDDの音(?)が聞こえる程度。
モバイルのため光学ドライブはない。
キーボード面は熱くないが、底面は非常に熱い。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
1.12kgなので、まあまあ軽いと思う。
ACアダプタは小さく持ち運びにも適している。
バッテリーの持ちはまだ調べていないが、6時間と書いてあった。

◆ 総評
モバイルとしてのコストパフォーマンスは非常に高く感じた。
型落ち品で店舗にもあまりないが、基本スペックは悪くないのでオススメできる製品だった。

あと書いていないが、ベンチマークはウィルスバスター2008が常駐状態で行った。
FFベンチはLOWだと1985。

天板がLet'snoteのように耐圧構造になっており、厚さが天板部、本体部共に結構ありますが、これが8万円程度なら確かにお買い得感あります。今調べたら楽天に未使用品が何点か出てますね。大きさはUMPCより大きいですが、性能面では確実に上ですし、ファンレスなのは大きなアドバンテージではないでしょうか。 [2008-7-2]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

FLORA 210W RF1  Trash さん

>> 日立

 No. 2803

  • 長所: 騒音
  • 短所: 熱処理
FF11v3 高解 1485

◆ 購入のきっかけと価格
「くたびれたThinkPad s30の代打」「持ち歩くおもちゃ?」という感じでEeePC701(初代)→Aspire One(初代)と使ってみて、筐体強度の不安と
液晶の解像度不足に不満を感じていたところ、
地元のショップの在庫処分でこのマシンが出ていて「ついうっかり」購入。
ビジネスモデルのカスタムメイド品です。
Core Solo 1.2G/MEM512MB/HDD80G(2.5)/12インチXGA/abg無線LAN/
Xp Pro/リカバリCD付のスペックで
購入価格は29700円(新品・保障つき)というネットブックも真っ青プライスでした

以下の感想はAspire Oneとの比較になります


◆ 体感速度の変化
シングルスレッドで使う分にはいくらか早くなった程度。マルチスレッドでの「ひっかかり」は劇的に減りました。チップセットはUMPCと同じなので純粋にCPUの差がでています


◆ 液晶の質
やはり解像度が高いのは○、照度は低め、視野角は上下は少し狭いです
ドット欠けはありませんでした


◆ キーボード:配列やタッチ
カーソルキーが通常サイズなのは意外と楽
タッチは筐体がしっかりしているのでひずみも無く打ちやすいです
できればスクロールボタンが欲しかったところ


◆ サウンド
モノラルスピーカーです、ビジネス機ですからね
ヘッドホン端子の方はノイズも入らず無問題


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
外観は塗装がしてあってもプラスチック臭は隠せません(実際はマグネシウム)
液晶側はたわむことでで圧力を逃がしています
本体側はカッチリとしています
基本設計が古いせいもありますが、
・USBが2個は少なめ
・モデムは使わない
・パームレスト左側にPCカードが入るくらいの空きスペースがある(PCカードスロットは別にあるのでカスタムメイド用の物?)


◆ 排熱:筐体の温度
底面の中央手前側にフエルトが貼ってあります(低温火傷の対策?)
FFベンチを30分ループさせてみたところ、底面は人肌+α程度になりました
足の上に乗せてゲームをしようとは思えない程度には熱くなります
キーボードの真裏が1番熱くなります
Webや物書き程度ならほんのり暖かくなる程度です
キーボード・パームレストにはほとんど熱は伝わりません


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
冷却ファン1つとヒートパイプでの構成ですが、普段はファンは停止しています
負荷をかけて動作させてみても動作音は小さめです
FFベンチのループ終了後は1分ほどでファンは停止しました


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
重量1kg強ですが、12インチサイズの為か数値以上に軽く感じます
ACアダプタは小さめ(36mm(W)×85mm(D)×25mm(H))
バッテリーパックSで実働3時間程度(4セル・7.4V・5200mAh・240g)


◆ その他
購入したモデルは210W RF1だったのですがメモリを増設するため基盤を見たところ
RF1の次のモデルであるRF2の基盤が使われていました。そのためオンボードメモリが256MB→512MBになっていて最大容量も1.25GB→1.5GBになるうれしい誤算がありました
しばらく使ってみたらHDDをSSDに換装するつもりです


◆ 総評
今回の購入動機は「投売りしてて安かったから」なんですが、やはり「設計・製造にかけられたコストの差」というものを痛感させられました。
これで長くがんばってきたThinkPad s30(Win2k)を引退させられます

定期的にレポをいただいている気がするフローラ210Wですが、今回のTrashさんは入手価格がずば抜けて安い。3万円切りはめちゃくちゃ安い...探せばまだあるのでしょうか。私も欲しいw 液晶はXGAなので、縦解像度は764ピクセルとWXGAに近い解像度を持ちます。

Trashさんも書いておられるように、仕事にもよりますが作業効率でネットブックより旧来のノートの方が優れている点は多々あります。12型のネットブックが出るなどネットブックが一般ノート化する動きがありますが、格安Core 2 Duoが使えるCULVプラットフォームで非ネットブック側の反攻がはじまるかもしれません。こうなってくるとネットブックと非ネットブックに分ける意味合いもなくなってきますが。 [2009-4-24]

その他のレビュー 2

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > FLORA 210W RF1/RF2ユーザーレビュー