HOME > レポート一覧 > Galleria MR6ユーザーレポート

Galleria MR6

Galleria MR6

■ 評価点平均

3.7

テンキー搭載の15.6型フルHDノート。
CPUはSandyBridge世代。
GPUはGeForce GT 540M。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード 2
1 騒音・ノイズ
1 筐体の質感 1
発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Gallelia MR6  umyu さん

 No. 3537

  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.4 7.6 6.7 6.7 5.8 5.8
3DMark11 1017
FF14 低解 1848

PrimeNote Gallelia MR6

◆ 購入のきっかけや価格
数年前にHPのdv6205/ctが壊れてから、ASUSのNJ10Cを数年使っていたのですが、
atomゆえの並行処理のとろさに耐え切れず本機を購入。
実は同メーカのGT-F3を注文していたのですが、
諸事情により差額分を支払い注文を変更した経緯があります。
価格は¥99,980。
CPUやGPUなど同等の構成のGT-F3より2万円弱ほどの上乗せとなりますが、
GT-F3と異なるところは、解像度1920*1080をサポートしているところと、
USB3.0ポートがひとつだけついているところくらいです。
コスパ的にはGT-F3やGT-Hや、MCJのluvbookT等を選ぶ方が多いのではないかと思います。

◆ 体感速度の変化
比較対象がNJ10Cなため全てが別次元と言えます。まぁatomはインオーダーですし。
dv6205/ctと比べると日常用途での動作速度は意外にもそこまで変わらない?、感じです。
タスクマネージャを開くと、ノートながら8つのスレッドが見えるので優越感に浸れます。
ゲーミング用途としては、カジュアルゲーム程度と考えたほうがいいですね。
本機搭載のGT540Mはデスクで言うとGT430やHD5570に届かない、と言ったところですから。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
初期設定では眩しいと言えるほど輝度が高いです。それ以外は満足してます。
非光沢が好みな方や、鮮やかな液晶が苦手な方は設定をいじってあげる必要があるでしょう。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
15.6型でテンキーまで入っているため、変換キーやスクロールキー周りはかなり窮屈です。
左CTRLキーの位置もかなり下になっているため、
例えばゲーム用途で同時押しが必要な場面では左手に力が入ってしまいます。
ただ、日常用途ではそれほど不便さは感じません。
タッチパッドはおまけ程度に考えたほうがいいでしょう。
Fn+ESCで無効にできるので間違えて触れることはないのはいいですね。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
音割れはしませんが音を楽しむPCではありませんね。
またイヤホン端子にイヤホンなど繋いで聞く際にはノイズにも注意してください。
プリインストールされているドライバを削除して他のドライバを入れたり、
バッテリー駆動で使用する等、
ある程度の対策はできるようですが気を付けてください。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
筐体は黒を基調にオーソドックなつくりですね。HPのおしゃれさもなく、
thinkpadのような無骨さもありません。
価格ほどの安っぽさはありませんが地味と言えば地味。
天板の保持性は問題ありませんが、
ヒンジの部分に遊びがあるようで、指で叩くと少し揺れます。
また、パームレスト以外の部分にふれると、指紋の跡がつきますね。

奥にバッテリ
左側に排気口、DSUB15pin,LAN,USB3.0×1,HDMI
右側にAC電源コネクタ、光学ドライブ,USB2.0×2,マイク入力端子、イヤホン出力端子
手前に無線LAN切り替えスイッチとカードリーダー
と言うインターフェイスの配置となっています。
Express Cardスロットはありません。

右側にマウスを繋ぐと光学ドライブを開けるときに干渉しますし、
そもそもマウスを繋ぐとほかの機器を繋ぎにくいと言うのはマイナスです。
USB3.0をひとつだけとは言え搭載しているのはいいのですが、
たとえ映像端子をひとつオミットすることになったとしても、
USB端子は左側に2つ欲しかった所です。

■ 排熱:筐体の温度
日常用途では(室温20度程度において)CPU,GPUともに50度前後で推移していて、
排熱も穏やかで、パームレストが熱いと感じることはありません。
一方、FF14ベンチを回すとCPU70度後半、GPU80度前半まで大きく上昇し、
温かい風が出ます。
ただ、パームレストやキーボードは人肌程度に暖かくなる程度でした。
数時間を越えて3Dゲームをする場合は、寿命が気になりますね。
冷却台など考慮が必要でしょう。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
光学ドライブはちゃんとうるさいです(笑)
まぁ、ずっと鳴ってるわけでもなし、使うときには我慢できるレベルですね。

ファンはアイドル時、50度前後、80度前後でおよそ3段階に風量が変化します。
アイドル時は一般的なメーカー製PC程度の静粛性があります。音を鳴らせば気がつかなくなるレベルです。
50度前後でも、さしてうるさいと言うレベルではないでしょう。
日常用途でならば、あまりこの段階にもなりませんし。
さすがに80度前後まできますと全力になります。
ドライヤーを弱ボタンで使ったときのような感覚に近いですね。
イヤホンで音楽を聴いていれば気にならないレベルではありますが。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
筐体自体は思ったよりも軽い?
とは言えACアダプターはこの上なく巨大ですし、携帯性はあまりないでしょう。
バッテリーもGPUを使うので3時間ほども持ちませんし、
AC電源で常用しつつ、緊急時はバッテリー駆動と言う感じでしょう。
昨今の震災のこともありますし、
デスクトップのように停電=ダウンとならないのは常々ノートの利点と感じます。

◆ その他
ちなみにキーボードの右上側にUSBバスパワーボタンがあって、
PCの電源を付けずとも、このボタンを押すことでUSBに電源を供給することが可能です。
携帯の充電等が新たにアダプタを挿さなくてもできるところはグッドです。

◆ 総評
コストパフォーマンスは他のモデルに譲りますが、10万に届かない価格でFHDサポート、
USB3.0をひとつだけながら搭載、と言った付加価値を感じるところはいいと思います。
ですから、キーボード、インターフェイスの位置等の使いやすさ、
コスパ以外の特色を出せていればよりよかっただろうなと思います。
ドスパラに限っても冒頭に挙げたとおり、コスパ的にはGT−F3に劣り、
ゲーミング用途としてはGT555M搭載のGT−Hに負けてしまいますしね。
このモデルとしての売りが薄いかな?、と感じてなりません。

個人的には飾り気のないデザインが好みなんですが、
他の人にオススメできるか?というと首を縦に振れません。

Atomの「インオーダー」で単語の意味がわからない!となった方もおられるかと思いますが、インオーダーはシンプルに1つずつ命令を片付けていくCPUの処理方法で、パフォーマンスは上がらない代わりに消費電力を抑えやすい特徴があります。そのため、上位製品より性能差がある立ち位置で、低発熱が求められるAtomにぴったりということで採用されています。現在のパソコン用CPUの多くはパフォーマンスが重視されるため、命令を並列的に処理していくアウト オブ オーダーという仕組みが採用されています。Wikipedia参考に。

この方式は、古いプロセッサーで採用されていたもので、すでに過去のものとなっている。今は、命令を一時的に溜めておき、命令を細分化して、できる作業から実行する アウトオブオーダー実行という方式が一般化している。
 → 用語解説辞典 | NTTPCコミュニケーションズ

古いプロセッサー扱いです(^^; タスクマネージャーのスレッド数は8つ。実コアは4個ですがHyperThreadingで見かけ上倍増しています。性能的には実コアx8に近いというよりも x4に近いです。4コア+αですね。

ファンノイズなども気になるほどではなく、大きな欠点なくまとめられている印象です。逆に目立つほどの利点が無いことから、umyuさん曰く他の人にはオススメできないモデルとの結論になっています。 [2011-4-24]

  •  Alliance of Valiant Arms (C) 2009 GameOn / NEOWIZ GAMES. / REDDUCK All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Galleria MR6  NA さん

 No. 3610

  • 長所: 騒音
  • 短所: 筐体
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.5 7.6 6.7 6.7 5.9 5.9

◆ 購入のきっかけや価格
 6年前位に買った旧PCのヒンジ周りにひびが入り、ソフト的にもハード的にも限界を感じた為購入を決意、旧PCが長持ちした事もあり同ブランドを選択しました。
3段階での一番下のグレード(違いはCPUクロックと搭載光学ドライブ)を選択して本体価格\109,980でした。

◆ 体感速度の変化
 旧PCで3Dゲームをしていなかったので普段使いの範疇で比較すると、違いを感じるまでの体感速度の差はありませんでした。
 ただ、ファンは低速回転のままだったので余力はあるのではと思っております。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
 色合いや発色等は特に問題ありませんでした。
 光沢液晶なので鮮やかに見えているのかもしれません。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
 キーボード配列はカーソルキー周りが詰っている他、PageUp、Downキー等がテンキーと切り替えになっており、使い辛さを感じました。
 タッチパッドは、他と段差のないタイプのもので、ボタンはシーソー式でした。
 特にゲームをやる上でタッチパッドに触って誤操作といったことはありませんでした。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
 動画を何本か見ましたが特に音割れはありませんでした。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
 天板や画面周りが光沢仕上げなので指紋が気になります。
 ポートはLANポートが手前左側にある為、取回しが面倒です。

◆ 排熱:筐体の温度
 システム全体ではなくGPUについての温度調査になります。
 室温32℃の状況下にてアイドル状態で40℃前半、動画閲覧及び画面描画を低負荷設定にしてのゲームで60℃後半〜70℃、画面描画を高負荷設定にすると80℃超えました。
 本体左側奥に廃熱口があるのですが、ゲーム中はその周辺が熱くなってきます。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
 DVDドライブの音に関しては、許容範囲でした。
 冷却ファンは3段階のスピードで回りますが、最高速で回らない限りは周囲の冷蔵庫やエアコンの音にまぎれる程度なのでゲームや動画などを見る分にはさほど気になりませんでした。
 ただ、ゲーム高負荷時にのみ最高速で回りこの時はゲーム中でも五月蝿いと感じました。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 サイズがサイズなので軽さはないのですが、思っていたより薄いと感じました。
 電源周りは今のところ据え置き使用でそんなにバッテリー駆動を行っていないのですが、大体2時間位は駆動させた経緯があります。

◆ 総評
 遊ぶゲームが古いせいもありますが、大方問題なく動いており、期待以上の出来でした。
 大きさやコネクタ位置等細かな不満はありますが旧PCより静かで快適な環境が手に入り満足しています。

NAさんが試遊されたゲームは人気のMinecraftとちょっと古いSPORE。どちらも要求する3D性能はGeForce GT 540Mで十分担えたとのこと。SPOREが出た2008年頃はGeForce GTX 9800Mなどが頑張っていた時期ですので、同数のCUDA Coreを持つ540Mであれば当時のハイエンドモデルで遊んでいるのとほぼ同じことになります。 [2011-7-12]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Galleria MR6  ironsand さん

 No. 3747

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.5 7.6 6.7 6.7 5.9 5.9
 

◆ 購入のきっかけや価格
2011年末にドスパラweb通販の中古コーナーでGalleria MR6が妙に安い値段でたくさん出ていたのですが、これのCPUが公式の構成ではラインナップにないPentium-B950(2.1GHz)という品。
なんか妙だなと思いつつ、HDDとOSがついたベアボーンと考えても安い\39,800というお値段に負けてポチってしまいました。

ちなみに構成は以下の通り。
・CPU: Pentium B950(2.1GHz)
・MEM: 2GB DDR3×1
・HDD: 500GB(HTS547550A9E384)
・DVDスーパーマルチドライブ
・Windows7 HP 64bit
上記以外はドスパラ公式構成準拠です。


◆ 体感速度の変化
Pentium B950は同クロックのcore2程度の性能のようです。
WEIのCPU値は「5.9」でした。

起動確認後に別途入手しておいたCore i7 2720QM相当というES品(Q154)に換装してあります。
このQ154という石は初期ESらしくOS側からモデルナンバーは見えません(CPU-Zで見るとCore i7 2670QMと表示されます)。
ついでに製品版の2720QMでは6MBのはずの3rdキャッシュが8MB乗っている不思議な石です。
一週間ほど常用した範囲では特に問題なく使用できています。

メモリは馬鹿のように安いので当然のように4GB×2に交換してあります。
ここまでの追加投資が約\15,000。

CPUとメモリを換装した状態での体感速度は、先にレポートを投稿したHP dv6-6100と変わりません。


◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
LEDバックライトで輝度が不足するわけも無く。
視野角は他の所有機と比較して広いような気がします。
安物機種ばかり渡り歩いていますので、他の人よりかなり評価が甘くなっていると思いますが液晶については比較的いい印象です。


◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キーボードはたわみがひどくはっきりと悪い印象です。
組み立て精度も悪くキーボードユニットが外れかかった状態で納品されてきました。
配列も15インチサイズでテンキーつきなので良くはないですね。

タッチパッドは良くは無いけど使い物にならないわけでもないという程度です。


◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
本体スピーカーは基本的に常時ミュートなので未評価です。
オーディオ端子はイヤホンをつないだ状態で若干ノイズが入ったのが少し気になりました。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
完全にプラスチック筐体で質感についてはまったく考慮されていません。
プラモデルのような安物感が漂っています。
強度については据え置きならば特に問題の無いレベル。もともとモバイルはほとんど考えない機種でしょうからこれで十分でしょう。

コネクタ配置はコメントする気も失せるほど劣悪です。
なんで全部手前側に配置するかな・・・。


◆ 排熱:筐体の温度
排熱は比較的良好です。
筐体の温度もそんなに上がりません。


◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
良くも無く悪くもなく。
他の所有機とほとんど変わらないレベルですね。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
モバイル用途で使用する機種ではないでしょう。
ACアダプタも大きめです。


◆ その他
購入前に確認していなかったのですが、nvidia optimus「非」対応だったのはうれしい誤算でした。
LinuxOSではoptimus対応がいまだにほとんど進んでいないため、まともに使おうとすると非常に苦労するのです。

15インチクラスにまでスイッチングGPUを採用する必要はないと思うのですが、なぜか採用機種のほうが多いですよね。

◆ 総評
定価で買ったら後悔しそうな機種ですが、トータルで\55,000程度で買えたので満足度は高かったです。
年末年始の玩具にもなりましたしw
まああまり人にはお勧めできませんけどね。

Pentiumも初代から数えると凄まじいモデル数となり分けがわからなくなっていますが、B950は32nmプロセスのSandyBridgeモデルとなります。購入後は別途入手されたエンジニアサンプリング品 Core i7(同じくSandyBridgeモデル)に換装されています。安価なメモリもサクッと8GBに。

Optimus非対応なのは幸いだったとのこと。
挙動が不安定なために非対応が喜ばれるとは事態になっています(^^; [2012-1-18]

その他のレビュー 3

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Galleria MR6ユーザーレビュー