HOME > レポート一覧 > Galleria QF560ユーザーレポート

Galleria QF560

Galleria QF560

■ 評価点平均

4.5

SandyBridge搭載15.6型 1920×1080ノート。
GPUにGeForce GTX 560Mを搭載し、ゲーム性能の高さをアピールしています。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード 1
騒音・ノイズ 1
筐体の質感 1
2 発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Galleria QF560  TSUTOMU さん

 No. 3619

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.5 7.6 7.2 7.2 5.9 5.9
3DMark11 2059
3DMarkV 9373
FF14 高解 1923
FF14 低解 3677
モンハン絆 9329

◆ 購入のきっかけや価格
遊べるノートがほしくて

◆ 体感速度の変化
HDDが遅い。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
視野角は狭いですね

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
よりすぎて使いにくいです

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
低音はきちんと出ています

◆ 総評
先行予約のTERAモデルを購入しました
TERAが届いたら少しやってみようと思います
セカンドHDD取付金具とノートのドライバーDISK同梱されていたので
SSD購入してみようとおもいます
SSD購入とメモリ16GB化したらまたアップします

大型MMORPG「TERA」モデルを購入されたTSUTOMUさんからのレポです。SSDはMMORPGにもかなり有効なので換装が楽しみですね。 [2011-7-24]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Galleria QF560  TSUTOMU さん

  No. 3649

  • 長所: 熱処理
  • 短所: 騒音
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.5 7.6 7.2 7.2 7.9 7.2
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.378.50198.20
512k328.12192.93
4k22.1441.418
4k32244.71176.065
型番Crucial m4 CT128M4SSD2

◆ 体感速度の変化
最新のSSDにしようかと思いましたがいろいろな掲示板みているとじゃじゃ馬な製品ばかりなので安定しているCrucial m4にしてメモリ16Gにしました

◆ 総評
ラグナロクオンラインやってみましたが体感速度がぜんぜんちがいました
一番違うのがプロンテラという都市の露天がたくさんあるところを歩くと
らぐったりしたんですがそこを歩いても快適です
ネットゲームでらぐったりしてメーカー批判ありますが
HDDの遅さもらぐったりする一員とわかりました

SSDに変えると日常動作も変わりますが、ゲームも相当変わりますねー データを読み込み終えた場所に留まる分には気付きませんが、新ゾーンへ突入したり、新しいテクスチャを読み込む際にはラグを小さくしてくれる効果があります。 [2011-8-18]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Galleria QF560  ピエール さん

 No. 3687

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.5 7.6 7.2 7.2 7.9 7.2

◆ 購入のきっかけや価格
1週間前に購入。知人が買い換えを考えていたので調べていたらeSATAの端子が青かったのでパワードかと思い店舗に行ったら買ってしまったという感じです。

◆ 体感速度の変化
デスクトップにかなり近づいてきたように感じる。現在売っているものとは比較にならないが、ノートなら頭一つ出ていると思う。このクラスならばSSDにしないのはもったいないくらいスペックが良い。
現在使っているノートがVAIOZで外部にGPUのやつだがあれよりは格段早く感じた。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
視野角は狭いわけではない。発色もきちんと黒が出ているからゲームをしていると気持ちよく感じられる。多少青の出が良すぎる感があるのは今時の液晶と言うことで許容範囲内。輝度は最高にすると目が疲れて気が付くとゲームをやめてしまうことがあるので3/4くらいでプレイするのが良いと思う。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
Lenovoのキーボードに触れたことがある人であれば、違和感しかない。
ゲーム用と割り切れば何の問題もない。Fnキー+でというところはメジャーだがキーにプリントしてあるマークに独自性を出そうとした結果なのかは不明だがワイヤレスのON/OFFが最初解らなかった。
電源の両サイドにあるショートカットキーは左側がダミーになっているので多少値上がりしてもカスタマイズ可能なショートカットキーとして設置して欲しかった。
右ショートカットキーに付いているWindowsマークは、Windowsキーを無効化にする機能だった。欲しかった機能であったのでうれしく思う。もう一つがWebカメラのON/OFFだったんだが必要性が感じられない。
タッチパネルはさらさらしていて扱いやすい。付属ドライバでいじれる部分が多いのも高評価だと思う。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
秀でているものはないが損なっている部分もないと思う。ノイズは入らず減点するべきものもない音質。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
筐体の強度は一般的と言っていいと思う。ソフトケースに入れて持ち運んでも問題ない程度。ぶつけたりしたら心配しないといけないという強度。
質感はカーボン仕様ですみたいなプラスチックといった感じ。横に溝が刻まれているので汗でのべたつきなどには良いかもしれない。コネクタは十分そろっているので現時点では足りないということはないと思う。

◆ 排熱:筐体の温度
GTX560Mの恩恵かとても暖かい。このクラスであれば放熱がすごいのはデフォルト仕様という感じがあるので特に気にしなくても良いと思う。触れる箇所で熱を感じられるのは左上のキーがないところのみ。本当に気にしなくて良い。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ゲームをするとファンがフル回転。放熱のためのファン付き冷却台を使用しているユーザーであれば聞き慣れているファンの音が確実に聞こえる。音楽再生中であれば無視できる程度ではあるがFPS中に音量を抑えてプレイしていれば聞き取りが厳しいものになるかもしれない。光学ドライブは普通のノイズ音量だと思う。筐体のぐらつきもない。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
モバイル性能はまったくない。ACアダプターが拳2つ分の大きさがある。バッテリーはオフィシャル発表の半分以下といったところだった。
ゲーム用のノートであればしょうがないで割り切るしかないと思う。

◆ その他
拡張性能だが裏が綺麗に開くのでいじりやすい。裏の蓋を外す際に壊れる覚悟が必要になるほどの力業になるのは本当に肝を冷やす。ExpressCardがないのでこれ以上の拡張が必要、長いスパンで使用したいといった要望があるユーザーには致命傷という感じがある。

◆ 総評
良くも悪くもゲームマシン。
13.5万でこのスペックであるならコストパフォーマンスはすごいの一言に尽きる。
今の時期でゲームをノートで最大限楽しみたいと思うのであればこれで問題はないはず。このサイトの趣旨にも合致するノートPCの一つだと思います。
その反面、仕事や学業と兼用といった人にはお勧めは出来ないと思う。
基本的にホームノートなので。
HDDが標準で2台載る筐体というのもある程度高評価につながっているポイントと思う。
ベンチマークは公式発表と大差がないので省きました。

Windowsキーを無効化する機能というのは珍しい。キーのカスタマイズ機能を充実させるというのは購入後の不満を和らげる有効な手段だと思います。そこまで手が回るモデルも少ないですが。

青色をカットするPC用メガネが話題になっていますが、青系LEDをバックライトにする液晶は発色が青に傾きがちです。省電力性や輝度のコントロールしやすさは冷陰極管よりLEDの方が優れていますが、発色に関しては及ばないところがあります。もっともコストをかければLEDでもしっかりとした色は出せますので、技術的な問題というよりはコストの問題です。

あまり商業誌のレビューに出てこない情報として、裏蓋が開けにくい点をピエールさんは指摘されています。ショップ系ブランドを購入するユーザーさんは自身でカスタマイズしたい方が多いと思われますし、要注意な情報ですね。 [2011-10-12]

  •  Rainbow Six Vegas (C) 2006 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  PROTOTYPE (C) 2009 Activision Blizzard All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  Crysis2 (C) 2011 Crytek / ElectronicArts All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Galleria QF560  アイムチャッキー さん

  No. 3692

  • 長所: 熱処理
  • 短所: 筐体
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.5 7.6 7.2 7.2 5.9 5.9
3DMark11 2223
3DMarkV 9094
3DMark06 15646*
FF14 高解 2055
FF14 低解 3835
FF11v3 高解 10021
モンハン絆 9521

◆ 購入のきっかけや価格
家族にノートを取られ、しばらくはスマートフォンでちまちまインターネットをしていましたが、ついに我慢できなくなり購入。

◆ 体感速度の変化
初クアッドコアでしたが、GT-F2と比べて体感はまったく変化なし。SSDを選べば体感も変わったかもしれません。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
さすが光沢タイプ、色が鮮やかです。輝度は眩しすぎるくらい。発色は青がちょっとだけ強い。
モニタのハードウェアIDはLGD01E9

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
GT-F2と比べてエンターキーが小さくなってちょっと押し辛い、キータッチはへにゃへにゃしてます。タッチパッドのクリックボタンは柔らかく押しやすい。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
とくに良くはありませんが、音量はしっかりでます。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感はかなり安っぽい。全体プラスチックですので強度は期待できません。

◆ 排熱:筐体の温度
3Dベンチ中でもパームレスト部はまったく熱くなりません。ただし、裏面の廃熱口付近は熱いです。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
冷却ファンはアイドル時は気になりませんが、MAX回転時はドライヤーを強にしたような猛烈な騒音です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ACアダプタはMAX150Wだけあってデカイです。

◆ 総評
筐体は残念な質感でしたが、排熱はしっかりしています。裏蓋をはずしてみましたが、GPUはマザーに直付けタイプではなく、MXM規格のタイプみたいです。

GPUはMXM規格のようなモジュール型とレポしていただいたアイムチャッキーさんのQF560レビュー。排熱面のキャパもありますので、デスクトップのように簡単に換装というわけには行きませんが、自己責任のもと換装されている方もちらほらおられます。

GPUは192コア搭載のGeForce GTX 560M。大きなGPUだけに消費電力もデカイ。ACアダプタは巨大な150Wとのこと。ThinkPad W700並み。ちょっとしたキューブ型PCなら動かせる容量です。 [2011-10-19]

  •  The Elder Scrolls IV:OBLIVION (C) 2006-2007 Bethesda Softworks(ZeniMax Media) All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Galleria QF560  ゼロmax さん

  No. 3849

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.6 7.6 7.1 7.1 7.9 7.1
3DMark11 2287

 [2012-7-19]

その他のレビュー 5

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Galleria QF560ユーザーレビュー