HOME > レポート一覧 > Galleria QF770ユーザーレポート

Galleria QF770

Galleria QF770

■ 評価点平均

3.5

ドスパラの17.3型フルHDゲームノート。ゲームで使用頻度の高いWASDキーが赤くデコレートされたテンキー付きキーボードを搭載。GPUはQF760から一段UPして GeForce GTX 570M。
 筐体は高熱量のGPUを内蔵するだけに後部は特に厚い。USBは左2,右2の構成で、右は手前にあるので右利きだとマウスを繋ぐと邪魔になるかもしれません。後ろに1ポート欲しかったところです。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード 1
騒音・ノイズ
筐体の質感 1
2 発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Galleria QF770  satokk さん

 No. 3716

  • 長所: 熱処理
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.5 7.6 7.3 7.3 7.9 7.3
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.499.80113.40
512k396.25113.68
4k22.3843.182
4k32290.72112.505
型番CrucialM4-CT064M4SSD2
モンハン絆 10949

◆ 購入のきっかけや価格
GatewayのP7900を使用していましたが、春先のメビウスオンラインOBTでCPU熱保護落ちを
経験。さらに今年の夏はクーラーで室温28度前後であるにもかかわらず、動画エンコード中に
も熱保護落ちが発生。
P7900を結構気に入ってたのですが、排熱周りに不安を感じたのと、CPUの能力不足
(ちなみに、P7900はC2Q-2GHz)を痛感したので、盆明けから気になるPCをチェック
しはじめました。

某所情報で、モバイル向けi7のラインナップが変わることを知ってましたので、在庫処分と
9月末の決算期値引きを期待してサイトを探し回っていたのですが、めぼしい機種が無くて
断念。
10月になってから予算15万円前後で購入できる17インチ液晶付のPCとして、ドスパラQF760と
マウスのi950で悩んだ結果、予算オーバーでも1クラス上位のCPUを選んで、GPUを妥協する
方向でQF760のオーダー準備をしていたのですが、オーダー直前にQF770の販売開始の
アナウンスがあり、そちらを選択することにしましたw

現在P7900をRAID0で使っていることもあり、RAID0仕様での購入を考えていたのですが、
GPUのグレードアップの影響もあって、特値になっていた64GBのSSDを選択。
(後に罠だったことが分かりましたがw)
後はCPUをi7-2860QMに変更、OSをWin7Pro64、ブルーレイドライブ、無償メモリアップ
グレード16GBの構成で総額19万円弱でのオーダーとなりました。

11/1午前中にオーダー→11/3到着と非常にレスポンスが早かったです。

◆ 体感速度の変化
主に起動ディスクがSSDになった影響で、電源ONからデスクトップ表示まで30秒切りましたw
ゲーム等でたびたび発生していた音のチャタリングやカクツキが無くなっています。
これはメモリ量増加の影響もあるかもです(4GB→16GB)
動画エンコードの時間比較はまだしていませんが、体感で1.5倍程度早くなっている
感じです。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
光沢有のFullHDですが、ドット抜けは無かったです。
バックライトのムラもほとんど無いので、おおむね満足しています。
輝度は最初ちょっと暗いかな、と思いましたが、黒がしっかり出ているので
そう感じたようです。
色味は青が強くなった感じです。
P7900のディスプレイと比較すると、ですが。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
流行のアイソレーションタイプキーボードですが、キーをたたいた感触は、あまりよく
ありません。P7900に比べても、キー自体が小さいです。
15インチクラスの筐体と部品共通化してコストを下げる方向で設計されたんじゃないかと
思います。
Webカタログにはしっかり見えていなかった、右カーソルキーがテンキーに食い込んで
配置されてるのもマイナスですが、個人的に一番不満な点が、エンターキーの小さい
ことです。
自分の手は大きいほうではないのですが、それでもエンターキーの幅が小指の太さほど
しかないのはキツいです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
底面にウーハーが取り付けられているようで、2.1ch仕様でしょうか。
システムボリュームを90程度まで上げても音割れはなかったです。
ただ、ウーハーの効果はほとんど感じられません。音楽再生時に、筐体が振動するので、
ちょっと低音出てるかな、程度です。
ヘッドホン接続時に、本来音が出ないはずのスピーカーからブツブツっとノイズが出ます。
個体差かもしれませんが、気になる点です。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
P7900に比べると、高級感は感じられません。
箱から出した瞬間に、見るからに安っぽいという印象でした。
筐体の強度も低いです。特に下面のカバーは外すときにツメを折ってしまいそうな
感じがします。
ただ、同じドスパラのQF560のレポートにあるとおり、カバーが一体化されてますので、
外してしまえば、メモリやHDDまで交換可能になっています。
私は2ndドライブベイにHDD無しとしていましたが、購入後にデータ保存用として手持ちの
500GB HDDを取り付けています。
しかし、このPCには2ndHDDの位置ずれ防止&衝撃吸収用のゴムが付属しているだけで、
HDD取付ブラケットが付属していません。
私はHDDとカバーの隙間埋めにHDDの取付ねじを利用して動かないようにしています。
自分で増設を考えてる方の参考になればと思います。

あと、液晶のヒンジ部ですが、閉じる寸前のブレーキがあまり効かないため、
普段使っているノートPCと同じ感覚で閉めると液晶が割れてしまうんじゃないか、と
思うくらい勢いが余ります。
液晶部ロックも無いので、持ち運ぶときには、市販のインナーケースなどを使用した
ほうがいいかもしれません。

◆ 排熱:筐体の温度
CPUとGPUをひとつのファンで冷却しています。
計っていませんが直径120mmくらいでした。
ゲーム中や動画エンコ中の排気温度は、手をそばに置いておくと低温やけどしそうな
感じの風がでます(体感ですが50度越えだと思います。)
排気側には熱に弱いものを配置しないほうがよいでしょう。
適切に排熱しているようで、ゲーム中も筐体が熱くなることはありませんでした。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
光学ドライブの静粛性は、一般的なノートと大差無いと思います。
しかし、排気ファンは高負荷時にかなり大きな音が出ます。
会社で使っている5年前のデスクトップ(PenD)並みでした。
小さいファンしか設置できないことも影響していると思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
17インチモデルですので、軽さは度外視ですがw
それでも、P7900が4.3kgであったのに対し、QF770は3.7kgと持ったときに軽いな、
というイメージはあります。
軽い割には、本体厚みがヒンジ部分で約60mm程度あり、かさばる印象を受けます。

ACアダプタは180W出力ということもあり、コード部分を含め重量2kgくらいです。
バッテリーの持ちは公称4.2時間となっていますが、ゲーム時はアダプタ接続がデフォ
でしょう。

◆ その他
ネットで調べたら、QF770のベースはMSIのGT780のようですね。

SSD容量についてですが、私のPC環境だとOSおよびスワップ領域だけで約50GB消費
します。
SSDにあれこれソフトを入れて、残り8GBを割ってくると、CDM3.0で測定した値が
ガクっと下がりました。おそらく、連続した領域が取れなくなってしまったためと
思いますが、下がり方が極端だったので、現在は空き領域を約10GBをキープする
ようにしています。
メモリを16GB以上積まれるのでしたら、SSDは80GB以上のものを選択したらいいんじゃ
ないかと、個人的に思いました。

◆ 総評
キーボードがあまりに残念な出来です。
他は及第点以上と思うのですが。そのため、総合評価は3点としたいと思います。

熱落ちは知らない方もおられると思うので少し書かせてもらうと、CPUは熱くなりすぎると熱で壊れるのを防ぐために自動的にクロックを落として温度を抑える機能があります。それでも排熱が追いつかない場合は間欠動作するそうですが、とにもかくにも速度を犠牲にして壊れないようになっています。
 → 「CPUが焼ける」のは昔の話、熱でCPUは壊れない:記事の芽

昔のLet'snoteなどは「クロックが落ちるのは仕様」とまで言い切っていましたが、排熱がしっかりしていれば通常は起きない現象です。低負荷のオフィスなどではまず起こりませんし、非ゲーム系のアプリケーションであれば起きても動作がモッサリするだけで大きな支障にはなりません。問題はゲームの最中で、ここぞというところでのクロックダウンは勘弁して欲しいところです。

QF770ではCPUの問題は解決したものの今度はSSDで容量の罠が。HDDと較べてSSDは瞬発力に優れますが、それはNANDフラッシュへの並列書込やキャッシュによって実現されているもので、空き容量が少なくなり余裕が無くなると瞬発力(書込速度)が落ちることがあります。

速度が落ちにくいモデルもありますし、同じモデルでもファームウェアによっても挙動が変わったりしますので一概には言えませんが、空き容量に余裕を持たせるのが対策となります。私も悩んだ経験がありますが、スワップ領域などは設定をしないと知らぬ間にGB単位で容量を喰ってしまいます。ブラウザなどもキャッシュを貯め込むので要注意ですね。 [2011-11-28]

  •  メビウスオンライン (C) Gamepot Inc. All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  スカッとゴルフ パンヤ (C) 2005 Gamepot All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Galleria QF770  イット さん

 No. 3719

  • 長所: 熱処理
  • 短所: 筐体
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.6 7.6 7.3 7.3 5.9 5.9
3DMark06 17860*
FF14 高解 2437
FF14 低解 4617
FF11v3 高解 10762
モンハン絆 11304

◆ 購入のきっかけや価格
 家のノートを友人に譲ってしまって、デスクのみとなってしまったので持ち運べるデスクトップとして購入しました。購入の際の考えは、

1.性能(CPU&GPU)
2.その性能に対する廃熱&静粛性
3.価格

マウスコンピュータから販売されているNEXTGEAR-NOTE i950のGTX580M搭載機も考えました。
しかし蹴茶さんのレビューでベンチ時に温度が93℃と書いてあったのを見て、もう少し低い温度で運用できるものをと考えました。
そこに、ドスパラさんから販売開始の17.3インチで570M搭載機(QF770)に決定しました。ベースは、MSIノートの780DXのようですね。
価格は、20万以内ということも決定の一つです。

◆ 体感速度の変化
 家にある2台のデスクトップ(Phenom×4 955+HD5850 & i7860+HD5870)よりきびきび動く印象があります。まだ色々アプリ等入れてないからというのもありますが、満足してます。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
 液晶は、光沢タイプで明るく視野角は普通です。発色はやや青みがあるかもしれませんが、私は特に気にならないレベルだと思います。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
 最近流行りのキータイプで、特にたわみは感じられませんでした。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
 音はウーハーが積んであるようですが、ノートにしては良いのかなと思うレベルです。過剰な期待は禁物です。いわゆる普通より少し良いかなと言ったところでしょうか。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
 概観はプラスティック感が全面的に出ており、高級感感じられません。
剛性は厚みあるためかあるように感じますが、重さと比較するとないようにも感じます。コネクター配置は特に不満ありませんでした。USB3.0が2つあるというのは個人的には嬉しい部分です。

◆ 排熱:筐体の温度
 廃熱は良く出来てると思います。表面は熱くなるといったことはありません。ファンの音もアイドリング状態では静かです。
内部温度は、室温17℃でHardwareMonitorで計測してCPU、GPU共に通常35℃前後で、HDDはHitachi製で30℃いきません。
3DMARK06実行時では、CPU74℃、GPU63℃、HDDは変わらず29℃がMAXでした。
かなりGPU搭載ノートにしては、廃熱が良く満足です。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
 ベンチ時にはファンは回り始めますが、轟音というほどではなく昔7950gtx搭載のclevo機よりはかなり静かで驚きました。これも満足な部分です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 本体共にアダプターでかいです。
とはいっても昔からハイスペックclevo機を触られてる方なら抵抗ないと思いますが、モバイルとしては気合いります。
デスクトップを持ち歩くと思えばと前向きな方ならいけます。
 まず、これに合うインナーケースがありません。
私は持ち歩きたい人なのでインナーケースにいたっては、ランドアートジャパンという会社で18.4インチ用のやつを注文しました。ここしかこのサイズのやつを見つけれませんでした。
またバックは、リュックタイプなら登山用かミリタリーの大きいやつ、後はビジネスショルダーバックが18.4インチが入るとしてありました。個人的にはリュックタイプが欲しいので現在も探しているとこです。ポーターのリュックがいけそうですが、カバンで4万とかしますので悩んでます。

◆ 総評
 性能や静粛性(GPU機として)、発熱性能は素晴らしいと思います。見た目は安っぽいのが残念です。この点で4点とさせてもらいたいと思います。
とはいえ、性能重視で購入したので満足してます。

手持ちのPCを処分しきったので改めてQF770を購入されたイットさんからのレポです。デスクトップの代わりも狙ったとのことで、性能面にも重点を置いて機種選定を行われています。候補はマウスの580Mノートと570M搭載の本機。最終的には私のレビューが逆の決め手になったようで、QF770を選定されています。

性能はRadeon HD 5800世代搭載のデスクトップよりもキビキビ感あり。そのわりに冷却ノイズもさほどないということで好印象を得ています。ACアダプタのサイズは...やむを得ないですね(^^;

私的に非常に興味を引いたのが最後のカバン情報。最近の17型ハイエンド機は冷却の都合(ヒートシンクやファンが大きい?)もあるのか嵩張る筐体が多く、17型対応バッグに収まらないことがよくあります。18.4型であれば収まりそうです。 [2011-12-3]

トートバッグどちらかというと簡易的な構造で凝ったバッグではないですが、その代わりにサイズのオーダーメイドも受け付けているようです。
 → トートバッグ型ショルダー

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 2

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Galleria QF770ユーザーレビュー