HOME > レポート一覧 > Gateway M-2408j, M-2410jユーザーレポート

Gateway M-2408j, M-2410j

Gateway M-2408j, M-2410j

■ 評価点平均

4

15.4型WXGA液晶、チップセットに「MobilityRadeon HD 3200」コアを統合するAMD M780G(Pumaプラットフォーム)を採用する。ヘアライン加工されたパームレスト部など外見はかっこいい。
 メインメモリはM-2410jは1GB×1、2GB×1で3GBになっているが、デュアルチャネルが構築できていない可能性がある(M-2408jは1GB×2で公式仕様でもデュアルチャネルと明記)。通常はあまり気にしなくてもいいが、メインメモリを共有しVRAMとして使う統合型GPUの足を引っ張る可能性がある。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード 3
騒音・ノイズ
3 筐体の質感
発熱処理

型番

M-2408j, M-2410j

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Gateway M-2408j  Tesla さん

>> Gateway [販売店] ケーズデンキ / Joshin 参考になった!

 No. 2474

  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.7 5.4 3.6 3.7 5.2 3.6
CrystalDiskMark 2.1
 ReadWrite
Seq.53.9243.48
512k25.3725.50
4k0.391.001
型番Hitachi HTS542525K9S
3DMark06 1382
3DMark05 2445
FF11v3 高解 2532

◆ 購入のきっかけと価格
約3年使用したノート(ASUS W3V、Pen-M760/915PM+MobilityRadeonX600)がお亡くなりになったので跡継ぎとして。
急なことであまり予算もかけられなかったことから絶対的なパフォーマンスよりもコストパフォーマンス重視で10万円以下、大きさ・重さにはこだわらない、軽めのネトゲが動けばいいという条件で探したところ最終的にHP dv2805かコレかの二択となり、コストパフォーマンスのいい2408jを購入することに。

◆ 体感速度の変化
OSがXP Pro→Vista Homeになったことのほうが大きく、通常のWEBやデスクトップアプリ利用の体感速度の直接比較は保留。(むしろVista自体が遅く使いにくいと感じることのほうが多い)。
統合チップということでネトゲや3Dアプリのパフォーマンスを心配していましたが、とりあえず軽めのゲームなら問題なし。ただしMMOのようにオブジェクトの多いゲームでは明らかに処理落ちが増えた。
旧PCと比較して3DMarkでは高スコアだが、Final Fantasy Benchや大航海時代ベンチでは旧PC(上記構成)より1〜2割程度劣るスコアでした。

◆ 液晶の質
表示品質自体は標準的。上下視野角はかなり狭めだが左右はそれなりなのでノートとしては問題はない。
ただ反射(移りこみ)はかなり目立ち、まるで鏡のようにはっきり映りこむ。常に自分の顔とにらめっこしながら作業するのはどうよ…と。低反射フィルタ必須かと思います。

◆ キーボード:配列やタッチ
7812を除き全機種共通部品のはずだが、これだけ大きなデスクノート用なのにサイズはミニマム。タッチはかなり軽めで底打ち感も強い。
Enterキーの右にPageUp/Downがある、矢印キーが極端に細い(一般的な人の指より細い13mmなので、←↓→キーに指3本置けません)など、レイアウトは難アリでしょう。とくにゲームで多用する矢印キーが小さいのは致命的。ゲーム用途で考えている人は店頭などでよく確かめてからどうぞ。

◆タッチパッド
面積は充分というか広すぎの感アリ。またキーボードと少し離れており、ホームポジションに手をおいたままでは使いづらい。
またタッチパッド表面までヘアライン加工されているので縦方向の操作でやたらひっかかる。デザイン優先しすぎじゃないの?という感じ。

◆ サウンド
ノート内蔵として標準的な"鳴ればいい"程度。音量はそれなりに出るがかなり高音がシャリシャリと耳につく。”鑑賞”したいなら外部スピーカー必須。ヘッドホン出力のノイズは低く実用に充分。

◆ 筐体:質感や強度
旧シリーズのプラスチッキーな筺体から一新され、全体的に日本市場を意識したような高い質感になっている。
天板は往年のThinkpadのようなしっとりした樹脂コート、パームレスト部分はブラック塗装のアルミヘアラインと、8万円を切る安物ノートを感じさせない上質な仕上げ。ただし天板は傷が心配で、持ち歩く人はインナーケース必須。
また最近流行りのラッチレスデザインではあるが、指をひっかける窪みが小さく、また本体を抑えるために手を添える場所も無いので開きにくい。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
常用するコネクタはほとんど左右にあるのでアクセスしやすい。
左右でUSBが計3個、メモリカードスロットとExpressCardスロットが各1と必要充分。ただしUSB1個を除いて全部左側。
外部モニタ出力がHDMI+アナログRGBの2系統あるので使い分けには便利。細かなことだがヘッドホン端子が手前にあり、マイクとヘッドホンのロゴがシルク印刷されているので、見た目にわかりやすい(樹脂の刻印だけで表示してる機種はわかりにくいので)。
無線LANのスイッチがハードスイッチなのも◎。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDDはほぼ無音、冷却ファンも低音・低ノイズで、3Dベンチマーク連続実行中でもほとんど気にならないレベル。後述の通り全体の消費電力が低いので冷却も最低限で良いからかも。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ACアダプタは60W(=必然的にこのマシンの消費電力は60W以下)とモバイル用と同じ小型のものが付属。ただし本体がデカいのでモバイルは論外でしょう。

◆ その他
各種ベンチマーク実行中でもパームレストはそれほど熱くならない。HDDを多用する
動画エンコードをすると、右手部分がそれなりに熱くなる。

◆ 総評
予算重視だったので、最低限しか期待していなかったのですが、3Dに関しては価格相応以上に良く動く感じで筺体の質感も高い。
PCとしての基本装備をみても最初からメモリ2GB、HDD250GB、2層/LabelFlash対応DVDドライブ搭載とローエンドの機種にしてはまったく増設/交換の必要がないのも好感が持てる。
HDMI出力は2408jでは少々宝の持ち腐れ感アリ。本体の静粛性も比較的高いため、上位のBD搭載モデル(2410j、+2万円)では大画面液晶TVなどとあわせて真価を発揮するでしょう。
総じてお買い得感が高い機種なだけに、キーボードデザインだけが残念でならず、次機種では改善を望む。

タッチパッドが使いにくいというTeslaさんからのGatewaryノートレポ。私はM-2408jのタッチパッドは触ったことがないですが、パームレストとシームレスになっているPavilionシリーズなど、タッチパッドの見た目に気を配った製品が徐々に増えてきています。ただ中には感度が悪かったり、指の滑りが良くなかったりと眉をひそめてしまうようなタッチパッドも存在します。フィードバックを経てデザインも良く操作性も犠牲にされていないタッチパッドへと進化していって欲しいところですが。

Pumaプラットフォームとして3D性能に少なからぬ期待をしたいところですが、3DMark06スコアを見る限りライバルであるIntel GM45より勝っていそうです。FF11もCPUベンチになっているわりには頑張ってます。ただTeslaさんも書かれているようにそこそこ遊べるのはカジュアルゲーム限定に近く、過大な期待は禁物ですね。 [2008-9-7]

  •  スカッとゴルフ パンヤ (C) 2005 Gamepot All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  ファンタジーアースZERO (C) 2007 SQUARE ENIX CO. / Gamepot Inc. All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Gateway M-2408j  ひくしぷ さん

>> Gateway [販売店] ケーズデンキ / Joshin

 No. 2491

  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.7 5.4 3.4 3.7 5.1 3.4

◆ 購入のきっかけと価格
メインPC(デスクトップ)のおき場所に困り、また重いゲームをする機会が一時的に減ることが予想したためゲームをしないこと前提で購入しました。この時点ではAMDのPumaプラットフォームの存在すら知りませんでした。ちなみに購入価格はツクモのネットショップで79800円でした。

◆ 体感速度の変化
前のPCが同様にVistaHomePremiumだったため、Vistaそのものには慣れていました。視覚エフェクト以外の機能をOFFにするなどの最低限の設定をした上で特にストレスなく動かせています。前のPC(Core2duoE6400 RadeonHD3850 DDR2 4GB)と比較した感じでは特に大きな差はないと感じました。

◆ 液晶の質
上下方向の視野角が狭いです。また、出荷時設定だと彩度が低めな印象を受けました。Catalyst側で変更を入れて使っていますが、特に違和感を感じることはないので、液晶そのものの品質は一定の水準を超えているようです。

◆ キーボード:配列やタッチ
Gateway全体にいえることなのですが、FPSプレーヤーに向いてる配列とはいえません。特にCtrlキーの横にFnキーがあるためにCtrlキーを押そうとしてもFnキーを押していた、といったようなことが非常に多いです。

◆ サウンド
スピーカーの品質は多くは期待していませんでしたが、実際には良くも悪くも予想通りの音質でした。付属のものとしては悪くないかな、といった感じです。普段バランスドアマチュア型のイヤホンを接続して利用していますが、かなりノイズがのるような印象を受けます。ただし、音楽鑑賞用に利用している大きなヘッドホン(DR150というもの)ではそこまでノイズがのらなかったので相性があるようです。また、音量調節用のタッチパネルが曲者でうまく使わないと音量が突然大きくなるので注意が必要な印象を受けました。

◆ 筐体:質感や強度
この価格帯の中ではかなり質感が高いように思えます。パームレスト全体がアルミ製であったり、7万円台の代物だとは思えないという印象でした。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBの位置が横を覗かなくてもわかるように工夫されているので、なかなかUSB接続は便利でした。LANが左側に出ているので、有線を使う場合でマウスを左で持つ方は注意されたほうがいいと思います。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
放置状態でも容赦なく発熱しファンも回るので多少のノイズはあります。基本的にどれをとっても特別静かということはありません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
15.4インチで2.8kgという重さなので外で使うものではないのは自明でしょう。ACアダプターがかなり発熱するので少し不安だったりします。

◆ その他
ドライバの問題か、画面が一瞬乱れ、Atikmdagが応答停止しましたというバルーンがたまに表示されます。ドライバ周りの更新をしましたが尚も解消しないので、Gatewayに問い合わせ中です。

◆ 総評
当初ゲームする予定で買ったものではなかったので期待はしてなかったのですが、Counter-strike1.6などの古いゲームでは問題なくFPS100(640x480)を維持できたので驚いています。ただし、ゲーム中の発熱はかなり気になります。パームレストが比熱の高いアルミであるがためにその発熱が手にかなり伝わってくるので長時間プレーする場合はハンカチなどをおいたほうがいいかもしれません。
大抵の無料FPSは低解像度下ならそこそこ快適に動きますし、軽めのMMOやパンヤも問題なくプレーできました。
チップセット内蔵のRadeonHD3200はこの価格帯のノートの3D演算能力の改善にかなり貢献しているように思えます。
また普段利用するPhotoshopCS3の動作なども特別ストレスを感じなかったので、8万円以下という価格を考慮するとうれしい誤算というべきでしょうか。
デザインもなかなかいいですし、個人的には買って良かったと思います。

サウンド関連の感想を丁寧にレポートしてくださったひくしぷさん。ヘッドホン端子のノイズは機器によって乗ったり乗らなかったりだそうです。特にS/N比を良くするような設計にはなっていないと思われるので、ひくしぷさんのようにあまり過度の期待はせず臨んだ方がいいですね。

また音質とは直接関係ないですが、音量調節のタッチパネルはくせ者とのこと。Gateway P-7812jFXのボリューム調節も使いにくいのですが、あんまり操作性には気を配っていないのでしょうか。 [2008-9-26]

  •  Counter-Strike 1.6 (C) 2005 Valve All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  クロスファイヤ (C) 2008 Arario Corporation All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  スカッとゴルフ パンヤ (C) 2005 Gamepot All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Gateway M-2410j  ひくしぷ さん

>> Gateway [販売店] ケーズデンキ / Joshin

 No. 2500

  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.7 5.3 2.8 3.5 5.2 2.8

◆ 購入のきっかけと価格
前回買った下位機種のM-2408jが初期不良だったということで、交換するのも面白くないので上位機種はどんなものかと思ったので購入してみました。Tsukumoにて89800円。

◆ 体感速度の変化
Aeroは使わないのでまったく変わってないと思います。

◆ 液晶の質
M-2408jと同等のものです。視野角は上下が狭いですが、一定以上の品質は保たれています。

◆ キーボード:配列やタッチ
FnがCtrlの左にあるのでFPSには不向きです(もっともオンボードでFPSをやるということはそうそうないとは思いますが…)。

◆ サウンド
イヤホンは実用レベルですが、インピーダンスと感度によってはかなりノイズを拾います。

◆ 筐体:質感や強度
アルミの天板で安い代物とは思えない仕上がりになっています。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが3つと少ないですが、横をのぞかなくてもさせるように工夫されてるのは好印象。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
プラッタの関係か、M-2408jに比べて若干HDDが早くなっているようです。また、BDの読み込みが可能。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
15.4インチのものなので家の使用が基本です。ACアダプタは相変わらず熱い…。

◆ その他
M-2408jと比較して、Vistaのエクスペリエンスインデックスの評価が大きく変わってることから、連投という形で評価を書いてみました。

Aeroのスコアが大きく下がってるのを見たときは、何かの間違いかと思いましたが、これはひょっとしたら3GBというメモリの構成に関係しているのかもしれません。

◆ 総評
ブルーレイの再生ができるのは大きい。9万円を割る価格でBDをストレスなく再生できるのはさすがPumaというべきでしょうか。

ほとんど仕様が同じ2408jと2410jですが、Aeroスコアが大きく低下。ひくしぷさんはメモリが怪しいと睨んでおられますが、仕様表を見ても2410jはデュアルチャネルと書かれておらず、GPU統合型チップセットにとっては重要なメインメモリの帯域が確保できていないのかもしれません。この辺はCPU-Zなどで確認してみるとわかると思います。 [2008-10-1]

  •  Counter-Strike 1.6 (C) 2005 Valve All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  クロスファイヤ (C) 2008 Arario Corporation All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  スカッとゴルフ パンヤ (C) 2005 Gamepot All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 3

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Gateway M-2408j, M-2410jユーザーレビュー