HOME > レポート一覧 > Inspiron 17R Special Editionユーザーレポート

Inspiron 17R Special Edition

■ 評価点平均

4.8

第3世代 Core プロセッサ搭載。かつてのInspiron 9000番台に若干雰囲気の似た落ち着いたデザイン。音質面ではSkullcandyスピーカをPR。

GPUはGeForce GT 650M。イーサネットが100BASEになっています。有線で使う方は要注意。無線LANのCentrino® Wireless-N 2230は 802.11b/g/n +Bluetooth 4.0対応。

画面(購入画面ではなく仕様表から)
 17.3型 FHD WLED 非光沢 液晶 1920x1080
 17.3型 HD+ WLED True-Life 液晶 1600 x 900
 

長所・短所

GOOD   BAD
1 液晶
キーボード 2
騒音・ノイズ
1 筐体の質感
発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Inspiron 17R Special Edition  七分儀司令 さん 七分儀司令 さんさんのほむぺ

>> デル

 No. 3874

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.6 7.8 7.1 7.1 5.9 5.9
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.91.1690.32
512k29.3836.97
4k0.330.868
4k320.690.849
型番ST1000LM024
3DMark11 2319
3DMark06 15611*
FF11v3 高解 7153
モンハン大討伐 7692

◆ 購入のきっかけや価格
友人が入院する事となり、病室が個室で且つNET環境があるために、
時間つぶし用として購入することになりました。

その友人は以前のレポートNo. 3705、2515の持ち主ではなく、
デスクトップをメインに使ってる方です。

一応、ノートもあるにはあるんですが、大昔のDynabookSS-S7なので
(GPUがトライデントXP4)さすがに今のゲームが動かないため、
17インチでGPUを搭載しており、保証が延長できるこのモデルと
なりました。価格は5年のプラチナサポート込みで¥125,340-でした。


◆ 体感速度の変化
以前のレポートNo.3705で紹介したVostro3750でも正直速いという
印象しかなかったんですが、今回はクアッドコアで、メモリも8GB搭載
しているということもあり、ソフトのセットアップや、オフィス系アプリ、
Netサーフィン等の基本的な動作は恐ろしく快適です。

自分の自作タワー(Core2xE9770)よりも快適かもしれません(汗)

動画やエンコードに関してはテストしてません。

GPUはGeforce650Mです。Vostro3750比較でGPUはよくなっており、
それがベンチ結果に出てる感じです。

3DMark06に至ってはVostro3750にほぼダブルスコアをつけています。
まさかこのベンチがノートでさくっと動くようになるとは…

ただ気になったのはFF14のベンチが、起動後に動作を停止してしまう
事で、これに関しては原因が不明です。
(調べると結構、動かない事例がでてるんですね…)


◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
LEDバックライトディスプレイです。Vostro3750同様青白さはなく、
発色は好調だと思います。視野角の狭さは致し方ないところでしょうね。

解像度は1600x900です。フルHDもオプションによっては選択できる
みたいですが、ゲーム以外の書類作成などは逆にこのくらいの解像度の
ほうが、デスクトップ画面もふくめて見やすいとの事なのでこちらに。


◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キーボードは最近、採用例が多い浮石型です。今、実際に打って
レポートを書いていますが、問題はない感じです。ただデザインを
優先して、上下左右キーがとても小さいのが残念な点です。

あと、打ってるときキー回りがよくペコペコ上下します。
Vostro3750ではそのようなことがなかったのでここも残念な点かも。

右側にはテンキーを装備。タッチパッドは比較的大き目のものが
2ボタンタイプで搭載されています。


◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
スピーカーですが、ノートPCでこれだけ鳴れば良いのではないでしょうか。
音量も確実に向上しており、ステレオ感も若干ですがつかめるようになって
きました。小さな筐体の中だけに、音質の改善は難しいものと思っていまし
たが、着実に進化はしているようです。

ただ、やはり外部スピーカーには勝てないので、音質の向上をめざすなら
購入することをお勧めします。但し5000円以上のものでないと、おそらく
違いがわからないかもしれません。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
個人向けとあって、Vostroよりも遊びを感じさせる、若干丸みを帯びた
デザインですが、シンプルなのでビジネスでも十分通用すると思います。

キーボード周りがマット調のハニカム柄でデザインされており、指紋や
汚れが目立たないのは好印象です。余計なボタンもなくすっきりした感じ
ですね。しかもおなじみのDellのロゴが液晶の下にないので、そういう
点も含めてDellのノートPCを操作していると感じられません(笑)
(液晶の下にはメッキ文字でInspironとあるだけです)

コネクタは左側面後方にAC、左側面前方にHDMI、USBx2、オーディオ、
右側面は中央の光学ドライブをはさむようにUSBx2、後方にLAN。


◆ 排熱:筐体の温度
廃熱は左側面に1箇所、底面に多数。空調の聞いた部屋ではどこも温く
ならず、ゲームを長時間動かしたときに、どうなるかといったところ
でしょうか。これまで触ったノートPCの中では最も冷めています。


◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
工学ドライブは右側面、ベンチ中でも静粛性は高かったです。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
退院後はデスクトップリプレースとして活躍するので、持ち運びは考慮
していません。角がないデザインな分、サイズが合うかばんには入れや
すそうです。

バッテリーの持ちは上記により未検証です。

ACアダプタですが、厚みは以前のものより薄くなった(25mm)ものの
幅が広くなりました(汗)おそらく容量が増えてるからだと想像はしま
すが、大きいです。


◆ その他
ファンタシースターオンライン2の動作検証を行ったところ1675でした。
デフォルトの状態で、平均45FPS前後を維持していたので遊べるかなと。

大航海時代Onlineは1024x768x32で最高が589。3DMark等のベンチの
伸びに比べるとVostro3750比であまり向上せず。おそらくはベンチマー
ク自体が出て相当経ってるので、あまり差が出ないのかもしれません。


◆ 総評
総じて、内容はVostro3750よりも向上していると思えます。

デザインや性能、そしてスピーカー等、昔の安かろう悪かろうなDellの
イメージは現時点で、この筐体からはあまり感じず、商品力は上げてきて
いるように思いました。今回5年保証をつけたのでこの金額になってしまい
ましたが、コストパフォーマンスは悪くないと思います。

七分儀司令さんからのレポートです。今回は入院されたご友人向けのPCを1台。入院時のパソコン環境は個室であっても病院側の規則によって大きく左右されますが、今回は病院側が個室に回線を用意済み。遠慮なくPCが使える状況とのこと。

ご友人は基本デスクトップで、所有のノートパソコンはTrident XP4搭載のdynabook。
これまた懐かしいGPUです。
 → 笠原一輝: Trident XP4の実力は?

そこから一気にGeForce GT 650Mへと跳躍したことになります。性能は大幅アップですが、FF14ベンチが停止してしまう不具合が発生しています。原因として発熱の可能性などもありますが、ドライバも疑わしい所です。GeForce 600Mシリーズへの対応は最近ようやく始まったばかりで、GeForce GT 650Mに対応するドライバはまだ「ベータ」段階のものしかありません。

NVIDIA VERDE Driver 600M
出典: NVIDIAドライバダウンロード

ドライバの成熟と共に解消していけば良いのですが。
筐体デザインは良くも悪くもデルらしくないとのこと。「デルくさいデザイン」というのは確かにありますねー そういった“くささ”が無く、すっきりしたデザインとのことです。 [2012-8-18]

  •  大航海時代Online (C) 2005 KOEI All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  モンスターハンターフロンティア (C) 2007 カプコン All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  ファンタシースターオンライン2 (C) セガ All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Inspiron 17R SpecialEditon  Mina-mi さん

>> デル

 No. 3897

3DMark11 2103

◆ 購入のきっかけや価格
9年使ったLavieがそろそろ限界だろうということで、動くうち=移行しやすいうちの購入。NECはグラボが乗ってないのと、実質レノボになったので避けた。そうでない場合の頑健性については、20年たっても職場で動いてる98NX、父の1代目ノート98ノート(一応今も完動!)、私のLavieで証明済みですが(満身創痍だけど・・・修理しまくったしCDドライブ使えないし)

価格はキャンペーン価格でHDDが2基合計2TB、SSDなし、オフィスなし、CD-DVD(ブルーレイではない)3年保障込みで9万3000円ちょい。

◆ 体感速度の変化
もともとのがPentium4-M1.8Ghz、RadeonIGP340Mなので比較しても。。。(^^;
一応比較すると
FireFoxの起動と終了が一瞬。特に終了時の数分にわたる長い長い長すぎるHDD書き込み時間が皆無に近い状態に。
Youtubeの動画では、音声が絵と合わない、音声が途切れてワレワレハウチュウジンダ状態(Flash11を10にすれば直ります。)だったものが、すいすいスムーズに再生。
MMORPGのREDSTONEの起動は10分→1分に短縮。
Reaper3というオーディオソフトでは、オーディオファイル3つ以上の同時再生ができなかったのが、VSTを40個ほど使った7ファイルも普通に再生。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
光沢液晶1600*900
デフォルトではまぶしすぎるので下げた。
ただまぶしいのは光が強いのであって、発色が良いわけではない。微妙な色がわかりにくい印象ですね。といってHPのモバイルのように特に変な色で見えている・・・ってことはないですが、若干のざらつきを感じます。
視野角は、真正面で使ってる分には問題ないかと。

9年前のLavieのほうが色の印象としてはきれいです(現在なら言わずもがな)

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
アイソレーションキーボード、ってすごく打ちにくいです。間違って二つキーを打つのが嫌!ってことでキーとキーの間が離れたのでしょうが、私は同時に打ったことない=遠すぎて打ち間違いしまくりんぐ
少し間を狭くして(なくしたっていい)、その分DelキーBSキーENTERキー、矢印キーを大きくしてくれたほうがありがたい。
あとNumLockキーが邪魔。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
スピーカーでは聞かないのでコメントなし。いい音で聞きたかったらスピーカーをつけて使うべきだと思います。。。

ヘッドホンで聞く場合、コンパネのDellAudioを要確認。
箱から出したままのときは全体にすごく音が大きい。音量を1とか2まで下げないといけないんじゃないかというほど。原因はDellAudioにある、MAXXAudioというのがオンになっているため。これをオフにすればよい。
いわゆるコンプレッサがかかっているため爆音になっている。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
黒くなりたいのかシルバーになりたいのか(爆

ディスプレイの開け閉めをするときは注意が必要。固めなのでキーボードのほうがうっかり浮いてしまって「ゴトン」が発生する。

コネクタは左に電源アダプタ。差込からちょっと離れた位置の大きな物体はどうしてもなくならないみたいですね・・・コネクタと一体化すればいいのに。
ただPCに突っ込んでいる部分が割と長さがあるため、そのすぐ横にあるUSBの邪魔になったりはしない。ここは良いですね。
ほかすべてのコネクタが左右に、カードリーダーが正面に。背面には何もありません。廃熱穴も左です。

◆ 排熱:筐体の温度
温度を測るソフトが動作不能でした。最近涼しいので比較が難しいですが、パームレストがほんのり暖かい程度。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
CDドライブの、回転ではなく読み込み始め?の音がすごいです。がががっ!と。
ファンはほとんど回りません。回っても、個人的には無音に等しいレベル。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
アダプタでかっ!軽さは、意外と軽いけどこれもって1キロとか歩きたくないですね。持ち運んで使うつもりないからOKですが。

◆ 総評
期待のGeForceでしたが、エクスペリエンスインデックスでは反映されないし・・・。
ちなみにエクスペリエンスインデックスは当初は7.7 7.8 7.1 7.1 5.9でしたが、9月13日のGeForceのドライバアップデートによりこの結果に。

9年使ったというのは凄いです。可動部のないCPUやGPUはそう簡単には壊れませんが(いつぞやあった素材不良は例外として)、稼働時間が積み上がっていくとどうしても冷却ファンのような稼働パーツやバックライトに使われている蛍光管の部分がへたってきてしまいます。あとヒンジもですね。良い個体だったのかもしれません。

サウンドツールとしてインストールされているMAXXAudioはかなり誇張がかかるので私も切ることが多いです。ゲームの迫力を増すのにはいいかもしれませんが、ジャンル問わず使えるというわけではないですね。

GeForceはドライバのアップデートによりスコアが7台から大きく低下。性能より安定性をとった結果のようにも見えますが、ブラッシュアップにかなり手こずっているようです。 [2012-9-19]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Inspiron 17R Special Edition  ろーんれんじゃー さん

>> デル

 No. 3921

  • 長所: 液晶
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.8 7.8 6.8 6.8 5.9 5.9
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.106.1964.69
512k37.9042.93
4k0.461.012
4k321.161.045
型番WDC WD10JPVT-75A1YT0
3DMark11 2409
FF14 高解 689
FF14 低解 1392
モンハン絆 1749
モンハン大討伐 1644

◆ 購入のきっかけや価格
Vostro1710の調子が悪くなってきたので、交換するために購入。Windows7モデルを購入後Windows8にアップグレードしようとも考えたが、どうせWindows8にすることを考えるとめんどくさいので最初からWindows8がインストールされているものを購入した。価格もほとんど変わらなかった。

◆ 体感速度の変化
以前のPCのCPUがCore(TM)2 DuoプロセッサーT9300(6MB L2キャッシュ2.5GHz)だったのでさすがに、4コア+HTで8コアだと体感的にも明らかに速度が違うのはわかりとても快適にソフトが動作する。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
以前のdellでは画面の四隅で色むらが若干あったが、非光沢のフルHDLCD液晶は思ったよりきれいな発色だ。少し鮮やかすぎるきらいがあるが、一般的な使用では好ましいと思う。動画を再生してもきれいであった。視野角も通常の使用では広いほうで結構よく見える。正直あまり期待はしていなかったが、ここまできれいな液晶画面だと満足感は高い。これ以上の画像を見るなら別売のモニタとすべきであり、ノートPCとしてはこれでとてもよいと思う。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キーボードは今はやりのアイソレーションタイプだがキーとキーの間隔が少し広く感じる、またストロークはよいのだが、キー自体の厚みが薄めなので結果として長い時間タイピングするのには少しつらいかもしれない。キーボードの剛性感は大画面PCとしては普通で、かっちりでもグニャグニャでもなくごくごく普通な感じである。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
音質的にはバランスがよく、長い時間聞いていても疲れない。音割れも普通の音量で聞いている限りは感じない。音の広がり感もよく期待していなかったが予想より良い音なので以前よりは確実に進化していると思った。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
全体の質感はかなり良くなってきている。ふたの表面と本体側のハニカム模様を加工した面は思ったより滑らず指紋などの油脂も付きにくい感じでよい。強度・剛性感は可もなく不可もないと感じた。重さとのバランスがあると思うがこのくらいの感じでも価格を考えるとこれでもよいと思った。コネクタの配置も以前よりはよくできていてUSBも左右に2個ずつありHDMIとVGAコネクタは左、LANは右と使い勝手はよい。後ろ側には画面が後ろに開くヒンジなのでコネクタはないが、あまり不便は感じない。ただし、有線LANが10/100Mbpsなのは残念なところである。

◆ 排熱:筐体の温度
普通に使っていればそんなに熱くなることもない。高負荷時にはキーボードの真ん中から左側にかけて結構暖かくなりファンも結構回るの。しかし手前側のタッチパッドの左右はほとんど温度変化はないので排熱の設計が良いようだ。また、負荷が低くなるとファンの効率が良いのかさほど時間がかからず温度もファンの回転数も下がるのが結構速い。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
普通に使っていればファンの音質が低めなので、音がさほど気にならない。高負荷時にはファンも結構回るが音は嫌味な音ではない。負荷が低くなると排熱の効率が良いのかさほど時間がかからずファンの回転数が下がる。光学ドライブの音はあまり静粛性は高くないがこの価格帯ならこの程度でも納得できる(個人的はあまり使用頻度が高くないので気にならないのかもしれない)。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
画面が17.3inchなので重さはカタログ上3.42kgと重いが、使用目的がデスクトップの代わりなので、まあ、あまり重さをきにならない。室内をたまに移動する程度なら良いが、決してモバイルとは言わないノート(ブック)PCだと思う。ACアダプタも成人男子の片手の手のひらサイズで厚みは25mmもあり本体同様モバイル用途には向かないと思う。

◆ その他
今回は、注文してから商品到着まで土日を挟んでいたにもかかわらず5日で届いた。以前は2から3週間かかっていたことをおもうとずいぶん早くなったと思った。

◆ 総評
この5年間でdellのPCもずいぶん質が良くなったと思う。以前は価格が安いのでこんなものかと思っていたが、良い意味で期待を裏切ってくれた。キーボードについては若干不満点はあるが、それ以外についてはよく出来たPCだと思う。ただ、BTOで注文する際に選択できる範囲がとても少なくなっていて、HPではCPU、メモリ、ドライブ、ディスプレイと結構いろいろと選択できるのに、ドライブとHDD、Windowsとofficeの有無、サポートぐらいしか選択できない。そのおかげで価格が抑えられているのかもしれないが、もう少し考えてほしい。(今回もメモリが8GBしか選択できなかったので、すぐに16GBのものに交換した)室内であまり移動しないでデスクトップの代わりとして使用するのなら選択肢の1つにいれてもよいと思われるPCになっていると思う。
また、Windows8だが、7から2年間しか経過していないのに、ここまでGUIを変えてしまうのはどうかと思う。慣れるまでまた少し時間がかかりそうだ。起動、停止は7と同等だが、すでにいろいろと言われている問題はについては違和感を強く感じてしまう。あと、3DMark06、3DMark Vantage (Performance)が正常に起動できずだんまりとなるので、計測できなかった。(GeForceGT650M用最新ドライバをインストールしたのだが、駄目だった)


------------------------ 2012.11.26 追記 ------------------------

◆ その他
 最初に登録した際にモデル名称が誤ってしました、Inspiron 17R Special Editionが正しい名称です。管理人さんへご迷惑をおかけしました、申し訳ありません。
 あとWindows7は発売後3年でした。失礼しました。

◆ 総評
 購入価格については、約11万7千円でした。購入後dellのパターンでいろいろ値引きキャンペーンが繰り出されて、約1週間ほどで1万円ほどの価格変動がありました。Windows8は人気が無いのか、HDD容量Upやブルーレイドライブが実質0円で追加できるなどです。毎度のことですが元々の価格が安いので、仕方ないです。
 いろいろ使ってみて、結構まとも?に動作し速度もそれなり、液晶画面も思いのほか自然な色合いですので、ゲーム専用としては少し厳しいようですが、動画再生等いろいろな用途で使うのであればバランスのよいマシンになっていると思います。

「XPS 17z Special Edition」でご登録いただいたのですが該当モデルが見つからず、天板がハニカム紋様であること、有線LANが100BASEであることなどから、おそらくInspiron 17R Special Editionではないかということで、モデル名を変更いたしました(アドレスは記載無しでしたので独断で変更させていただきました)。 [2012-11-16]

レポ主さんの追加報告でモデル名の謎が氷解しました。スッキリしました(^^;
ありがとうございました。 [2012-11-28]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Inspiron 17R Special Edition  七分儀司令 さん

>> デル

 No. 3983

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.6 7.7 7.2 7.2 5.9 5.9
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.93.6587.84
512k23.7327.98
4k0.250.678
4k320.560.675
型番ST1000LM024
3DMark11 2344
3DMarkV 10522
3DMark06 15782*
FF14 低解 3471
FF11v3 高解 5733
モンハン大討伐 7703

◆ 購入のきっかけや価格
Windows8のインターフェースに不満を感じているレポートNo. 3705、2515の持ち主が
前回のレポート(3874)でのInspiron 17R SEの性能を評価し、最後のWindows7機として購入。

価格は5年間のプラチナサポートをつけて、\115,834-でした。

本来は\133,704-の金額だったんですが、本体のキャンペーンで\5,000-OFF、
さらにショッピングカートのキャンペーンで\12,870-OFFだったが為に上記金額に…
前回のレポート(3874)よりもスペックが少し上がって、価格は安くなりました(汗)

デルで注文するときは、値引きキャンペーンをこまめにチェックしたほうが
良いかもしれません。

と、言うわけで前回とほぼ同じ内容のレポートとなってしまいますが、購入時期の
違いによる同機種の比較検証、参考程度に捉えていただければと思います。


◆ 体感速度の変化
前回のレポート(3874)とのスペック上の差はCPU速度のみ。(通常時に+100MHz)

エクスペリエンスインデックスで、CPUの数値は変わらず、RAMが-0.1、
グラフィックス2種が+0.1となっております。

3DMarkは若干ですが上昇しました。Vantageは初掲載です。

FF14のベンチは新生エオルゼアバージョンに変わってしまったため、
旧バージョンと新生エオルゼアとの両方でベンチマークを取りました。

前回レポート(3874)では、旧バージョンのベンチが動作しない不具合が
ありましたが今回はすんなりと動作しました。
以前に動作検証できた、Vostro3750(No.3705)との比では約2倍のスコアです。

新生エオルゼアのベンチは設定項目が多岐にわたっているので、
全く何も変更しない「標準品質、ウィンドウ表示、1280x720」での検証しました。
結果は 3589 で上から3番目の快適とのこと。

※現在は新生バージョンのベンチしかダウンロードできないようです。

FF11は逆にベンチ結果を落としてしまいました。

以下は別のベンチマークの結果です。(懐かしいのもありますが^^;)

タイムリープ・ぶーとべんち:38fps
ゆめりあ 1024x768最高:23990
大航海時代オンライン 1024x768最高:603
ファンタシースターオンライン2:9751

驚くべくはファンタシースターオンライン2のベンチマークで、同機種の
前回レポート(3874)比較で大幅な上昇を確認しました。(スコアは1675)

ただ、ベンチマークのバージョンが2.0になっているので純粋な比較は
できません。なので今度時間があれば、前回(3874)のマシンに2.0を
動作させて、低ければGPUのドライバを疑うといったところでしょうか。


※液晶、キーボード、サウンド、筐体、排熱、静粛性、モバイル等の評価は
前回のレポートと同じです。No.3874のレポートをご覧いただければと思います。

ただ、3DMarkとゆめりあベンチ中の排熱音は前回よりも大きく感じました。


◆ 総評
恐らくはGPUのドライバのバージョンも絡んでいるであろう、今回の動作検証
ですが、概ね良い結果になったと思います。

マシンとしては熟成期にあるかもしれません。
比較的安価にクアッドコアCPU、外部GPU、Windows7を選択できるの魅力的です。

 [2013-4-22]

  •  大航海時代Online (C) 2005 KOEI All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  ファンタシースターオンライン2 (C) セガ All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  World of Tanks (C) Wargaming.net All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 4

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Inspiron 17R Special Editionユーザーレビュー