HOME > レポート一覧 > Inspiron Mini 9ユーザーレポート

Inspiron Mini 9

Inspiron Mini 9

■ 評価点平均

4.3

デル初のNetBook。他社がキーボードにあわせたやや幅広の筐体を採用しているのに対し、デルは8.9型の液晶にあわせた小振りの筐体になっている。ファンレス設計なのも特徴の1つ。筐体が小さいためキーボードにしわ寄せが来ている。
 CPUはAtom N270(1.6Ghz)、ストレージはSSDを搭載。発売時はMicrosoftの制限からSSD容量は16GBとなっていたが、その後緩和された(参照)。OSはWindowsの他、Linuxの1つであるUbuntuが選べる。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶 1
キーボード 2
3 騒音・ノイズ
筐体の質感
発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Inspiron 910  ピッコロ さん

>> デル 参考になった!

 No. 2561

  • 長所: 騒音
  • 短所: キーボード

◆ 購入のきっかけと価格
ネットブックには興味はなかったのですが、DELLに無音パソコンがあると聞き値段を調べてみたところリーズナブルだったので買いました。
ヨドバシカメラにてSSD8Gのものが5万4800円の18%ポイント還元ですので、実質4万4936円で買えた事になります。そのポイントで本機用に8GのSDメモリを買いました。

◆ 体感速度の変化
今も使っているType T(VGN-TX)と比較しています。
SSDが効いているのかwindowsの起動やアプリケーションなどの起動が結構早いです。
windowsの起動などは30秒強で起動できてしまいます。
あと、CPUですが思ったよりも性能が低くなくむしろ、日常の使い方で十分な性能でした。youtubeもニコニコ動画もスムーズに再生できます。
ただ、Pentium M よりは性能が低めになっています。

◆ 液晶の質
思ったよりも綺麗でした。Type Tに慣れているせいか文字もそんなに小さく感じませんでした。

◆ キーボード:配列やタッチ
一番の不満点がキーボードです。キー一つ一つがしっかりしていてたわんだりしないのですが。変則キー+キーの小ささが打ちづらくしています。
サイズとのトレードオフなので仕方のないことですが。
半角/全角はエンターの下にありますし、エンターは長方形になって最初は打ちづらいものでした。あと、キーピッチも16mmを下回っているので、慣れるまでに時間がかかります。
しかし、メールチェックとかブログ更新などの用途には十分に使えるものです。
このレビューも本機で打っているのですが、慣れてしまえば、ブラインドタッチも可能です。

◆ サウンド
UMPCってことで推して図るべしって感じです。あとイヤホンで聞くと音が出るときにノイズが絡みます。ま、音が鳴れば気にならなくなります。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
強度はかなりがっしりしています。振り回してもゼンゼン大丈夫だなって思える強度です。
質感についてはシンプルでデザインがいいです。
USB端子が左に2個右に1個ついてます3個もあれば十分です。

◆ 排熱:筐体の温度
ファンレス仕様の本機ですが、ネットブラウジングだけでは思ったよりも発熱しなく温かいといった程度のものでした。
ただ、高負荷をかけ続けると、それなりには発熱します。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
静粛性については言う事なしです。ファンもついてないので、まったくの無音で動作します。まさに「ゼロ」スピンドルといえるでしょう。静かなのに慣れ過ぎて、平常時のType Tのファン音が爆音に聞こえて普段はこっちを使っています。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
モバイルとしては1キロ弱の軽さと、剛性も持っているのでいいと思います。
バッテリーも、3時間弱は持っている感じですし、なかなかいいです。

◆ その他
SDスロットがうまく挿さないと壊れてしまいそうなものでした。まあ、記録用としてSDカードを使っていて、そんなに頻繁に出し入れしないので気にはなりません。

◆ 総評
他社にはないファンレスという設計上、静かなところでも快適に使うことができます。
そして、インターネットとか文章作成などのために使うなら十分な性能です。
あと、安いのにデザインが良くて高級感があります。
自分の中でもDellのパソコンっていいなって、初めて思えたものでした。

NetBookはHP 2133 Mini-NoteやAcer AspireOneのようにキーボードを重視したモデルと、EeePCや工人舎のようにコンパクトさに重点を置いたモデルに大別できると思いますが、本機は後者。ピッコロさんも短所としてキーボードを挙げておられます。検索キーワードやメールの2,3行返信ができればいいというのがコンセプトだと思うので、その辺は妥協の必要なところではあります。

長所にはファンレスであることを選ばれています。元々「無音パソコン」に惹かれたピッコロさんですが、その期待に見事応えています。ストレージがSSDのうえに、CPU&チップセットもファンレスで駆動するため、静粛性は非常に高い。もし聞こえるとしたら、ちらほら報告のあるSSDのコイル鳴きぐらいでしょうか。 [2008-10-31]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Inspiron mini 9  mak さん

>> デル

 No. 2670

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶

◆ 購入のきっかけと価格
3年間使ってた、LaVie RX PC-LR500AD のネット接続が断続的に切れ、HDDも3回程故障→交換してたので、流行のミニノートを購入することを決意。
C209X-C(Webカメラ、Bluetooth)のモデルを購入。すぐに欲しかったのでコジマ電気で49,800でした。

◆ 体感速度の変化
3年以上前のATAのHDDからSSDに変わったので、起動が相当早く感じます。
ウィルス対策ソフトのavastを入れてますが40秒程で起動します。
この速度だけでも購入してよかったと思えます。
今のところ、プチフリも発生してないようです。
CPUの性能は、特に遅いと思うところもなく、十分と思います。
普通に使ってて、前のノートPCより速いかと。

◆ 液晶の質
前のPCが非光沢だったので、光沢なのが新鮮です。綺麗だと思います。
短所で液晶をあげた理由は、解像度です。
前のノートPCがSXGAで広かったので、縦が600でなく800欲しかったです。
(ワイドでなくなってしまいますが;)

◆ キーボード:配列やタッチ
巷で言われた通り、狭いですが、慣れれば関係なくブラインドタッチできてます。
タッチは、ほんの少し硬めなくらいで普通です。
このレポートも打つ時使ってますが、十分です。

◆ サウンド
特別よいわけではないです。普通です。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
ピンク色を購入したのですが、塗装ムラもなくキレイな印象です。
ヒンジは、しっかりしててタイピングしててぐらつく感じはないです。
USBも左に2つ、右に1つと十分です。
SDカードスロットがちょこっと取り出すとき硬めです。

◆ 排熱:筐体の温度
ファンレスなので多少熱めになります。膝の上で使ったりもしますが、ほんのり暖かくなる程度です。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファンレスなので音は皆無です。モーター駆動する部分が無いのでとても静か。
コイル鳴きの音ですが、耳を近づけて注意して聞かないとわかりません。通常では、気にしようとしても聞こえない音です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
軽いです。HDDが搭載されてないので気軽に持ち運び、膝の上で使えます。
液晶を多少暗めにして、一日に1時間半くらい使って、3日は持ちましたので、4時間超えは余裕かと。
ACアダプタの形は変です。卵型というイメージ。

◆ その他
無線LANの感度もよく、デスクトップに保存してある動画を共有して、ベッドサイドで気軽に見れたりします。
SSDが16GBですが、もう少し欲しかったかも。
ちなみに、SSDは購入したときの使用量は5GBくらいでした。

◆ 総評
FFベンチでは、Lowで1946でした。
3D系の処理は無理ですが、普通のネット閲覧、Office系なら全然余裕です。
Acerのミニノートと悩みましたが、SSDなので気軽にごろ寝でネット、膝の上で動画閲覧、と今までと違う環境で衝撃を気にせず使えるところがよく大満足です。

いまのところ「プチフリ」は大丈夫ですというmakさんからのmini9レポートです。SSDと聞けばプチフリを連想するぐらい有名な症状になっていますが、メーカー搭載のSSDではあまり症状を聞かないように思います。店頭の小売りでは目立たないSamsung製ドライブが多いせいもあるかと思いますが、一応メーカー側でテストしているのでしょうか。

ベンチだけでなく、HDDとは体感的にも癖の違うSSDですが、日常生活レベルでは衝撃を全く気にしなくていいのでごろ寝使用には最適ですね。難点は容量ですがその後XPライセンスが緩和されたらしく、いまはSSD最大容量は32GBまで増えています。 [2009-1-26]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Inspiron Mini9  ありしあ さん

>> デル

 No. 2699

  • 長所: 騒音
  • 短所: キーボード

◆ 購入のきっかけと価格
はじめまして。いろいろ参考にさせていただいてますが、レポートは初です。よろしくおねがいします。
ASUS EeePC 4G-Xに感動して「これのDell版が出たら欲しいな」と思ってたところに出たのですが、SSDの容量に不満があったため(EeePCもそのため手放した)しばらく購入を見送っていたが、Mini12の登場で一時期そちらに傾きかけたのですが、バッファローから64Gの交換用SSDのが出たので購入を決意。同時にメモリーを2Gにしました。(Transcend製)
Mini12はメモリーが交換不可な時点で選考から外しました。
近所のedion系列店にて購入。価格は5万円でお釣りが来る程度でした。
(それ以外にメモリー+SSD代がかかってますが。)
OSは純正のSSDはそのまま使い、バッファロー製SSD(64GB)にはXP Professionalを入れてます。

◆ 体感速度の変化
最初は結構いい感じだったのですが、しばらくしてファイルを開け閉めする時にひっかかる感じが気になりました。
(EeePC 4G-Xでは感じられなかったのですが、いわゆるプチフリでしょうか?)
純正、バッファロー製のどちらも感じられました。
いろいろ調べて見て、ドライブの圧縮を解除したり、ラムディスクを導入したりしましたが、
(I/O DATA製 RanPhantom3LE を導入。たまたま対応したメモリーを持っていたので)
結局、ファイルシステムをFAT32にしたのが一番効き、フツーに使えるようになりました。
でも、手持ちのLatitude D600のが安心して使えますが。
(PenMとはいえ2GHzのものに交換しているので、比べるのは卑怯ですが。)

◆ 液晶の質
明るい。というかコントラストが高いのか。
なんとなく他のデルノートと比べて見やすい感じがします。
画面自体が小さいので解像度が高くて文字が小さいと結局読めないので
私は、解像度はコレくらいでいいです。

◆ キーボード:配列やタッチ
小さい。
タッチパットやマウスをメインで使う人向け?
キーボを多用するなら12インチワイドあたりが限界なのかもですね。

◆ サウンド
ノートだから。というには悪すぎ?
スピーカー自体の質もあるだろうけど、設置場所も悪いんじゃ?
開くとスピーカーの前にバッテリーが来るんですが・・・。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
全体的に丸みを帯びたボディはデザイン的にすっきりして好きですが、
天板に指紋がベタベタつきすぎ。保護用フィルム付けっぱなしのが綺麗な状態を保てて、よかったかも・・・。
USB端子は3個あれば十分かと。
SDカードスロットはカードがすっぽり入る仕様なので追加ドライブ的に使うのが正しいのか・・・。
挿し方が悪いと抜けなくなるので怖くて抜けません(苦笑)

◆ 排熱:筐体の温度
足の上でずーっと使っていると暖かくなる程度。
ただファンレスなので夏になったらどうなるかは不安が残る。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
静か。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
シンプルなデザインもあってか、持ちやすいです。
ACアダプターはDELLっぽくなくてさみしいです。(小さい)

◆ その他
リカバリーしたのはバッファロー製SSDのみで純正SSDでは行っていないのですが
書き込み速度が遅いのは同じなのか、リカバリー時に正常に動作しているのか心配なるほど遅かったです。
(NTFSでPro NTFSで付属HE FAT32でPro の3回リカバリーしてます。)

普段、FFXIをプレイしているので、試しにインストールしてみました。
インストール自体は可能でしたが、考えうる限り軽い設定にしても動作がぎこちなかった為、
それほど動かすことなく諦めました。
FF11 Vana'diel Bench 3はHighでは動作せず、Lowでスコア1442位でした。
(ウイルスソフト等、普段使っている状態で)

◆ 総評
いろいろ設定等をイジるのが好きな人にはいいかもしれませんが、買ったままの設定で使うようなPCに詳しくない人には優しくないように思えます。
(ファイルシステムをFAT32にするだけでいいんですが。)
そういう意味では、SSDを使ってなく(1.8インチとはいえ)HDDを使って、タイピングにも無理のない大きさのキーボードを搭載しているMini12の方が一般向けなのかも?と思います。
ただATOMの性格を考えれば、ATOM搭載モデルというだけで、一般向けではないのかもしれません。
汎用性を考えればセレロン搭載モデルのが一般的でしょうね。

いろいろ試行錯誤して遊ぶ分には、「面白いおもちゃ」ではあります。
(デルPC全般に言えることですが。)
いろいろ考えて、パーツ交換したりして、遊べる最小PC。
その辺はMini12では無理ですね。やはり。

プチフリ現象などまだ人柱感の取れきれないSSDですが、ありしあさんが換装されたバッファロー製のSSDモジュールでももたつきが発生。結局、ファイルシステムをFAT32に仕切り直すことで解決をみたそうです。FAT32にするというのは良く目にするプチフリ解決法の1つです。純正のモジュールでも同様の症状が感じられたというのは気になりますね。
 → 8Gバイトと4GバイトのSSDモジュールはインテル製が採用されていた
 → x-gadget: これがSHD-DI9Mだ!

Atomノートのなかでは最大の液晶サイズをもつMini12とも迷われたそうですが、中身をいじれる点を評価しMini9にされています。「Atomって何さ?」というのが一般の方の反応だと思いますが、そんなカジュアルユーザー層にいじる要素は不要なので、ありしあさんの仰る通りキーボードも打ちやすいMini12の方が適役そうです。 [2009-2-19]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 3

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Inspiron Mini 9ユーザーレビュー