HOME > レポート一覧 > KOHJINSHA SRユーザーレポート

KOHJINSHA SR

KOHJINSHA SR

■ 評価点平均

4

「モバイルノートは高い」を覆すモデル。液晶に画質では劣るが安いカーナビ用のパネルを使うことでコストダウンを図っている。液晶はタッチパネルで2軸携帯のように180度回転して折りたたむこともできるコンバーチブル式。折りたたんだ状態でも液晶横に付いているスティックポインタとボタンを使いある程度の操作が可能。
 CPUは開発コードネーム「Stealey」ことIntel A100/A110が採用されている。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶 1
キーボード
騒音・ノイズ
1 筐体の質感
発熱処理

型番

SR8KP06A(KURO), SR8WP06A(White)

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

KOHJINSHA SR8KP06  oyadi さん

 No. 2353

  • Intel 945GU (251MB)
  • その他 800Ghz
  • 2 GB
  • Windows Vista
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 2.1 4.6 3.6 2.6 4.3 2.1
FF11v3 高解 662

◆ 購入のきっかけと価格
SRのレポートが無いようなので・・・w

LOOX U50を買おう!と色々検索していたところ、ふと工人舎の情報が。
同じA110でメモリが2G乗る!?
という事で、ちょっと大きいけど、外でDVDを焼く事があるので一体型のSRをチョイス。

◆ 体感速度の変化
XPS M1210(Core2 T7200)も使っているのですが、体感速度が余り変わらない(^^;
というのもXPSでは重い処理、SRは軽い処理しかしていないからですがw
とはいえ、思っていたよりサクサク動くのには驚かされました。(*注意:それぞれの感じ方ですが(;´▽`A``)
ちなみにメモリ1Gでも2Gでも体感速度に変化はありませんでしたが(^◇^;)

◆ 液晶の質
今まで私が使ったノートPCの中では一番綺麗かもw
画面は縦にもう少し欲しいところですが、新しいドライバにより1024x600だけでなく、1024x768、1152x864まで(アスペクト無視ですが)表示可能になりましたし、まぁ満足
しております。

◆ キーボード:配列やタッチ
特に違和感も無く、個人的にはとても使いやすいです。

◆ サウンド
頑張ってますw

◆ 筐体:質感や強度
結構しっかりしています。液晶のヒンジ部分も不安はありません。
質感も値段の割に良い感じです。
ただ、底のゴム足が一個だけ取れやすいです。
そんな情報も流れていましたが、これほどまでに取れやすいとは思いもしませんでしたw

◆ 筐体:各種コネクタの位置
個人的には、全て使いやすい位置にあります。
CFが前面にあるのを嫌う人が多いようですが、私は今のところ利用していないので逆に
使わない場所にあることが利点となっておりますw

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDDは、たまにカッコンとか妙な音がします。割と大きな音でビックリしましたが、この
症状の報告は多いようです。が、それほど問題も出ていないようなので、この個体の特性
と割り切りましたw
ドライブは静かな方だと思います。DVD再生中も、音が気になることはありませんでした。
ファン音も、私にとっては気になるレベルではありませんが、気になるならサイレント
モードがあるのでそれで対処できると思われます。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
UMPCではありません。小さ目のノートPCです。
持ち運びには、それなりの重量感もあります。
ACアダプタは小さめで持ち運びしやすいですが、メガネケーブルって言うのかな?コンセント
に差し込むほうのコードが長すぎで邪魔ですw

バッテリーは、普通に使って3時間程いけています。青葉、無線LAN、DVDドライブをそれぞれ電源
落とせるので もしかしたらもっと長い時間もたすことも可能かもしれません。

◆ その他
UMPCが欲しいのだったら、この選択肢はありえません。

◆ 総評
実質93400円で買えたので満足しております。
また、Vistaで使うにはもっさりで使い辛いとの報告が多く覚悟しておりましたが、全然普通に
走っています。
「Aeroを切ると速いのね」なんて報告もありましたが、逆に動画再生で重くなりました。
一応XPでの運用も考えていたのでインストールしてみましたが、まだまだ不具合も多く、Vista
での運用が実用的と感じました。

色々人気の無さそうなSRですが、DVDドライブが必要な方や、ドライブを一緒に持ち歩く事が多い方には 逆に一体式なのは容積的にも重さ的にも有利と思います。

A110をこの時期に買うのもどうかと思いもしましたが、思いのほか優秀なCPUでビックリしました。
Libretto60以来の『買ってよかったPC』でした♪

お手頃なやや高解像度ノートとしてVostro 1400をお薦めしたことがありますが、このSRも7型で1024×600というお手頃高解像度モデルです。液晶の画質もこれまでのoyadiさん履歴のなかでトップクラスとのこと。キーボードはさすがに小さいのですが、工人舎の歴史と共に色々改良されてきており、元リブラーであるoyadiさんには大変使いやすいようです。

VistaはAeroを切った方が軽いとよく言われますが、このSRに限ってはCPU性能がさほど高くないこともあり、チップセットに内蔵されたGMA 950の描画支援を得られるAero Onの方が軽快に動くとのこと。Aeroを切るとデスクトップの描画もCPUの仕事になるため、重くなってしまうようです。 [2008-5-15]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

KOHJINSHA SR6KX06A  桜華 さん

 No. 2397

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
CrystalDiskMark 2.1
 ReadWrite
Seq.31.9631.68
512k20.6024.97
4k0.400.710
型番HS06THB

◆ 購入のきっかけと価格
巨大ノート+デスクトップ使いでしたが、小さいノートに憧れてました。
同じ工人舎のSH6を狙っていましたが目の前で売り切れたのでカッとなって隣のSR6をイヤッッホォォォオオォオウ!衝動買い!(IYH)
9万7千円+ポイント13%で、ポイントを使って大型バッテリを付けました。後にメモリを交換(512MB→1GB)。
SH6狙いの当初予定から大幅に予算超過(笑)

◆ 体感速度の変化
持ってるPCがQosmioG30/797HS(C2D+Go7600)とPhenomX4 9850BE+Radeon HD 3870なデスクトップなので、当然のように負けてます。
ただ、FireFox2とかSD動画再生程度でストレスが溜まる事はなさそうなので、用途を考えると十分かなと。むしろ600MHzぽっちのCPUでこれだけ動くとは…、という驚きがあります。
HDDも1.8型でしょぼいんですが、これの遅さもあまり感じません。もっとも、HDDという物自体がモバイル向きでないので、そのうちSSDに交換するつもりです。
プリインストールは少ないです。初期のマカフィもインストーラのみデスクトップに置いてあるので嫌なら導入しない選択も可能です。

◆ 液晶の質
視野角も広く、発色も良く、輝度も非常に高いです。
しかしギラツキが地雷レベル(笑)
電子ブックリーダーとか付いてますが、そんな用途に耐える液晶ではないです。

◆ キーボード:配列やタッチ
7型ということもあって変態配列です。特に半角/全角が変な位置にあるのは非常に困る。なんでこんなことになったのか。また、右下部分のキーは小さくなっているので、カナ入力派は要注意です。
タッチの方は軽めのクリック感があって私好み。分解してみても造りは結構良くて、殆どたわみません。さらに、ごく短時間の慣れでタッチタイプもできるようになりました。
そんなわけで、サイズを考えるとかなり上等かな、と思ってます。

◆ サウンド
旧式ラジオ(笑)

◆ 筐体:質感や強度
かなり良いです。「ただのプラスチック」感はまったくない。どちらかと言えば高級感を感じるくらいです。ヒンジ部も含め、強度面でも不安は感じません(実態は不明ですが)
ただ、キーボード以外のボタン類の押し心地が良くない上に、クリック音が大きいですね。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
私はBluetooth機器を多用するため、これにコネクタを挿そうとはあまり思いませんが、敢えて言うなら…。
コンパクトフラッシュが前面向かって右に付いてますが、ここに通信カードを挿すとタイピング時にとてつもなく邪魔でしょうね。
以下、配列を。
左:ケンジントン(奥)、LAN(奥)、Dsub15/RGB(奥)、USBX2(手前)
右:ケンジントン(奥)、電源(奥)、DVD電源スイッチ(奥)、DVD(手前)
正面:CF(右)、無線スイッチ(右)、カードスロット(左)、ヘッドホン(左)、マイク(左)、音量ダイヤル(左)
大半のコネクタに蓋が付いてるのはGOOD。ダミーカードひとつもなし。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
廃熱系が簡素なせいか結構ファンが回ります。高音成分が若干多いようなので、気になる人は気になるかも? 個人的には十分静かかと思います。
筐体の熱ですが、底面全体が熱くなります。40度超えてるかも? それ以外は基本的に熱を持たないので快適といえば快適ですが…、排熱系には若干不安は感じます。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
バッチリ…と思いきや、寸法も小さいので「ずっしり」感があります。500gのVAIOやLOOXがちょっと気になるくらいには。
また、大型バッテリは後方へかなり飛び出します。もちろん重いです。アダプタは携帯電話二個分程度。
とはいえ、何だかんだで1kg前後しかないので、モバイル性自体は十分高いですよ。

◆ その他
液晶脇の専用ボタン群は良いですね。ピュアタブレットモードでの使用を考えているのだと思われますが、キー入力さえなければ大抵の作業が完結できます。あとはクリック感が良くて、BIOS辺りで割り振れるファンクションキーとか付いてれば完璧です。
それと、書き込み対応光学ドライブは持ってますが、リカバリディスク作成ツールがありません(笑)

◆ 総評
Bluetoothが使えて、そこそこの解像度とサイズのタッチパネル画面で、光学ドライブまで付いてきて、モバイル性が高くて、安っぽくない造りで10万円。そう考えると随分良いものだと思います。
以前にはあったというキーボードの感度悪さなども解消されているようですし、時間を掛けて洗練させてきた感じがあります。
巷ではEeePCとその後続が持て囃されていますが、先行する工人舎製品群の方がよほど「お買い得」なんじゃないかと思ってます。
気になる人の期待に応える面白い機械だと思いますよ。

まあ、3Dゲームには全くもって適しませんが(笑)

SH6を狙っていたはずの桜華さんですが、我を失いSR6を手に。10万円以下のノートって結構やばいですよね(笑) 歴代の工人舎モデルで練られてきたキーボードは配列は納得いかないものの、作りはなかなかとのことです。配列はこのサイズだと万人に受けるものはまずできないので、目をつむるしかないですね。

評価の高い液晶脇の専用ボタン群ですが、先日発表された最新モデルでは無くなってしまいました。代わりに小さく軽くなったわけですが、評価の分かれるところでしょうか。 [2008-6-26]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

KOHJINSHA SR6KX06A  桜華 さん

 No. 2518

CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.79.3445.72
512k78.6225.27
4k19.792.071
型番MSD-PATA3018-ZIF2

真っ当なSSDに換装できましたので、ベンチをば。DiskMarkのバージョンは2.2です。
カタログ値よりだいぶ遅いですが、これはSSD側がUDMA6まで対応なのに対し、PC側がUDMA5で動作させているからのようです。
いずれにしても、HDDやCF変換のなんちゃってSSDより明らかに快適になりました。
これならモバイル用途にも宅内システムのコンソール用にも、積極的に使っていけそうです。

自作ユーザーには速度面がもてはやされることの多いSSDですが、ノートでは速度以外にも蓋を閉めてすぐ動かせるとか、電源いれたままで気軽に持ち運べる(振り回せる)などの利点が大きいです。工人舎ノートのようなモバイル機だとなおさらですね。 [2008-10-12]

その他のレビュー 3

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > KOHJINSHA SRユーザーレビュー