HOME > レポート一覧 > LaVie Light BL350 (GMA3150)ユーザーレポート

LaVie Light BL350 (GMA3150)

LaVie Light BL350 (GMA3150)

■ 評価点平均

4

Pineview採用の10.1型ネットブック。小型筐体ながらキーピーチは19mm。その代わりにEnterとその隣接キーの横幅が大きく縮小されるなど、一部キーにしわ寄せが見られます。
 天板はひっかき傷を作っても自然と見えなくなっていくスクラッチリペア機能に対応。有線LANは100BASE。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード
騒音・ノイズ
1 筐体の質感
発熱処理

型番

2010-09
BL550/CS
BL350/CW

2011-02
BL550/DS
BL350/DW

2011-05
BL350/EW

関連リンク

スクラッチリペアの解説。
天板スクラッチリペア

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

LaVie Light BL350/EW6W  どどどですか さん

>> NEC

 No. 3677

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 3.3 4.7 2.9 3 5.9 2.9
3DMark06 306

◆ 購入のきっかけや価格
ATOMの4スレッドCPUがどんなものか興味があり、HPのMini 210-2100 Special Edition 2011春モデルのネット限定高解像度モデルを買おうとしたが、同じ高解像度で安いこれ(BL350)を見つけて即購入した。本体が安かったので予算的に余裕ができ、Anytime UpgradeのHomePremiumとメモリ2GBもすぐに購入した。
現在は、SSD交換しているのでだいたい5万円ちょっとかかった。
本体(33500円)+HomePremium(7千円)+2GBメモリ(1200円)+古い64G SSD(1万円)

◆ 体感速度の変化
思っていたより、遅いが日常では不満なし。たいていの動画ファイル(AVI,MP4,DIVX)もコマ落ちなしで見れる。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
結構見やすいが、液晶の倒せる角度が狭い(ゴロゴロして使用するには制限がある)。解像度が高いので便利。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
本体のサイズが小さい割にキーが大きく押しやすい。ただ、白いモデルは汚れが目立ちそう。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
ステレオスピーカなので不満なし。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
傷が消えるを売りにしている上面は見た目共に良い。1Kgの本体は軽量で扱いやすい。

◆ 排熱:筐体の温度
問題なし。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
あまり気にならない。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
小型の本体と小型のACアダプタと申し分ない。大きさ。

◆ その他
標準の1GBメモリは少なすぎる。増設が不可になっているのもどうかと(分解がかなり面倒)。過去のモデルでHomePremiumがはいった2GBモデルがあったがこちらの仕様も出してほしい。また、N570だと最大メモリが2GBなのでD525(最大4GB)を採用してほしかった。自分には必要ないカメラもなくスッキリしている。

◆ 総評
いい買い物をした。3万代でこの性能が手に入るとは、いい時代になったなと感じた。OSはHomePremiumを入れて使っているがなんの問題もなく使える。1kgでHD(1366×768)解像度を持ちバッテリ5時間駆動はネットブックの中でも希少。弄り倒すにも面白そう、splashtop OSが動く(ウインドウズからインストールした)ので起動直後すぐにブラウザが使えたりするので楽しめそうです。

Atom N570はデュアルコアCPUでHyper-Threadingにより1コアが2スレッド扱えるため、計4スレッド扱えるCPUとしてタスクマネージャーなどには表示されます。考えてみればそんなCPUを搭載したノートを3万円前半で買えるわけですから、凄い時代になったものです。

どどどですかさんは画面の解像度にも言及されていますが 10.1型 1366×768の解像度があります。シニア世代にはちょっと厳しいドットピッチかもしれませんが、俯瞰できる情報量が多いほど仕事のはかどるヘビーユーザーにはこちらの方がウケは良いですね。その割に標準ではメインメモリ MAX 1GBというのは残念。キーボードは一部キーが縮小されていますが、特に問題にはされていません。 [2011-9-24]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > LaVie Light BL350 (GMA3150)ユーザーレビュー