HOME > レポート一覧 > Lenovo G475ユーザーレポート

Lenovo G475

Lenovo G475

■ 評価点平均

4.3

価格優先となるLenovoの14型モデル。GPUを統合したAMD E-350 (1.6Ghz)採用で大変安価なのが特徴ですが、有線LANが100BASEどまりなど、使い方によっては性能がネックになるので要注意。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶 2
キーボード
騒音・ノイズ
筐体の質感 1
3 発熱処理

型番

■ 2011年3月
436022J

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Lenovo G475  takenoko さん

>> Lenovo

 No. 3517

  • 長所: 熱処理
  • 短所: 筐体
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 3.8 5.6 4.1 5.7 5.9 3.8
3DMark06 2144
FF14 低解 469
FF11v3 高解 2240
モンハン絆 903

◆ 購入のきっかけや価格
AMDのAPUが気になって情報を集めていたところに、近くのヤマダ電機が広告で¥37800-で出していて、ドコモデータ通信端末の更新時期に丁度なったので、再契約時にPCセットで購入する事にしました。
結果は希望の端末では、ヤマダでは契約できなかったので、隣のビックカメラに行ってみたところ、希望端末で同じ値段でOKということになり、購入してきました。

◆ 体感速度の変化
以前レポートした、GatewayのEC19Cと比べてですが、通常使用に問題は無く、ストレスも感じません。しかしCPUとしての処理能力がi5より低い為、CPUパワーの必要な作業には向きません。
GPUとしては、所謂チップセット内蔵型としては、前評判で言われている通りなかなかな実力を持っていると思います。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
グレア液晶は特に問題ありません。低価格PCなので、上下の視野角はお察しください。
角度がある程度になると、画面が白くなります。その状態の視認性はあまりよくないです。正面からは問題ありません。光沢も他とあまり変わらず。
色や明るさなどは違和感は感じません。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キー配置が少し特殊?です。Home、End、PgUp、PgDnの4つのキーが、Enterの右にあります。レノボが初なので、レノボはこの形式なのでしょうか?自分は今まで、Enterが一番右にある機種ばかりに当たっていたので、このレイアウトは初めてでした。
自分にはEnterを押すのに、少し意識をしないとミスタッチしそうです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
特にノートとしては普通だと思います。音楽では音割れは特に起きません。音量も大きな音は出てると思います。
スピーカーは底部にあります。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感は無機的で高級感はありません。EC19Cはまだ飾り気がありましたが、こっちは飾る気がまったく無いと言ってもいい感じです。ビジネスモデルに近い外装です。プラスチックの質感もそのままです。
筐体の強度もちょっと不安がある感じです。その辺はやはり値段に応じたところでしょう。

コネクターはいたってシンプルです。
左側:奥からケンジントンロック、廃熱口、アナログRGB、LAN端子、USB×3
右側:奥から電源、USB×1、DVDドライブ、イヤホン、マイク端子
正面:無線スイッチ、インジゲータランプ、SDスロット
です。背面はバッテリーのみです。背面は半分カバーが取れ、HDD、メモリー、APUにアクセスできます。(APUはBGAなのでアクセスの意味が無いですが^^;)
最近のHDMIまでも潔く削った、徹底したローコスト化をしています。

◆ 排熱:筐体の温度
廃熱はAPUの低発熱性が際立っています。CPU+GPUを合わせて18Wしかないので、アイドル時にもファンが回っていますが、アイドル時は冷風に近い風が出ています。ベンチなどの負荷時にはやはり温風になりますが、それでも温度は低いです。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ファンも負荷時にはそれなりの音量がありますが、アイドル時はほとんど音が聞こえません。
廃熱温度の低さで、ファンの回転が低めであることが、音量の低さに繋がっているかも知れません。
光学ドライブは、まあ普通の音がしますw

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
バッテリーは6セルタイプで、カタログで5.6時間程度ですが、動画視聴などで駆動させる場合は、やはり駆動時間は短いと思います。いま手元でニコニコ動画を再生させている状態(SD動画、Wifi接続、画面が10段階中3)で、50%残量で2.5時間と出ています。満タンで5時間だとすると、カタログに近い数字が出ているかもしれませんが、まだ購入1日なので検証はあまりしていません。
アダプターは小型です。電源ケーブルはミッキー型です。20Vで40W型とネットブックと同レベルのアダプターで駆動しています。消費電力の高さはなかなか高く、このご時世にはよいPCかも知れません。

◆ その他
本来、小型モバイルに載せる事を想定したチップなので、G475の筐体に載せると、メモリー増設時に中が見えましたが、基盤に余裕が多いです^^;どうせなら12〜11.6インチサイズで出しても良かったのでは?という感じです。
それと、このE-350(他のシリーズを含め)というチップは、いろいろレポートを見ると、メモリー周りが弱いようです。
搭載メモリーがDDR3ではありますが、シングルチャンネルのみです。また、レポートのベンチを見ると他機種よりアクセススピードが遅いようです。FF14のベンチでロードタイムが出ますが、このあたりに大きな影響がありそうです。確かに20秒位でしょうか、読み込みしています。
3Dのゲームなどで、場面やシーン変化の読み込みが、少々遅く感じるかもしれません。
ただ、通常にメールやネット、オフィスなどを使う分には、その点は弱点にならないので、安くてそこそこ使えるノートを欲しい人にはお勧めできると思います。
サポートが良く無いと言われるレノボなだけに、サポートに期待しない人にしかお勧めできないかと思いますが^^;

◆ 総評
総評としては、もともとデスクトップ横のサブ機として購入したので、スペックには期待はあまりしていませんでしたが、3Dの純粋な能力はなかなか高いです。再生支援も普通に効いており、YoutubeのFullHD動画は難なく再生します。ただ、CPU使用率がi5470UMなどと比べ高く、再生支援を付けても、50〜60%前後はグラフが動いています。
そこそこ重いと言われる、A列車で行こう9(最低負荷状態)のFPSは、i5470UMの内蔵が10FPS程度なのに対し、E-350は19.5FPSを出します。DirectX11にも対応しており、ちょっと昔の3Dゲームならそれなりに動くと思われます。(DX9世代に完全対応しているかは謎ですが)
4Gamerなどでインプレッションがあり、いくつかのゲームのベンチマークを回しているので、気になる方はそちらを参照にして下さい。
この値段で、このスペックを、OSも含めて新品で買えるとは驚きです。コストパフォーマンスはかなり高いと思います。ライトユーザーか、2台目以降の方なら、この機種でも満足できるかと思います。この値段ですから、おもちゃを買うような感覚で買うと良いかもしれません。
総合評価は、機能などで考えると3〜4ですが、コスパを考慮し5としました。でもギリギリ5というところでしょうか。

Enter右横にHomeやEndキーがあり戸惑っておられるtakenokoさんからのレポートです。レノボでもThinkPadシリーズに関しては違うのですが、IdeaPadシリーズや本機の属するエッセンシャルLenovoシリーズはEnter右横にキーが配置されているモデルになります。最近は他のメーカーでもよく見かけるキー配置なので慣れてしまうのも1つですが、慣れない場合はThinkPadシリーズを選ぶと回避することは可能です。

ローコスト化のためHDMIも無いとのことですが、代わりにDisplayPortがあるわけでもなく、映像端子はVGAのみという割り切りぶりです。

内蔵コアはAMDのアピール通り、SandyBridge内蔵コアよりも高いFPSを出しています。独立GPUには及びませんが、takenokoさんも言及されているように3万円台のモデルですので、十分な性能です。 [2011-3-31]

  •  A列車で行こう9 (C) 2010 ARTDINK All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Lenovo G475  隆64 さん 隆64 さんさんのほむぺ

>> Lenovo

 No. 3551

  • 長所: 熱処理
  • 短所: 液晶
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 3.8 5.6 3.9 5.5 5.8 3.8
3DMarkV 643
FF14 低解 472
FF11v3 高解 2114
モンハン絆 795
   

◆ 購入のきっかけや価格
4年以上前に買ったPentium M 1.6G Radeon X700のノートパソコンが調子が悪くなり、22.818円の下取りにして39.900円のところ現金17.082円で買いました。

◆ 体感速度の変化
以前使っていたXPから7になりましたが、OSが7になったせいか64ビットのせいかメモリが2GBのせいか、ウェブ観覧時にもたつく感じがあります。
2GB追加して4GBにしたらある程度は改善された気がします…

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
輝度は十分あります。自分には輝度は最低が丁度良いです。視野角…はよくわかりませんが、角度を水平に調整しないと見づらい時もあります。
15.4型ワイドから14型ワイドにしたので縦方向が狭く感じます。
発色は青白ぽっかったのですが、Catalystからガンマのメモリを下げれば色が濃くなりました。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
配列は…左のShiftキーがキー1個分です。「、。」などのキーも小さいです。
打ち心地は、カチャカチャという感じではなくポチポチ、カチカチと言う感じです。以前のほうが良かったです。
タッチパッドは普通だと思います。右端で上下にスクロールできます。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
サウンドは…ノートのスピーカーの中では普通でしょうか。悪くないんじゃないかな…ノートの中ではです。
外部スピーカーに繋いだほうが良いですね。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
USBは4つあります。左3個、右はマウス用1個と考えられてる気がします。
質感は安っぽいです。強度は期待していません。

◆ 排熱:筐体の温度
まぁまぁ温かい程度で収まっています

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
冷却ファンのサーという音が常にします。が個人的には音楽を流せば気にならない。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
そんなに軽くはないですが、持ち運べるレベルだと思います。意外にアダプタが小さかった。
本体までのコードは細いのですが、アダプタからプラグまでの線が太いですね。
特筆すべきはイーモバイルのUSBデータ通信カード使って動画配信を3時間ほどできる点です。
バッテリー起動にすると3Dゲームのパフォーマンスがいくらか下がりましたが
以前のノートのようにカックカクって程にはなりません。実用レベルです。

◆ その他

ウェブカメラが付いていて、初期設定だと画面がかなり暗かったんですが、
youcamからコントラストなどを上げたら随分マシになりました。
まぁ、値段相応でしょうか…。顔認証の機能も…全然使っていません。
DVD作成ツールCyberlink Power2Goが付いていました。
とPDFの説明書にHDD、メモリなどの絵付きの交換方法が載っていたので好印象です。
リカバリディスクが付いていなく、OneKery RecoveryからそのDVDを焼いて作ります。
PCカードスロットがありません。

◆ 総評

4年前のパソコンからの買い替えなのですが、値段の割に頑張っているなという印象です。
軽い3Dゲームなら十分こなせる印象です。伊達にradeon名乗ってないですね。
数年前のローエンドの単体グラボぐらいの性能ありますね。でも最近の3Dバリバリのやつはゲームにならないと思います。
FF11は高解像度で人の密集しているところに行くとフレームレートが秒間8コマまで落ちます。
が、致命的な程は気になりませんでした。

MHFと、FF11を高解像度で同時起動してみました。
MHFは30フレーム、FF11は人が自分だけしかいないところなので24フレームです。
(すみません。メモリ2GB時のSSです)
3DMark06は起動しませんでした。3DMark11は起動するものの途中でフリーズ。

M.Radeon X700のノートパソコンと較べると性能的には別次元の新機種になりますが、下取りがそこそこの値段がついたのと新品価格の安さのおかげで少額の現金で買い換えられています。

本機内蔵の「Radeon HD 6310」はシェーダー数は 80と少ないですが、DirectX11に対応する統合型GPUです。DX11専用となる3DMark11も起動に成功しています。ただ途中で止まってしまうとのこと。顔認証は最近流行りですが、指紋認証ほど手軽に使われていない気がしますね。メーカーにしてみればハードウェアはWebカムだけで済むので安上がりなのだと思いますが。 [2011-5-7]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  PSU イルミナスの野望 (C) 2007 セガ All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  モンスターハンターフロンティア (C) 2007 カプコン All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Lenovo G475  ironsand さん

>> Lenovo

 No. 3622

  • 長所: 熱処理
  • 短所: 液晶
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 3.8 5.5 4.2 5.7 5.8 3.8

◆ 購入のきっかけや価格
実家の親用PCの更新用として購入しました。
お値段は送料込みで約3万円。

◆ 体感速度の変化
普段私がメイン使用しているDell Studio1557はもちろんのことcere2搭載マシンと比較しても明らかに遅いですね。
想定競合がAtomといわれれば納得するレベル。
ネットワーク越しにNASに保存してあるビデオファイル(m4v, 1000kbps)の再生(GOM Player)がスムーズにできないあたりからCPUの性能の低さがよくわかります。
複数のソフトウェアを同時に起動して平行作業するとストレスがたまりそうですね。

反面、ビデオ性能は世間の評判どおりそこそこのもののようです。
カジュアルな3D-MMORPGなどは問題なくプレイできました。

メモリは標準2GBのままで、デフォルト設定・通常使用でおよそ400MBほどVRAMに取られています。この状態でも前述のように並行作業が厳しいシステム性能ですのでメモリ不足はあまり感じません。
もっとも2GBのRAMが2千円程度で買える世の中ですから親に引き渡す前に増設しておいたほうがいいかな?

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
輝度は十二分ですが、視野角はイマイチですね。
値段が値段なので液晶に期待するほうが間違いです。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キー配列はちょこっと変則気味で嫌がる人も居そうな感じ。
タッチは個人的にはまずまずですね。
タッチパッドもHPと比較すると十分実用レベル(HPのタッチパッドがひどすぎるという気もする)。
とはいえ基本的には据え置き用途でしょうからマウスを使うのが良いと思われます。

HPやDELLと違ってデフォルトでファンクションキーがファンクションキーとして使える点は◎。
これが当たり前のはずなのに評価点となってしまう現状のほうが問題だと思いますが・・・。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
親用ということもあり、珍しく本体のスピーカーから音を出してみました。
音割れやノイズなど極端に気になる点はないですね。
値段が値段なので音が良いとはお世辞にも言えないですが・・・。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
もう潔いほどのプラスチック筐体。
安っぽさを隠す努力すら見えません。
強度は据え置き使用ならば問題のないレベルですが持ち歩く場合にはちょっと不安があるかもしれません。

パームレストにストライプ加工がしてあるので指紋や掌紋が目立たないという点は非常に良いと思います。

コネクタ配置も筐体設計にお金をかけていないのが丸わかりですね。
右側のUSBが電源コネクタの直前に配置されており、マウス専用とするにはちょうどいい場所です。
左側は手前側に3つ並んでいるので接続する機器によっては邪魔になりそう。
また有線LANコネクタ位置も左側のど真ん中なので結構邪魔になりそうな位置ですね。

◆ 排熱:筐体の温度
廃熱・筐体温度についてはまずまずだと思います。
性能/筐体サイズから考えるとかなり余裕があるはずですので当たり前といえば当たり前ですけどね。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
静粛性もそう悪くはありません。
システム自体の発熱量がもともと小さいですからね。

光学ドライブの音も私の他の所有マシンに比べれば静かなほうだと思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
14inch筐体ということを考えればそれほど重くはないのでしょうが、普段から持ち歩くPCではないと思います。
ACアダプタは十分に小さいのですが、電源線がミッキータイプなのが残念なところ。
価格とトレードオフなので仕方ないのでしょうが・・・。

◆ その他
電源ボタンの脇にハードウェアリカバリキーを配置するのはやめてほしい。
私が使う分には全く問題ないのだが、使用するのがITリテラシーの低い親なのでとっても不安。
そもそもそんなに頻繁に使うキーではないはずなのでもう少し考えてほしい。

◆ 総評
性能は高くはないが、価格の割りによくまとまったモデルだと思います。
Netbookとほぼ同じ値段ながら、液晶解像度やビデオ性能、光学ドライブが内蔵されてる点などの優位性があり、All in oneで使用できる手軽さなどから超ライトユーザーや最初に購入するPCとして良いと思いました。

そんなに多頻度に使うわけでもないし...という家族、親戚用に選ばれやすそうなLenovoシリーズ。売価が3万円ということで、OS費や流通経費を除けばおそらくは2万円前半のコストで組み上げられていることになります。そこに液晶の画質や筐体に高いレベルを求めるのはさすがに無茶な注文になってきます。酷いタッチパッドが氾濫するなか、そこそこまともに使えるのはありがたい。 [2011-7-28]

その他のレビュー 3

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Lenovo G475ユーザーレビュー