HOME > レポート一覧 > Lenovo G560ユーザーレポート

Lenovo G560

Lenovo G560

■ 評価点平均

2.5

G550からプラットフォームを刷新し、Core i3/i5搭載となった廉価モデル。キーボードはテンキー付き。15.6型とテンキー付きにしては小さい筐体のため、テンキーは横に短い縮小キーになっている。
 ThinkPadのようなトラックポイントはなく、一般的なタッチパッドのみとなっている。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード 2
2 騒音・ノイズ
筐体の質感
発熱処理

型番

Officeなし
 06792HJ Core i3-330M(2.13GHz), 2GB
 06792UJ Core i5-430M(2.26GHz), 4GB
 06792AJ Core i5-520M(2.4GHz), 4GB

 予想価格
 順に6万9800円前後〜8万9800円前後の見込み

Office付き
 06792TJ Core i5-430M, 4GB
 06793FJ Core i5-520M, 4GB

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Lenovo G560  S.H. さん

>> Lenovo

 No. 3249

  • 長所: 騒音
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 6.8 5.9 5.2 4.6 5.9 4.6

◆ 購入のきっかけや価格
研究用に与えられたパソコンです.値段は聞いていません.

◆ 体感速度の変化
自分のPCがP8600の2.4GHzですが,それと特に体感差はありません.

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
LEDの液晶らしいですが,自分のThinkPadとほとんど変わらないです.
ただ,自分のはWSXGA+なので,16:9で1366x768のHD液晶は本当に狭く,
特に縦が足りません.
また,ドットピッチが大きいため,ピクセルが見えるのが非常に気になります.

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
Lenovoなので期待していたのですが,非常に安っぽい作りだと感じます.
テンキーのために一部のキーが縮小されているのがなれません.
とくに,右ShiftがEnterの下にないため,押し間違いが起きます.
ThinkPadと比べると話になりません.

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
自分のThinkPadと比較しても,あまり違いがわかりません.

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
天板は光沢がありますが,指紋が目立ちます.
強度は,端を持って持ち歩いてもびくともしません.頑丈な作りだと思います.
また,ラッチレスで,片手で開くことができるのはいいと思いました.

◆ 排熱:筐体の温度
高負荷をかけていないのでわかりませんが,
使っていて熱くなったということはありません.

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
冷却ファンは,普段は低速で回っているっぽいです.
時たま,一時的に回転数を上げるときにファンのモーター音が聞こえますが,
特に気になるほどの音ではありません.
ここら辺はThinkPadにも引けをとらないと思います.

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
2.6kgで,そんなに軽くはないので基本据え置きです.
驚いたのがACアダプターで,やたら縦に長いです.
ThinkPadのACアダプターをさらに細長くした感じです.

◆ その他
思った以上のIntel GMA HDのパフォーマンスに驚きました.
自分のThinkPadがGM45なので,比較してみました.
タイムリープぶーとべんち v1.01でのスコアは,
GM45 : 27fps
520M : 65fps
(すべてのオプションはoff)
と,倍以上の性能になっていて,ここまで向上したのかと思いました.
これなら結構ゲームができそうな気がします.

◆ 総評

「ThinkPadの」Lenovoと思ってこのPCを買うと本当に痛い目を見ます.
ただの「LenovoのPC」として買うならまあいいんじゃないかと思いました.

ThinkPadじゃないLenovoノートのG560。大和事業所で開発されるThinkPadと違って、非ThinkPadシリーズは中国で開発されています。一応、ThinkPadの技術者がキーボード開発のアドバイザー的なことをしていると以前大和事業所見学会で聞きましたが、さすがに助言だけではThinkPadにはなれないですね。

縦に長いACアダプタというも珍しいですねー VAIOにも本体の後ろに横に並べておける、細長いスティックアダプターというのがありますが、あんな感じでしょうか。 [2010-6-21]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Lenovo G560 06795HJ  てんちょ さん

>> Lenovo

 No. 3275

  • 長所: 騒音
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.4 5.5 3.9 5.1 5.9 3.9

◆ 購入のきっかけや価格
知人の購入したもののセットアップを頼まれたため、触らせてもらいました。
NTT-Xで55000円でした。

◆ 体感速度の変化
Nehalem世代且つ初のWindows7 64bitでしたが・・・これ、自分のHP Pavilion Tx2505/ctの方が速いんじゃないの???と思ってしまいました。(知人には黙っていましたが)

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
視野角は上下方向狭め、ちょっと角度を変えると色変わりします。が、値段から見たら十分だと思います。
LEDバックライトの為、かなり青っぽいです。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
筐体には余裕があるものの、テンキーを詰め込んでいるためキーボードの右下あたりのキーが縮小されて窮屈でした。
私は仮名入力なので、このキーボードは致命的です。
ローマ字入力の方ならあまり気にしなくてもいいと思います。
キータッチは良くも悪くも普通のノートPCです。
ThinkPadほどかっちりとはしてないように感じました。


◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
とりあえず出ている程度の音質です。
本格的に音楽聞くなら、スピーカーをつけた方がいいですね。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
概ね良好だと思います。
値段の割には強度もしっかりしており、安心して長期間使えそうです。
また、電源コネクターもL字型のもので、右後端の配置されていて邪魔になりません。
パームレストが光沢仕上げではなく、細かいシボが入っているので、手に汗をかいても貼り付きません。
非常によいと思いました。


◆ 排熱:筐体の温度
セットアップとゲームを多少やった感じではほとんど熱くなりません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
光学ドライブは、メディア認識の時に多少賑やかですが、それ以外は至って普通です。
また、冷却ファンもセットアップと多少ゲームをやった限りでは全開になることもなく静かでした。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ACアダプターは細身の小型のものでしたが、AC差し込み口がミッキータイプなので、これがメガネタイプなら細いものに交換できてよかったのですが・・・まあ、元々据え置き型なのであまり関係ないかもしれません。
A4据え置き型なので、あまり持ち歩きたくはないですが、家の中くらいなら持ってうろうろしても苦にはなりません。
バッテリーに関しては、全く使用していないので不明です。


◆ その他
マビノギをインストールしましたが、ティルコネイルでは正常に動けて動作に問題ないものの、首都タラでは走ったらガクガクでまるでお話になりません。
RADEON HD3200+Turion X2 Ultra ZM-80のTx2505/CTでも、省電力が効いてると同じ現象が出たので、同機能を解除して常に高クロックで回すと現象が回避できたので省電力機能を解除して試してみましたが、こちらは全く現象変わらずでした。
ドライバの作りがよくないのか、グラフィックのデータ展開が間に合わないのか・・・名前は新しくなっても、Intelオンボードはゲームでは使い物にならないようです。

◆ 総評
同モデルでCeleronのモデルやCorei3のモデルもありますが、基本的にインテルのオンボードですのでゲームには向かないと思います。
筐体などの作りはしっかりしていて、値段の割にはよくできており、「ゲーム以外の用途」では十分満足できると思います。
この個体はPentium P6000搭載モデルですが、体感ではTurion x2 Ultra ZM-80/Vista Home Premium搭載のHP Pavilion TX2505/CTに負けます。(CPUではTX2505が負けているんでしょうが・・・)
おそらく上位機種のCorei3やi5搭載機なら印象も変わったのでしょうが、お値段が1.5-2倍になります。
それなら、格安で売られている、AthlonIIやTurionのRadeon HD3200や4200を搭載しているノートを買った方が幸せになれるかもしれません。
とりあえず、ゲーム用途はチャットとか露店放置にしか使えなさそうです。

最近メディアでの露出も増えてきたような気がするLenovoの廉価系G560のレポートをてんちょさんからいただきました。搭載CPUのPentium Dual-Core P6000は一応Arrandale系の最新32nmプロセスのCPUなのですが、ターボブーストが無かったり、色々弱体化されており、体感的にはかなり鈍いようです。低クロックのPen4似?

長所は静粛性。動作不安定ではありますが、ゲーム中も静かとのことです。短所にはキーボードを選ばれています。キーが詰め込まれたことによるキーの圧縮、キータッチも平凡ということでキーボードが選ばれています。IdeaPadのキーボード開発にはThinkPad開発陣の助言が入っているという話を聞きましたが、Gシリーズはそういったものはないのかな。 [2010-7-11]

  •  マビノギ (C) 2003-2005 NEXON Corporation Co. All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 2

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Lenovo G560ユーザーレビュー