HOME > レポート一覧 > Lenovo G570ユーザーレポート

Lenovo G570

Lenovo G570

■ 評価点平均

4.2

SandyBridge搭載の15.6型 1366x768 エントリーモデル。有線LANが100BASEどまりなど、ヘビーユーザーでないと気づきにくい部分のコストをキッチリ削ってます。PCに詳しくない一般の人であれば、GigabitEthernetを活かせるユーザーというのはかなり限られてるでしょうし、あまり影響無いかもしれませんね。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶 3
キーボード 1
騒音・ノイズ 1
3 筐体の質感
2 発熱処理

型番

■ 2011年2月発表
433449J Core i5-2410M
433432J Core i3-2319M

■ 2011年6月7日
43345XJ Core i5-2410M

■ 2011年7月5日
43345XJ Core i5-2410M (2.3Ghz - Max 2.9Ghz), メモリ 4GB
43346UJ Core i3-2310M (2.1Ghz), メモリ 2GB

■ 2011年8月9日
433472J Celeron B800 (1.5Ghz), メモリ 2GB

■ 2011年8月23日
433473J Pentium B940 (2.0Ghz), メモリ 2GB

■ 2011年10月13日
43347FJ Core i5-2430M (2.4Ghz - Max 3.0Ghz), メモリ 4GB
43347GJ Core i3-2330M (2.2Ghz), メモリ 2GB

■ 2012年1月17日
4334C2J Core i5-2430M (2.4Ghz - Max 3.0Ghz), メモリ 8GB
4334CRJ Core i3-2330M (2.2Ghz), メモリ 8GB

■ 21012年1月17日
4334C3J Core i5-2430M (2.4Ghz - Max 3.0Ghz), メモリ 8GB
4334CSJ Core i3-2330M (2.2Ghz), メモリ 8GB

■ 2012年2月28日
4334D9J Core i5-2450M (2.5Ghz - Max 3.1Ghz), メモリ 8GB
4334D6J Core i5-2450M (2.5Ghz - Max 3.1Ghz), メモリ 4GB
4334D8J Core i3-2350M (2.3Ghz), メモリ 8GB
4334D7J Core i3-2350M (2.3Ghz), メモリ 2GB

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Lenovo G570  takenoko さん

>> Lenovo

 No. 3567

  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 6.4 7.3 5.6 6.2 5.9 5.6
FF14 低解 508
FF11v3 高解 2980
モンハン絆 1700

◆ 購入のきっかけや価格
先日G475を購入したばかりですが、店頭を見ていたらG570が安くなっているじゃありませんか。
SandyBridgeの実力が気になってしまい、気が付いたらお持ち帰りになっていましたw
ビックカメラで¥44,800-でした。
環境構築中ですが、出来る範囲でベンチを取ってみました。

◆ 体感速度の変化
E-350と比べて、やはりCPUパワーは比ではありませんね。2310Mは一番下のモデルですが、ぜんぜんパワフルです。
使用する上ではE-350も十分ですが、2310Mは余力が十分あるといった感じです。
この値段で手に入るPCとして、まったく遜色はありません。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
G475と恐らく同じ液晶のサイズ違いと思います。視野角は狭いですが、色合いなどは値段の割りに良い方ではないかと思います。
輝度も十分明るく、通常で使うには2段階ほど落として使っても明るいです。LEDバックライトは明るいですね。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
これもG475と同じキーボードのフルタイプです。テンキーまであり、デスクトップのキーボードと大体同じ感覚で使えます。G475では少々エンター周りの変則さに戸惑いましたが、フルキーボードに近いこのモデルでは、自分としてはかえって使いやすいです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
スピーカーはG475より良く感じます。発音もなかなか良く、大きめな音量でもフレームのビビリ音などありません。音割れも大きめの音量で鳴らしてみましたが特にありません。普通に使う音量では起こらないと思います。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
コネクター類はG475にHDMIが増えただけです。端子は向かって左側です。
筐体も基本デザインはG475と同じですが、G570は表面が光沢のある塗装でツルっとしています。パームレストは金属製で、アルミヘアーライン板に塗装されています。
強度はキーボード側は結構しっかりしていて、押しても動く部分は特にありません。
値段の割には強度が高めではないでしょうか。

◆ 排熱:筐体の温度
SandyBridgeの低いTDPによるところが大きいと思いますが、キーボード側は廃熱口周りのみ暖かい位です。パームレストは金属でひんやりしています。
裏面もCPU搭載位置、廃熱口周りが暖かい位で、その他の部分はやはりひんやりしています。
最近のノートPCは、廃熱処理とCPUの低発熱化がすごいですね。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ベンチをかけているとファンから大きい音は出ます。熱もCPU+GPU分ですから、それなりの温度の風は出てきますね。静かな室内ではファンノイズは目立ちますが、Penium4辺りのPCと比べると音量は小さくなっていると感じました。アイドル時はかすかに音がしている程度です。
光学ドライブは少し音量が大き目かな?

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
15.6インチなので持ち運びは考えていませんが、同サイズの数年前のノートに比べると軽いのでは。
カタログ値で2.6kgとのことでした。持ってみた印象はそこまで重いとは感じませんでしたが、バッグに入れて一日持ち歩くのは辛いです。
アダプターは比較的このサイズのノートでは小さめではないでしょうか。3.5cm×16cm程度です。
コンセント側は、海外メーカーでは普通の3ピンミッキータイプです。

◆ その他
SandyBridgeが気になって買いましたが、このお値段でこのスペックはびっくりしました。FF14は厳しいですが、比較的軽めにゲームでしたらプレイが出来そうです。
E-350もグラフィック機能が売りの一つでしたが、それを上回っています。E-350もあの消費電力であのグラフィック機能を持つのでそれぞれ一長一短ではないでしょうか。
どちらも良いチップだと思います。内蔵グラフィックがどんどん良くなってきているので、少し前のGPUをあっさり超えてしまったりするところは驚くばかりです。
現在SSD化を企んでおり、SSDを搭載すれば弱点もほぼ無くなるのではと思います。

それと、あまりこれは万人向けとはいえませんが、搭載CPUがソケット方式の為、今年後半辺りから出てくる予定のinvyBridgeは、Sandyのマイナーチェンジと言われており、載る可能性があったりと、機械好きには改造欲や夢を満たせてくれます(爆)
まあ、BIOSが更新されないと思いますので、載る可能性はかなり低いと思いますが、同世代の上位CPUは乗りますから、安く部品が出るようになったら企んでみようと思いますw

◆ 総評
G475はサブとして使う方にお勧めと書きましたが、G570はメインとして使って十分遜色ないと思います。スペックは十分であり、重めの作業もSandyBridgeのお陰で卒なくこなしてくれます。
メモリーも最大8GBですから、編集とかに大きく拘らなければ、ハイビジョンの動画編集等も出来ると思います。動画支援機能は優秀ですから、視聴はまったく苦になりませんし。
このスペックを持ったPCが4万円台前半で買えるとは驚きでした。
2年前では、同価格帯でAtomのネットブックしか選択肢はなかったと思います。
円高な事もあると思いますが、低価格で高性能なノートPCが出るようになり、この趣味の人間にはいい時代になったものです。まあ、PCは消耗品になってしまったということだと思いますが。
気軽に気になったら購入できるので、ここ数ヶ月で3台といいペースになってしまいましたw

SandyBridge搭載で4万円と高いコスパを誇るG570のレポートをいただきました。GPUはCPUに統合されたHD Graphics。高い3D性能が必要なFF14は荷が重いですが、前世代のIntel統合GPUと較べると大きく性能アップしているため、カジュアルゲームであればかなり楽しめる性能になっています。takenokoさんが計画されているSSD化が完了すれば、ゲーム性能もアップするのではないでしょうか。 [2011-5-30]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Lenovo G570 433432J  ちくわねこ さん

>> Lenovo

 No. 3579

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 6.4 5.5 4.5 6.1 5.8 4.5
3DMark06 3308
FF11v3 高解 2864

◆ 購入のきっかけや価格
買い替え

◆ 体感速度の変化
変化なし。ゲームはしないので。
ネット閲覧用。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
文字はやはり荒めなので長時間はしんどい。
角度は正面以外はきつい。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
良好

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
値段それなり。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
値段のわりには良好

◆ 排熱:筐体の温度
良好

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ファン音はそれなりだが以外と気にならない。

◆ 総評
コスパは非常に良好。

ゲームはせずネット閲覧専用ということでコストパフォーマンスに優れた本機を選択。おおよそ致命的な不満というのは無い模様ですが、液晶はやはり価格相応ということで欠点に選ばれています。 [2011-6-15]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Lenovo G570  であ さん

>> Lenovo

 No. 3646

  • 長所: 熱処理
  • 短所: 液晶
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 6.4 5.5 4.6 5.9 5.6 4.6
3DMark06 3309
FF11v3 高解 2828

◆ 購入のきっかけや価格

ネットを見てみていたらG570 i3-2310Mが34800円になっていたのでポチリ
今ノートPCはたくさんあるのでいらなかったんですが・・・
この値段でSandy Bridge搭載、HDD500GB、メモリー2GB。ネットブックでもこの価格より高いものもあります。今後円高が進んだらどうなるんでしょうね。

◆ 体感速度の変化

i5-2410Mと体感速度はあまり変わりません。いつもはすぐにSSD換装、メモリー増設をしてベンチとかとるのですが、今回は購入したままで使ってみました。
グラフィックを多用しないプログラムではこれで十分すぎるかと思います。
HDDはWD5000BPVT(5400RPM,8MBキャッシュ)ですがあまり早いHDDではなく、Sequential Read、Writeともに90MB/s程度のようです。ここがネックのようで電源オフから起動まで60秒くらいかかります。メインに使われる方はSSDに載せ買えたほうがいいかと。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など

先達の報告例にもあるように液晶は少し青色が強いです。グラフィックオプションで調整すればそこそこ見栄えします。
発色は普通ですね。LED液晶ですがほんのちょっとの角度の違いで色変化をしてしまうのが残念。上下の視野角はものすごく狭いです。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド

キーボードはキーの反発がやや強い感じです。強く打鍵する人にはいいかもしれませんが、あたしにはちょっと硬く感じます。少々強く打鍵してもたわまないのは優秀です。キャラクターキーはある程度の大きさがありますが、記号キーやエンターキーがちょっと小さいです。間違ってテンキーの「7」やNumLockを押すことがしばしば。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など

スピーカーはパームレストの下にあります。筐体の割にはいい音かと。ノイズはないですね。低音は伸びませんが澄んだ音に聞こえます。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置

筐体強度は十分。パームレストが金属製なのでひんやりとします。液晶はプラスチック天板ですがつやつやとしてピアノみたい。全体として結構高級感があります。

◆ 排熱:筐体の温度

長く使っていると左パームレストがわずかに熱を感じます。キーボードもQWEあたりが少し暖かくなりますが、外部GPUを搭載してないのを差し引いても全体に廃熱は良好です。通常の使い方では排気口からの排気はあまり熱くないです。内部構造設計がいいのでしょうね。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ

CDを聞いてみましたが光学ドライブは静かです。
小さなことですが光学ドライブのイジェクトボタンが非常にスムーズ。こんなに反応がいいイジェクトボタンは初めてでした。好印象。
冷却ファンも耳を近づけないとわからないほどの音です。ベンチマークのときもあまり大きな音で回ってなかったように思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど

モバイルとして使うには重過ぎます。ACアダプターは65Wですがガムタイプの長方形のもので最近としては小さいほうです。

◆ その他

最近の流行でしょうか、状態表示LEDに白色LEDを使っています。
ヒンジが液晶側にあり。最大で150度くらいまでしか開きません。
いままでいろんな機種を買ってきましたが、Google Chromeが標準ブラウザーとして設定してあるのはこれが初めてでした。どうせChromeを標準ブラウザーにするのならGoogle日本語入力も標準にしてほしかったものです。そのほかにキングソフト辞書も搭載されています。相変わらずのMcAfeeはやめてほしいものです。

◆ 総評

今までG570はなぜか敬遠してきましたけど、使ってみると案外いい機種だなと思えます。普通に使うには十分な性能がありますし、キーボードも悪くない。今回はメモリー2GBでしたが4GBにするともっと快適に使えそうです。lenovo見直しました。人にもお勧めできます。
ただゲームをするには力不足ですね。

起動 60秒というとSSD普及以前は標準的な起動時間ぎりぎりかと思いますが、SSDを体験してしまうと目に付く遅さですね。かつてはNECや富士通などプリインストールてんこ盛りのモデルであれば、起動時間 2分、3分というモデルもゴロゴロしていましたし、使い込んでOSが汚れてくると5分ぐらいかかることもザラでした。

液晶は価格相応のようですが、キーボードはなかなか良くできた印象を持たれています。国内メーカーに較べると少ないと思いますが、プリインストールは色々と入っているとのこと。メーカーにとっては貴重なリベートを得る手段なので、こればっかりはいくらクレームを出しても無くならないかもしれません。

※「ThinkPad」で登録されていましたが「Lenovo」に変更させてもらいました。 [2011-8-17]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Lenovo G570  ちよちゃん

>> Lenovo

 No. 3690

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 6.4 5.5 4.5 6 5.9 4.5
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.68.3167.89
512k25.1326.95
4k0.311.011
型番HTS545050B9A300
3DMark06 3202
FF11v3 高解 2833
モンハン絆 1448

G570 433432J

※はじめに
ちよちゃんは、18台目のノートパソコンを買いました。
購入から2ヶ月くらいたった後のご報告なのです。

◆ 購入のきっかけと価格

ちよちゃんがファイルサーバの代わりとして使用しているUSBハードディスク
が認識しなくなりました。このUSBハードディスクは無線LAN親機にUSBで接続
したディスクをネットワークアクセスで共有できる簡易NAS機能で使用して
いたものなのです。フォーマット形式がXFSなので、Linux系でないと読めない
と思いますです。このハードディスクを何とか復旧できないかどうかを試す
ためにLinux系OSを動作させたいのです。
そのためのノートパソコンを買ってくるですー。

今回の購入条件は性能とかを一切気にしないです。用途がLinux系OSを動作
させるためだけなので、ある程度の性能がないと重いなんてこともない
でしょうし、仮に動作が重くても動作さえすればそれでいいです。
つまり、価格が安ければ何でもいいです。ネットブックでも可。OSなしも可。
最安値のノートパソコンを探していたところ、ヤマダ電機にてLenovoのG570が
展示処分品の日替わり特価で29800円でした。ネットブック並みの価格ですが
ネットブックを買うよりはるかによさそうです。
Lenovoのノートパソコンを買ったことはないし、Lenovoのノートパソコンを
体験してみるのにはこれでちょうどいいか。

ちよちゃん、LenovoのG570 433432Jを購入。
購入価格、29800円。店頭購入なので、納期は購入当日の2011年08月06日。

「展示処分品」ですので、購入時から既に開封された跡がありましたです。
もちろん、筐体のビニールも開封跡があったわけですが、筐体自体は展示品
だったような感じもなく綺麗でした。
購入直後の電源投入後に急いでHDDのSMART情報を見てみましたが、SMART
情報を見る限りではHDDの稼働時間は43時間でした。新品にしてはちょっと
長い気もするけど、こんなものですか? 間違っても展示品として長期にわたり
電源を入れられていた痕跡はなさそうなので、「メーカー再生品」「開封済みの
未使用品」ってところでしょうかね。

◆ スペック

型番G570 433432J
メーカーLenovo
CPUCore i3-2310M(2.10GHz/2コア4スレッド/1333MHz/3MB)
チップセットMobile Intel HM65 Express
メモリ2048MB(PC3-10600 2048MB SO-DIMM × 1)(Ramaxel)
ディスプレイ15.6型 HD液晶 光沢あり(1366×768)(Lenovo)
VGAIntel HD Graphics 3000(チップセット内蔵)
VEN_8086&DEV_0116&SUBSYS_397517AA&REV_09
ハードディスク500GB(HITACHI HTS545050B9A300/SATA300/8MB/5400rpm)
光学ドライブDS8A5SH
カードリーダー×
サウンドConexant SmartAudio HD(VEN_14F1&DEV_506E)
有線LANAtheros AR8152/8158 PCI-E Fast Ethenet Controller
(VEN_1969&DEV_2062)(100BASE-T)
ワイヤレスLANBroadcom 802.11n(a/g/n)
WEBカメラ(30万画素)
OSWindows 7 Home Premium 64bit
DVDライティングソフトCyberLink Power2Go
DVD Video再生ソフト
Video編集ソフト
スピーカーステレオスピーカー
MIC IN
LINE IN×
HEADPHONE OUT
S/PDIF OUT×
USB4ポート
IEEE1394×
シリアルポート×
パラレルポート×
PCMCIA×
ExpressCard×
モニター外部出力ミニDSUB15ピン
Sビデオ出力×
HDMI
モデム×
指紋リーダー×
FeliCaポート×
Bluetooth×
マルチタッチ×
サイズ376.8 × 249.8 × 34.9 mm
重量2.6kg
ACアダプタ入力100-240V 1.7A
ACアダプタ出力20V 3.25A


◆ ベンチマーク

ベンチマーク名Score
ゆめりあ( 800×600 最高)17282
ゆめりあ(1024×768 最高)11520
3DMark03 Total7056
3DMark05 Total5246
3DMark05 CPU11467
3DMark06 Total3202
3DMark06 SM201043
3DMark06 SM301313
3DMark06 CPU2537
FF11(HIGH)2833
MHF11978
MHF21448
SF4 Score7332
SF4 FPS28.44


SuperPI

G570(参考値)
104万桁00分18秒00分18秒
1677万桁07分26秒07分37秒


午後ベンチ

G570(参考値)
Q=0 FPU46.3746.70
Q=0 FPU MMX57.1456.28
Q=0 FPU SSE MMX70.1868.28
Q=0 FPU SSE2 SSE MMX72.1570.69
Q=5 FPU130.17126.79
Q=5 FPU MMX132.51129.13
Q=5 FPU SSE MMX235.91244.85
Q=5 FPU SSE2 SSE MMX241.42250.08
Q=8 FPU138.13132.13
Q=8 FPU MMX131.85131.73
Q=8 FPU SSE MMX397.70409.53
Q=8 FPU SSE2 SSE MMX407.27426.13


Crystal Disk Mark

CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.68.31167.891
512k25.13026.947
4k0.3180.801
4k320.3051.011
型番WD HDD


Windowsエクスペリエンス

 CPURAMAeroGameHDDBase
エクスペリエンス・インデックス6.45.54.56.05.94.5



※参考値として、Core i5-430M(HP dv6i)の測定値も記載しています。

◆ 体感速度の変化

第2世代Core i3ですよね。まぁ、それなりのスコアをたたき出してくれる
はず・・・あれ? GPUの性能によってスコアが上下するゲーム系の統合
ベンチはともかく、CPUがものをいうベンチマークにおいて旧世代Core i5
に迫るくらいの性能なのですか?
3万円のパソコンなので性能には期待してなかったのですが、CPUはちよちゃん
の想像を超える性能でした。

◆ 液晶の質

今までのノートパソコンで初めて液晶が悪いほうという評価になるのですが、
文字がぼやける感じがしてちょっと見にくいのですけどー。
ちよちゃんの場合は色合いや発色がよくない程度なら全然気にしないですけど、
文字がぼやけて見えるなんてレベルではちょっと評価を下げざるを得ませんね。

「サーバとしてつけっぱなしにして稼働させておくのが目的で、モニタはほぼ
使わない」とか「動画の鑑賞だけが目的(文章を読むことがほとんどない)」の
ような用途だったら気にならないかな?
・・・いや、こんな使い方はかなり少数派でしょうから、これは欠点にしか
ならないですね。

3万円の安物とはいえ、この品質では受け入れがたいです。

◆ キーボード:配列やタッチ

テンキー付きのアイソレーションタイプ。
テンキーはいらない派なので気にしないことにして、それ以外のキー配列は
特に問題はなさそう。テンキー部に食い込んでいる矢印キーの位置にちょっと
違和感があるくらいで、悪くないキー配列/キーの大きさだと思います。

◆ サウンド

この価格帯ではサウンドに期待してませんです。
音さえ出ればそれでいいんじゃないですか? 特に不都合もなさそうです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置

デザインがどうこうと言えるような感じでもなく質素です。質素ですが、見た
目は高級感があって悪くないです。知らない人が見ればこれがよもや3万円
のノートパソコンとは思うまい。
強度もそれなりで、3万円にしてはしっかりしていると思いますです。

ちよちゃんは「欲しいインターフェースがついていれば場所はどこでもいい」
と思っていますが、この機種はコネクタの配置や数に関してもそれなりに配慮
されている印象です。
右手前は外付けマウスを利用するユーザーが多いので、ここに頻繁に使用する
インターフェースを配置すると嫌われる傾向にあります。右側には主に光学
ドライブやサウンドの入出力を割り当てていますです。そして主なインター
フェースは左側に配置されているように思えますです。
最近では光学ドライブの使用頻度も減っているし、ノートパソコンでヘッド
ホンを使用するユーザーも少数だと思うのですがどうでしょうか。

有線LANに関してはちょっと残念でした。100Base-TXです。
ちよちゃんは今どきのノートパソコンはギガビットLANが標準と思い込んで
いたのですよ。今までも安価なノートパソコンを探していたことがあったの
ですが、実際に調べてみると各社の安価なモデルでは未だ100Base-TX搭載
だったりしますね。
まぁ、価格的に100Base-TXでも仕方のないところですかね。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン

ちよちゃんは気にならない程度です。
ちよちゃんの使用している環境で最大のノイズ元はLANのスイッチングハブの
ファン音であり、この音にかき消されて聞こえませーん。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど

頻繁な持ち運びは想定してないでしょうけど、ACアダプタが小さくていい
です。今まで購入したノートパソコンの中では最小かもしれません。
まぁ、単純に外付けのGPUがなく消費電力が少ないので小型のACアダプタ
でも充分に事足りるっていうのがアダプタの小ささにつながっているん
でしょうけど。

ちよちゃんの購入してきたノートパソコンの傾向では
・外付けGPU搭載の(ゲーミング)ノートパソコン=3kgくらい
・外付けGPU搭載なしの安価なノートパソコン=2.5kgくらい
と思うのですが、このノートパソコンは2.6kg。15インチサイズの安価な
ノートパソコンとしては重量も標準的ですね。

◆ その他

光学ドライブですけど。型番は「DS8A5SH」となっています。メーカーは
分かりません。メモリはRamaxelとなっていますが、今まで購入したノート
パソコンに実装されてたことはなかったです。
全般的に低コスト化を重視して作られているんでしょうかね。そういう
コンセプト(安く調達できる部品で安価で提供できるノートパソコン)である
なら、理解はできますです。実際安かったし。

さて、購入目的であったLinux系OSを入れてHDDの復旧をしよう!作戦ですが、
よく考えてみると既存のノートパソコンをLinux系OSとWindowsのデュアル
ブートにすればよかったわけで。
インストールするためにハードディスクのデータを全て消去しようとした
段階でそれに気づいたちよちゃん、ちょっと気付くのが遅すぎたです。

あー、デュアルブートにすればいいなら、CPUをCeleron P4500に変えて
しまって用途がなかったFRNP707にOSをインストールするか。
性能は「Core i3-2310M > Celeron P4500」のようですので、Core i3-2310M
のほうを別の用途に生かせるならそちらを残すのがいいでしょう。また、
有線LAN経由でファイルの移動を行うこともやりそうなので、ギガビットLAN
のインターフェースがあったほうがいい(FRNP707はギガビットLAN)です。

結果として外付けHDDの復旧はできずにNASとして使用していたHDDに入って
いた全てのデータを失いましたです。残念。

◆ 総評

結果的にノートパソコンを購入する必要はなかったわけでして・・・何で
新しいノートパソコンを買っちゃったんでしょうね?
でも、この性能でこの価格なら買って悪くはなかったと思いますです。

ちよちゃんのこのノートパソコン対する感想を言うと「何の特長もなく
面白みに欠けるけど、大きな不満点も特に見当たらないパソコン」って
感じです。ビジネス向けのパソコンだと考えると、納得ですかねぇ。

3万円は展示品?の限定特価だと思うので、一般的な低価格パソコン
だったと仮定すると。
多くの候補の中からこのパソコンを積極的に薦める理由は価格以外に
見当たらないのです。「初めてパソコンを買いたいと思っているけど、
インターネットとメールを使うくらいで他にやりたいことがない」ような
人が選択するパソコンだったら他社製を含め数多くありそうです。その中
でもこれを気に入ったというなら買ってみても決して悪くはないですよと
いう程度のおすすめ度です。機能に不足はなさそうでデザインなどに不満
がなくて価格が安かったら、おすすめ! ただし、液晶だけは実物を自分
の目で見て問題がないかどうかを確かめたほうがいいと思います。
ちよちゃんの評価は液晶が良くないと思ったので評価4ですね。一般的な
おすすめ度としても評価4ですかね。

ビジネス向けモデルはたいてい没個性的な製品がほとんどですが、おそらく個性を出す金があるならその分安くしよう、という話になるのでしょうね。特に仕様表に出てこない液晶のコストが削られやすいですが、ちよちゃんの本機ディスプレイへの印象も今ひとつです。個人向けモデルだとキーボードにもしわ寄せが来やすいですが、法人向けではキーボードがショボイと仕事にならないのか、意外とキープされていたりします。

ODDはメーカー不祥。メモリモジュールは「Ramaxel」製。初耳ですねぇ。マクセルのパチモンみたいな名前ですが、中国系のメーカーのようです。ちゃんとホームページも存在しています。パートナー企業のページにはLenovoを筆頭に、hpやAcer、ASUSなどの名前が挙がっています。
 → Welcome To the Ramaxel Wedsite

ACアダプタは最小クラスとのこと。計算すると65Wと平均的な容量ではあります。どのくらい小さいか興味ありますねー あまり小さくしすぎると、USB3.0あたりが普及した頃にバスパワーに制限が出てきたりして(^^; 肝心のLinuxサルベージ計画は失敗に終わったとのこと。お疲れ様です。データの恒久的な維持と手間の両立は頭の痛い問題です... [2011-10-15]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Lenovo G570  にゅむ さん

>> Lenovo

 No. 3706

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 6.4 5.5 4.5 6 5.9 4.5
FF11v3 高解 2774

◆ 購入のきっかけや価格
メインとして使用していた、ダイナブックTXWが突然電源が切れるようになったため
次のメインPCが届くまでネットブックで耐えようと思っていたら、
製造ライン系のメンテと重なって納期が延びて耐えられなくなり購入。
(納期についても、小さくリンクが張ってある程度で受付メールなどにもお知らせもなかったです。
HPで注文したので外資系だからと納得+評価しました。)
アマゾンで本体35000+追加メモリ2Gを2000の約37000円で購入。

◆ 体感速度の変化
メモリが2Gのままだともっさり、+2Gで十分使えます。
メモリのインデックスは、5.5→7.4に変化。
メインPCは長期保障も切れていたので、SSD化してあったのでもっさり間どうしても感じてしまいます。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
上下左右は少し狭いですが、値段を考えれば十分です。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
テンキーつきですが、右側に行くとサイズが変則になるので
便利ではあるけど使いづらい感じはあります。
普通に使う分にはたわむとかはないです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
普通使いでは、不満はありません。
きれいに聞きたいや、よい音で聞きたい場合はヘッドホンや別途スピーカーをお勧めします。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
ボディはかなりしっかりしていて、びっくりです。

◆ 排熱:筐体の温度
ある程度負荷をかけると左手の辺りが暖かくなります。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
負荷をかければかなり静かで、負荷がかかるとそれなりに音はでます。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
家の中や車で移動などなら問題はないと思います。

◆ 総評
有線LANが100までであったり、通常のメモリが2Gなど気になるところはあけれど、
値段以上によい感じです。
まだにゲームはしていないですが、一昔前の3DとはいえFF11がLowなら快適に
Highでもそれなりの数字が出ているのは第二世代coreiシリーズすごさかなと思います。

壊れたpcについているSSDはまだまだ元気なので、これにいれるか新たにくるメインPCにいれるか迷うとこです。普通に考えれば新たにくるメインPCなのでしょうが。

最近人気のLenovoシリーズのレポートをいただきました。にゅむさんのように急遽代打で買ってみたところ、結構いいじゃないというケースが多い気がします。下手するとSSDより安い価格ですので、有線LANが100BASEだったりする多少の粗は目をつむれそうです。 [2011-11-8]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Lenovo G570  conkimi さん

>> Lenovo

 No. 3755

  • 長所: 熱処理
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.1 7.5 6.4 6.4 7.9 6.4
3DMark06 5044

◆ 購入のきっかけや価格
中古で安く売っていて衝動買い。価格は3万円。

◆ 体感速度の変化
ドライブをSSDに置換。CPUもi7 2620Mに変更。起動まで19秒ほど。オリジナルだと、47秒かかっていたのでかなり早くなった。動画編集、再生ともに快適。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
テカテカしていて映り込みが多い。視野角は価格相応。発色はブルーに傾いた印象。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
配列が詰った感じでそれぞれのキーが小さくタイプしづらい。キータッチもそれほどよい印象なし。安っぽい。10キーがある点は評価。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
良くも悪くもない。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
USBのコネクタが硬めで抜き差ししにくい。USB3.0がないのが残念。質感は悪くはないが、触ると非常に手の脂が目立つ。

◆ 排熱:筐体の温度
ほとんど無。熱もあまり持たない。CPUを変更しているにもかかわらず意外な好結果。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
静穏そのもの。ただし光学ドライブは多少音が大きめの印象。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
モバイルとしては多少大きく重い印象。画面サイズを考えるとこんなものか…。ACアダプタは小型で軽い。

◆ その他
海外サイトでG570のCore i7モデルがあるのをみて、人柱的に実験。グラフィックが弱いのでゲームなどには使えないが、動画編集ではへたなメーカーパソコンよりも処理能力が高い。

◆ 総評

USBコネクタが世に出て十数年。完熟しきっている部品のはずですが、固いこと多いですね(^^; コスト削減によるものなのか、それともヒンジのようにワザとあのように固くしてあるのかは気になるところです。コンマ数ミリの精度差が抜き差しの差になっているのでしょうか。 [2012-1-24]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

ThinkPad G570  きままなおっさん

>> Lenovo

  No. 3799

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 6.5 7.5 5.9 6.2 5.8 5.8
3DMark06 4626
 

◆ 購入のきっかけや価格
価格が手ごろで、ノートはPen4M1.9ではさすがに苦しくなったので。
2011年5月に本体39,800円+RAM8GB 3,980円、+Cor i7 2630QM(中古2012年3月)

◆ 体感速度の変化
Cor i3 2310Mでも十分な速度だったのですが、海外でZ570で2630QMを搭載していたものが売られているので、搭載しました、クワッドコア8スレッドターボブースと2.9GHzで不満を言ったら切がありません、グリスだけは高熱伝導率のメタルグリスを使っています、指で極限まで薄く塗るのと、CPUコアと同じ位置のヒートシンクに塗るのが理想です、本当はゴムローラで塗る方がよいのですが、なにせ高価グリスなので1個だけという事もあり指です。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
言われているような、にじみは全くなく、全く問題はないです。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
必要十分な感じです、パットはよい方じゃないかと思います。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
意外と良く、192KHz/24BitWASAPIで十分良い音でなっています(ヘッドフォンはベイヤーDT880)スピーカーの音も特に問題はありません。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
価格の割には良いのではないでしょうか。

◆ 排熱:筐体の温度
通常使用では特に問題ないです、フルパーワー時でもTDP35W→45Wなのでのマールより熱い様な気もしますが、夏場も大丈夫そうです。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
フルパワー時を除けば、静かな方だと思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
A4ノートの標準的な重さ、バッテリーも必要十分だと思えます。

◆ その他
人柱でCor i7 2630QMに換装しましたが、TDP45Wならもう少し上のクロックでも行けるかもしれません、私としてはこれ以上の性能はいらないと思えたので、クワッドで一番安いものにしました、でもTBでヂュアルで2.9GHzと考えるとCor i3から比べると圧倒的な速さです。
有線は100Mbpsですが無線が300Mbpsで使用できるのでネット環境は十分だと思います。
3DMark06=4626、SM2=1497、SM3=1871、CPU=4212、GT1=12.09、GT2=12.86、CPU1=1.48、CPU2=1.92、HDR1=16.6、HDR2=20.82
PassmarkのCPUMark=6319、Int=1774、FP=1971、SSE=29
ゆめりあ=35935(640X480以外選択不能)

◆ 総評
5万円内でこの性能なら十分だと思います。

有線ポートが100BASE留まりのため、無線LANの方が理論値としては高速という逆転現象が起きています。GigabitEthernetのコストをケチらなくても...と思いますが、削れるところはどこまでも削るようです。

デフォルトのCPUは「Core i3-2310M」。32nmプロセス、2.1Ghzのデュアルコア仕様です。その後、Core i7-2630QMへと換装されています。こちらは同じく32nmプロセス、ベースクロック 2Ghz、ターボブーストMAX 2.9Ghzのクアッドコア仕様となります。大幅に性能アップです。 [2012-4-15]

その他のレビュー 7

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Lenovo G570ユーザーレビュー