HOME > レポート一覧 > Let'snote S10ユーザーレポート

Let'snote S10

Let'snote S10

■ 評価点平均

5

標準モデルはSandyBridge(Core i5-2520M 2.50Ghz, TB 3.20Ghz)搭載、12.1型光学ドライブ内蔵の Let'snote S10。光学ドライブレスの12.1型はN10になります。
 キーボードは横ピッチは19mmですが、縦は16mmの長方形キー。PCカードスロットが未だにあるというのもレアですが、バッテリー駆動時間はSSD搭載モデルで17時間という群を抜くロングバッテリー。
 プレミアムエディションではCore i7-2620M (2.70Ghz)を選択可能。オンボードメモリ 8GB、MAX 16GB。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード
騒音・ノイズ
1 筐体の質感
発熱処理

型番

CF-S10CYADR
CF-S10CYPDR Officeモデル
CF-S10CYBDR ブラックモデル
CF-S10CYQDR ブラックモデル, Office付き

CF-S10DVCDP ワイヤレスWANモデル
CF-S10DEMDP ジェットブラック, SSD
CF-S10DENDP シルバーダイヤモンド, SSD
CF-S10DECDP ジェットブラック
CF-S10DEDDP シルバーダイヤモンド

関連リンク

Let'snote S10 側面ポート

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Let'snote CF-S10BELDP  Rikyo さん

 No. 3573

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.1 7.4 5.6 6.2 6.8 5.6
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.190.22184.92
512k176.58149.42
4k12.3723.060
4k3213.1124.991
型番TOSHIBA THNSNC256GBSJ
FF11v3 高解 4251

◆ 購入のきっかけや価格
それまで使っていたPCに限界を感じ、夏モデルのJ10を予約してましたが、春モデルのS10が楽天市場でセールに出されていたためこちらに急遽変更しました。

◆ 体感速度の変化
Vaio-SZとR6AをWindows XPで使っていましたが(いずれも大分古いモデルですが)、それらと比べても明らかにレスポンスが高速です。日常使用する機能においてはほぼストレスフリーです。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
輝度は21段階調節可で、発色は少し青め/白めですが概ね普通です。
ギラツキや粒状感はあまりありません。視野角は全般にやや狭めです。
画面解像度は1280x800ですが、1366x768より画素数は少ないものの使い勝手はよさそうです。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
半角/全角の位置がEscの隣ですが、従来のレッツと同じため慣れていればそれほど苦労はしないと思います。ただ十字キーがかなり小さいです。
光学ドライブのためかキーボードの縦は短いです。
キータッチは比較的軽めで、打鍵感もあり個人的には好みです。
ホイールパッドのスクロール機能はあまり使いませんが、タッチパッド操作性はまずまずです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
キーボードの左側にモノラルスピーカーがついています。
操作音等を出すためのもので音楽を聴く用ではないように思えます。
ただイヤホンで聞く限りは全く普通に聴けます。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
76cm落下試験クリアしているだけあって強度はさすがです。
質感も高級感があり、指紋もつきにくいです(ブラックだとつきやすいそうですが)。ただ天板は傷に弱いため、気になる人は保護した方がいいでしょう。
ACアダプタのコネクタが左横真ん中にあるので、配置によっては使いにくいかもしれません。

◆ 排熱:筐体の温度
普通に使っている状態で本体左側がほんのり温かい程度です。
負荷をかけすぎなければ夏場でもほとんど問題がないと思います。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
光学ドライブの音は一般的なノートPCのものとそれほど変わりないと思います。
冷却ファンはアイドル時は超低回転で殆ど聞こえませんが、エンコードやゲームを行うとかなり高回転で回り、静かな場所だと騒音は気になります。
ゲーム等を終了するとファンは速やかに静かになります。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
大きさの割には軽い印象です。実測で1,276gでした。ACアダプタは240g程度で普通です。バッテリはネット程度の利用だったら8-9時間程度持ちます。

◆ その他
夏モデル用のバッテリは容量1割増しになっていて、仕様を見る限り春モデルでも使えそうなので(未確認)、試してみようと思います。

◆ 総評
高性能、堅牢性とバッテリーの持ちが売りで、モバイルにも据え置きにもできるモデルです。液晶解像度がもう少しあると理想でしたが、液晶パネルの選択肢が年々少なくなっているようで難しそうです。

XPからWin7への移行となったRikyoさんですが、CPUもさることながらストレージがSSDで大幅に高速化され、体感的にも高速化されていますね。OS自体はWin7の方が重いですが(Vistaほどではないですが)、それを補ってあまりある性能アップが施されています。

キーボードの縦が短いのはLet'snote代々の特徴になってますが、このモデルでは特にパームレスト部に光学ドライブの蓋が組み込まれているため、キーボードの縦幅が圧迫されている形になっています。筐体がカッチリ作られていることもあってキータッチは良好だと思うのですが、このキー形状が好き嫌いの出るところだと思います。

Let'snote S10 光学ドライブ [2011-6-12]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Let'snote S10ユーザーレビュー