HOME > レポート一覧 > LOOX Pユーザーレポート

LOOX P

LOOX P

■ 評価点平均

90 3.3/5

LOOXブランドを冠するタブレットPC。駆動時間約4時間の標準バッテリー搭載時は質量990gで、約8時間駆動が可能になる大容量バッテリ搭載時1,160gとなる。
液晶は8.9型のワイド液晶で、解像度は1,024×600ドット。OSはWinXP Tablet PC Edition 2005。光学ドライブは外付けとなる。
PC World誌の「2006 PC World Innovations Awards」を受賞。

長所・短所

GOOD   BAD
1 液晶 3
2 キーボード
1 騒音・ノイズ 1
1 筐体の質感
発熱処理 1

型番

FMVLP70S

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

BIBLO LOOX P70S  さっち さん

評価 90 点 No. 1039

  • Intel 915GMS (128MB)
  • Pentium M 753 1.2Ghz
  • 512MB
  • Windows XP
  • 長所: キーボード
  • 短所: 液晶
FF11v3 高解 1210

◆ 購入のきっかけと価格
SmartCaddie(origami)を買おうと思っていたのですが、予約した所の不誠実な対応に嫌気が差しキャンセル。
ふと大須を回っていたら兼ねてから気になっていたP70Sを発見。
気がついたら値切り交渉をしていました(w
購入価格は19万円ちょうど。
他の店で前モデル(?)のP70Rが17万9800円だったのでこちらのがお得とおもいGET。

◆ 実際の体感速度
915GMSのパフォーマンスは良好。
VAIO U101やlibretto U100と比較してもかなりいいほうだと思います。
LOOX T70Rと同じくらいのパフォーマンスです。

◆ 液晶の質
やや視野角が狭く、昼間の屋外では暗い感じです。
発色はそれなりです。
X41Tのほうが綺麗な感じです。

◆ キーボード
LOOX T70Rよりやや狭い感じがしますが打鍵感はいい感じです。

◆ サウンド
普通のモバイルノート程度でしょうか。可もなく不可もなくですね。

◆ 筐体:強度と質感
ヒンジはやや硬めで、回転部もしっかりしていてGOOD。
さすがは元はビジネスモデル、作りはしっかりしています。
マグネシウム合金製と思われる本体の質感は良いとおもいます。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBポートが左右に1つずつとCFカードスロットとSDカードスロットが左右1基。
LANとモデムは後部にあります。
PCカードスロットが無いのが気になりますが、許容の範囲内だと思います。
うちのbitwarpは使えますからw

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
ゲームを2、3時間ほどプレイしましたが、底面はそれなりに熱いものの
キーボードはとても冷ややか。
ファン音はlibletto U100に比べるとかなり小さい。
T70Rのような熱暴走はありませんでしたw

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
とても小さくコンパクトで、もち歩きにもGOODです。

◆ モバイル性
これは最高です。
Lバッテリ装着しても1kgちょいなので全然苦になりません。
U100の後釜に考えていましたがベストチョイスだと思いました。

◆ その他
感圧式TabletPCなので指で押してもクリックできるので中々便利です。
外付けDVD-ROM/CD-Rドライブが付属しているので買い足ししなくてもいいのが助かります。(出来ればDVD-Rドライブがよかったが・・・)
あと、HDDが30Gしかありません。
私はそんなに気にしませんが、気になる方は気になるかもです。
メモリがPC2-3200 DDR2 172pin マイクロDIMM なので高い。
ちなみにスロットは1つのみの排他使用。
1G買うと6〜7万円です・・・。

◆ 総評
今までX41Tが重くて持ち歩けなかったのでこの軽さはかなりいいです。
TabletPCの新たな使い道を提示したハードだと思います。
仕方がないんですが値段が高いのがネックです。
まあこのスペックなら止むを得ないでしょうが・・。

どちらかというとマニアック系モデルであるTablet PCのLOOX Pのレポートがさっちさんから到着。蹴茶も一時期欲しかったモデルですが、仕事中使うにはややでかすぎ、またバッグを持って出歩くこともあまりないので断念しました。タッチパネル式なので、受付において会計処理やワクチン証明書発行に使うと便利そうです。

さっちさんは19万ちょうどでゲットされていますが、5月1日時点の価格.comプライスが20万弱ですから非常にリーズナブルなお値段。やはりネット全盛といえど、店頭もあなどれません。ヒンジは最近の携帯で多い、いわゆる爪切りタイプですが剛性は十分。重量はLバッテリーを追加して1160g。ACアダプタも小さいので持ち運びは苦にならないとのことです。初期のTablet PCは1.5kg〜2kgのレンジが多かったように思いますが、やはり1kgを切るぐらいでないとその利便性は現れてこないですね。

GPUは915GMよりクロックが低い915GMS。ゲーム評価はスペック要求の低いラグナロクなどは5点満点ですが、一方でやはりFF11など本格的に3D描画が求められるタイトルでは不満足な点数になっています。

レアレポートありがとうございました〜 [2006-5-1]

  •  RagnarokOnline (C) 2005 GangHo All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  エミル・クロニクル・オンライン (C) 2005 BROCCOLI / GungHo All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

LOOX P70TN  さっち さん

評価 90 点 No. 1342

  • 長所: 液晶
  • 短所: 騒音
FF11v3 高解 1510

◆ 購入のきっかけと価格
前機種のP70Sを使っていて、解像度以外には満足していた。
そして今回、唯一の欠点である解像度がXGAになり、発表と同時に即注文。
フル構成+モニター割引で25万円前後です。

◆ 実際の体感速度
U1400は所持しているVGN-UX90PSと同じものですが、メモリ等が多いため体感速度は本機のほうがサクサク動きます。
X60と比べるとややもたつきがありますが前機種のP70Sに比べるとよくなっていると思います。

◆ 液晶の質
前機種より解像度が上がり、文字がやや小さくなりましたが綺麗です。
タッチパネルの反応も良好。
明るすぎず暗すぎない液晶です。
X60位の綺麗さでしょうか。

◆ キーボード
前機種と変わりなく一般的な小型ノートPCのキーボードです。
特に不満はありません。

◆ サウンド
これはふつうですね。ノイズ等は見受けられません。

◆ 筐体:強度と質感
Let's noteR3より小さい位の筐体です。
回転ヒンジ等は前機種同様しっかりしています

◆ 筐体:各種コネクタの位置
PCカードスロット・USB*2 カードリーダー・VGA出力等必要なものは全てそろっています。位置もちょうどいい感じでした。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
前機種からなのですがファン音はそこそこします。
実はUX90PSのほうがファン音は大きいです

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
ACは小さめです。特に発熱が大きいとは思えません。

◆ モバイル性
R3よりも軽く、XGAで、タブレットとして使えるのは大きな魅力です。
バッテリーも公称4.5時間、実用(無線LAN+ネット)で、2.5時間(液晶輝度最高)で持つので不満はありません。
Photoshopやillustrator等で作業しても2時間近くは持ちました。

◆ その他
ワンセグなのですが、録画もでき、ながら見にはちょうどいいです。
ただ、QVGAの解像度なので全画面はおすすめしません。

◆ 総評
前機種の弱点である解像度がXGAになり隙のないタブレットPCになりました。
ワンセグはおまけですが意外と楽しめます。
TypeUXではつらいけど、SZを持ち歩きたくない、という人には有力な選択肢です。
私は主に写真やCGの手直し、プレゼン等に使っています。
まだまだ国内では数少ないTabletPCの中では出来はかなりいいです。
蹴茶的用途には本機は向かないかもしれませんが、電車の中での読書(少し大きく重いリブリエという感じです)
FF11の露天周りやエミル・クロニクル・オンライン程度であればふつうにできます。
3Dがイマイチ(といっても昔に比べたらかなりいいですが)90点とさせていただきましたが、モバイルPCとしては100点をあげてもいい機種です。

Let's note R3より小さいボディということで、持ち運び性能は抜群のLOOX P。バイオUXも所有するモバイルユーザーのさっちさんが90点をつけるだけに、このサイズで致命的な不満点がないのは大したものです。バイオUXでは満足できない実用派ユーザーにはうってつけのモデルではないでしょうか。欧州ではモバイルメーカーとして知られる富士通の底力が感じられるモデルです。世間一般的にはもうちょっとバッテリー時間が欲しい気もしますが、バッテリー容量を増やして重くなるよりは今後の新CPUの登場と採用に期待したいところです。 [2006-10-10]

  •  エミル・クロニクル・オンライン (C) 2005 BROCCOLI / GungHo All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  PHANTASY STAR UNIVERSE (C) 2006 セガ All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

BIBLO LOOX P  ななななし さん

 No. 1419

  • Intel 945GMS (128MB)
  • Core Solo 1.2Ghz
  • 1.25 GB
  • Windows XP
  • 長所: キーボード
  • 短所: 液晶
FF11v3 高解 1441

◆ 購入のきっかけと価格
直販でメモリ1GとHDD60G、ワンセグ付きにて243,432円でした。

◆ 体感速度の変化
HDDが1.8inchなせいかプログラムの起動はもたつきますが普段の使用には全く困りません。

◆ 液晶の質
発色は悪くないと思うのですがタブレットの機能が入っているためか暗めで視野角もあまり広くありません。店で他のノートパソコンと比べると差は歴然としています。屋外での視認性は試してみていないので分かりません。現在サードパーティ製の保護フィルムを貼っているのもありますが映り込みは少ないです。感圧式タブレットはさらさらとはいきませんが、慣れると問題なく書けます。

◆ キーボード:配列やタッチ
タッチパネルはありませんが、スティックポイントがあります。配列は右側のキーがかなり狭いですが私の使用法では問題ありません。

◆ サウンド
特に不満はありません。

◆ 筐体:質感や強度
小さい分だけがっちりとしています。ディスプレイのヒンジ部分の強度が気になりますが仕様上やむを得ないでしょう。本体は結構熱くなりますので膝に置くのは問題がありそうです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBは右側面のみに2つあります。奥側のUSBコネクタと電源コネクタが近いのが多少気になります。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
静粛性に気を遣って作っていないのでこれは期待しない方がいいです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
もちろんこれは最高です。ACアダプタもかなり小さめです。

◆ その他
ワンセグもつけたのですが、当地ではまだ電波が入りません。

◆ 総評
3DゲームはFF11しかしていないのですが、「おなつよ」程度ですので軽くするとそれなりに動きます。
仕様にしては値段が高いので、タブレットにどこまで価値を見いだすかにつきると思います。店売り仕様ではメモリが512MでHDDが30Gなのも難点でしょうか。
という訳で万人にはおすすめできないのですが・・・タブレットPCばんざい!

隠れた名機としてパワーユーザー諸氏を中心に人気のLOOX P。ななななしさんレポによると、液晶、静粛性、総じてなんらかの問題点があるようですが、これらの問題はバイオUでも同様。モバイルのため、仕方ない仕様ですね。図書館などあらゆる場所での使用を考えると、静粛性の低さはなんとかして欲しい気もしますが、富士通だけが頑張ってどうこうなる問題でもないので、今後登場するといわれる超低消費電力CPUを待たないといけないですね。 [2006-11-16]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

BIBLO P70TN  eru さん

  No. 1608

  • Intel 945GM (64MB)
  • Core Solo 1.2Ghz
  • 1 GB
  • Windows Vista
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 2.7 4.3 2 2.4 3.7 2

ベッドで横になりながらのほほんとネットを見ているパソコンで、タブレットのままで満足なんですが、何気にVista入れてみました。その結果です。

ベンチスコアとコメント有り。やっぱりタブレットの正しい使い方がはごろ寝のようです。 [2007-2-20]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

LOOX P70T  eru さん

 No. 1708

  • 長所: 筐体
  • 短所: 熱処理

◆ 購入のきっかけと価格
LibU100の替わりに寝床や、持ち歩くのに便利なパソコンを探していたところ
適度な大きさの液晶と、タブレットになるので通勤に楽と思い購入。

◆ 体感速度の変化
LibU100比で、起動および、各種アプリのもたつきが減少しました。
ただ、CoreDuoとは比べてはいけません。

◆ 液晶の質
保護シートを張らないとつるぴかで、保護シートをはると見えにくいという
何か致命的な気がしますが、こんなものでしょう、諦めて慣れるが一番

◆ キーボード:配列やタッチ
ボディが小さいだけあって快適とはいきませんが、LibU100より打ちやすいです
また、タブレットとしてペン入力を補助に使ったりもできるので満足です。
思ったより打てます。

◆ サウンド
まぁ、音楽を楽しむ事は内蔵スピーカーでは無理と思いますが、ThinkPadX60の
ように下についているわけではないので、それよりはましな程度。
音楽を聴くときは付属のヘッドホンで聞いています。

◆ 筐体:質感や強度
タブレットのコンバーチブル型なので首が意図せずに回り液晶があらぬ方向を
向くことがありますが、強度的には十分と思います。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
この小さいボディに、USB2個、RGB、LAN、モデム、SDスロット、PCカードスロット
マイク、ヘッドホンという必要最低限のコネクターがついているので良しとして
位置には目をつむりますが、著しく不便な箇所にあるわけではありません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDDは載せ変えたのでなんとも言えませんが、冷却ファンはちょくちょく回り
廃熱をしていますが、著しく不快ではありません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
標準バッテリーをつけて概ね1Kg軽いとは言いませんが運ぶのには不自由しません。
ただLバッテリー2個、標準バッテリー1個、ACアダプターなどを全てそろえると
約2Kgとなります。

◆ その他
タブレットパソコンは寝ながらネットを見たり、混み合っている電車などで重宝
します、タブレット型にすればパソコンと思われにくいため人も覗きません。
ただ、それは何だ?という顔をされるだけです。
一度使うと病みつきになります。


◆ 総評
LOOX Pシリーズは感圧式のタッチパネルなので思ったように手書きを認識してくれ
ないことが残念でなりませんが、それを除けば概ね満足できると思います。
Windowsジャーナルで手書きのメモを取ると癖になります。

感圧式のパネルがいまいちというeruさんのLOOX Pレポ。Pavilion tx1000もそうでしたが、PDAより遙かに大きなサイズの感圧式パネルは「操作性がいまいち」と思われることが多いようです。感圧式はコストが安かったり、指でも操作が可能という利点はありますが、軽い書き心地という点でいうとデジタイザ方式に分があります。ちなみにThinkPad X60 タブレットは両対応を果たしています。

また液晶の表面コートが選べないことにも苦言を呈されています。店頭の見映えやワンセグを意識した商品設計なのでしょうが、LOOX Pを使う人は外見だけで買う買わないを決めたりはしないと思うので、非光沢も残しておいて欲しかったですね。キーボードの質、性能、ポート類などは合格点でしょうか。 [2007-4-25]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

LOOX P70YN  伊織 さん

 No. 3156

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 3.8 4.2 2 3 5.8 2
FF11v3 高解 1278

◆ 購入のきっかけと価格
 過去に使用していたLOOX-U(以前レポートを送らせていただきました)から、Let's note(R8)に乗り換えたのですが、モバイル機にはやはりSSDが必須と感じたのと、「色気がない」ことに不満を感じたため(笑)
・R8クラスの小型軽量、および性能
・液晶の縦解像度がXGA相当(768ドット)以上
・ビジネスに必要ない色気機能を持つ(笑)
・SSD標準搭載、または容易に交換可能
 の条件を満たす機種を物色すると、LOOX-U以前に所有していたLOOX-Pに戻ってくることになりました(笑)

◆ 体感速度の変化
 R8がシングルコア+HDDだったこともあり、デュアルコア+SSDの本機種の方が高速です。R8でも十分だったのですが、やはり速いというのはいいです。
 メモリは2GBですが、Windows7起動直後の使用メモリ容量は800MB程度でしたので、SSDの寿命を考えページファイルはセロに設定しています。

◆ 液晶の質
 輝度が全般的に低い上、映り込みが激しいです。タッチパネルなのである程度は我慢する必要がありますが。
 今回は最初から液晶に保護シートが貼られていたので、それを剥がしてみたところ、かなりましになりました。タッチパネル機なので液晶保護シートは必須だと思いますが、透明度の高い物を選ぶ必要があるようです。

◆ キーボード:配列やタッチ
 たわみはありますし、右端はピッチがかなり狭いですが、特に変なキー配置でもなく、サイズの割には使えるキーボードだと思います。キータッチも適度な反動があって打ちやすいです。
 過去にこの程度の横幅のPCは色々と購入してきました(Let's note R8、EeePC901、工人舎SR、InterLink)し、同等の横幅のPC(VAIO-P、工人舎SA/SH/SX)を所有している友人も多いのですが、その中でもキータッチに関してはもっとも優秀ではないかと思います。
 また、国内メーカーでは絶滅危惧種である、スティック型ポインタを採用しているため、作業はかなりはかどります。メインがThinkPad(同時に送らせていただきますX200s)ということもあり、類似の操作感で使えるのは大変望ましいです。

◆ サウンド
 スピーカーがヒンジ横に上向きについている分、ThinkPadよりはましです(笑)
 いざとなればBlueToothを使えばいいので、あまり気にしていません。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
 質感はそれほどでもないですが、持ち出して使うことが考えられている構成のためか、かなり剛性感があります。
 できればUSBポートが左側にも欲しいところでしたが、PCカードで補えるので大きな問題ではないと思います。現に、はみ出ないタイプのUSB増設カードを購入し、現在は4ポートとなっています。
 タブレット機だけあって、カスタマイズ可能なボタンが多数存在するのは、非常に好ましいです。

 ただ、SDカードスロットがかなり低速で、実測2.5MB/sしか出ません。CardBus接続のSDカードアダプタが欲しいのですが、Windows7に公式対応し、なおかつカードが出っ張らないモデルというのは、どうやら存在しないみたいです。

 なお、メモリは2本、HDDは3本ねじを外すだけで、共に簡単に交換が可能です。

◆ 排熱:筐体の温度
 デュアルコアで筐体に無駄がないので、筐体温度はそれなりに高くなります。底面にフェルトを貼っているのが必然といえる程度です。
 ただ、パームレスト部分がバッテリーであるため、筐体の熱さで手に汗をかくということはありません。考えて作られた構成だと思います。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
 SSDへ交換済み、BIOSでファンをサイレントモードに変更、および、バッテリ駆動時はCPUクロックを最低に固定しているため、普段使っている分にはほとんど音がしません。クロックを上げたりするとそれなりの音がします。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 標準バッテリーであれば1kgを切ります。大容量バッテリーにしても200g程度増えるのみです。大容量バッテリーにしてもなお、フルスペックモバイルの定番であるLet's note(Rシリーズ)と同等の底面積であるため、鞄にもすんなり収まります。

 ACアダプタはLOOX-Uと同等、R8よりは少し大きめですが、持ち歩くのに困るサイズではありません。

 バッテリーは無線を切っていれば、大容量で6時間半ほど持ちます。中古なので消耗している点を考えると、十分な持ちではないかと思います。富士通は純正バッテリーが安いのも利点です。

◆ その他
 私がモバイル機を選ぶときにこだわる「新幹線のテーブルに飲み物と一緒に載るか否か」ですが、最新型(N700系)では横幅300mm、それ以外では横幅230mm程度が目安のようです。ひかりレールスターに乗って本機(横幅232mm)を置いてみると、ぎりぎり飲み物が置けます。これ以上では無理です。

 また、本機種のスティックポインタ用キャップですが、VAIO-Pと内部の軸の大きさが同じため、VAIO-P用のキャップが使えます。メイン機がX200sなので、赤いキャップを装備させてみました(笑)


◆ 総評
 液晶には難点がありますが、他は私の使い方にフィットした機種だと思います。
 富士通はこのサイズのタブレットPCをやめてしまったのですが、いつかLOOX-Pの美点を引き継いだ新モデルが登場することを、心待ちにしたいと思います。

「色気がない」ので乗り換えたという伊織さんからのレポートです。個人モバイル機に色気は重要なファクターです。求めるのはLOOX Uと同じように10型以下のミニノートクラス。色気があること、そして新幹線のテーブルに飲み物と一緒に載るかどうかという条件も。新幹線は車両の端を取ると結構テーブルスペースに余裕がありますが、端ではない通路側の席となるとかなり狭くなり、テーブルは12型を広げると一杯になるサイズです。

ミニノート向けにIntelがMoorestownのPC版である「OakTrail」を用意していると報じられるなど、今後もこのクラスは新顔が期待できますが、CPUの低消費電力化とSSDが参入障壁を低くしたのか、徐々に儲かりにくくなってきています。このクラスをドル箱にしてきた国内メーカーにとしては舵取りが難しいところです。 [2010-3-26]

その他のレビュー 6

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > LOOX Pユーザーレビュー