HOME > レポート一覧 > LOOX R (LIFEBOOK R)ユーザーレポート

LOOX R (LIFEBOOK R)

LOOX R (LIFEBOOK R)

■ 評価点平均

4.3

LOOX Tが廃盤となり、代わりに「LOOX R」で12.1型市場に参入。バイオTZ以外では珍しい光沢パネルのモバイルノート。同じ光沢だが発色はバイオTZの方が良さそう。キーピッチが広く打ちやすいのが最大の長所だが、指で押しただけで大きくたわむ筐体や内蔵カードリーダーの遅さなど隙の多いモデル。Let'snoteやVAIO TZのように品質で攻めるのではなく、価格勝負のモデルかもしれない。
 LIFEBOOK R8250 (FMV-R8250)は法人向けの非光沢モデル。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶 1
キーボード 1
騒音・ノイズ
1 筐体の質感 1
2 発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

BIBLO LOOX R (R70YN)  Ikuzo さん

 No. 2228

  • Intel GS965 (224MB)
  • Core 2 Duo 1.2Ghz
  • 4 GB
  • Windows Vista
  • 長所: 熱処理
  • 短所: 筐体
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.4 4.6 3.5 3.5 4.8 3.5
FF11v3 高解 1173

◆ 購入のきっかけと価格
仕事の関係上富士通製マシンの利用が必要となりLOOX Uを購入するも仕事での常時利用は厳しくなり(LOOX Uはこれはこれで間違いなく名機です)、別機種検討中に新型機種として発売されたので即購入。
クーポン等もありMem4GB/HDD200GBで20万円前後の価格だったと記憶しております。

◆ 体感速度の変化
PanasonicのR7premiumとの比較では体感は殆ど変わりません。
Windowsエクスペリエンスインデックスでグラフィックス(Aero)の値が2.4(R7)から3.5(LOOX R)に向上しております。

◆ 液晶の質
仕事での利用が中心の為、いわゆる光沢液晶は嫌だったのですが、まあギラギラする程では無いので悪くは無いかと。

◆ キーボード:配列やタッチ
配列、大きさとも標準的でこの点はR7を大幅に上回る点かと思います。
ただし強度的にはキーボードの土台がかなりたわみますね。
これはR7の方がしっかりしてます。

◆ サウンド
ステレオスピーカーでそこそこ鳴ります。R7のモノラルとは比較になりません。

◆ 筐体:質感や強度
強度やガッチリ感は当然R7が上回ります。
それと私の個体だけかもしれませんが仕上げが若干雑な気がします。
光学ドライブ搭載しなかったのですがフタ部分の接着剤のような物がはみ出しています。
また、これは好みの問題ですが液晶ヒンジ部分のメッキパーツは私はあまりデザイン上好きでは無いです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが3個ありますのでモバイル機としては十分かと思います。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
あまり静寂性にこだわる方でも無いので、特に問題は無いかと?
R7とあまり変わらないかと思います。(負荷かけた時はR7の方が少し耳障りかも?)

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
サイズからすれば非常に軽量なマシンだと思います。
個人的には、常時持ち歩きでかなり乱雑に扱うので、厚くても良いので底面積が小さいマシンが好みです。

◆ その他
VAIO-TZやSS-RX、W7と充分張り合える富士通の力作だと思います。
IntelのTurboMemoryの搭載かHybridHDDの搭載は他機種との差別化の点でお願いしたかった所ですが。
(若干ですがTurboMemory搭載のR7の方がIOが早い気がします)

◆ 3D描画
本機種もIntel製のGM965/GMA-X3100のかなり新しいドライバーが初期導入されております。
しかし色々なところで既にお聞きかも知れませんがFFXIでは、FFbenchでは問題無いものの実際のゲーム画面では背景等は問題無く描画されるもののキャラクター類のテクスチャが完全に崩れます。
少し古いドライバーになりますが7.14.10.1295では問題無く稼働させられています。
古いドライバーの導入はコツがいりますが最近はGM965/GMA-X3100の機種も増えたかと思いますので一応備忘録として残しておきます。

*これはLOOXの問題でも何でも無くIntelの最新ドライバーの問題です。

◆ 総評
私のように特殊な趣向の人間には現時点ではR7がベストですが普通のユーザーにはサイズ重量のバランス含め、素晴らしい機種だと思います。

純光沢パネルと較べると、若干ながら低反射処理がされているLOOX R。光沢は嫌なIkuzoさんですが、悪くはないレベルとのこと。蹴茶も気になった筐体剛性やタッチパッドの浮きなど、どことなく感じる雑な仕上がりはIkuzoさんも感じられたそうです。全体の設計コンセプトはとてもいいと思うのですが、カードリーダーの性能など細部が気になるモデルだと思います。いわゆる‘初物'であれば、次に期待ですが。

NiiさんのレポートでもIntelのグラフィックドライバの出来が話題に上がっていましたが、IkuzoさんもFF11でテクスチャ崩れに遭遇されています。幸い古いバージョンだとなおるようです。Intelに限らずNVIDIAもですが、新しい方が必ずいいとも限らないのがグラフィックドライバですね。 [2008-2-20]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

LIFEBOOK R8250  えんちゃま さん

 No. 2236

  • Intel GS965 (128MB)
  • Core 2 Duo 1.2Ghz
  • 1.5 GB
  • Windows XP
  • 長所: 熱処理
  • 短所: キーボード
3DMark06 480
3DMark05 629
3DMark03 1085
FF11v3 高解 1702

◆ 購入のきっかけと価格
社内でモバイル機を購入することになり、
コストパフォーマンスが良いためこの機種になりました。
(姉妹機の)LOOX R70Yとほぼ同構成で約20万円ほど。

◆ 体感速度の変化
動作に関しては特に問題はなく、きびきび動いてます。
初期メモリは512MBでしたが、1GB増設して計1.5GBに。

◆ 液晶の質
非光沢ですが、発色も良く問題はありません。

◆ キーボード:配列やタッチ
若干たわみ感がありますが、問題はないですね。

◆ サウンド
スピーカーはモノラル仕様。
ビジネス用なので、問題なし。

◆ 筐体:質感や強度
富士通のサイトでは強度の強さを売りにしていますが、
さわった感じでは弱い気がします。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USB数は問題なし(右に1個、左に2個)
光学はドライブ右側で、残りの端子類はすべて左側に配置されています。
LOOX Tシリーズと違って、メモリスロットが2本になっているところが良いですね。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
すべてかなり静かです。加えて筐体が熱くなることもないので排熱処理は優秀と思われます。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
軽さに関しては全く問題はありません。
ただ、LOOX T70UNと比較するとサイズが一回り大きくて、傾斜のかかった厚みがあります。
ACアダプタはかなりコンパクトになっています。
VAIO SZシリーズのオプションのスティック型ACアダプタのような感じです。
バッテリーの駆動に関しては、最後まで試していませんが、AC電源を外しても6時間は余裕で持ちました。

◆ その他
OSはWindowsXP Pro、WindowsVistaのセレクタブル仕様です。
標準はXPがインストールされており、両方のOSのリカバリディスクが付属しています。
個人的には天板がかなりチープに見えるのが残念です。
余談ですが、これに付属のACアダプターはVAIO SZ系の物とコネクタの形状は同じです。
おすすめはできませんが、兼用して使用することもできます。やるなら自己責任で(笑)
1週間ほど使用してますが問題なしです。

◆ 総評
入手経路に若干難題がありますが、富士通との取引実績があれば比較的安価に購入でき
コストパフォーマンスの大変良いモバイルマシンだと思います。
WindowsXP機ということもありますし。
ただ、当然ながら3Dゲームには向きませんね。

LOOX Rのビジネスモデルである「LIFEBOOK R」のレポをえんちゃまさんより。非光沢の液晶をもつLIFEBOOK Rですが、蹴茶のLOOX Rに持った感想とだいたいは同じ印象をもたれているようです。筐体はやはり弱い気がしますよねぇ。Let'snoteほどみっちり詰めて組み立てられているわけではないので、コストパフォーマンスで勝負するモデルといえますね。静粛性が高い点なども同意です。 [2008-3-1]

  •  マビノギ (C) 2003-2005 NEXON Corporation Co. All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

BIBLO LOOX RA70  たまま さん

 No. 2757

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶

◆ 購入のきっかけと価格
・LOOX T70が少々古くなったのと、そろそろ最後のXPノートがほしくなったので
 直販で購入(2008年夏頃)。ポトリを付けたので20%offでも20万オーバーだったかと。

◆ 体感速度の変化
・低電圧版でもC2Dだと、ノートとしては不満なし。
 (3Dゲームは対象外。メインはデスクトップ)

◆ 液晶の質
・すごく駄目。たまたま外れだったかもしれませんが、青くて光漏れが激しい。
 黒の壁紙にしてみても、やけに明るいです。orz。
 仕事用のX61sよりちょっとだけマシ。元々もっていたLOOX Tより下のレベル。
 どれくらい気に入らないかというと、本体購入後一週間以内に、単独の液晶
 ディスプレイとキャブレターを購入したくらいの気にいらなさ。計8万オーバー
 だったかな。
 調整の下手さもあってキャブレーションしてもコントラストが薄い(?)ままで
 多少マシになったぐらいですが、まあポトリを使用して外部ディスプレイに
 出力する分には勿論問題無し。

◆ キーボード:配列やタッチ
・基本的にサブマシンのノートではキーボード入力はあまりしないですが、
 特にたわみもなく、上々かと思います。

◆ サウンド
・モバイルノートとしては、一応ステレオだしマシな方だと思います。
 但し、やけにスピーカーが良かったLOOX Tよりは下のレベルかと。
 どちらにせよ、追加でPCカードのSBを使用しているので気にしません。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
・レポに上がっていたように、光学ドライブの上がたわみますが、そんなに
 気になりません。閉じた状態では、強度的にかなり安心感を感じます。
 USBコネクタは配置というより、抜き差しが少し堅いのがちょっと気になる。

◆ 排熱:筐体の温度
・熱くならない。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
・とても静か。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
・本体もACアダプターも軽くていい。

◆ その他
・ポトリの出来が実用的にいい。D-SUB、DVI-D、USB、LANと一通り揃っているし、
 軽いし、LOOXと片手で取付け・取外し出来る。(見栄えはともかく。)
 正直、某S社の物より全然上。

◆ 総評
・かなりいい機体ですが、プライベート用としては液晶が駄目。
 (仕事用ならば全然OK)
 逆にそれ以外は高レベルでまとまっているので激しく液晶が残念。
 まあ現状のように外付けのVA液晶ディスプレイを使用している分には
 まったく問題ないんですがね。
 評価は点数を付けるなら液晶以外は5点、液晶のみ3点な感じ。
 ああ、ポトリも5点。

真っ暗な部屋で黒画像を表示させるとよくわかる液晶のバックライト漏れですが、暗部が底上げされてしまっているので色の締まりが無くなってしまっています。薄型テレビ競争でコントラスト、コントラストとしきりにアピールしているのはこの部分の競争です。カラーキャリブレーションでも黒を締めるのは無理なので限界があります。欠点にも「液晶」をチョイスされています。ポートリプリケーターは某S社製より実用性高しとのこと。 [2009-3-23]

その他のレビュー 3

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > LOOX R (LIFEBOOK R)ユーザーレビュー