HOME > レポート一覧 > LuvPad AD100ユーザーレポート

LuvPad AD100

LuvPad AD100

■ 評価点平均

3

OSにAndroid 2.2を採用したタブレット型PC。CPU・GPUはNVIDIA Tegra 250を採用しています。ACアダプタは長さ約8cmほどで、プラグ部分を交換して使うタイプ。
 基本的に一般向けの製品というより、自分でガシガシいじることができるマニア向けの製品です。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶 1
キーボード
1 騒音・ノイズ
筐体の質感
発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

LuvPad AD100  chika さん

 No. 3466

  • Tegra 250 250 1Ghz
  • 512MB
  • Windows Android
  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶

1ヶ月間使用してのレポートとなります。
ノートPCとはカテゴリが異なりますが、
参考になればと思い、投稿させていただきます。

◆ 購入のきっかけや価格

今、話題のAndroidとタブレットというものが気になったこと。
家でメインで使っているノートPCが不調で、ブラウジングが気軽にできる
端末が欲しかったこと。
家で使ってるiPadと比較してみたかったこと。
Tegra250が使われている機種に選択肢が少なかったこと。

という理由もあり、12月中旬にオンライン通販で39800円で購入しました。


◆ 体感速度の変化

家でブラウジング端末として使う分には十分だと思います。
iPadやGaraxyTabなどに比べても、デュアルコアの恩恵が十分にあると感じます。
Android特有のスクロールのカクツキもiPadのスクロールよりは
完成度は低いですが、CPUパワーに余裕があるのかさほど目立たないように思います。

Flashが多用されているサイトでも、iPadよりも早く
描写してくれるのは優れているところだと感じます。

ノートPCなどとは比較にはなりませんが、ブラウジング端末としては
ストレスなく使える機種だと思います。


◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など

液晶は数年前のレベルです。
視野角が極端に狭く、縦持ちすれば左右の目で色が異なります。
左右の視野角に関してはあまり問題にはなりませんが
縦で使用されることも多いタブレット端末でこれは致命傷です。
iPadの液晶がきれいなだけに残念な部分です。

輝度の関しては自動調節なので、通常利用では問題かと思います。
輝度MAXにすれば屋外でも問題なく使用できます。

発色は悪くはありませんが、上記のように視野角が狭いので
綺麗に見える部分は狭いです。


◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド

タッチ操作前提ですので、キーボードはソフトウェアキーボードとなります。
標準のキーボードは縦に狭いのでよく押し間違えます。
他の入力アプリで解決できますので問題はないとは思います。

タッチパネルは静電容量式ですが、iPadに比べると感度は劣ります。
軽く触れたぐらいでは反応しないこともしばしばあります。


◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など

iPadより少し劣るくらいです。
イヤホン前提で考えたほうがいいと思います。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置

質感はとてもプラスチッキーで、高級感などは全くありません。
業務用端末そのもののような質感ですが、剛性も感じられないので
落としたら、おそらく一発アウトだと思います。


◆ 排熱:筐体の温度

背面に排熱用と思われるスリットがありますが
ほとんど発熱はしません。
長時間使用しても、ほんの少し暖かくなるくらいで
発熱の心配はないかと思います。


◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ

ファンレスなので、音は全くありません。
数少ない長所だと思います。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど

質感の割にはiPadよりも重いので、私は家メインで使ってます。
ただ、重さを気にしなければ鞄に十分に入るので
持ち運びにはあまり気を使わなかいかな?とも思います。

モバイル端末なのに、USBでの給電・充電が対応していのでACアダプタは
人によっては持ち歩く必要があるかと思います。
ACアダプタは1mほどしか長さがないため、充電しながら使うには
非常に不便に感じます。

バッテリーはWifiで接続して動画サイトで動画を見ても7時間前後は持ちます。
通常の使い方だと、1日は持つので十分かと思います。

◆ その他

iPadや他のタブレット端末にも言えることですが、
PCとは違い、電源ボタンを押してから使えるまでの時間が非常に
短いので、ブラウジングするだけの用途で考えれば
PCにも引けは取らないと思います。

また、Webページの描写も非常に速いので、iPadのようにワンテンポ遅れて表示
ということも少なくFlashも見れるので、家で寝る前にネットサーフィンしたりちょっと調べ物したりする用途には非常に向いてる製品だと思います。
注意点としてAndroidの目玉であるFlashはインストールされておりませんので非公式にインストールする必要があります。

ただ、ソフト面が不安定で、アプリやブラウザが結構な頻度で落ちます。
恐らく、Tegra250にOSが最適化されていないため全体的に不安定です。

また、Androidの問題でもありますがアンチエイリアス処理がうまくないため
文字が潰れたりと電子書籍向けではないです。
コミックなどは普通に読めるレベルではありますが文字主体の書籍を読むためにこの製品を選ぶと痛い目に合うかもしれません。
この点に関してはiPadはすごいですね。

ちなみにAndroidマーケットは公式には使えませんので注意が必要です。


◆ 総評

人を選ぶ製品だと思いますので総合評価は3とさせていただきます。
製品自体の完成度が低いため、iPadと性能比較して安易に選ぶ商品ではないように思えます。
日常でマルチに使うにはiPadのほうが断然優れていると思います。

ただ、スペックが他の端末に比べると高いので、OSレベルでいじれる方であれば
十分に遊べる端末じゃないでしょうか。(自己責任にはなりますが)
元々がほぼ素のAndroid2.2が入ってますのでカスタマイズして自分仕様に
できれば、ソフトウェアの面では様々な不満点が解消されます。
詳しくは述べませんが、有志の方がこの端末に最適化させたカスタムOSなども
公開されていますので(処理速度が2倍近く高速化するなど)
iPadに比べると自由度はあります。

一般の方が、この製品を日常で使うには多くの障害がありますので
あまりおすすめは出来ません。
どちらかというと開発者向けの製品ではないかと思います。

日常生活で使う分には私的にはiPadを推します。


まだまだ、発展途上のAndroidタブレットでいち早くTegra250を載せてきたの
は評価できますね。
春頃には、海外メーカーがこぞってTegra250を載せたタブレットを出すようなので
私個人としてはそちらも気になるところです。

驚異的な出荷台数となっているiPadよりもさらに安い3万9800円の「AD100」。スマートホンよりも安い価格を実現するため、どこかでコストを削らなければなりませんが、chikaさんのレポによれば液晶はiPadには遠く及ばないとのことです。iPadには視野角の広いIPS液晶が搭載されていますが、AD100は縦の視野角が狭いことから安価なTNパネルを使ってそうな感じです。価格的には仕方ないところでしょうか。

外見的な質だけでなくUSB給電非対応など使い勝手の面でも気になるところがありますが、一方で素のハードウェアスペックは高く、いじりがいのあるガジェットとなっています。ユーザーの方がカスタムOSを早くも公開されているというのはいかにもAndroid端末らしいお話です。 [2011-1-21]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > LuvPad AD100ユーザーレビュー