HOME > レポート一覧 > LuvBook D700Xユーザーレポート

LuvBook D700X

LuvBook D700X

■ 評価点平均

4

廉価帯担当のLuvBookシリーズでありながら、独立GPUを搭載した17.3型ミドルレンジノート。GPUはGeForce GT 540M。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶 1
キーボード
騒音・ノイズ
1 筐体の質感
1 発熱処理 1

型番

■ 2011年3月
LB-D700E
LB-D700B
LB-D700S
LB-D700X

2011年9月
LB-D703E
LB-D704B
LB-D703S
LB-D702X

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

LuvBook LB-D700X  うたばか さん

 No. 3525

  • 長所: 熱処理
  • 短所: 液晶
3DMark06 4631
モンハン絆 1852

◆ 購入のきっかけや価格
SandyBridge搭載ノートPCを物色していて、価格や性能面を考慮した結果、結構
よさげに思えたからです。プレミアム構成を選んで約11万、これでCore i7や
メモリ8GB、ブルーレイ搭載なんて非常にお得だなと。

◆ 体感速度の変化
他にCore2Duo T9550搭載VAIOを使っていますがそれに比べて、体感速度はあまり
変化ありません。元々そんなに性能を必要とする作業はしていないので・・・

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
液晶については全体的にのっぺりとした感じ。色のノリが悪いというか・・・
視野角についても真正面からみないと、色の変化がすごいです。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キーボードのタッチは硬めでなかなかいい感じです。
不満としてはBackSpaceキーやEnterキーが他キーと比べて大きさに差がないことや
テンキーが他キーのすぐ隣に配置されており、タイプミスが多くなるぐらいです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
サウンドについてはまあ一般的なノートPCのレベルかと。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
USBが左に3個、右に1個配置されているので中々使いやすいです。欲をいえば
1個ぐらいは背面にほしかった・・・
筐体については全体的にプラスチックでチープなつくり、このあたりは値段上
仕方ないと思ってます。

◆ 排熱:筐体の温度
使用していてもパームレスト、キーボード周りは全然熱く感じません。


◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ファンノイズは結構、回っていますが気になるレベルではないので不満なし。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
17インチの大きさで3.2キロ、家の中で持ち歩くには不自由ない大きさ、重さです。
バッテリもデスクノートとしての使用なので不満なし、ACアダプタに関しては一般
的なサイズでおさまっているのでこちらも不満ありません。

◆ その他
スーパーπを実行してみたところ、104万桁で12秒、3355万桁で11分15秒・・・
時代の変化を感じました。


◆ 総評
値段のわりには性能が高く、全体的に満足しています。
ただ、気になるのは搭載GPUのわりにベンチマーク結果が振るわなかったことがあります。
負荷に応じて自動切り替えですが、その切り替えがうまくいってない?
CPU内蔵グラフィック固定で計ると今の半分程度のスコアになるので、切り替え
されていそうな感じはするのですが・・・

普段使いの性能は特に問題ないようですが、3Dベンチマークがいまいち安定しないとのこと。確かに3DMark06のスコアも他のGeForce GT 540Mノートに較べると伸び悩んでいます。540Mが対応するVRAMはDDR3のみで差が出るところではないですし、動作クロックも特に問題無いように見えます。

BIOSで統合GPU、独立GPU、Switchableモードの切り替えができるノートもありますので、可能であれば一度グラフィックスを独立GPUに固定して測定してみたいところです。あとはべたなところでドライバの更新でしょうか。 [2011-4-10]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

LuvBook LB-D702S  スロウレス さん

 No. 3676

  • 長所: 筐体
  • 短所: 熱処理
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.4 7.6 6.7 6.7 5.9 5.9

◆ 購入のきっかけや価格
デスクトップ代わりとしてMMO等を最高オプションで楽めるノートPCを探していました。
コストパフォーマンス比較で圧倒的な マウスコンピューター LB-K801B 15.6型を当初はオーダーしました。
オーダーは通ったものの、なにやら製品上の不具合という事で販売が停止した為(9/18現在)
同価格ではあるが、GPUは下がる(GF-GT555M→GT540M)・指紋認証が無い BTが無いが、ディスプレイサイズが大きい。ヘアライン仕上げの本体がカッコイイ。即納可能(オーダー時)等の理由で 今回レポートいたします LB-D702S(ハイスペ構成)を購入しました。
価格: 
本体:79800円
送料 +3150円
値引 -3150円(PCリサイクルキャンペーンで 3150円が割引)(オーダー時)
合計 79800円
(現在、販売終了 9/18時点)

◆ 体感速度の変化
デスクトップの第1世代の Corei5-760
某HP社製Athlon?搭載ノート と比較しても、起動・通常のブラウジングが体感として
早くなったとは感じられませんでした。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
フルHDのディスプレイには概ね満足しており、あくまでも個人の感想としては発色がクール(冷たい・青っぽい)な感じでした

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
アイソレーションキーボードでタッチは非常に優れています。
独立テンキーも右側に(当たり前ですね)装備していますが、BIOSの項目に、起動時NumberLockOnの項目が見当たらず(要確認) Deleteキー+Fnキーで On/Off切替が使い辛く感じています。
タッチパッドは、可もなく不可もなく。感度も良好です。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
サウンド面では、優れた音響効果を再現できそうなソフトがプレインストールされていますが、スピーカーが前底面の為でしょうか、本体スピーカーのみでは十分な再生効果は得られず勿体無いと感じました。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
本体は予想よりも薄く非常にスマートでスタイリッシュです。前述の通り、ヘアライン仕上げの黒筐体を私は気に入っています。
ディスプレイ開閉時における、ヒンジ部への不安感もなく、ディスプレイのよじれ感もなく、開閉強度は十分と思われます。
USBが 右×1 左×3と成っており、私は右にワイヤレスマウスのレシーバーと USBストレージを使いたいタイプなので、右にもう一つUSBが欲しかったなと思います。

◆ 排熱:筐体の温度
GPUの稼動を GF GT540M とオンボードの HD3000と切り替えて使う機能があるのですが、MMO等を稼動させると、左排出のファンから全力で排熱し、キーボード左側の Tab Caps部位までが熱くなります。また、熱量も高く、熱風で本体左側に飲み物を置いておくと温まってしまう程です。この熱量の高さは少し心配ではあります。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
高稼動時の排熱音は決して静音とは言えず、既存のPC並みもしくはそれ以上です。
ただし、最小稼動時は GPUの切替効果も有り、非常に静かになります。
MMOに接続したまま寝ても気にならない程です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
モビリティについては、余り考慮していない為、17.3型と大型の筐体をセレクトしましたが
重さ 3.09kg(公式サイトより)は大きさの割には軽く、移動できるデスクトップ性能と考える私には、特に不満はありません。
ACアダプタの大きさは、某HP社ノート15.6wの付属品と殆ど変わりません。
逆にバッテリーは、本体の割りに非常に小さく、まだ試しては居ませんが、カタログ値2.83Hからしてみても、バッテリー稼動が優れているとはいえないかもしれません。が、私の目的はバッテリー稼動ではないので気にはしていません。

◆ 総評
費用対性能というコストパフォーマンスにおいては、オーダー時の私の知る限りでは、どこよりも高く、勤務先でもマウスコンピューターを数台導入していますが、サポートセンターの対応も数年前から比べると随分良くなりました。

今回は 更にコストパフォーマンスとGPU性能に優れるLB-K801B 15.6型 から同価格である LB-D702S 17.3型に 変更いたしましたが、私は非常に満足しています。
(FPSはしていないので分かりませんが)念願の最高オプションでストレス無くMMOを楽しむ事もできました。
等レポートのスペックのものは販売終了となっていますので、
LB-K801B(エントリー構成¥79800円)が販売再開されましたら検討してみては如何でしょうか?

プレイされているタイトルはグラナド・エスパダとアトランティカ。どちらもDirectX9世代のタイトルなので負荷は比較的軽めです。ただLB-D702Sの搭載パネルは1920×1080のフルHDですので、解像度から来る負荷は非常に高くなります。統合型GPUだと処理しきれるか不安の残るところですが、シェーダー数 96基の540Mが搭載されているためフルオプションで楽しめています。 [2011-9-23]

  •  グラナド・エスパダ ルネッサンス (C) ハンビット / IMC Games All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  アトランティカ (C) 2008 NEXON / NEXON Japan All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 2

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > LuvBook D700Xユーザーレビュー