HOME > レポート一覧 > m-Book Z370ユーザーレポート

m-Book Z370

m-Book Z370

■ 評価点平均

4

ASUS Z37Sがベースと思われる13.3型ノート。このクラスは高価格帯にバイオ type SZ、お手頃価格帯にXPS M1210という棲み分けた状態でしたが、新たにマウスが参戦することになります。GPUはDirectX10世代となる「GeForce 8400M G」。ただこれがAnandtechの記事を見る限り、ちと地雷くさい。
 GigabitEthernet、指紋認証に加え、eSATAポートも備えるなどなかなか面白いスペックであり、USBは右側面の‘奥’に配置するなど、ポート配置も良好な設計だけに悩ましい。マウスなので、OSレスやWinXPも選べます。液晶、GPU性能いかんによっては人気が出ても良いのですが、果たして。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶 1
キーボード
1 騒音・ノイズ
1 筐体の質感
発熱処理

型番

m-Book Z370SH, 370SH-N, 370SH-A

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

m-Book Z37S  POPON さん

  No. 1815

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶
3DMark03 1137
FF11v3 高解 2941

VAIOのSZを所有しているので同ジャンルとみなし比較します。(VGN-ZS50 T7200(載換)M2048
液晶:SZとほとんど変わらず(おなじもの?)Chi Mei N133i1-L01 1280 x 800
白っぽいのでガンマ調整しました。
キーボード:SZと比べるとかなり打ちやすいが、まあ普通です。
騒音・ノイズ:T7200載換SZと比べると、かなり静かです。常に回転していますが、
       深夜でも気にならない程度です。
筐体の質感・剛性:閉じた時のデザインは少し高級感が有ります。天板がつるつるで
うっすらと縞模様があります。剛性はまあまあですが、開いた時の銀塗装が安っぽい?
熱処理:本体左側にファン有り、熱風が出てきます。手は熱くなりませんが、
CPU温度:65℃ GPU温度:80℃程だったので、グリスを塗りなおしたら5度ほど下がりました。(GPU 実メモリ128M VISTA有効メモリ895M)

キーボードはSZよりだいぶ打ちやすく、静粛性もまずまずとのこと。ショップブランドとしてはまずまず良好なようです。なぜか今は受注停止になっていますが... グリス(元は伝熱シール?)の塗りなおしで温度が大きく下がったというのは、ちょっと心許ないですね。 [2007-7-5]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

m-Book Z37S  一番☆光 さん

  No. 1885

FF11v3 高解 3281

ビデオチップは GF8400G になります。
OS無しモデルでXPを入れたばかりなのでこれから色々いじってみようかなと思っています。

ベンチスコアとコメント有り。現在m-Book Z37シリーズは部材調達遅れによる生産遅延とのことで、受注がストップしてしまっています。レアなモデルになってしまいました。 [2007-8-7]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

m-Book Z370SH2  magrev さん

 No. 2154

FF11v3 高解 3354

◆ 購入のきっかけと価格
 普段は、デスクトップ(C2D E6400/Geforce 6600GT/OS XP)を使用しています。
 出張や旅行用にグラボ付きのノートPCが欲しくてコレを買いました。
 車で出掛ける時のみ、持って行く予定なので、13.3インチ以下というサイズ以外
 制約はなかったのですが、年の瀬になって、急にノートPCが欲しくなったので
 BTOしてる余裕が無く、ダイレクトショップに駆け込んで140910円で購入しました。
 梱包箱は小さめで取っ手も付いていたので楽々持ち帰る事ができました。
 
◆ 体感速度の変化
 やってるゲームが、パンヤ等軽いものばかりなのでデスクトップと変わりなく
 サクサク動作します。
 ストラガーデンに至っては4窓同時起動も可能でした。
 (こんな古いゲームの動作情報あってもニッチすぎて役に立ちませんね?)

 ASUS製のPCに付いてくるらしい省電力ソフトPower4 Gear ユーティリティで
 CPUクロックの省電力設定を変えられ、FFベンチではその設定に比例して
 スコアとCPU温度が変化します。(スコア2090〜3354、直後のCPU温度50〜65℃)
 

◆ キーボード:配列やタッチ
 キーボードは、たわみが少なく、横ピッチも19mmあってエンターキーも大きめ
 エンターキーの右側にキーが無いので自分にとっては扱いが良いです。
 
 右のシフトキーとその隣3つのキーは、小さいのです。
 カナ入力の人は大変かもしれません。(「る」「め」「ろ」のキー)
 キータッチは若干弱めに感じました。
 
◆ サウンド
 スピーカーがパームレスト手前に斜め下向きに付いていますので
 テーブルの材質によっては良い反射で聞こえます。

◆ 筐体:質感や強度
 質感は、この値段にしてはなかなか良いと思います。
 天板に細かい模様がありますが、ちょっと離れると見えなくなる程度の模様です。
 熱は、左中央部から排気されていて、その周辺部のキーはほんのり暖かいですが
 パームレストには熱は伝わってこないので、キー操作中の違和感は無いです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
 USBは、左中央に1つ、右奥に2つ有り使い勝手は良いです。
 その他、1394とe-SATA端子が1つずつ有ります。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
 冷却ファンは一定回転速度で常時回っているようです。
 音に関しては、気になるレベルではなく、静音の部類に入るものと思います。

◆ 総評
 地雷グラボも、軽いゲームばかりならその能力を発揮してくれるようです。
 グラボ付きのおかげでCPU使用率低減に効果がありましたし、初期不良も 今のところ
 発生していないので自分にとっては、このPCがベストチョイスであったと思っています。

 尚、梱包箱には、made in china.と記載された製造ラベルが貼られていて
 オンラインマニュアルには、ASUSと記載されており、OEM元がかなり
 分かりやすくなっております。

年の瀬に急遽購入となったmagrevさん。帰省用でしょうか? 毎日のように持ち歩くわけではないけれど、ちょっと出かけるときに持っていきたいということで、中庸サイズの13.3型のZ370を選ばれています。このクラスは「XPS M1210」や「VAIO SZ」など強力なライバルがいますが、Z370も筐体の質感などはなかなか良好とのこと。パームレストが熱くならないのもいいですね。

劣る点といえば8400M GSより下の位置づけとなる「GeForce 8400M G」ですが、こちらはパンヤなどの軽いゲームであれば十分役目を果たしてくれるとのことです。最新でないゲーム情報も絶賛募集中ですので、レポートありがとうございました(^^
 [2008-1-9]

  •  スカッとゴルフ パンヤ (C) 2005 Gamepot All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  コンチェルトゲート (C) 2008 NHN Japan Corp. / スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  ストラガーデン (C) 2008 GAMES ARENA Co., Ltd. All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 3

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > m-Book Z370ユーザーレビュー