HOME > レポート一覧 > Precision M20ユーザーレポート

Precision M20

Precision M20

■ 評価点平均

90

モバイルワークステーションとしてM.RadeonコアをベースにしたOpenGL強化バージョンである「Mobility FireGL V3100」を搭載するM20。兄貴分にあたるM70にはNVIDIAの「Quadro FX Go1400」が搭載されています。筐体はInspiron8500/8600を連想させる筐体で、ややデザイン面での古さを感じさせますが、インターフェイスはデルのネックだったUSBも4ポートあるなど充実しています。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
1 キーボード 1
4 騒音・ノイズ
筐体の質感 3
発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Precision M20  GODIVA さん

>> デル 参考になった!

評価 90 点 No. 310

  • 長所: 騒音
  • 短所: 筐体

◆ 購入のきっかけと価格
3dsMAXのモデリングと持ち運びを考慮に入れ、この機種にしました。

◆ 実際の体感速度
ゲームはしませんし、レンダリングもCPUの速度が主になってくるので、
今のところ体感速度も必要にして十分です。

◆ 液晶の質
流行のツルピカ液晶は好みでないので、この液晶に満足しています。
液晶の明るさも十分かと思います。

◆ サウンド
悪いです。期待もしてません。

◆ 筐体:強度と質感
安っぽさは否めませんが、事実安いので仕方ないのかもしれません。
強度も質感もそれなりかと思います。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
えらい静かです。冷却ファンの音は今のところ聞いていません。
軽くレンダリングしてもHDDの音しか聞こえません。

◆ モバイル性
約2kgならなんとか持ち運びできそうです。

◆ その他
アクセス音はしますが、7200回転のHDDはかなり快適です。

◆ 総評
少し前のデスクトップ並のパワーがこの個体に入っていると思うと、
その技術進歩には驚かされます。

ワークステーションモデル一番乗りのGODIVAさん。静音性の高さが一番お気に入りだそうです。ちょっと前まではPen4で鍛えられていただけに最近のA4サイズPen Mノートの静粛性はかなりのものです。GODIVAさんの主な使用用とは3Dレンダリングのため、ベンチスコアはありません。 [2005.2.26]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Precision M20  TypeS-Zero さん

>> デル

評価 80 点 No. 631

  • 長所: 騒音
  • 短所: 筐体
FF11v3 高解 2607

◆ 購入のきっかけと価格
半ば衝動買い。今の機種(エプソンF750)も騒音や発熱などでやや不満はあったのでいいノートがあれば買い替えしようと思っていた矢先オークションで新品出品を発見、見事落札。値段は13万円。

◆ 実際の体感速度
ネットなどではよいと思いますがゲームではF750にやや劣ります。

◆ 液晶の質
残像が目立たない、まあ普通の液晶だと思います。

◆ キーボード
もう少し硬いほうがよいと思います。

◆ サウンド
低コストノート相応のものと思います。

◆ 筐体:強度と質感
頑張ってはいますが安っぽさは否めないと思います。強度は問題ないと思います。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
欲を言えばUSBを左側に配置してほしかったです。とはいえ数に不足はないと思います。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
FFベンチでもミュートにしてファンの音に気がつく、程度です。発熱はあるもののパームレスト側は小さく、液晶側が大きく、というように使い手の配慮があるような気がします。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
モバイルとしてみると大きいと思いますがケーブル収納がわかりやすくなっています。

◆ モバイル性
常時モバイルなら素直にB5クラス、ですがたまに持ち歩くくらいなら許容範囲だと思います。

◆ その他
F750と比べるのなら基本性能で劣るのですが発熱、騒音、モバイル性では確実に勝っています。V3100の性能があまり高くないのは残念ですが東芝SSLXのパームレストがものすごい発熱(展示機)だということを考慮すると使い手側の考慮の結果の選択ということでしょうか。V3200搭載T43pもありますが値段が違いすぎますしコストも考慮すると、です。

◆ 総評
低コスト機にしては発熱などの配慮がなされていると思います。また(一応)人が持っていないノートということではよいのですが安っぽさが出ているためプレミアム感は低いです(特別モデルですが)。エプソンさんにも言えることですがA4モバイルの高速グラフィックモデルが不在なのが謎です。旧RXなどは根強い人気があることですし直販の低コスト、高性能という強みを生かせばそれこそソニーやNEC、東芝などが脅威を感じると思うのですが・・・。

レポートでは性能的にはもう一伸び欲しいところだが、発熱、値段の面を考えればこれはこれでまとまっているという評価のM20。やはりZeroさんが言及されるようにA4モバイルは手薄なので、今後、大手メーカーがLESANCEのような3D性能に強いA4モバイルを出してくるのか気になるところです。 [2005-08-06]

  •  プリンセスコンチェルト (C) 2005 BROCCOLI All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  イース フェルガナの誓い (C) 2005 日本ファルコム All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Precision M20  アンパン さん

>> デル

  No. 649

FF11v3 高解 2555

 [2005-08-17]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Precision M20  アンパン さん

>> デル

評価 90 点 No. 654

  • 長所: 騒音
  • 短所: キーボード
3DMark05 718
3DMark03 1836
FF11v3 高解 2576

◆ 購入のきっかけと価格

 Inspiron 8100 を約3年半使用していましたが、ビデオ系が故障してしまいました。
 どうにかビデオチップの上にゴムシートをのせキーボードで圧力をかける事で動いていますが、仕事でも使用しているので買い換えを決断しました。
 価格は21万ぐらいです。
 本当は、Precision M70 が欲しかったのですが、仕事上パラレルポートが必要であった為、考慮した結果 M20 にしました。

◆ 実際の体感速度

 前マシンより2倍速くなった感じです。
 ビデオ系は2.5倍速くなった様です。

◆ 液晶の質

 ドット抜けもなく良いと思います。

◆ キーボード

 前マシンと比べると重くなったと思います。
 前マシンの感覚で入力すると打ち損じてしまいます。

◆ サウンド

 特に気になる事はありません。

◆ 筐体:強度と質感

 特に気になる事はありません。

◆ 筐体:各種コネクタの位置

 イーサのポートが背面(前マシンは右側面)になったので邪魔になりません。(笑)

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音

 とても静かです。
 熱は、ほんのり温かくなる程度です。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱

 大きさは、やや大きく感じます。
 熱は、ほんのり温かくなる程度です。

◆ モバイル性

 前マシンと比べ1Kg以上軽くなったので通勤が楽になりました。
 でもまぁ2.2Kgなので、モバイル性としてはギリギリだと思います。

◆ その他

 3Dゲームはしないので、その手のレポートを書けなくて申し訳ありません。
 現マシンを購入する際、このサイトの情報を参考にさせて頂いたのでレポートを登録しました。

◆ 総評

 満足度では十分合格点だと思ってます。

ゴムシートを乗せると動くということは、チップが剥がれかけていたということでしょうか? 古いテレビを叩いて直すような感じですね(汗 アンパンさんのレポートを読んで初めて知ったのですが、M70にはシリアルポートはありますが、パラレルポートが無いんですね。 [2005-08-17]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Precision M20  にゃおき さん

>> デル

評価 100 点 No. 994

  • 長所: キーボード
  • 短所: 筐体
FF11v3 高解 2666
 

◆ 購入のきっかけと価格
会社の開発用マシンです。
既存マシンが2001/02/21購入で、スペック的にさまざまな作業が厳しくなったため。

2006/02/21に購入(うわっ偶然・・・ぴったり5年ですね)
キャンペーンで10万円OFF+ディスカウントクーポンで15%OFF+配送料無料のコンボで税込200,599円でした。

保障に関しては3年間オンサイトサービスのみで、コンプリートケアはつけませんでした。

◆ 実際の体感速度
HDDは100GB/7200rpmのモデルです。[Hitachi HTS721010G9AT00]でした。
いわゆるもたつきは皆無ですね。

ソフト開発をこのパソコンやってます。

◆ 液晶の質
14.1インチ液晶SXGA+ディスプレイは、派手さはないですけど落ち着いた感じ。
ハードに使うことになるので、どのぐらいでヘタるかが気になるところ。

◆ キーボード
フルキーボードとほとんど同一で大満足。
Fnキーが邪魔にならない。
Aを押そうとして間違えてCaps Lockを押すミスタッチもありません。

◆ サウンド
しょぼいです。
ヘッドフォン使用時もノイズが激しい。
新幹線移動中にTV録画しておいたものを見ようと思っていたのでちょっと残念。

◆ 筐体:強度と質感
DELLのA4ファイルサイズの筐体ですね。
ぱっと見、ワークステーションモデルには見えない。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
右側面: USBポート×2 DVD-ROMドライブ(マルチドライブベイ)
左側面: PCカード ヘッドフォン マイク IrDA
背面: VGA シリアル パラレル TEL USB×2 S端子 LAN

私的に最高です。
ベストな位置にちょうどいい数が配置されています。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
使用用途ではほとんど800MHzで稼動するため、発熱も少なく、ファン音も気になりません。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
国内メーカーのと比べれば大きいですね。
13.7cm×5.5cm×2.8cm うちのLaVieMやLaVieGタイプCのACアダプタより一回り大きいです。

◆ モバイル性
2.2kg これが重いか軽いかは微妙ですが、新幹線のテーブルにのせて快適にタイピングできます。

◆ その他
セキュリティチップとか面白そうなモノがついているので、これから調べて遊んで見たいです。

◆ 総評
まだ購入して日が浅いのでなんともいえませんが、おおむね満足です。

コンプリートケアでも液晶のへたり(バックライトの蛍光管のへたりですね)はカバーしてくれないので、にゃおきさんのようにヘビーに使われた場合は、液晶がさきに限界を迎えることも考えられます。カラーフィルターへの焼き付きとかが無ければ、蛍光管さえ替えればまたかなりいい状態に戻るであろうだけに、蛍光管交換サービスなどもあるとうけるかもしれませんね>デル そんな面倒なことをするぐらいなら、新しいのを買ってくれと思ってるかもしれませんが(w アイオーポートの位置は左右、後ろにばらけており、満点とのこと。スピーカー出力のノイズは残念ですね。USBヘッドフォンを試すのが一番いい解決法でしょうか。 [2006-4-3]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 5

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Precision M20ユーザーレビュー