HOME > レポート一覧 > Precision M6500ユーザーレポート

Precision M6500

■ 評価点平均

3.5

ターゲット層はCGや設計など、3Dソフトウェアをガシガシ使うプロユーザー向けのワークステーションモデル。旧型となった「Precision M6400」のCore i7版です。GPUは以下から選択可能。
 • Quadro FX 2800M
 • Quadro FX 3800M
 • FirePro M7740

「Quadro」は「GeForce」と同じコアを使いますが、OpenGL高速化、各種アプリケーションへの公式対応を謳ったQuadro専用ドライバによる差別化が図られています。また動作認証を受けています。そのほかメインメモリ用DIMMスロットを4基備え、最大積載量は16GBとなっているのも特徴。

長所・短所

GOOD   BAD
1 液晶
キーボード 1
騒音・ノイズ
筐体の質感
発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Precision M6500  huku さん

>> デル

 No. 3070

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.2 7.6 6.9 6.9 7.4 6.9
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.245.90179.40
512k178.30175.00
4k15.5822.300
型番
3DMark06 13249

◆ 購入のきっかけと価格
i7搭載のノートに興味があり、Alienware M15xを検討中、発売があったので。
価格は割引がある程度ありましたがM17x購入時ほどの価格でした。

◆ 体感速度の変化
体感速度についてはPrecisionM6400とは大して変わらないです。

◆ 液晶の質
PrecisionM6400とそれほど変わりはないですが、ムラも少なく良い品質です。
Edge to Edgeベゼルの反射は相変わらず大きいですがMacbook Pro 17インチ用
ノングレア保護シートを貼れば問題はないです。

◆ キーボード:配列やタッチ
キーボードはPrecisionM6400と比べよくなっており、沈み込みがあった部分も問題なく、
なれもありますが自分は気にいっています。

◆ サウンド
良いとはいえませんが、それほど問題ないです。
ブルーレイ再生時、ボリュームを上げると、筐体が共振します。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
筐体はしっかりしていますが、ところどころチープな部分もあります。
なれたせいもありオレンジの筐体も違和感がなくなりました。

◆ 排熱:筐体の温度
長時間使用し続けると底面など熱くはなりますが、キーボードなど不快になることはないです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
静寂性はPrecisionM6400にくらべ上がっているように感じます。
ベンチマークをループさせても爆音にはならないほどの音です。
長時間の通常使用ではファンの音が気になることはないです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
PrecisionM6400のACアダプタとは違いAlienware M17xと同じ薄型のものに
なりました。大きさはVAIO Pシリーズ並みの大きさです。

◆ その他
SSDはサムソン製のMLCタイプでした。
注文時メモリは4Gモジュール2枚構成になっていましたが、表記ミスで2Gモジュール4枚構成との
ことでした。1600MHzの4GモジュールはDELLでは現在のところ入手不能だそうです。

◆ 総評
PrecisionM6400に比べ劇的な変化は感じられませんが、なかなかまとまりの良い機体かと思います。Alienware M17xと比べるのはおかしいですが安定性は高いです。Quadro FX3800Mの性能もなかなか良いかと思います。  

LEDイルミネーションなど遊び要素の強いAlienwareに較べると地味でシンプル系のM6500。好みによりますが、私も同価格ならM6500を選ぶでしょうか。メモリーソケットが4つあるため、DIMMは4枚使うことができます。モジュール構成については4GB x 2の方が将来的に16GBへの拡張も可能になるため利点は大きいのですが、hukuさんの機体では購入時の記載とは違う、2GB x 4枚構成で届いたとのこと。

現在デルサイトで確認するとデフォルト設定からの変更料金が 4GB x 2が+6万375円、2GB x 4が+2万2575円となっています。将来的に増設の機会があるかもしれませんし、デルに購入時の記載通り4GB x 2の構成にするよう要求するのも1つかと思います。交渉が面倒ではありますが... [2010-1-30]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Precision M6500  Razzle さん

>> デル

 No. 3288

CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.193.54156.81
512k150.2081.65
4k16.104.722
4k3226.785.269
型番SAMSUN SSD PM800 2,.5
3DMark06 11418
FF14 高解 1021
FF14 低解 1901

◆ 購入のきっかけや価格
aspire6930gとstudio1737を使用してましたが、いろいろ不満がありまして・・・
どうせ買うならハイエンドノートということで、CREVOのD900F、DELLのAlienware
あたりも候補でしたが、見た目が一番好みのPrecisionにしてしまいました
3Dグラフィックの仕事をするわけでもなく、完全なプライベートマシンですw
価格のほうは5%引きの時に営業と交渉し、さらに5%程引いてもらい46万くらい
その後10%引きになってたのは内緒です・・・

◆ 体感速度の変化
SSDが一番大きいのでしょうが、とても速くなりました
たいしたことはしないのですが、ストレスを感じずに作業ができるようになりました

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
視野角のよろしくない安物液晶にアンチグレアフィルムという環境でしたからまったくの別世界です、横や下から覗き込んでもはっきりと見えます
とても色鮮やかで、赤と緑が特に綺麗に感じました
懸念していた文字の小ささは問題無し、それよりも作業領域が広がったのは大きいです、ここにこだわる人の気持ちがよくわかりました
写り込みは気になりますが、せっかくのRGBLED液晶なので今回はアンチグレアフィルムは貼らないことにしました(MacBookPro用のフィルムがうまく貼れなかったせいでは決してありませんw)

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
今のところの唯一の不満がキーボードですね
斜めに入るというか、グラつきがあるというか・・・
バックライトはかっこいいですが、暗いところでPCをする習慣がないのでオフにしようかと思っています
トラックポイントはまずまずの使い心地、トラックボールになじんでしまったので
オフにしていますが、この機種の用途的に出先などで使う分にはいいのかと
ただ、キーボードとの兼ね合いなのか、私の打ち方が悪いのかわかりませんが、GやBといったキーを打つ際邪魔に感じます
以前ThinkPadR61を使用していた際には、邪魔に感じたことはなかったのですが
パッドのほうのジョグシャトル機能は、あまり使用していないためノーコメント

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
音に関しては、可も不可も感じません、そういう機種ではないと思いますし
現在のところ、音割れなどは発生しておりません

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
アルミ製のボディは高級感があります
照明などにもよるのでしょうが、オレンジはデルのサイトで見るより暗いメタリック(この表現が正しいのか・・・)です、個人的にはいい意味で期待を裏切られました、とても気に入っております
強度や剛性は高いと思います、筐体もバームレストも指紋や油脂などが目立つこともありません

◆ 排熱:筐体の温度
まったく熱を感じさせません、この辺は流石だなと思います
操作をしていては感じませんが、当然排気口からは温風がでていますし、底面は結構熱を持っています
ゲームをするので気休めで冷却代の上においていますが、無くてもいけそうです

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
光学ドライブはディスクを入れたときは賑やかですが、それ以降は静かなほうだと思います
ファンは静かな部屋でかすかに聞こえるものが常時回っています
高負荷時に本気出してファンが回ると、結構うるさい方かもしれません
比較になるようなハイエンドクラスのCPUやGPUを搭載したノートがほかに無いのでなんともいえませんが、これは仕方ないのかと

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
重いです、ずっしりとした重さですw
これを持った後だと、studioが軽く感じます
ACアダプタは笑えるくらい大きいです、バッテリーの持ちはモバイルする気が無いのでわかりません

◆ その他
評価が低めなのはこのM6500が2台目だからです
1台目はキーボードが歪んでいて、GPUから異音が出ていました
修理で直ったのですが、その後すぐに液晶が映らなくなるという有様
流石に我慢できず、交換してもらいました
2台目は順調ですが、リカバリーディスクが入れるところがあるのに、適当に入れてあったり、マニュアルの紙がヨレヨレだったりして、やはりあの国で作った物なんだなぁと実感させられましたw

◆ 総評
悪いことも書きましたが、おおむね満足しております
交換トラブルが無ければ、5点つけたかもしれません
ただ、FF14ベンチはショックでしたね、まさか動作困難レベルだとは・・・

長文、乱文失礼いたしました
情報の少ない機種のため、どたかのお役に立てれば幸いです

値引き交渉のあとにオチがついてますが、PCでは付きものですね(^^; 検討されていた3機種のなかでは一番堅い路線のPrecisionですが、グラフィック用途も視野に入っていることからビジネス機では犠牲にされがちな液晶も綺麗です。筐体も真っ黒ではなくちょっとオシャレ。

キーボードにはバックライトが仕込まれていますが、特に利用する機会もないのでオフにすることを検討されています。モバイル機だと寝室PCしたりする際に重宝するのですが、据え置きだとあまり使う機会もないでしょうか。ちなみに、私はよくThinkPad W700をベッドに持ち込んで動画を見ており、17型という巨大サイズながらキーボードライトはよく使っています。利用シーンに寄りけりですね。 [2010-7-20]

  •  ミスティックストーン (C) 2010 Aeria All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  ベルアイル (C) 2006 ヘッドロック / ELEVEN-UP All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 2

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Precision M6500ユーザーレビュー