HOME > レポート一覧 > MacBook 13 (9400M, 白)ユーザーレポート

MacBook 13 (9400M, 白)

MacBook 13 (9400M, 白)

■ 評価点平均

4.7

アルミニウム削りだしMacBookとは別に、旧来のポリカーボネイト筐体のまま中身がGeForce 9400M (G)化された白のMacBook。それまでは旧仕様で販売されていた。
 ボタン一体型のガラス製トラックパッドなどは無いもの価格は8万円を割り込んでおり、MacBookの廉価モデルとしての役割を果たしている。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶 2
キーボード 1
1 騒音・ノイズ
2 筐体の質感
発熱処理

型番

MB402J/Bは旧型の「Intel GM965」仕様

■ 2009年1月
MB881J/A 白 2.0Ghz ユニボディと併売

■ 2009年5月
MC240J/A 白 2.13Ghz ユニボディと併売

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

MacBook MB881J/A  WIN さん

 No. 2819

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
3DMark06 1885
FF11v3 高解 5372

◆ 購入のきっかけと価格
アルミユニボディの剛性や高級感のあるデザインの良さは認めているのですが、個人的には
ポリカーボネートモデルのポップさを感じさせるデザインが好きなので、機能的な差別が
ほとんど無くなったこのモデルは割と理想に近い形でした。
アルミモデルにあるマルチタッチのトラックパッドが搭載されれば完璧ですが、それを望むのは
贅沢でしょうね。
値段は9万円弱。
CPUとGPUの性能を考えると、Windowsノートとの価格競争力もあると思います。

◆ 体感速度の変化
前に使っていたMacBookよりCPUクロックは1割程度下がっているので微妙に遅いはずですが、
GPUが大幅に強化されているので、体感的には上がっている部分もあります。

◆ 液晶の質
Macの最大の弱点は液晶だと思っています。
色温度やガンマの違いの問題では無く、液晶はWindowsノート(特に国産機)の方が質の高い物が
多いと感じます。

◆ 排熱:筐体の温度
以前のモデルから特に変化を感じません。
GeForceだからと言って、特別熱くはなってないですね。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
負荷が掛かった時のファンの騒音は気になります。
ただし、前モデルと同等です。
ちなみに、同じアーキテクチャになった新Mac miniは驚くほど静粛性が高いです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
モバイルを考えるとAirが断然良いと思いますが、インターフェースが少な過ぎるのが問題です。
有線LANとUSB×3くらいになると有力候補になるのですが、、、

◆ その他
メモリが3GBになっているのは32bitのXPだからです。
普段使っているOSXでは4GB(2GBのデュアルチャンネル)で使っています。

◆ 総評
ポリカーボネートモデルはいずれ消え行く運命でしょうし、これが最後のモデルかも知れませんが、
Intel化当時は唯一の新筐体だったと言えるモデルの集大成だと考えると、高い完成度を達成している
と思います。メモリ速度に違いこそあれど、他のモデルと比較して明らかな弱点が見当たらないのが
良いですね。
コストパフォーマンスとFirewireを重視する場合、そして非アルミが好きな場合は買って損は無い
マシンだと思います。

アルミボディの新型では輝度がアップするなど強化が図られていますが、メーカーがAppleしか無く選択肢の少ない液晶はMacBookの弱点の1つですね。もっと広色域だったり、高解像度だったりする液晶パネルをBTOで選べるといいのですが。欠点も「液晶」を選択。

新しいアルミ削りだし筐体は私も含め賞賛されることが多いですが、デザイン面からみるとやや無機質な方向へ傾いた感はあります。WINさんのようにプラスチックボディの持つ雰囲気を好むユーザーさんは少なくないのかもしれません。

メモリ量は物理的に搭載されている量を登録したいと思いますので、4GBに変更させてもらいました。 [2009-5-8]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

MacBook MB881J/A  LaSi さん

 No. 2830

  • 長所: 騒音
  • 短所: キーボード
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.39.9838.30
512k26.6632.10
4k0.551.151
型番C:Hard Disk[FAT32]
FF11v3 高解 5402

◆ 購入のきっかけと価格
ここのサイトでポリカーボネート白のGF9400Mのレポートを見たため、FFXI用のノートPCの入れ替えのために購入しました。前のマシンは、DELL XPS M1210で、ハードユースのためにグラフィックボードが焼けてしまいました。
本体は約9万円、OSにWinXP SP3を入手して、11万強です。
最近多い、アップルストアより20%も安く買えるネット通販での購入です。

◆ 体感速度の変化
XPS M1210と比べると同等程度。

◆ 液晶の質
気にならない程度ですが、発色はくすんでる感じです。

◆ キーボード:配列やタッチ
WinXPで利用する場合、文字種類選択キーは「英数」「かな」になっています。
画面調整などの機能キーや、ディスク取り出しキーなどについて情報がないまま使っています。この点は不便ですが、仕方ないと思ってます。

◆ サウンド
悪くありません。HDD動作の静粛性のおかげかもしれません。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
多くの方がこだわりを見せるところではありますが、私の目から見ると優れものという感じです。必要な端子は揃っていて、PCカードやExpressカードは最近いらなくなってきてる状況です。

◆ 排熱:筐体の温度
熱については、XPSとの比較ではこちらのがいいかな、と思います。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDDは静かですが、マルチドライヴはかなり騒音を出します。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
モバイルとしては重量2.2kgがぎりぎり持ち運べるレベルということで、これもそれにあてはまります。持ち歩きがら使うレベル(私にとっては1.4kg以下)ではないです。旅行先で座れる場所で落ち着いたときに接続するには十分ですが。

◆ その他
メモリの強化をしなくても、FFXIベンチマーク3の高解像度が5400オーバーになりましたが、この状態にするには、Boot Campの設定32GBのパーティションを切り、そのままFAT32でフォーマットして、WinXP SP3適用済みインストールDVDで何も考えずに環境設定し、その他のアプリケーションは極力入れないことです。

◆ 総評
GF9400Mマシンを狙い撃ちです。
Intelが最近、1400億円もの制裁金をEUから課されたようですが、その中にこの低価格で高性能な軽量ノートが作れるGF9400Mへの妨害が含まれてるような気がして仕方ありません。
多方面の情報を見る限り、ワンチップにノースサウスとIGPを入れ込んでいるMCP79MXを使えば、その実装面積を大いに減らせると思いますが、
MacBookがこの13.3インチのサイズにとどまっているのは、マルチタッチのタッチパッドなどの実装を優先に考えてのことだと思います。
実際、このタッチパッドは大変使いやすいアイテムです。


------------------------ 2009.5.17 追記 ------------------------

◆ キーボード:配列やタッチ
Boot Campのドライバインストールについて。
前回レポートではすでにBoot Campのドライバインストールが完了したかと思っていた状態での動作確認でした。
というのも、Mac OS X Install Diskを入れて自動起動した状態ですべてが終わると誤認していたためです。

前回のレポートの後、もう一度ディスクを入れて、今度はエクスプローラでディスク内を確認の上、入っていないドライバがないかをチェック。
結果として、タッチパッドやディスク取り出し・音量調整・照度調整のボタンが使用できるようになりました。

キーボードの弱点度合いは減りましたが、Windows XP本来のキーボード環境と違うのは間違いありません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ACアダプタについて。
ACアダプタは、アルミニウムユニボディのMacBookと同様、磁石で接続を強化してくれるタイプのもの。デザイン的には優れていますが、重量も多少あります。

◆ その他
MacBoo(白)kの日本のアップルストアでの販売価格114,000円と、それ以外の経路の販売価格(確認できた最安値=89,030円)の差について。
円高影響による値段の二重化が発生していると考えられます。
逆に言ってしまうと、日本のメーカーは円高の状況も踏まえてPCの販売価格を決めないと、こうした通常以外のルートで日本に入ってくるPCによって、市場での競争力を失うことになりそうです。

MacBookをXPで運用中のLaSiさん。前のXPS M1210はGPUが熱で壊れたとのこと。以前NECのLaVie Mも同様の症状が噴出したことがありますが、単体GPU搭載の12型ノートはメーカーの長期サポート導入をよくよく考えた方がいいですね...LaSiさんにとってはいまさらの話ですみません_(._.)_

MacBookでのXP利用はキーボードレイアウトが特殊になる他、ディスク取り出しキーなどの情報が不足しているとのこと。私はMacBookは持っていない人なのであまりアドバイスらしいものもできませんが、それらしき情報がありましたので一応リンクを貼っておきます。ご存じかもしれませんが。

結論から言えば、Boot Campのドライバーをインストールしておけば、Windowsでも何の問題もなく使える。Mac OS X同様、イジェクトを表すアイコンが画面中央に表示されるし、誤作動防止のために多少長押しする必要があるところもまったく一緒だ。
 → 「本気でお買い得」のMacBookでWindowsを使う(後編)

 [2009-5-17]

BootCampその後の追加レポートもいただいたので掲載。
ディスク取り出しなどいくつかの機能は復旧したとのことです。 [2009-5-18]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

MacBook MC240J/A  seina さん

 No. 3036

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
FF11v3 高解 5791

◆ 購入のきっかけと価格
臨時収入があったため、ノートを新調することにしました。

当初、ThinkPad X200 の購入を考えていましたが、旧モデル Mac が安売りされていることを知り、Mac に変更しました。

秋葉原 Mac Collection にて、\61,800 でした。

◆ 体感速度の変化
会社で使用している ThinkPad X200 と速度差は感じません。
(Mac OS X で使用していると、ThinkPad X200 よりも早く感じました)

なお、FF11 専用ノートとしている Clevo M570A より FF11 ベンチの結果が上でした。
数世代違うとはいえ、かつての上位 GPU 搭載機と同等以上の数値が出ることに驚きました。
(ゲーム自体はインストールしていないので、体感速度の違いはわかりません)

◆ 液晶の質
若干、白みが掛かっており、視野角も狭く感じます。
ThinkPad X200 よりも質が劣る印象です。

◆ キーボード:配列やタッチ
思っていたよりも悪くないタッチ感です。
デザイン重視でも使用感の軽視はしていないようで、とても好印象です。
(期待していなかった分、良い意味で裏切られました)

配列は Windows のノートと異なるため戸惑うことがありますが、すぐに慣れることができると思います。

◆ サウンド
音量も音質も並より上ではないかと思います。
音割れやノイズもなく、よほど音質にこだわりがなければ、不満を感じることはないと思います。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感は上々です。
デザインもシンプルで、ゴテゴテとした装飾がないのも好みに合っています。

強度に関しては、特に不安を感じることはありません。

コネクタは全て左側に配置されています。
USB の数は 2 つと少な目ですが、無線 LAN も Bluetooth も搭載しているため、困ることはありませんでした。

◆ 排熱:筐体の温度
ほとんど熱くなることはありませんでした。
FF11 のベンチ実行中もほとんど温度に変化はなかったようです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDD は静かですし、冷却ファンも控えめです。
ただ、光学ドライブは若干煩いかもしれません。
(アクセス音が大きめでした)

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
見た目の割りに重く感じます。
長時間ひざの上に置いて使うのは難しそうです。

AC アダプタは重くはありませんが、正方形に近い形状のため、若干場所を取ります。

◆ その他
FF11 Bench 3 を実行しようとすると、ブルースクリーンとなってしまいました。
(NVIDIA コントロールパネルにて、レンダリング前最大フレーム数を 0 に変更したことが原因のようです。デフォルトの 3 に戻したところ、実行可能となりました)

◆ 総評
初 MacBook でしたが、ファンが多い理由が納得できる出来でした。
デザイン、質感、使い勝手、どれも同価格(10 万前後)帯の Windows のノートでは相手にならないと感じました。
ただ、液晶の質だけは低く、他の出来に比べてバランスが悪いのでは、と思いました。

なお、今は Mac OS X と Windows XP の使用比率は半々ですが、Mac OS X が予想以上に快適でしたので、慣れてきたら Mac OS X のみを使おうと考えています。

MacBookやThinkPadは固定ファンが多いブランドです。どちらも価格は若干高めですが、キーボードの手抜きが少ないという点において共通しています。キーボード品質というのはこだわらない人にとっては単なる過剰品質に過ぎず、メーカーにとっては質よりコストを優先させたいパーツでもあります。

その波にどこまで抗えるかが今のThinkPadの試練になりつつありますが、seinaさんの評価でもキーボードは予想以上に良いとの高い評価となっています。

弱点には「液晶」を選ばれています。液晶がいちいちピリリとしないのも両ブランドの共通点ですね(^^; 最近のMacBookなどでは改善されてきているようですが、基本的に液晶で買うブランドでは無いです。 [2010-1-3]

その他のレビュー 3

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > MacBook 13 (9400M, 白)ユーザーレビュー